国東半島には「鬼」のつく地名や山名が多くあり、数々の鬼伝説が残っている。
そんな「鬼」の文化や伝統がストーリー化された「鬼が仏になった里」は平成30年5月24日に日本遺産に認定された。

「くにさき」の寺には鬼がいる。一般に恐ろしいものの象徴である鬼だが、「くにさき」の鬼は人々に幸せを届けてくれる。
おどろおどろしい岩峰の洞穴に棲む「鬼」は不思議な法力を持つとされ、鬼に憧れる僧侶達によって「仏(不動明王)」と重ねられていった。
「くにさき」岩峰につくられた寺院や岩屋を巡れば、様々な表情の鬼会や優しい不動明王と出会え、「くにさき」の鬼に祈る文化を体験できる。
修正鬼会の晩、共に笑い、踊り、酒を酌み交わす。「くにさき」では、人と鬼とが長年の友のように繋がれる。
(六郷満山日本遺産推進協議会HPより)

※「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するもので、現在67件が認定されている。




秋になって行事が続いたが・・同級会も終えてひと段落。
その鬼伝説?の鬼落山へ登ろう。

 鬼落山(おにおてやま・576m)  ~ 大分百山・3回目

鬼落山は
宇佐七山(地元よっちゃんさんHP)の盟主ともいえる山だ。
宇佐七山は
2015年10月に完登しているが未踏のラインが2か所残っている。
一つは高山城支城跡から石井山。もう一つは石山峠(横山峠)から鬼落山の区間だ。

今日は宇佐市院内の香下ダムから林道を入った石山口登山口(横山峠口)からの未踏コースを登る。
出発は10時50分。ここの標高≒230m。
a0166196_17403215.jpg


ブッシュ状態の谷を緩やかに登る。3年前に歩いて(反対から下って)いるが覚えていない。
すぐに尾根(右に石山、左が鬼落山)が見えてきた。
a0166196_17405866.jpg


古い標識があった。
a0166196_17412197.jpg


何度か小ピークをアップダウンしながら徐々に高度を上げて行く。
岩場を過ぎて間もなく山体本体?に取りつくとキツイ登りとなってきた。
大岩が現れて・・さらに厳しい急登となりロープ場が続く。
a0166196_1742038.jpg


ここが「鬼も転げ落ちるという?」一番の難所だろう。
a0166196_17422535.jpg


急登を頑張ると・・勾配も緩やかになって山頂が見えてきた。
a0166196_174249100.jpg


わあ~ 山頂周辺の樹木は伐採されて素晴らしい展望が広がっている。
山頂標識も1カ所に集められて賑やかだ。
a0166196_17433655.jpg


(3年前の山頂写真)
a0166196_17485334.jpg



宇佐市海岸部方向に半分が採石された稲積山。反対から見ると円錐のきれいな山で宇佐富士とも言われるようだ。
a0166196_1744596.jpg


八面山、高山方向。
a0166196_17442898.jpg


南に仙岩山や牛岳が。その向こうは鹿嵐山。
a0166196_17445067.jpg


由布鶴見方向は霞んでいる。
a0166196_17451499.jpg


3度目の山頂写真。
a0166196_17455385.jpg


「大分百山鬼落山」標識柱には「宇佐市山袋五連山」と表示されていて、樹木伐採は1年前の平成29年に山袋自治区により行われたようだ。



カフェタイムのあと下山開始。

ここでアクシデントが起きた!
途中の激下り場で枯れ木をつかんだママが折れた木と共に前のめりで落ちた。
距離はわずかだったが・・受け止めてくれた立木で肩を打ったようだ。
岩でなくて・・顔でなくて・・よかった。
 
 さすが・・名にし負う?山だ!
落ちたのは鬼じゃなくてママだったのだ。落ちて鬼にならなくてよかった?

