カテゴリ:大分県の山歩き~くじゅう山系( 82 )

地震で開催が危ぶまれていたくじゅう山開きだが、12日の地元紙には6月5日に実施することがでていた。
くじゅう連山では落石や浮石などの登山注意情報が出されているが、山開き開催で少し安心した登山者も多かったことだろう。

一足早いミヤマキリシマの開花状況もあわせて・・指山を登ってみよう。

 指山(1449m)  ~2回目

長者原駐車場はほぼ満車。 
去年夏に建立された「坊がつる賛歌の碑」。今年から8月11日は「山の日」として新たに国の祝日となる。
後ろにこれから登る指山。 
8時5分。ここの標高≒1030m。 
a0166196_13251788.jpg

白水川を渡ってまっすぐな鉱山道路を歩く。長者原から登るのも久しぶりだ。
a0166196_13261243.jpg

20分ほど歩いて・・指山自然観察路へ入る。
a0166196_1327188.jpg

指山への分岐一帯は気持ち良い新緑のミズナラ林。
a0166196_13285354.jpg

ギンリヨウソウ
a0166196_13292370.jpg

ユキザサ
a0166196_13294821.jpg

ミヤマキリシマも現れてくる
a0166196_13303136.jpg

a0166196_1331251.jpg

ことしお初のイワカガミ
a0166196_13312927.jpg

マイズルソウ
a0166196_13323731.jpg

咲残りのシャクナゲ
a0166196_13331527.jpg

樹林帯を抜ける。
a0166196_1333556.jpg

山頂部はまだ1~2分咲・・ 向こうは黒岩山~泉水山。
a0166196_13343628.jpg

山頂へ到着。延岡からの女性2人と入れ替わりになる。
三俣山を仰ぐ。崩壊地も広がったのかもしれない。
a0166196_13351630.jpg

雨が池方向。その向こうには去年ミヤマキリシマが全滅?だった平治岳。
a0166196_13355734.jpg

2度目の山頂です。
a0166196_13485240.jpg

おやつタイムで一休みしたら下山開始。
数組の登山者と離合して自然観察路へ戻る。雨が池コースから周回してみよう。
a0166196_13373610.jpg

新緑の大木。
a0166196_13383253.jpg

その下にチゴユリ
a0166196_1339434.jpg

オトコヨウゾメ(終り)
a0166196_1342042.jpg

荒れた枯れ沢に出る。
ナビを見ると近道できそう? ・・ダメもとで枯れ沢を下る。
a0166196_134379.jpg

特に危険なところもなく・・砂防ダムに出た。
a0166196_1344164.jpg

近くにロープが見えて雨が池コース登山路に合流する。
a0166196_1345625.jpg

コハノガマズミ
a0166196_1346111.jpg

タデ原に出る手前で大岩が道を塞ぐ。
近くに割れた破片もあって・・地震で落ちてきたのだろう。
ママは草が真っすぐ立っているので地震の前からあったのではという・・
さて、どちらでしょう?
a0166196_1347458.jpg

タデ原自然観察路で道を譲ってくれたハスキーくん。
これから雨が池まで散歩するそうだ。
a0166196_13474619.jpg

4時間ほどで周回して長者原へ戻る。
指山のミヤマキリシマは一足早く来週~再来週ごろが見ごろになりそうだ。
今年はしゃくとりクンも見ません。

その後、牧ノ戸まで行ってみる。
大曲手前とその先は片側交互通行。大曲の駐車場は使用禁止。
牧ノ戸駐車場には多くの車が停まっていた・・


長者原Pスタート8:05→8:28指山自然観察路入口→8:46指山分岐→9:45指山山頂10:09→10:45分岐へ戻る→11:14枯れ沢→11:27砂防ダム・登山路出合い→11:56タデ原→12:04長者原Pへ戻る
 
(GPSマップ)
a0166196_13494173.jpg

a0166196_1350295.jpg

by jinashi | 2016-05-16 13:59 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(13)

先週、天気なら登ろうと思っていた花牟礼山へ3年ぶりに登る。
未踏のながみず山まで足を延ばしてみよう。

 花牟礼山(1170m) ~大分百山・3回目
  ながみず山(1310m)初めて

狭い舗装道をグングン登った終点にはたくさんの車で、なんとか駐車場所を確保する。
出発はちょうど9時。ここの標高≒800m。
おや、見たような車も・・・
a0166196_1347912.jpg

ジグザグに登って作業道終点から山へ取りつく。ここまで30分ほど。
a0166196_13474145.jpg

急登となってきた辺りで・・あっ、やっぱりうすきさんだ!
今日は1番乗りのようで、この後崩平山へ登るそうだ。
うすきさんは先週、坊がつるから三俣南峰直登コースをアタックしたばかり。さらにくじゅう17サミッツをも目指している元気過ぎ山おじさんだ。山歩きだけでなく、本読み、漢字学習、家事全般や毎日のブログアップなど・・同年代のじなしは全敗です。
a0166196_13482520.jpg

