そろそろアケボノツツジの便りも聞かれる季節になってきた。と思っていたら土曜日から真冬のような寒さとなった。こんな天気を俳句季語では「寒もどり」というのだろう。

久しぶりにくじゅうを登ろう。去年暮れの雪山以来だ。
三俣も星生も稜線に樹氷が見える・・
a0166196_1124193.jpg


三俣山登頂とも思ったが、(あまりにも寒いので・・)去年の秋に歩いた湯沢台コースの見晴らしが丘へ、雨が池からの取付き場所を確認して歩いてみることにした。

 見晴らしヶ丘(1380m)  ~湯沢台縦走コースの1ピーク

長者原に着くと気温は1度。寒い!
防寒準備をして出発。 8時38分。ここの標高≒1030m。
a0166196_11243245.jpg

野焼きが終わったばかりの末黒野に雪景色。
a0166196_11244944.jpg

薄い新緑ベールの中を歩く。
a0166196_112514100.jpg

ミヤマシキミの花と実
a0166196_11252640.jpg

この春最後の?霜柱。
a0166196_1126161.jpg

雪を被ったバイケイソウ。
a0166196_11304033.jpg

三俣山頂部が見えてきた。樹氷もついてそう。
a0166196_113056100.jpg

雪の中の少女、いやツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴)。
a0166196_11311138.jpg

a0166196_11312334.jpg

雨が池に到着。夏から秋にはノハナショウブやマツムシソウ、ヤマラッキョウなどが群落する。
a0166196_11314638.jpg

新しくなった木道。
a0166196_113225.jpg

見晴らしヶ丘への入り口を探してしばしウロウロ・・マップやナビを確認して、坊がつるコースから分かれて初めての道へ入る。
a0166196_11324363.jpg

ゆるやかに下って行くと古い赤テープも見られる。
a0166196_11331171.jpg

ここが分岐。
a0166196_11332718.jpg

「見晴らしヶ丘」の文字あり。
a0166196_11341893.jpg

ここからは去年秋の湯沢台縦走で歩いたところ。
急坂を登るとカヤ野に出る。
a0166196_11344215.jpg

ひと登りで見晴らしヶ丘へ登頂。
a0166196_1135274.jpg

a0166196_11351718.jpg

坊がつる方向。
a0166196_11353780.jpg

平治岳、大船山方向。
a0166196_11355229.jpg

三俣山、指山、雨が池方向。
a0166196_1136685.jpg

ピークにある湯沢台地概念図。
a0166196_11364471.jpg

往路を戻る。
雨が池へ戻る途中で10人ほどの中高年パーティーに出会う。マニアックコースの湯沢台を縦走するようだ。

復路の登山路は雪も解けて春の野草が顔を出していた。
クサボケ
a0166196_11373772.jpg

ハルトラノオ
a0166196_1138116.jpg

ユキザサ
a0166196_11382712.jpg

ヤブレガサ
a0166196_11384546.jpg

エイザンスミレ(でしょうか)
a0166196_10415058.jpg



長者原スタート8:38→10:14雨ケ池→10:55見晴らしが丘→11:21雨ケ池(昼食)11:36→13:01長者原へ戻る。

所要時間≒4時間30分 
沿面距離≒8Km
累積標高(+)≒570m
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_18515929.jpg

a0166196_11413956.jpg





 帰路の由布市内で・・

ゴヨウ(五葉)アケビ?
a0166196_114013.jpg

フクジュソウ
a0166196_11401993.jpg

a0166196_11403417.jpg

a0166196_11404922.jpg





.
by jinashi | 2018-04-10 11:41 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(6)