(お初のヒメユリ帰路の由布高原で)
大分県:ⅠA(CR)=ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧種

a0166196_17344373.jpg




台風6号が九州南に近づいているようだが、梅雨の中休みか、今日いっぱいは天気も持ちそうだ。
くじゅうミヤマ祭りも終わりを迎えて少しは静かになっただろう。
初夏の花にも出会いたい・・と久しぶりに牧ノ戸へ向かう。

賑わう長者原を横目に牧ノ戸へ着くと何と、こちらも大賑わいで駐車場は満車。
県道11号脇に駐車場所を確保。

 扇ケ鼻(1698m) ~大分百山・13回目 

北東から強い風が吹きつけてきて寒い。
しばし躊躇したが、防寒装備で登山口へ向かう。
出発は8時10分。 ここの標高1330m。
a0166196_1735249.jpg


沓掛山で(疲れ知らずの)いーさんに遭遇。大風の星生山御来光登山から下山中でした。
山頂部は雲に隠れたくじゅう連山。
a0166196_17354249.jpg


咲残りのミヤマ越しに星生山。
a0166196_1736990.jpg


ガスもとれてきた。扇ケ鼻山頂部の桃色もフェードアウト中。
a0166196_17363055.jpg


分岐から扇ケ鼻山頂へ向かう。
a0166196_17365244.jpg


最終回となった花畑に多くの登山者が・・
a0166196_17371470.jpg


風が吹き抜ける山頂。
風裏で小昼休み。
a0166196_17373494.jpg


4時間ほどのくじゅう散歩を楽しんで、正午過ぎに下山。
牧ノ戸にはまだまだ多くの車と人・・
同時に(鳴子山オオヤマレンゲ観賞から)下山したH田さんと遭遇^^
a0166196_17382736.jpg



今年のくじゅう連山は5月中旬から1か月にわたって素晴らしいミヤマキリシマロングランショーを楽しませてくれた。


今日出会った花たち・・・

シモツケ
a0166196_17385587.jpg


ネジキ
a0166196_17391248.jpg


オカトラノオ 
a0166196_17392918.jpg


ベニバナニシキウツギ
a0166196_17394697.jpg


コケモモ
a0166196_1740030.jpg


白花ドウダン
a0166196_17401787.jpg


紅ドウダン
a0166196_1741783.jpg


チクシドウダン
a0166196_17414881.jpg


バイカツツジ
a0166196_17412974.jpg





.
by jinashi | 2018-06-19 17:42 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(2)



文殊山(616m・大分百山)山開きが行われ、多くの登山者で賑わった。
昨年は雨で中止となったので今年が第1回目となる。
(拡大します)
a0166196_15163819.jpg



文殊仙寺本堂前で開会式が行われた。
タイムリーにも、前日15日には「文殊耶馬」(と「中山仙境」)が国指定名勝に答申された。
文殊耶馬とは~
文殊耶馬は、文殊仙寺とウラジロガシを中心とする自然林と火山性の奇岩から構成される名勝地です。国東半島は全体が低円錐状の山体で、大小多数の谷を持つ開析火山地形であり、同じく火山性の岩峰を持つ景勝地、耶馬渓にも比することから文殊耶馬と呼ばれています。 この文殊仙寺耶馬の最大の特徴は、文殊仙寺に残される絵図、県指定有形文化財「紙本著色文殊仙寺境内図」の存在です。絵図に年代の記載はありませんが、宝永3年(1706)ないし同4年(1707)と推測されています(『名勝に関する特定の調査研究事業報告書(大分県の名勝に関する特定の調査研究事業)』文化庁文化財部記念物課発行より)。 この絵図には、境内のみならず周囲の奇岩や樹木など詳細に描写されており、約300年前の絵画の世界がそのまま文殊耶馬として今日に伝えられていることがわかります。(国東市HPより)


「名勝決定横幕」を背に三河市長のご挨拶。
a0166196_15172461.jpg


山門横から登山道へ入って歩き始める。
a0166196_15174163.jpg


山頂直下の急登。千灯岳、両子山共々国東三山には急登が待っている。
a0166196_151837.jpg


山頂で一休みしたら、葛原集落(跡)側へ下りる。
a0166196_15182450.jpg


葛原林道沿いには咲き始めのハンカイソウ群。
a0166196_1518462.jpg


a0166196_15191065.jpg


ゴロタ平の景では屏風岩や姫島遠景を楽しんだ。
a0166196_15192640.jpg



参加者の皆さま、お疲れ様でした。
by jinashi | 2018-06-18 15:21 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)