山頂手前の肩に上がるとくじゅう連山が絶景。曇り空だが午後は晴れそうだ。
a0166196_13484460.jpg

野鳥はほんとに「ウソ」でしょうか?(少し調べてみましたが)
a0166196_13491340.jpg

カヤトを緩やかに登る。むこうにうっすらと祖母傾・・・
a0166196_13493399.jpg

左に崩壊地を見た先で4等三角点にタッチしたら
a0166196_13504557.jpg

ほどなく花牟礼山山頂へ到着。
a0166196_13511937.jpg

12歳のハナも休息中。人間なら70歳超えのようだ。
a0166196_13515746.jpg

3度目の山頂です。
a0166196_13522720.jpg

さあ、ながみず山へ登ってみよう。
少し戻った肩から花牟礼キレット?へ入る・・・
尾根筋を一気に60mほど下り、130mほど登り返す。
a0166196_13525971.jpg

鞍部あたり。
a0166196_13532760.jpg

スズタケや立木を掴まえながら4足バサロ平泳ぎで登り返す。
a0166196_1354026.jpg

無我夢中の35分ほどで通過。
登りあがった1250m台地から前方に見るふきくさ山は4年前の3月に登った。
a0166196_13545214.jpg

お目当ての~フクジュソウ群に出会う・・・
うす曇りの下ではほとんどが開いていない。
a0166196_13552657.jpg

a0166196_1355553.jpg

a0166196_13561763.jpg

ながみず山へ向かう。
a0166196_13565038.jpg

山頂手前で別府?の団体さんとすれ違う。
a0166196_13573097.jpg

3等三角点のながみず山へ到着。花牟礼山から1時間30分ほどかかった。
a0166196_13585699.jpg

反対の林道側からも5~6人の登山者が到着してきた。
ほっかむりは必須でした。
a0166196_140769.jpg

昼ごはんのあと一休みしたら・・往路を戻る。
a0166196_1402999.jpg

日差しが出てきたのでフクジュソウが開きはじめていた。
a0166196_1405541.jpg

a0166196_1412431.jpg

ハナとフクジュソウ。
ハナの住所は筋湯温泉。北九州のKさんとは山友達のようでした。
a0166196_14255.jpg

帰路のスズタケトンネル急降下も参りました(>_<)
復路のキレットも同じような時間で通過。
真っすぐ下って登山口へ無事下山。日も照ってきて・・蒸し暑さを感じていた。
a0166196_1423972.jpg

ハナと花と出会った花牟礼山でした。

ツクシショウジョウバカマ
a0166196_1432694.jpg

ボケ
a0166196_1435063.jpg

黄スミレ
a0166196_15155867.jpg

これがほんとの「萌え」
a0166196_1441221.jpg

a0166196_1443144.jpg


作業道終点登山口9:00→9:31山道へ→10:15花牟礼山10:30→10:34花牟礼肩→11:10・1250m台地
→11:56ながみず山12:23→12:56・1250m台地→13:29花牟礼肩→14:18登山口

(GPSマップ)
a0166196_1451738.jpg

a0166196_1453787.jpg

by jinashi | 2016-04-11 14:17 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)

久々にフリーサンデーとなったのでくじゅうへ出かける。
吉部から坊がつる経由で佐渡窪のマンサク見物コースへ・・・

 立中山(たっちゅうさん・1464.6m) ~2回目

吉部最深部のゲート手前から歩き始める。
a0166196_10582050.jpg

ゲート手前に外来植物進入防止のためのタイヤ洗浄プールが出来ている。
a0166196_10584896.jpg

鳴子川の沢音を聞きながら緩やかな登りを進む。
a0166196_10591813.jpg

今春初見の「ふきのたう」
a0166196_10594225.jpg

枯木立の登山路にまだ芽吹きは見られない。
a0166196_1101644.jpg

大船林道へ出る。
a0166196_1104577.jpg

早くもマンサクを発見!
a0166196_1133579.jpg

a0166196_114227.jpg

大戸越分岐を過ぎて鳴子川にかかる橋を渡る。
a0166196_1143759.jpg

暮雨の滝コースと合流した先に今が満開のマンサクがにぎやかだ。
a0166196_1154479.jpg

a0166196_11513923.jpg

a0166196_116226.jpg

a0166196_1165850.jpg

坊がつるへ出る。左の一面は野焼きを終えた末黒野となっている。
晴天だが透明度は良くない。久住高原の野焼きの影響かもしれない。
a0166196_1172314.jpg

