国東市国見町西方寺地区のミツマタが満開だ。
a0166196_9465994.jpg


ミツマタ保存会とNPO国東半島くにみ粋群により健康ウオーキングが開催された。
第2群生地で地元の歴史にくわしいTさんよりミツマタ群生地について説明があった。
かつて西方寺という寺院の坊があったあたりに写経のための和紙原料として植えられていたようだ。
a0166196_9471663.jpg


第2群生地から地獄池を見下ろす。
左の大岩は「割石」で何か言われもありそうだ。
a0166196_9473411.jpg


今年はやや開花が遅く、今が盛りと咲いている。
a0166196_9475289.jpg


第5群生地に到着する。
a0166196_948785.jpg


a0166196_956783.jpg


a0166196_9562546.jpg


保存会では今年からミツマタロードで特産品販売やお接待をするようになった。
a0166196_9482728.jpg


生しいたけを焼いて皆さんに振舞う。
a0166196_9484316.jpg


竹田津暮らしサポートセンター「かもめ」の皆さんによるカフェも出店。
a0166196_9492537.jpg


ケーブルTVの取材を受ける保存会会長のIさん。
a0166196_9494258.jpg



一般の訪問者も多く見かけたが、狭い林道での車の通行が課題だ。


昼食を済ませたら景勝地「窓の迫」へ。
アーチ橋を渡る
a0166196_9573680.jpg


わーすごい!
a0166196_9575811.jpg


滑らないように慎重に下りる・・
a0166196_9581450.jpg


下からアーチ橋を見上げる。
a0166196_9583681.jpg


西方寺の里に下りてバスに乗る。
a0166196_9591212.jpg


暖かな春の日に恵まれて満開のミツマタとミニトレッキングを楽しんだ。
みなさま、お疲れ様でした。

大分県、いや九州屈指の西方寺ミツマタ群生地には年々訪問客が増えてきた。
保存会のみなさんによる植樹も進んでいる。
四浦半島の河津桜のあとはこちらのミツマタを楽しんでほしい。
この日の新聞では大分県でも桜(ソメイヨシノ)の開花が発表された。九州最後だったようだ。



.

by jinashi | 2018-03-25 10:00 | 国東半島あれこれ | Comments(4)