台風5号が近づいて梅雨前線が活発になるという予報だ。
こんな日には・・雨具に長靴と傘を積んでくじゅう猟師岳へ行ってみよう。
オオヤマレンゲも見ごろを迎えているだろう。

時折雨が落ちてくる四季彩ロードを上がっていく。
筋湯温泉を過ぎて九重森林公園スキー場に着く。雨はあがっているが猟師岳山頂部は深いガスの中。

猟師岳(1423.2m) ~大分百山・3回目

同じタイミングで熊本ナンバーのご夫婦と大分ナンバーの女性も到着した。
長靴とウェストバックの簡単装備で出発。10時17分。ここの標高≒1160m。
a0166196_1423613.jpg


初心者コース?ゲレンデを緩やかに登り、リフト上部から次のリフト乗り場の奥から山へ入る。ここまで13分。
薄モヤの樹林帯を進むとうさぎコースとかめコースに分かれる。かめコースに入ってシャクナゲ林を抜けると林道へ出る。
「オオヤマレンゲ」の標識あり。
a0166196_143363.jpg


右に進んでいくとオオヤマレンゲの木が4~5本?あるはずだ。
a0166196_1432843.jpg


駐車場で出会ったご夫婦も観賞中でした。
茶色に変色した花もあるが、見ごろの花やこれからの蕾も多くある。
a0166196_1435670.jpg


a0166196_1441024.jpg


a0166196_1442794.jpg


a0166196_1444331.jpg


a0166196_145365.jpg


a0166196_1451517.jpg


次々とお花見客が増えて賑やかになってきた。
雨も降りそうにないので・・山頂へ登ることにした。
a0166196_1461347.jpg


シキミの(青)実。北海道ではまだ花が咲いていた・・
a0166196_1462846.jpg


タンナサワフタギ
a0166196_1464345.jpg


ベニバナニシキウツギ
a0166196_147028.jpg


30分ほどで山頂に到着。2014年6月以来の山頂だ。
前回もこの季節だった・・山頂からの景色は見たことがない。
3等三角点もある。
a0166196_1481072.jpg


少しガスがとれてきた。
a0166196_1482672.jpg


イブキトラノオ
a0166196_1484349.jpg


ツルアジサイ
a0166196_14992.jpg


合頭山も見えてきた。
a0166196_1410593.jpg


分岐からスキー場へ分れる。
スキー場最上部へ出た。
a0166196_14102649.jpg


ゲレンデをゆっくり下って駐車場に戻った。
a0166196_14104375.jpg





沿面距離(+)≒4Km
累積標高(+)≒300m
所要時間(休憩昼食含む)≒2時間
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_14151555.jpg




帰路に玖珠町の草原で・・
トキソウ
a0166196_14111314.jpg


a0166196_14112897.jpg





.
by jinashi | 2018-06-12 14:15 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(2)




前日夕方には礼文島から稚内市内に戻った。

ホテル近くの居酒屋で最後の晩餐となった。
メニューに初めてのものを見つけてたのんだ。
それは「ニシンの切り込み」。
生のニシンを切り刻んで塩、砂糖と麹で発酵させた郷土料理だ。イカの塩辛に似ているかも・・
最北の日本酒「国稀」(増毛町国稀(くにまれ)酒造)といただいた。
a0166196_11451319.jpg





今日は帰還日。
稚内空港13時発羽田行ANA便までレンタカーで半日観光した。


宗谷本線・稚内駅は日本最北端の駅。
最南端の指宿枕崎線・西大山駅には2017年の元日に訪れた。
 

a0166196_11471314.jpg


フェリーからも見えた北防波堤へ。
宗谷湾を望む北埠頭のシンボルで、強風と荒波を防ぐ全長427mの半アーチ形ドームは円柱70本の柱廊風のゴシック建築を模した重厚なデザインで1936年完成。2001年には北海道遺産に指定されている。
a0166196_11475229.jpg


a0166196_11481298.jpg


日本海と宗谷湾を分けるノシャップ岬へ。漢字では野寒布岬。
※根室にある最東端の岬は納沙布(のさっぷ)岬。
今日も風が強い。天気が良ければ利尻富士も見えるようだが・・・
a0166196_11483391.jpg