法華院山荘が近づくとこれから向かう鉾立峠が見えてくる。
a0166196_1174621.jpg

山荘手前でおやつ休憩のあと鉾立峠へ向かう。正面は立中山。
峠まで距離≒1km、標高差≒100m。
a0166196_1192855.jpg

右手に未踏の白口台登山道入口を見る。現在通行制限があるようだ。
a0166196_1110273.jpg

緩やかに登ると鉾立峠に到着。立派な標柱が立っている。
a0166196_11102934.jpg

峠から(ズームで)見る佐渡窪のマンサク。
a0166196_11112287.jpg

途中のマンサクに満足したので・・立中山へ登る。
ぬかるんで滑りやすい急坂をひと登りで緩やかな登山路となる。
a0166196_11114713.jpg

何組かの先客が昼食中の山頂へ到着。大船山をバックに・・
a0166196_111713.jpg

昼食を済ませて下山開始。
今日の立中山は多くの登山者で大繁盛。佐渡窪マンサクついでに登ったのだろうか?
白口岳北東尾根急登に数組が取りついているのが見える。
a0166196_11122035.jpg

法華院山荘へ戻る。
a0166196_1112502.jpg

野焼きも間もなくだろう。
a0166196_11131451.jpg

ほぼ休みなしで・・無事に下山。

吉部登山口8:21→10:30法華院山荘→10:59鉾立峠→11:29立中山(昼食)11:57→12:35法華院→14:04下山
 距離≒13Km、累積標高差≒720m
(GPSマップ)
a0166196_11161398.jpg

a0166196_11163566.jpg


帰路に男池園地を散策する。
ユキワリイチゲ ~今年も出会えました^^
a0166196_1114797.jpg

a0166196_11142720.jpg

バイケイソウの芽吹き
a0166196_11145977.jpg

by jinashi | 2016-03-22 11:17 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(14)

立春も近づいたが、今頃が一番寒い季節だ。
このところ何かと立て込んでいたが・・今日は久しぶりにくじゅうを歩こう。

寄り道をしたので牧ノ戸へ着いたのは10時近くとなっていた。駐車場もいっぱいなので筋湯へ向かう道路脇に停める。

 久住山(1787m) ~日本百名山・18回目

牧ノ戸登山口。ここからは去年の10月以来だ。
a0166196_10405741.jpg

10分足らずで沓掛山下の展望所へ着く。
三俣山山頂部は雲の中。由布岳も見えない。
1週前の大寒波による積雪も先日来の雨でほぼ溶けてしまったようだ。
a0166196_10411739.jpg

沓掛山から見る九重山。山頂部に白い樹氷も見える。
a0166196_10413518.jpg

扇ケ鼻分岐手前の樹氷帯を抜ける。
a0166196_1042214.jpg

西千里ケ浜から久住山が見えてきた。いいアングル。
a0166196_10455637.jpg

星生崎を越える。今日もたくさんの登山者で賑わう避難小屋前。
a0166196_10463659.jpg

そのまま久住山へ向かう。久住分れから少しキツイ登りが続く。
a0166196_1047881.jpg

振り返ればいつも通りのゆっくりママ・・。
a0166196_10481661.jpg

緩やかなカーブを描いて山頂へ最後の登りが続く。
a0166196_10484389.jpg

間もなく山頂。北寄りの風が冷たい。
a0166196_1049625.jpg

すくれじなしの山頂写真。
※すくれ=(大分弁) 寒がり
 例文 「なんかい?さみぃん かい? すくれやのぉ」
a0166196_10492547.jpg

風裏で昼食。福岡からのお二人の隣に入らせてもらいました。
下山途中に御池へ行ってみる。
a0166196_10495583.jpg

周辺部の氷が溶けている御池。中岳はガスの中。
a0166196_10501926.jpg

下山時に見つけた春の兆し・・・
沓掛山のマンサク。うれしい出会いでした。
a0166196_10511498.jpg




牧ノ戸登山口10:05→11:19扇ケ鼻分岐→12:21久住山12:47→13:06御池
→14:58牧ノ戸へ下山
 ●登り~約2時間15分 下り~約2時間

(GPSマップ)
a0166196_1053317.jpg

a0166196_10535539.jpg

by jinashi | 2016-02-02 10:56 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)

夕方から雨模様の予報だが・・朝から小春日和のいい天気だ。
今年の登り納めとなりそうなのでとりあえずくじゅうへ向かう。
途中でママの登山靴の積み忘れに気が付いて引き返したので1時間のロス・・・。
牧ノ戸から久住山へと思っていたが、やまなみハイウエイ大石原あたりから見る涌蓋山の山容が素晴らしいので急きょそちらへ変更。筋湯温泉から八丁原登山口へ向かう。2012年1月以来、4年ぶり。