横山峠まで下りて来た。
a0166196_20345778.jpg

何とか無事に下山。
a0166196_17472329.jpg



その夜になってすこし痛かったようで張り薬のお世話になっていた。

それにしても・・これまで何度か転倒滑落したママだが、そこは不思議と岩などがないいい場所?なのだ。

とはいえ足場やストックの置き場所、掴む立木の確認などなど・・年をとったらなおさらの緊張感が大切だ。



石山口P出発10:49→10:57横山峠→11:35トラロープ場→12:10鬼落山山頂12:44→13:34下山
(登り=1時間20分、下り=50分)

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_17483633.jpg


by jinashi | 2018-11-28 00:35 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(6)



恩師の米寿祝いも兼ねて市内のホテルで(卒業後10回目となる)古希同級会が開かれた。

卒業時に130人ほどいた同級生だが、病気や仏事など直前キャンセルもあって出席したのはすこし寂しい34名。
a0166196_1094283.jpg


「人生七十古来稀なり」。外見は少々シュリンクして草臥れた顔になったが、中身は昔のまんまだ^^
時空を超えてすぐに少年少女に戻るのが同級会。
飛び入り出し物もあって楽しいひと時がアッという間に過ぎる。
a0166196_1095916.jpg


テルちゃんを先頭に今回も「ちょるちょる音頭」の輪で締めくくった。
a0166196_1010159.jpg


2年後に大阪大会の開催を決めて閉宴した。

2次会では懐かしのヒットパレードが続いた。
a0166196_1010324.jpg




翌日は国東半島耶馬渓紅葉めぐりバスツアーに出かけた。
両子寺では副住職の寺田豪淳さんより古希健康祈願の御祈祷を受けた。
全員で般若心経を唱え、大般若経本の御加持をしていただいた。
a0166196_1011137.jpg


授かった古希のお守り。
a0166196_10122861.jpg


天念寺~富貴寺~昭和の町~耶馬渓・御霊もみじと巡って夕刻に戻って解散した。
御霊紅葉を背に集合写真。(逆光^^;)
a0166196_10115415.jpg




1年ほど前から実行委員会で準備してきたのだが、終わってしまえばあっという間だった。


.

by jinashi | 2018-11-27 10:13 | 伊美中学校第17回卒 | Comments(2)



70の大台に乗った記念に同い年のジュリーのコンサートに出かけた。

a0166196_17483426.jpg




大分iichiko総合文化センターグランシアタ(座席数1966席)はたぶん満席。
客席はほぼ女性が占める。ぽつりぽつり見かける爺さんは後ろ頭が気になる御仁ばかり(同じく^^)。

ピエロの衣装?で登場した沢田研二と柴山和彦のギターだけによるロックの大音響で開演した。
ステージに近いところではファンクラブ?の女性団(かなりの婆さまもいる)がいきなりの総立ちで手を振る。

やや太めながら(衣装で体形を隠してはいる?)ステージを左右に駆ける。
20歳の頃、じなしはジュリーと身長と体重が同じだった(顔は随分違う^^)・・お互い贅肉?がついてきているので今も同じぐらいだろう(笑)

後半になって例の「ドタキャン話」となった。
51年の歌手人生。60歳の爺コンサート、70歳の糞爺コンサートと全国ツアーをやって行くうちに自分らしさを貫くのもわからないでもない。

伸びのある歌声を聞くと昔を彷彿させる。
柴山和彦のギターも上手かったなあ・・
知っている歌は「カサブランカダンディ」だけだった。
タイガース時代の「銀河のロマンス」や「落ち葉の物語」、「Smile For Me」などスローなバラードを聴きたかったな・・・


70代もまだまだやれそうな気持になった。
それにはなによりも健康が一番だ。


.

by jinashi | 2018-11-22 15:11 | 生きる力 | Comments(4)



2008年11月にローマ教皇によりペトロ岐部と187人殉教者が福者に列せられてから10年を迎えたのを機に、NPO国東半島くにみ粋群では「ペトロカスイ岐部神父列福10周年記念シンポジュウム」を開催した。

ペトロカスイ岐部は日本人で初めて徒歩で聖地エルサレムを訪れ、ローマで司祭に叙階された郷土国見の先哲で、「日本のマルコポーロ」や「世界を歩いたキリシタン」などといわれている。
2008年11月には「列福を祝う集い」を、2012年には
「聖人にする集い」を開催した。

シンポジュウムの前にはエクスカーション「浦辺の伝キリシタン遺産めぐり」がおこなわれた。
ペトロカスイ岐部神父記念公園でエコツアーガイド藤本美樹さんによる説明を聞く。
a0166196_11291695.jpg