国境の灯台・稚内灯台。塔高 43 m は出雲日御碕灯台に次ぐ全国第2位の高さ。
宗谷岬灯台とともに雪でも視認出来るように赤と白のストライプに塗られている。
a0166196_114905.jpg



稚内駅からR238を約30Km走って日本最北端の宗谷岬へ向かう。
(拡大します)
a0166196_1150258.jpg


40分のドライブで宗谷岬に到着。
天気の日には宗谷海峡を挟んで43Km先の樺太が見えるようだ。
a0166196_11504482.jpg


来たぞ!
a0166196_13065961.jpg



岬の丘陵に広がる宗谷岬公園。
a0166196_1151169.jpg


「宗谷岬」音楽碑の近くに咲いていたハマナス。
a0166196_11513670.jpg



1976年(昭和51年)にNHK「みんなのうた」でダ・カーポによるカバーが放送された。 



みやげ店で「日本最北端の地到達証明書」をもらった。(100円)
(2012年5月には鹿児島県佐多岬で「本土最南端到達証明書」をもらった)



稚内空港から羽田空港乗り継ぎで夕刻大分空港へ下り着いた。
最北の離島・利尻、礼文の旅もほぼ天気に恵まれて・・計画通り無事に終えることが出来た。
帰宅するとフリルが転がって喜んでくれた。

今回も長男夫婦が航空券をプレゼントしてくれたおかげで旅に出れた。
留守の間、いつもフリルの世話をしてくれるM子ちゃんにも感謝。


 以上で北海道レポはおしまい!



.

by jinashi | 2018-06-11 12:00 | 北海道の山 | Comments(6)



早朝・・民宿「はまなす」前から見る利尻富士。
a0166196_1793979.jpg



今日は礼文島最終日。 最高峰(といってもわずか590m)の礼文岳を登る。
出かける前に録画していたBSプレミアム「15分で歩く日本百名山~礼文岳」を見てきた^^
田中澄江の花の百名山(36番・レブンソウ)にも選ばれている。

ママは「今日は(ガスで見えなかった)桃岩猫岩へ行ってみたい」という。
なので・・今朝のフェリーターミナル送迎一番便はじなし一人だけだった。
ターミナルに着いて、送ってくれた「はまなす」のご主人さまに2日間お世話になった御礼を言って別れた。
奥様と2人で早朝から夜遅くまで準備や片付け、送迎と頑張っている。

6時30分の始発便で登山口のある内路に向かう。
前日スコトン岬へ向かう時に内路バス停を確認していた。
6時51分、ここで下車。
a0166196_17102915.jpg


バスを降りたのは他に男性1名と女性2名組。

 礼文岳(れぶんだけ・590m) ~北海道百名山・花の百名山

準備をして、お先にと・・階段から登り始める。6時53分。標高は3m?
a0166196_1710566.jpg


笹の急坂をジグザグに登って高度を上げる。
内路集落を見下ろす高さまで登ってきた。
a0166196_17112292.jpg


向こうに利尻富士。
a0166196_1711459.jpg


標高差100mほど登るとチシマザサの緩やかな登山路となってきた。
a0166196_17123861.jpg


トドマツやダケカンパの登山路を行く。
a0166196_1713789.jpg


中間点(2Km)に到着して一休み。7時32分。
a0166196_17135872.jpg


足元にはマイズルソウが群生している。九州のに比べて葉っぱが大きい。
a0166196_17142025.jpg


オオバエンレイソウも次々に見る。
a0166196_17144047.jpg


前峰?の向こうに礼文岳山頂が頭を見せる。
a0166196_1715349.jpg


ミヤマシキミ
a0166196_17152349.jpg


ツマトリソウ
a0166196_17154258.jpg


標高350mあたりで森林限界となり、ハイマツ帯を進む。
a0166196_1716421.jpg


ゴゼンタチバナ
a0166196_17164734.jpg


前峰(ニセ山頂?)に登り着いた。
a0166196_17171497.jpg


前峰のザレ場を下る。
a0166196_17181385.jpg


2段状になった山腹を登ると山頂が近づく。
a0166196_17183331.jpg


あっけなく登頂。8時29分。予定よりずいぶん早く着いた。
a0166196_17185273.jpg


1等三角点の山頂は南西の風が強く、寒い!
a0166196_17191461.jpg


しばらくするとマイカーで新潟から来たという男性(同年だった)が登頂してきた。次の予定もあるようで・・(写真を撮り合ったら)すぐに下って行った。
a0166196_17193668.jpg