 涌蓋山(わいたさん・1499.5m)・ミソコブシ山(1299.6m)八丁原ルート
 ~日本三百名山・5回目

今日のくじゅう山。星生山上空を雲が流れている。
a0166196_14155445.jpg

八丁原登山口駐車場には6~7台の先客があり。
10時を過ぎた少し遅い出発となる。前方に一目山。
a0166196_14162160.jpg

舗装林道を緩やかに登っていくと一目山横から九重森林公園スキー場が見える。今年は雪が少なく日本中のスキー場が雪乞いをしているらしい。
a0166196_1416476.jpg

a0166196_1417666.jpg

涌蓋山が見えてきた。
a0166196_1417282.jpg

舗装路からゲートを過ぎると日陰となったところに雪が残る。この冬初めての雪道歩き。
ここから大分熊本県境を歩く。
a0166196_14175425.jpg

風力プロペラも気持ちよく回っている。遠くは霞んでいる(PM2.5?)がまずまずの展望。
a0166196_14182988.jpg

崩平山から由布岳も顔を出す。先週は田中陽希くんで賑わった。
a0166196_14192012.jpg

全方位に広大な景色を楽しみながら緩やかなアップダウンを繰り返して進む。
相変わらず?倒れたままのトイレ。
a0166196_14195428.jpg

ミソコブシ山へ取りつく。山名は遠くから見ると「味噌漉し」を返したような山容からのようだ・・
a0166196_142023100.jpg

急坂をひと登りでミソコブシの山頂。4等三角点あり。
a0166196_14211773.jpg

前方に山容の佳い涌蓋山を見ながら草原を進む。
大分県では「玖珠富士」、熊本県からは「小国富士」とも呼ばれる郷土富士。
a0166196_14214991.jpg

林道へ出て涌蓋越から樹林帯へ入る。
a0166196_1422419.jpg

もう春を迎える準備をはじめた?馬酔木。
a0166196_1423447.jpg

樹林帯を抜けて女岳への急登へ取りつく。
このあたりから陽が陰って寒くなってくる。
ゆっくりママ↓を見下ろす。
a0166196_1423261.jpg

だいぶ遅れて女岳へ「ハァー・・・」
a0166196_14234850.jpg

山頂へと男坂へ向かう。
a0166196_14241183.jpg

こちらの坂でもゆっくりママ。
a0166196_14243764.jpg

涌蓋山山頂へ。5~6人がそろそろ下山準備。
a0166196_14251869.jpg

山頂から望む九重連山。雲がかかってしまった。
a0166196_14254219.jpg

山頂の祠に神像。
a0166196_142623100.jpg

風があって寒い・・
a0166196_14295975.jpg

おにぎりの山ご飯を済ませたらすぐに下山開始。
むこうにうっすらと阿蘇涅槃が。ゴール(登山口)は左のスキー場下あたり。
a0166196_14264882.jpg

下山はミソコブシ山麓を巻くコースから・・
a0166196_14271460.jpg

駐車場へ無事に下山。
a0166196_1428426.jpg

前半は天気も良く、5時間たらずの大草原パノラマ鑑賞登山でした。

まきばの温泉館を出たら ~ 「♪ポツリポツリと降り出した雨に・・・・」
今年も2人で元気に山歩きを楽しむことができたことに感謝・・・


八丁原登山口(標高≒1140m)スタート10:04→11:06ミソコブシ山→11:30涌蓋越→12:13女岳
→12:26涌蓋山山頂12:49 →14:50下山 
  登り~2時間20分 下り~2時間  距離≒11.7Km

(GPSマップ)
a0166196_17465981.jpg

a0166196_14294347.jpg

by jinashi | 2015-12-21 14:30 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)

ママより特別休暇をもらってくじゅうの紅葉を見納めに・・・
牧ノ戸からくじゅうをブラブラしてみよう。

 星生山(1762m) ~ 9回目
 扇ヶ鼻(1698m) ~ 10回目

平日なのに牧ノ戸は車が溢れている。
リタイヤのシルバーばかりと思っていたら、結構若手も多い。有給でしょうか?
出発は8時39分、団体さん等に前後を挟まれてくるしいコンクリート道を登る。
a0166196_20253240.jpg

風もない晴天で九州電力大岳発電所の水蒸気も真っすぐに上がっている。風力プロペラも静止中。今日で11日続きの晴天。
a0166196_2026830.jpg

久しぶりに沓掛山の東の肩へ出て長者原、タデ原を見下ろす。
やや多いPM2.5で遠望はきかない。
a0166196_2026368.jpg

ナベ谷の紅葉。
a0166196_2027226.jpg

とうとう終焉を迎えたブロッコリーくん。雪山では楽しませてもらいました。
a0166196_20273634.jpg

星生山山腹はまだまだ見事な紅葉ぶりだ。
a0166196_2028441.jpg

扇ヶ鼻分岐先を左へと星生山へ。
a0166196_20283169.jpg

このお山も盛りをすこし過ぎたかな?
a0166196_20293773.jpg

池塘越しに星生崎、久住山方向。
a0166196_2030069.jpg

星生山への登り。
a0166196_20302941.jpg

振り返って見る。むこうに扇ヶ鼻。
a0166196_20323056.jpg

星生新道(今は通行禁止?)に出会うと山頂は近い。
a0166196_20331730.jpg

9度目?の星生山へ到着。2組が休憩中。
a0166196_20334593.jpg

三俣山方向。今日も大曲は一杯でした。
但し、県11号(やまなみハイウエイ)星生新道取り付き辺りの側面駐車は禁止されていました。 
硫黄山は静か・・・。
a0166196_20341198.jpg