基調講演は洋画家でキリシタン歴史画を描く村田佳代子さん。
この秋には村田佳代子さん絵画展「ペトロ・カスイ岐部奇跡の生涯展」(全30点)も催された。

若者には語学力を高め、好奇心を持って学問に励むこと、地域住人には故郷の尊さを再認識すること、ペトロの生い立ちの場所(城山・殉教公園・小聖堂など)を観光資源としてもっと活用すること・・・などを話された。
a0166196_11294486.jpg




ミニコンサートも行われた。

じなし同級生の蔵本和美君は若かりし頃、作曲家船村徹さんの内弟子となったことがあり、それが縁で船村徹さんよりペトロカスイ岐部を題材にした国見町ご当地ソング
「道標」を作曲していただいた。
溝口伸一さんのギター伴奏により熱唱した。
a0166196_21220892.jpg





村田望さん(村田佳代子さんの娘さん=ソプラノ声楽家)のミニコンサート。
a0166196_1130364.jpg




地元、国東高校双国校2年上野涼くんによる「ペトロカスイ岐部神父への手紙」が読み上げられた。
上野くんは小学生のとき、みんなでローマ教皇へ手紙を送っている。
a0166196_11312110.jpg




最後に国東高校双国校教諭の田本政宏先生により、ペトロ岐部の生涯から現代社会が学ぶことをテーマにした講演があった。
a0166196_11313962.jpg





世界「人」遺産ともいえるペトロカスイ岐部神父だが、その強い生きざまをふるさと国見に生まれた次の世代の人たちに伝え、世界に向けて発信していくことで福者から聖人に近づいていくのだろう。


.


by jinashi | 2018-11-21 11:32 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(2)



移動性高気圧に覆われて秋晴れが続いている。
午後から用事があるので近場で「国東半島山ガイド本」未登の田原山東を登る。

別名のこぎり山ともいわれる田原山はスリリングな岩稜歩きで人気の山だ。大観峰が最高地点(542m)で本峰は八方岳だと思っていたら、その東側に三角点「田原」があることをガイド本で知った。
杵築市大田沓掛あたりから望む田原山。
a0166196_10585945.jpg



 田原山東(たわらやまひがし・543m)
 ~国東半島山ガイド本No.48


杵築市大田の鮎帰(あいげり)地区で家の前にいた女性にお願いして道路脇に車を停めさせてもらった。
鮎帰簡易水道組合の建物横から山に入る。8時44分。ここの標高≒250m。

a0166196_10565052.jpg


荒れた作業道を進む。
a0166196_10571174.jpg


左にカーブしたところで木に取り付けられた豊嶺会の登山口標識を見つけた。
ここから山に取りつく。
a0166196_10582918.jpg


いきなりの急勾配を木に掴まりながら登る。
a0166196_10592891.jpg


尾根に上がって一安心。
雑木交じりの植林帯を登って行く。
a0166196_110247.jpg


テープを探しながら進む。
a0166196_1105458.jpg


大岩の横を通る。
a0166196_1111772.jpg


きれいに整備された杉林を通る。
a0166196_1114383.jpg


すぐに荒れた雑木林となる。尾根も広くなってきた。
a0166196_112681.jpg


急勾配となってきて、ひと登りで最初の尾根ピークに上がる。
a0166196_1122832.jpg


小さなピークをアップダウンしていくと次第にテープも少なくなってきた。
a0166196_11323100.jpg


道なき尾根道を進む。古いテープが時折見られる。
樹間から西に田原山の岩峰が見える。大観峰か?
a0166196_1142636.jpg


シロヨメナ?
a0166196_1153251.jpg


前方にピークが見えてひと登りで紅白ポールが立つ山頂に着いた。
a0166196_1161262.jpg


豊嶺会山頂標識が取り付けられたポールと三角点白杭のあたりを探したが石柱三角点は見つからなかった。
西の大観峰とほぼ同じ標高で、HP測量基準点を見ると3等三角点田原542.96mとなっている。
a0166196_1164755.jpg



下山は往路を戻る。
荒れた尾根筋にテープをつけながら戻ったが・・豊嶺会では尾根ピークを巻いたコースを歩いたのかもしれない。
1時間ほどで下山。
a0166196_1175512.jpg