山頂から(昨日歩いた)スコトン岬~ゴロタ岬方向。
a0166196_17383475.jpg



桃岩、礼文林道方向。
a0166196_17203170.jpg


船泊、(久種(くしゅう)湖)方向。(アップ)
a0166196_17214556.jpg


何といっても山頂からの利尻富士が絶景!
a0166196_1722270.jpg


バスで一緒だった(茨城からの)女性2人が少し遅れて・・東京からの男性はさらに遅れて登りついた。
まだ9時前だ。2組とも11時11分のスコトン岬行バスに間に合いそうなので、(山頂写真のあと)折り返して下って行った。

風が強く寒いので防寒具をつける。
帰りのバスまで時間があるので、わずかな風裏で熱いコーヒーを入れて温まる。
ゆったりと1時間ほど山頂で過ごした。
フェリーターミナルに戻るバス(12時23分)までまだ3時間ほどあるが・・ゆっくりと下山開始。
a0166196_1723211.jpg


登ってくる数組とスライドした。
時には大休止して・・内路へ無事に下山。
a0166196_17243942.jpg


東屋で、はまなすおにぎり弁当をいただいた。
一時間ほど待ったらバスが来た。
a0166196_17253780.jpg





フェリーターミナルで(桃岩猫岩を散歩してきた)ママと合流。
13時25分稚内行フェリーに乗船した。
港では恒例?の「お見送り」が行われる。稚内行第1便はお別れダンスもあって盛り上がるようだ・・
a0166196_1726328.jpg


さよなら礼文島・・・ 
沢山の花々や、いい人たちとの出会い・・・思い出をありがとう!
a0166196_17264958.jpg




内路登山口スタート6:53→7:34中間点(2km)→8:17前峰(ニセ山頂)→8:29山頂9:33→11:17内路登山口
(登り~1時間36分  下り~1時間44分)

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_18003909.jpg



a0166196_17273936.jpg





.
by jinashi | 2018-06-09 17:27 | 北海道の山 | Comments(4)


はじめまして!
a0166196_13472636.jpg





朝、民宿前からうっすらと見えた利尻富士。右手、南西からの風が強い。
a0166196_13252917.jpg



今日は「岬めぐりコース」を歩く。
コース途中ではレブンアツモリソウが見られるだろう。

民宿から香深フェリーバス停までワゴン車で送ってくれた。
香深フェリーターミナル7時45分発の路線バスでスコトン岬へ向かう。

島の東側を通る道道?40号線を北上、1時間ほどで礼文島最北の終点スコトン岬に着いた。

晴天だが・・風が強く、寒い!  
ウインドブレーカー着用の完全装備で最先端の展望所へ向かう。
向こうは海驢(とど)島。その北は平島水道を挟んでサハリンも近い。
a0166196_13261332.jpg


1軒あるおしゃれな売店。
a0166196_13552651.jpg


いよいよ岬めぐりコースへ出発! 9時03分。
a0166196_13284065.jpg


バイクのナンバープレートにもアツモリソウ・・
a0166196_13354887.jpg


須古頓神社からコースへ入る。
スコトン岬方向を振り返って見る。
a0166196_13362087.jpg


鮑古丹(あわびこたん)集落へ下りる。前の女性4人組が強風に苦戦している。
a0166196_13364939.jpg


鮑古丹集落からゴロタ山(180m)への登りにかかる。
a0166196_13371221.jpg


ゴロタ山から(スタート地点の)スコトン岬方向。
a0166196_1337345.jpg


ゴロタ山(岬)で一休み。
a0166196_133823100.jpg


これから向かう鉄府(てっぷ)集落とその先は澄海(すかい)岬。
a0166196_13384386.jpg


ゴロタ浜へ下りるところで吹き飛ばされそうな強風に手こずる。
右上の山は明日登る礼文岳。
a0166196_1339262.jpg


ゴロタ浜へ下りる。
a0166196_1339246.jpg


鉄府集落手前にアツモリソウ群生地があったが、柵から遠いところに咲いていて、縁が変色しかけていた。
ここで反対方向(浜中バス停)から歩いて来た愛媛県の(バスで一緒になった)女性4人組とスライドした。