星生崎のむこうに久住山や天狗ヶ城方向。
a0166196_20351997.jpg

2015年のラストフラワー?
a0166196_20354943.jpg

急坂をいっきに下って西千里ヶ浜へ。
a0166196_2037350.jpg

分岐を扇ヶ鼻へ。
a0166196_20373014.jpg

ひと登りで扇ヶ鼻の台地へ上がる。
a0166196_2038369.jpg

山頂には多くの登山者が寛いでいた。
a0166196_2038301.jpg

扇ヶ鼻西のピークあたりから山頂部方向。もう終わりか・・・
a0166196_742139.jpg

ひと休みしたら下山開始。
扇ヶ鼻東から見る肥前ヶ城山腹の紅葉が佳い。
a0166196_2040448.jpg

a0166196_2040344.jpg

まっすぐに牧ノ戸へ下山。
a0166196_2041116.jpg

くじゅうの紅葉は少し盛りを過ぎていたが・・星生山や肥前ヶ城山腹では最後の輝きを見せていた。
今年の九重の山々はかつてない素晴らしい紅葉を楽しませてくれました。

くじゅうを歩くと・・何かしらの元気のようなものをもらえます。
そんな満足感を覚えながら帰路につく。   次回は雪山かな?

牧ノ戸P 8:38→9:48扇ヶ鼻星生山分岐→10:20星生山10:42→10:58西千里ヶ浜→11:05扇ヶ鼻分岐→11:23扇ヶ鼻11:31→12:40牧ノ戸登山口


(今日のGPS)
a0166196_2042899.jpg

a0166196_20423983.jpg



    
by jinashi | 2015-10-23 20:44 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(2)

 

ここ数日で急に気温が下がってきて、今年の大船山紅葉はすこし早そうだ。
これまで紅葉シーズンに何度か登っているがあまり天気に恵まれていない。
今年はどうだろう・・・

 大船山(たいせんざん・1786.4m)  ~10回目

前日夕方に出かけて今水登山口へ一番乗りして車中泊。(奥の駐車場あたりからキャンプ?の男性の声が聞こえる・・)
夜半には次々と到着する車で目が覚める。朝駆け組のようだ。

まだ暗い5時過ぎに出発。ここの標高≒820m。

ガラン台へ続くコンクリート道で夜が明ける。
a0166196_1493813.jpg

柳ヶ水あたりで日の出を迎える。
a0166196_1410625.jpg

板切登山道分岐には新たな標識が。今人気の登山バス終点からのコースが合わさる。
竹田市観光ツーリズム協会が5月に新設した登山バス(無料、但し要駐車料金)終点から30分ほどで着くようだ。
a0166196_14103642.jpg

鳥居窪から見上げる大船山。今日は天気も良く山頂部の紅葉が楽しみだ・・・。
a0166196_1411315.jpg

岡藩主(三代目)の中川久清(入山公)が砲術訓練をしたという鳥居窪入口にあるカマボコ石。クリスチャン墓か?
a0166196_14113950.jpg

クルスらしきも・・?
a0166196_1414121.jpg

展望岩から竹田市方向。雲も多くなって遠望はきかない。
a0166196_14144090.jpg

山頂部が見えるところまで登って来た。
a0166196_14224574.jpg

入山公の兜岩まで来ると少しガスって来た。
a0166196_1423811.jpg

八十八箇所霊場十八番薬師様?
a0166196_14233964.jpg

山頂直下。鳥居窪から望んだ山頂部とは大違い(涙)
それでも・・紅葉度は非常に良い!
a0166196_1424935.jpg

わあー・・すばらしい御池周辺の紅葉。
2013年も素晴らしかった→うわぁーすごい!大船山の紅葉

a0166196_14313961.jpg

お日様が照ってくれればなぁ・・(大船山紅葉は午後の西日が良さそうだ)
a0166196_1432311.jpg

米窪お鉢方向。
a0166196_14322825.jpg

山頂写真。寒い!
a0166196_14245143.jpg

御池の湖畔から。
a0166196_14325194.jpg

a0166196_14331272.jpg

しばし晴れるのを待つが小粒の雨が落ちてきて、ガスも深くなってきた。
となりでカメラを構える人によると15時頃には晴れるらしい。
寒さもあって・・撤退開始。
東尾根の急坂を下りる。
前方黒岳もガスの中。
a0166196_1434924.jpg