国東半島の紅葉ももうすぐ・・・
a0166196_1183879.jpg




鮎帰集落P出発8:44→9:12大岩→9:40大石のある尾根→10:04田原山東山頂10:14→11:14下山
(登り=1時間20分、下り=1時間)

登山口標高≒250m
沿面距離≒3.1Km
累積標高差(+)≒390 m
所要時間=2時間30分(休憩時間を含む)
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_11104244.jpg




宇佐市にて~

イヌセンブリ
a0166196_11976.jpg


a0166196_1192713.jpg


リンドウ&てんとう虫
a0166196_1194623.jpg


オオジシバリ?
a0166196_1110213.jpg




.
by jinashi | 2018-11-06 11:10 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(9)



六郷満山1300年祭イベント「奥の院秘仏御開帳と岩屋探訪会」も2日目を迎えた。
今日は「石造太郎天像里帰りと西不動岩屋トレッキンング&記念文化講演会」がおこなわれる。

早朝に太郎天運搬チームは本堂に集まり、出発法要を行った。
石造太郎天像を緩衝材で丁寧に包んで運搬用段ボール箱に収納?し、晒し布で覆ってロガーキャリア(背負子)に固定した。
収納された太郎天像を背に本堂前で記念写真。
出発を前に緊張の面持ち・・・
a0166196_14132062.jpg


本堂を9時に出発。
太郎天岩屋までの距離は約3.2 Km、標高差約270 mを歩いて運ぶ。
重さは 17Kgほど。

峯入り装束の千燈寺・今熊豪宏住職を先頭に隊列で進む。
最初の運搬人は千燈寺総代長のS川さん。御歳80歳になられるが、お元気で本堂から山門を出てS川さん宅前まで100mほどを運んでいただいた。
a0166196_14134871.jpg


地元出身のY野さん(ハンドルネーム=太郎天さん)は尻付岩屋まで。
a0166196_14141469.jpg


T内さん、G藤さん、H島さんとつないで、阿弥陀越から300mほどのアップダウンコースはじなしも担がせていただいた。

太郎天岩屋までの急斜面をトラバースする難路をY野さんに担いでもらい、ほぼ予定通りの時間(10時25分)に太郎天岩屋にたどり着いた。

室町時代の作といわれる石造太郎天像(国東市指定文化財)は昭和39年に国見町指定文化財となっている。その当時に千燈寺に移されたとすれば55年ぶりの「里帰り」となる。
岩屋への「お土産」も供えられた。
a0166196_14151629.jpg


さっそく今熊住職より里帰り法要がとり行われた。
a0166196_14154115.jpg


法要の後、午後から講義をされる山本先生による岩屋の現地学習もあり、60名ほどのトレッキング参加者の皆さんは耳を傾けた。
a0166196_1416533.jpg




30分ほどの岩屋滞在のあと太郎天像は再び運搬用段ボール箱に収められ、往路を寺へと戻った。

予定時間より少し早く寺へ帰った。
新調なった厨子に石造太郎天像を納めて無事に里帰りの旅を終えることができた。

(本日のルート~拡大します)
a0166196_20382227.jpg





午後から千燈寺本堂では日本山岳修験学会理事の山本義孝先生による講演がおこなわれた。
演題は「千燈寺から六郷満山の謎にせまる」
a0166196_1417361.jpg



石造太郎天像の高さは約50cm。背に羽があり、風貌は鼻が大きく天狗を思わせる。これまで修験者の守護神といわれていたのでそう信じていた。
山本先生の話では太郎天は「天」部の仏ではなく、「天童」を意味する山の神「守護神」で、中国仏教の影響を受けた北部九州に広がった山の神の信仰だという。
a0166196_14175110.jpg


ここ千燈地区は胎蔵界の東不動、金剛界の西不動とし、全体は立体曼荼羅を表わしているという。その立体曼荼羅に身を投じ神仏一つになるために山に分け入ったという。
そして、千燈地区を取り巻く山の尾根は修験者の奥駆道であるというのだ。
地理院マップでみると、鷲巣岳~阿弥陀越~太郎天岩屋~黒木山~千燈岳~五辻岩屋と馬蹄形に縦走できそうだ。吉野と熊野を結ぶ大峰奥駆道と同じような修行の尾根道ルートとなるだろう。
a0166196_1418862.jpg