集落を過ぎて・・港堤防脇で風を避けて昼食にした。むこうはゴロタ岬。
a0166196_13402494.jpg



澄海岬へ向かう。登りにミヤマオダマキが群生していた。
a0166196_13412389.jpg


海から吹きつける強風に耐える。
a0166196_13414690.jpg


a0166196_1342912.jpg


西上泊集落へ着いた。先端が澄海岬展望台。
a0166196_13424844.jpg


澄海岬展望台へ上がる。名前通りに空と海の青さは素晴らしい!
標柱に掴まって・・・
a0166196_1343843.jpg


岬下にある若い?夫婦の売店で焼きホタテと缶ビールを頂いた。
一休みしたら・・いよいよアツモリソウ群生地に向かう。
a0166196_13434067.jpg


人が集まっている右手が群生地だろうか?
立ち寄ってみると・・崖のあちこちにアツモリソウが群生していた。
自然保護観察員の方が親切に教えてくれた。
a0166196_13443525.jpg


a0166196_13445573.jpg


a0166196_13452451.jpg


a0166196_13461237.jpg


3~4日続きの強風で花同士がぶつかっていたんでしまったようだ。

群生地そばに咲いていた~
センダイハギ(先代萩)
a0166196_1348282.jpg


サクラソウモドキ
a0166196_13484788.jpg


少し先にレブンアツモリソウ群生地(林野庁保護林)があった。
ちょうど到着した観光バスの団体さんでいっぱいだったので写真も遠慮した。
アツモリソウにも白やクリーム色など種類があるようだ。
a0166196_13491475.jpg


岬めぐりコースの終点になる浜中バス停に着いた。14時39分。
ここまで5時間ほど歩いた。
a0166196_13494068.jpg



途中で(民宿主人から聞いた)ホテイアツモリソウ群生地に立ち寄る。
こんなところに・・こんな(絶滅危惧種の)花があるなんて・・・
a0166196_1350845.jpg


a0166196_13502745.jpg



16時のバスまで時間があるので、船泊で1軒だけの喫茶「談」で一休み。
漁協直営スーパーで買い物をして、「談」で合流した民宿「はまなす」ご一行さまは船泊本町で帰りのバスを待った。
a0166196_13514644.jpg




民宿「はまなす」2日目の夜は、日本各地から集まったお花好き団塊組たちで(お酒も入って)人生を語り合い?ました。
浜松のAさんご夫妻、高知のNさん、宮崎の?さん・・楽しい時間をありがとうございました。


 明日の最終日は島の最高峰「礼文岳」を登る。


スコトン岬9:03→9:19須古頓神社→9:34鮑古丹集落→10:15ゴロタ岬→10:47ゴロタ浜→11:26鉄府集落(昼食)12:03→12:41澄海岬(休憩)→13:55レブンアツモリソウ群生地・保護林14:24→14:39浜中地区→15:30?喫茶「談」→16:01バス停「船泊本町」→16:52香深フェリーターミナル

歩いた距離≒17Km
所要時間(休憩昼食含む)≒7時間
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_13524878.jpg


a0166196_13531024.jpg




.
by jinashi | 2018-06-09 13:55 | 北海道の山 | Comments(9)



桃台からの桃岩。2日目の午後は右上の稜線を歩いた。(5日のママ画像)

a0166196_12402087.jpg






礼文島に近づくとフェリーは強風と波で大きく揺れた。
鴛泊港から45分で香深(かふか)港へ入港した。

今日、明日と2日間お世話になる民宿「はまなす」の主人が迎えに来てくれた。
a0166196_12315450.jpg


予約の際、メールでアドバイスしてもらっていたので不要な荷物を預けてこのまま桃岩展望台コースを歩く。
展望台入り口まで送ってもらって・・ここから知床の民宿まで歩くことにした。
14時07分。ここの標高≒130m。
a0166196_12322330.jpg


下の駐車場にはツアーの団体さんがストレッチ中。
ガスと強風で視界は良くないが・・足元の花を探しながら歩き始める。
ゆっくり歩きで「桃岩展望台」に上がる。標高227m。
観光パンフレットで見た桃岩や猫岩は霧の中。
a0166196_1233488.jpg