紅白ポールを過ぎると視界もだいぶ良くなってきた。
a0166196_14344060.jpg

何度か小雨に降られながら・・今水へ無事に下山。多くの車であふれていた。
a0166196_1435873.jpg


天気はイマイチでしたが、今年も今が盛りの大船紅葉を楽しめた。
下山後、七里田温泉の湯船から仰ぐ大船山頂部は相変わらず雲の中だったが・・・前日に続きこの日も午後には夕陽に照らされた紅葉が見られたようだ。

秋の花々ももう終盤でした。
山頂で「エンジョイ登山」のtsurikichiさんと出会いご挨拶。

今水登山口5:08→5:53ガラン台分岐→6:25柳ヶ水→7:17板切(登山バス待合所)分岐→7:30鳥居窪→9:02大船山9:25→11:13下セリ→11:15今水分岐→12:07今水へ下山

(GPSマップ)
a0166196_1436131.jpg

by jinashi | 2015-10-15 14:36 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(10)

8月2日にはくじゅう御池上の高台にある遭難慰霊碑前で行われたくじゅう慰霊祭に参加した。最近になってその慰霊碑が倒れていることを聞いた。8月25日に熊本に上陸した台風15号によるものと思われる。
今日は慰霊碑の様子見がてらにくじゅうを登る。

 天狗ヶ城(1780m) ~ 9回目
 中岳(1791m)  ~ 14回目 

8時すぎにうっすらと霧に包まれた牧ノ戸駐車場に着くと奥まで満車で、手前の道路脇に停める。
登山口では九重町役場職員の方たちが安全登山を呼びかける啓発文書を配布していた。
そうだ・・今日は御嶽山噴火からちょうど1年なのだ。
a0166196_11223433.jpg

いきなり辛いコンクリート道をゆっくりと登って沓掛山の肩へ上がる。
ガスっているが・・これから天気は良くなる予報だ。
a0166196_11225147.jpg

ブロッコリーの丘に着くと陽も射してきて視界も良くなってきた。
それにしてもブロッコリーの根元が寂しくなってきた。
a0166196_1123132.jpg

星生山山腹も色付く気配を感じる。
a0166196_11232956.jpg

西千里浜をリンドウを愛でながらブラブラ歩いていると、さんぽさん、なおさん、RYONAさん等朝駆け隊のみなさんと出会う。今日の夜明けは朝霧が流れて良い雰囲気だったようだ。
お別れした後星生山に向かって何を見ているのでしょう?
a0166196_11234939.jpg

星生崎ではまたガスが湧いてきた。
a0166196_11241360.jpg

今日は登山者も多い。
a0166196_1125242.jpg

天狗を直登する。
a0166196_11253215.jpg

エメラルド色の御池。むこうに慰霊碑の丘。
a0166196_11255576.jpg

a0166196_11303134.jpg

山頂脇で昼食のあと中岳へ向かう・・・
a0166196_11261695.jpg

中岳山頂から御池方向。
ガスは晴れそうにない。
a0166196_11263265.jpg

中岳を下りて慰霊碑の丘へ向かう。
イタドリも黄葉を急ぐ。
a0166196_11265276.jpg

池の小屋から丘へ上がると倒れた慰霊碑が見えてきた。
a0166196_11273878.jpg

倒れた慰霊碑。後ろの壁でも守れないほどの強風だったのだろう。
日本山岳会東九州支部〈加藤英彦会長)では10月に復旧作業を行うことにしているようだ。
a0166196_11275840.jpg

ガスが晴れないまま・・下山とする。
a0166196_11281621.jpg

扇ヶ鼻分岐では早くもドウダンの紅葉が・・・。
a0166196_11283957.jpg




ヤマラッキョウ
a0166196_1136862.jpg

今が盛りのリンドウ
a0166196_1136297.jpg

アキノキリンソウ
a0166196_11364770.jpg

フクオウソウ
a0166196_1137636.jpg

ミヤマキリシマ狂い花
a0166196_11372876.jpg



牧ノ戸登山口8:31→11:16天狗ヶ城(昼食)→12:03中岳→12:34慰霊碑→14:32牧ノ戸
(GPSマップ)
a0166196_11293852.jpg

a0166196_1130239.jpg

by jinashi | 2015-09-30 11:37 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(6)

