2018年 09月 30日 ( 1 )



三俣山レポの前に・・・


三俣山を周遊した翌朝、突然の下腹部激痛と嘔吐で七転八倒した(T_T)
初めての救急車搬送で緊急入院。
4日間ずーっと点滴に繋がれて絶食でした。
a0166196_1046722.jpg




尿路結石のようです(-_-;)
結石体質もあるようだが、日頃の食事や運動など生活習慣の改善がなによりも大切なようです。

4日目の午後に初めての風呂と食事。
その後無理やり?先生にお願いして退院させてもらった。
こうして我が家で暮らせる素晴らしさ・・・








それでは・・三俣山のレポです。

 
この時季、三俣のリンドウが咲くころだ!と思って出かけた。
2年前の同じ頃に同じようなコースを歩いている。


三俣山(本峰・1744.7m / Ⅳ峰・1690m) 
~大分百山・12回目

3連休中日の長者原Pは満車。何とかバス駐車場所あたりに停められた。
ママは孫3号ちゃんに会いにお出かけ。今日は久しぶりのボッチ登山です。

坊がつる賛歌歌碑から出発。6時57分。ここの標高≒1030m。
左が三つコブの三俣山。
a0166196_10472665.jpg


長い直線の鉱山道路を貸し切りで歩く。
砂防ダムを越えて坊原のやや荒れた登山路を緩やかに登る。
再び鉱山道路に上がると、チラホラと大曲からの登山者を見る。
a0166196_1047496.jpg


稜線の向こうからかすかな噴煙を上げる硫黄山。
a0166196_10481048.jpg


ゴーロの登りを頑張ってスガモリ越に上がって一休み。ここまで1時間30分。
a0166196_10484748.jpg


西峰山体の急登を前を歩く登山者に続く。
振り返ると北千里や久住山。右下にスガモリ越。
a0166196_104994.jpg


西峰に上がると足元に半開きのリンドウが群れる。
a0166196_10493872.jpg


a0166196_10495433.jpg


a0166196_10501062.jpg


仲良しのアキノキリンソウ
a0166196_1051345.jpg


トレランの若者グループから追い越された。
西峰山頂あたり。
a0166196_10512749.jpg


三俣山本峰へ到着。長者原から2時間30分のゆっくりペース。
a0166196_10514486.jpg


北峰と大鍋小鍋。半月先には錦に色づくだろう・・
a0166196_10521434.jpg


Ⅳ峰に移動する。向こうは(左から)白口岳~中岳~天狗ヶ城。
a0166196_1053666.jpg


ゴジラ岩?下で早い昼食。
a0166196_1053316.jpg


南峰から激下りもよぎったが・・
今日はまじめに?スガモリ越から坊がつるへ下りてみよう。

下山時には陽を浴びてリンドウが開花していた。
a0166196_1054194.jpg


a0166196_10544184.jpg


久しぶりの北千里ヶ浜。
若いペアから中岳へのルートを聞かれた。雨ヶ池から上がってきたようだ・・かなりのロングコースだね。
a0166196_1055334.jpg


本日2匹目の猿さん。むこうは大船山。
a0166196_10552231.jpg


法華院山荘へ下りて来た。
3連休で沢山の登山者で賑わっていた。
a0166196_10554561.jpg


坊がつるに咲くアケボノソウ。
a0166196_10561670.jpg


a0166196_10563193.jpg


すすきの坊がつるを離れて雨ヶ池へ向かう。
a0166196_10565221.jpg


雨ヶ池で咲き残るマツムシソウ。
a0166196_1057319.jpg


今が盛りのヤマラッキョウ。
a0166196_10583142.jpg


a0166196_10585962.jpg


a0166196_10591592.jpg



長者原へ無事に下山。
久々のくじゅう歩きを楽しんだ。



長者原登山口6:57→7:56鉱山道路→8:28スガモリ小→8:58西峰肩→9:31三俣本峰→9:48Ⅳ峰(昼食休憩)→10:51スガモリ小屋→11:02北千里ヶ浜→11:40法華院山荘→(坊がつる・休憩)→12:48雨ヶ池→14:13長者原へ下山

登山口標高=1030m
沿面距離≒13.3Km
累積標高差(+)≒950m
所要時間=7時間17分(休憩時間を含む)
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_111087.jpg


a0166196_1113247.jpg


by jinashi | 2018-09-30 11:01 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(18)