ここからはフラワートレイルを歩く。

シラゲキクバクワガタ
a0166196_12343445.jpg


ハクサンチドリ
a0166196_12433450.jpg


レブンシオガマ
a0166196_12435144.jpg


ネムロシオガマ
a0166196_15415366.jpg




ノビネチドリ(ピンク)
a0166196_12441158.jpg


チシマフウロ
a0166196_12443384.jpg


ホソバノアマナ
a0166196_12445515.jpg


サクラソウモドキ
a0166196_12453924.jpg


エゾノハクサンイチゲ
a0166196_1246495.jpg


レブンコザクラ
a0166196_1246228.jpg


ミヤマオダマキ(島のいたるところにあった)
a0166196_12471438.jpg


オオバナノエンレイソウ
a0166196_12473386.jpg


クロユリ
a0166196_1312035.jpg


レブンキンバイソウ
a0166196_12483927.jpg


そして・・この花も見つけた。
アツモリソウ(つぼみ)
a0166196_12485758.jpg



霧の中の木橋を歩く。下は猫岩方向へ切れ落ちているようだ。
a0166196_12493489.jpg


a0166196_1249535.jpg


ツバメ岩へ向かってお花畑をあるく。
a0166196_12502720.jpg


a0166196_12505920.jpg


a0166196_20180611.jpg



元地灯台はパスして・・知床集落へ下っていく。
a0166196_12522762.jpg


灯台分岐から2kmほどで知床集落へ下りた。
a0166196_1253026.jpg


「北のカナリアパーク」に立ち寄る。
天気なら向こうに利尻富士が見えるらしい。
a0166196_12532224.jpg


2012年制作の吉永小百合主演映画「北のカナリアたち」のロケ地。
撮影セットとして建てられた「麗端小学校岬分校」は、かつて日本のどこにもあったような懐かしい雰囲気がする。内部にはここまでも!と懐かしい昭和の小道具がそろっている。
映画は見ていないが、見た後に来ればもっと感動するだろう・・・
a0166196_12535985.jpg


a0166196_12542241.jpg


何かのイベントがあったようだ・・和服姿の女性たちや役場職員の方、そして礼文町マスコットキャラクター「あつもん」とも出会った。
a0166196_1255116.jpg


桃岩展望台コースのゴール地点となる(かわいい)知床バス停。
a0166196_12553048.jpg



バス停から少し歩いて民宿「はまなす」に着いた。
 はまなすHP → http://www.hamanasu-rebun.com/home.html
a0166196_12554814.jpg



霧のため桃岩や猫岩、利尻富士が見られなかったのは残念だった。
民宿主人の話では・・北海道沿岸ではこの季節になると、霧と霧雨の中間となる「じり」と呼ばれる海霧がよく発生するようだ。


明日はスコトン岬から「岬めぐりコース」を歩く。



桃岩展望台入口14:07→14:32桃岩展望台→15:41ツバメ山→16:34北のカナリアパーク→16:58知床バス停→17:04民宿「はまなす」へ

登山口標高≒130m
沿面距離≒6.3Km
累積標高差(+)≒420m
所要時間(休憩昼食含む)≒3時間
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_12562086.jpg


a0166196_12563714.jpg





.
by jinashi | 2018-06-08 12:58 | 北海道の山 | Comments(2)



北海道の夜明けは早く午前3時には明るくなる。
早朝にホテルを出発。コンビニで買い物をして稚内フェリーターミナルまで歩いた。
稚内のコンビニはセイコーマートばかり。商品も豊富で北海道人には重要な生活インフラとなっているようだ。


今日は利尻島で半日観光をした後、礼文島へ渡る。
往復のフェリー乗船券と予約していた「定期観光バスAコース」チケットを買うと利尻富士町役場「ヒグマ情報」の注意書きも一緒に貰った。
利尻礼文にはクマもヘビも居ないと聞いていたが、5月30日にヒグマ足跡発見ニュースを聞くにつけ・・今回の旅はタイミングが良すぎた^^

朝一の7時15分発、利尻島鴛泊行きフェリーに乗船する。
a0166196_16182451.jpg


島が近づくと大きくなってきた利尻岳(富士)。
標高は1721m。日本百名山の番号1の山。
スケジュールやママ連れなどで登山は諦めたが・・これから3日間眺めることになる。
a0166196_1619549.jpg