1日には岐阜県多治見市で39.9℃の最高気温を記録した。
29日に九州北部地方が梅雨明けしてから連日の猛暑が続いている。

日本山岳会東九州支部と法華院温泉が主催する「山の安全を祈る集い」に参加がてらに涼を求めて九重山へ登る。

 久住山(1787m) ~17回目
 天狗ヶ城(1780m) ~8回目
 中 岳(1791m) ~13回目

赤川登山口駐車場へ着いたのは5時。先客は1台。まだ早いので一眠り・・。

5時56分に出発。ここの標高≒1050m。 
今日は独り登山。
a0166196_1531415.jpg

硫黄臭のする赤川温泉を過ぎて沢を渉る。上部に久住山を望む。
a0166196_1535967.jpg

源泉のクサレ湯?を過ぎると沢沿いの自然林は清々しい。
a0166196_1543994.jpg

舗装林道を数度横切り山道へ入ると久住山への尾根へ上がる。
a0166196_1551322.jpg

赤川コースはかつて大分大学工学部が浸食防止実験をおこなった登山道で今でも保全機能を果たしている。
a0166196_1555588.jpg

朝露に濡れた草むらをかき分けて登ると後に久住高原が広がる。
a0166196_1562423.jpg

台地へ上がり着いてひと休み。標高1350mあたりか。7時2分。
前に久住山が立ち塞がるようにそびえている。
a0166196_1573326.jpg

左手に柱状節理の肥前ヶ城。久住山の影が被る。
a0166196_158177.jpg

今年初めてのフクオウソウ。
a0166196_158262.jpg

ママコナ
a0166196_1585684.jpg

ここから気合を入れて急登へ取り付く。
岩角や雑木に掴りながら体を引き上げれば、流れる汗に何度もチョイ休みしながら水分補給。
a0166196_1594493.jpg

登山路が右にトラバース気味になるとノリウツギの向うに南登山道尾根を望む。麓の久住高原は霞んでいる。
a0166196_15101557.jpg

山腹の巨岩が迫る。
a0166196_15113925.jpg

岩場の急登から左に扇ヶ鼻を望むと山頂は近い。下山はあの稜線を下る予定だ。
a0166196_15121577.jpg

上部から声が聞こえて・・山頂直下だ。
a0166196_1513328.jpg

山頂に到着。8時13分。 先月20日に登ったばかり・・
a0166196_15133672.jpg

風もなく暑い。岩陰で一休み。
これから登る天狗、中岳方向。
中岳の右裾野に小さく慰霊碑が。今日の「山の安全を祈る集い」の会場となるところ。
a0166196_1514466.jpg

天狗ヶ城へ向かう。
空池よこのメイゲツソウ。
a0166196_15145273.jpg

天狗ヶ城の急登へ取り付く。
右に御池を見ながらジグザグにゆっくり登っていくと久しぶりの山頂だ。
さっきまで人がいたようでしたが・・貸切の山頂写真。9時6分。
a0166196_15305211.jpg

国東のH田さんに℡すると「今、三俣山西峰・・そちらへ向かう」という。
見下ろす御池。むこうの丘の上に遭難慰霊碑が小さい。
a0166196_15153249.jpg

中岳へ向かう。少しガスって来た。
a0166196_1516116.jpg

ガスの涌く山裾をひと登りで中岳山頂だ。9時30分。
a0166196_15163922.jpg

a0166196_15183525.jpg

時折雲の影になるとヒンヤリとした風が流れて気持ち良い。
うとうとと大休止・・・。
a0166196_15195124.jpg

11時開式「山の安全を祈る集い」へと中岳を下りる。
池の小屋から慰霊碑の丘を登る。すでに山岳会のみなさん等20数名が集まっている。
a0166196_1520325.jpg

慰霊碑でH田さんと合流。集いに参加する。

昭和5年8月11日、沢水(そうみ)本道登山口より登った当時21歳の若者2名が猛烈な嵐に出会い寒さと飢えで遭難死した。1年後に旧友や縁者たちによりその場所に慰霊碑が建立される。遭難したのは筑前木屋瀬(現北九州市八幡西区)の九大医学部学生だった廣崎秀雄氏と友人渡邊邦彦氏。九州で初の山岳遭難死、それも真夏とあって当時話題になった。

2010年8月8日の第1回(80回忌法要)、第3回、そして今回(第6回)と3度目の参加となる。過去5年間(ふしぎと?)悪天候が続いたようだが、今回初めて晴天に恵まれ慰霊碑前での開催となる。
a0166196_15213562.jpg

天台寺院法華院26代院主弘蔵岳久さんの読経からはじまる。
a0166196_15222125.jpg

焼香の列に入れてもらう。
最後に主催者で日本山岳会東九州支部長の加藤英彦さんよりごあいさつ。
a0166196_15234673.jpg

慰霊の集いに参加したことで安らかな気持ちになって下山する。
これからも健康に恵まれれば自然の山々に畏敬の念を抱きつつ安全な山登りを続けて行きたいと思う。
来年から新たに国民の祝日となる「山の日」制定を記念して、来る8月11日(火)には九重町にて「山の日」制定記念祭in大分・くじゅうが開催されるようだ。