中野幡能氏は千燈寺の近くの伊美郷が、紀伊半島の熊野の那智と瓜二つのように似通っていると表現しており、那智が補陀落の浄土であり、六郷山信仰も宇佐に発して峰々を修行し千燈寺でクライマックスを迎える。これを表すのが不動山不動崫の五智の修法であり、補陀落の浄土を表すものが、五輪の塔群であると。千燈寺は六郷山信仰の補陀落の浄土であった・・・と書いています。(概略)(HP鬼と仏の国東半島めぐりより)
※中野幡能(なかの はたよし)東京帝国大学文学部卒、日本の歴史学者。宇佐八幡宮の研究で知られる。



2日間、多くの皆さんに参加していただいき、奥ノ院秘仏を拝観し、東西岩屋トレッキングやコンサートを楽しみ、山岳宗教の歴史を学んだ。


ふるさとの岩屋へ里帰りした太郎天もきっと喜んでくれただろう。



.

by jinashi | 2018-11-02 14:19 | 国東半島あれこれ | Comments(2)



NPO法人国東半島くにみ粋群では、昨年より六郷満山開基1300年に合わせて千燈地区でのイベントを計画してきた。

2日間のイベントタイトルは「千燈寺奥の院秘仏御開帳と岩屋探訪会」。
初日は旧千燈寺周辺での東不動岩屋トレッキングとコンサートがおこなわれた。

吉田隆一国東市文化財課長兼六郷満山開山1300年祭事務局長のご挨拶。
a0166196_101855.jpg


60人ほどの参加者は東不動岩屋トレッキングに向けて千燈寺を出発。
a0166196_1017445.jpg


千燈寺奥ノ院では17年ぶりに秘仏御開帳がおこなわれた。
千燈寺住職・今熊豪宏さんより寺の歴史などについて説明があり、その後扉を開けて秘仏(=撮影禁止)の御開帳があった。
a0166196_10182953.jpg


秘仏は中央に金色の千手観音立像。舟形光背の高さは60~70㎝ほどか。
左脇に青の体に赤炎の不動明王立像(高さ30㎝ほど)の二躯が祀られている。
右脇の毘沙門天は残念ながら旅に出かけていて?空の厨子のみが残る。
いつ頃のものなのか不明のようだが、きれいで神々しい。


14時から旧千燈寺本堂跡で1300年記念コンサートがおこなわれた。
ここでのコンサートは千燈寺開山有史以来初めてとなるだろう。

最初に明治大学グリークラブ(男子合唱団)による合唱が始まる。
地元在住でNPO会員のNさんが明治グリークラブOBで、国東市で開催されたOB会がきっかけで今回のコンサート出演が実現した。
Nさんのご挨拶。
a0166196_10191537.jpg


現役明大生9人による合唱は「見上げてごらん夜の星を」や・・急遽練習した地元の「ちょるちょる音頭」なども披露され楽しいステージでした。
a0166196_10194125.jpg


a0166196_102063.jpg


続いて登場したのは森進一郎さん。
南こうせつ、大島三平とともに初代「かぐや姫」のメンバーとして活躍した。
地元金融機関を退職後、大分市で「府内フォーク村十三夜」を経営。現在は各地のコンサートや文化教室などで音楽活動をされている。

「コスモス」や「また君に恋してる」など・・懐かしい歌を弾き語りで聞かせてくれた。
a0166196_10202848.jpg


仁王像も背中で聞いた?
a0166196_10205264.jpg


最後はグリークラブとコラボ?
a0166196_10212034.jpg


秋の木漏れ日を浴びて・・初めての旧千燈寺コンサートでした。


グリーのメンバーを奥ノ院秘仏拝観と展望岩へ案内した。
展望岩では西不動にむかってハーモニーを聞かせた。
a0166196_10221511.jpg



翌28日(日)はメインイベント?の「石造太郎天像里帰りと西不動岩屋トレッキング」がおこなわれる。


.


by jinashi | 2018-11-01 10:25 | 国東半島あれこれ | Comments(0)