1時間40分ほどで鴛泊港に上陸。待機していた観光バスに乗り込む。
定員45人に乗客44人の宗谷バスは出発!ベテランガイドさんの上手な話しに引き込まれる。
直径20Kmほどの利尻島を時計回りに周回する。
(利尻島観光マップ)
a0166196_16193364.jpg


コースは~
姫沼→野塚展望台→オタドマリ沼→仙法志御崎公園→博物館→人面岩.寝熊の岩→利尻空港→鴛泊フェリーターミナル

最初に訪れたのは利尻礼文サロベツ国立公園「姫沼」。周囲1kmほどの湖畔の遊歩道を周回した。

波紋で逆さ富士(利尻)は見ることができなかった。
a0166196_1622312.jpg


ノビネチドリ(延根千鳥)
a0166196_16214143.jpg


ツバメオモト(燕万年青)
a0166196_16215636.jpg





クマ騒動の最中にあって・・今日は利尻島一周マラソン大会も行われていた。(一周は約55km)
手を振るランナーを横目に利尻島郷土資料館へ到着。
利尻島の自然や昔の暮らし、ニシン漁の記録などが見られる。
明治45年に北海道本島より渡ってきたヒグマの記録もあった。
(今回の足あとのヒグマが見つかれば106年ぶりの来訪となる)
a0166196_16231559.jpg


島南部のオタトマリ沼まで来ると利尻富士も雲に隠れた。
沼では石狩挽歌の歌詞に出てくる「ごめ(海猫)」が飛び交っていた。バスガイドさんの話では羽に付いた海水を洗っているそうだ。
a0166196_16233275.jpg


仙法志御崎公園へ。
風が強く海も時化ている。
a0166196_16235790.jpg


人慣れした「ごめ」さん。足がピンクはカモメさん。
a0166196_16243492.jpg


観光バスは島を一周して鴛泊フェリー乗り場には12時45分に戻った。

今度は礼文島行のフェリーに乗る。
13時05分に出港。半日だけ滞在した利尻島とお別れだ。
 (左は満席だった定期観光バス)

さよなら~利尻島・・・
a0166196_16253369.jpg


by jinashi | 2018-06-07 16:27 | 北海道の山 | Comments(4)



九州で見ることができるクマガイソウの名前は源氏の熊谷直実の姿に由来する。方や平家物語・一の谷の合戦で直実に討たれた平家の平敦盛に見立てて命名されたのがアツモリソウで、こちらは礼文島などでしか見ることはできない。
どちらもラン科の多年草アツモリソウ属に入る。


アツモリソウ目当てに日本最北の離島・利尻島、礼文島の旅に出かけた。

大分空港10時35分発ANA便。
こちらも晴天だが、北海道の天気もまずまずのようだ。
a0166196_15485366.jpg


羽田と千歳では遠いゲートへの乗り継ぎにうんざり。
昼食は2年ぶりの千歳空港「北海道ラーメン道場」へ・・
長い行列の「えびそば一幻」を横目に奥の「けやき」へ入った。
a0166196_15492977.jpg


稚内へ向かう機窓から見る雪山は暑寒別岳あたりか?
a0166196_15495269.jpg



17時前に稚内空港へ到着。
a0166196_20444800.jpg

30分ほどバスに乗って稚内駅へ。歩いてホテルへ向かう。
天気はくもりで少し肌寒い。

ホテル近くの町を散策する。空地も多く寂びれた感じ・・
a0166196_15505674.jpg


今宵はnatsucocoさんお薦めの居酒屋へ・・食べログでもチェック済み^^
a0166196_16481698.jpg




有名人の色紙がたくさん。酒場詩人・吉田類さんも訪れたようだ。
その日の漁で変わるという「刺身盛合せ」を熱燗「北の誉」で頂いた。
a0166196_15522936.jpg



明日は利尻島へ渡る。



.

by jinashi | 2018-06-07 15:54 | 北海道の山 | Comments(2)

北海道に行ってきます!



明日から北海道の利尻島・礼文島に行ってきます!
目的はこの花です。
a0166196_21184122.jpg



こちらはまだ咲いていないかな?
a0166196_2118591.jpg



こっちも有名らしい。(尿酸値も気になる・・・)
a0166196_21191450.jpg



天気も良さそうだ(^^)!    (画像はネットより借用)



.


by jinashi | 2018-06-01 21:20 | 北海道の山 | Comments(4)