久住分れに向かえば今が盛りのノリウツギ。緑と白のコントラストが良い。
a0166196_15231755.jpg

星生崎まで下って昼ごはん。雷雲も近づいてきそうだ。

H田さんもいっしょに扇ヶ鼻経由で赤川へ下りる。
開き始めたマツムシソウ。今年初めて・・
a0166196_15243063.jpg

シモツケソウ
a0166196_1525595.jpg

キリシマヒゴタイ? でしょう・・・
a0166196_15253322.jpg

ノギラン
a0166196_1526230.jpg

イヨフウロ
a0166196_15262814.jpg

ノハナショウブ
a0166196_15273223.jpg

扇ヶ鼻から荒れた急坂を下ると台地へ出て一安心。
a0166196_15281253.jpg

久しぶりにこのコースを下ると、とても長く感じた。
左から沢音が聞こえてきて朝の赤川温泉上の分岐へ周回する。
ほぼ満車となっていた駐車場に無事下山。14時8分。
a0166196_15293661.jpg




赤川登山口駐車場5:56→8:13久住山8:32→9:06天狗ヶ城→9:30中岳10:34→10:55遭難慰霊碑(集い会場)11:15→11:43避難小屋前(昼食)→12:32扇ヶ鼻分岐→12:48扇ヶ鼻赤川分岐→14:08赤川登山口駐車場
●行動(周回)時間=約8時間 

(GPSマップ)
a0166196_15313784.jpg

a0166196_1532044.jpg

by jinashi | 2015-08-04 15:32 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)

菊池渓谷や阿蘇高原花めぐりのあと、夕方牧ノ戸に着いて車中泊。連休(夏休み)とあって車は30台ほどと多い。
夜中に強風で目覚める。星は出ているが予報はあまり良くない。
朝駆けもよぎったが・・再度寝袋へ014.gif

今日は久住山を登ろう。その後は天気次第・・・。

 久住山(1786.5m)  日本百名山 ~16回目

本日デビューのトレッキングシューズ001.gif
同モデルの旧型とは8年間一緒に山旅をしたが、甲のヤブレが広がってきて・・ジ・エンド。
a0166196_1332710.jpg

出発はゆっくり目の7時2分。陽は照っているが予報はくもり時々雨。
a0166196_134517.jpg

沓掛の肩からタデ原・長者原方向。
a0166196_1343820.jpg

星生山方向。標高1500m辺りから上はガスの中。
a0166196_1352581.jpg

チダケサシ(乳茸刺)
a0166196_1355532.jpg

ノリウツギ
a0166196_1362148.jpg

イブキトラノオ
a0166196_136423.jpg

コバギボウシ
a0166196_1374626.jpg

オトギリソウ
a0166196_1381170.jpg

ホツツジのつぼみ
a0166196_1383716.jpg

ノギラン
a0166196_139613.jpg

フクオウソウのつぼみ
a0166196_1393366.jpg

ブロッコリーの丘近くを下山中の若い男性は「星生山の夜明けはガスで撃沈!だった」という。
扇ケ鼻分岐手前で子連れのトレッカーと・・・もう夏休み。
a0166196_13101122.jpg

ワレモコウ(吾亦紅)
a0166196_13103534.jpg
 
ヤマサギソウ?
a0166196_13112925.jpg

    ?
a0166196_13115731.jpg

肥前ケ城のノリウツギの群落。晴れたらきれいだろう。
a0166196_13123574.jpg

星生崎手前の西千里浜から霧雨模様。
a0166196_1313349.jpg

避難小屋で一休みして・・標高差150mほどの久住山を目指す。
ガスも切れ始めた。
a0166196_13133156.jpg

稲星山分岐手前で青空も出てきた。
a0166196_1314661.jpg

山頂直下。
a0166196_13143942.jpg

去年5月以来、久々の山頂です。
先の子連れトレッカーパパから撮ってもらいました。
a0166196_13453735.jpg

また霧の中となって・・風裏で昼食。
天気も良くなりそうにないので下山開始。

アザミが好き?ミドリヒョウモン蝶。
a0166196_1316286.jpg

何とか天気も持ってくれて牧ノ戸へ下山。
a0166196_13163757.jpg


 牧ノ戸7:02→9:22久住山9:49→11:42牧ノ戸

a0166196_13291763.jpg

a0166196_13294527.jpg



 由布高原で花散策

もう色づき始めたヒゴタイ(肥後躰)
a0166196_13302524.jpg

カワラナデシコ
a0166196_13305682.jpg

猪瀬戸湿原へ~
a0166196_13314315.jpg

ハンカイソウ(樊噲草) 難しい漢字・・
紀元前2世紀、漢の時代の高祖「劉邦(りゅうほう)」に仕えた有名な武将「樊噲(はんかい)」にちなんでつけられた。男性的な草の姿が武勇に優れた「樊噲」を思わせたらしい。〈HP季節の花300より)
a0166196_13321569.jpg

氷室小屋跡周辺のオオキツネノカミソリ大群落。
a0166196_1333850.jpg

a0166196_1334522.jpg

アゲハ蝶と相性が良いらしい・・。
a0166196_13351866.jpg

by jinashi | 2015-07-23 13:42 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(6)