豊後高田の霧笠山を登る   2018.10.14(日)

 

ことしも「国東おだやか博~ケべス・流鏑馬ツアー」の日を迎えた。
 2016年の様子→ https://jinashi.exblog.jp/23295057/

午後のツアー受け入れまでフリーなので豊後高田で未踏の霧笠山に登って来た。
河内大橋から見る霧笠山。
a0166196_13234076.jpg



 霧笠山(きりがさやま・369.2m)
  ~国東半島山ガイド本 No.41(豊後高田市)

豊後高田市中心部から県34を田染方向へ進む。河内小学校を過ぎて「平の下」バス停前の墓地から狭い林道へ入る。荒れたところもあるがなんとか道なりに進んで広くなったところへ車を停める。

出発は8時54分。ここの標高≒90m。
少し進んで行き止まりとなる手前に3本赤テープを見つけた。ここが取付き登山口。
a0166196_13235961.jpg


荒れた竹林を跨ぎ、かわして枯れ沢を渡る。
急坂をひと登りで尾根に上がる。
a0166196_13242244.jpg


道らしき道?を辿る。
a0166196_1324429.jpg


赤テープを追って尾根急坂を立木に掴まりながら登る。
a0166196_13252397.jpg


2度目の露岩から豊後高田の工業団地(左)や国東半島の山々を望む。
a0166196_13254478.jpg


自然林尾根にテープを見つけながら登って行く。
a0166196_1326671.jpg


3番目の露岩に上がる。
a0166196_1326288.jpg


谷を挟んで西叡山。
a0166196_13265343.jpg


華岳とその手前に3年前に登った鞍掛山
a0166196_1327172.jpg


露岩上部から森に入り、ひと登りで山頂へ到着。
a0166196_13274445.jpg


丸い広場の山頂にはオレンジ、別府SHC,豊嶺会の山頂標識と4等三角点がある。
周りは木に囲まれて展望はない。気持ち良い秋陽を浴びて一休み。
更に先(南)へ向かえば鞍掛山へ尾根道が続くようだ。
a0166196_13284415.jpg




往路を戻って下山。
展望岩で待つママと合流。
a0166196_13292468.jpg


何度か進路不明になりながらも・・無事に下山。
a0166196_13294858.jpg



国東半島山ガイド本・南西の山も48田原山東を残すのみとなった。


林道P登山口8:54→9:42二番目の露岩→9:53三番目露岩→10:02山頂→10:51下山
 
登山口標高=90m
沿面距離≒2.2Km
累積標高差(+)≒300m
歩行時間≒2時間
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_13313296.jpg





Commented by 豊嶺会A田 at 2018-10-17 23:11 x
ガイドブック活用いただきありがとうございます。
霧笠山は採石場の奥の尾根から直登するルートを我が会含めて数人が登っていますがかなりの急登であるので、このル-トを開拓しました。取付きが若干わかりにくくて一般登山者には良いとは思えませんが、途中に展望ポイントがいくつかあるので山通の人には総合的には悪いルートではないと思っています。下山で若干迷われたとのことですが、そこが一番心配したところで、かなりテープを付けたつもりですが、まだ十分ではなかったですか。
Commented by jinashi at 2018-10-19 10:50
豊嶺会A田さん
霧笠山は辻本さんHPで見て山頂東の尾根ルートからと思っていましたが、山ガイド本のルートを登ってみました。
取りつきの荒れた竹林越えや、下山時に三番目展望岩から広い自然林尾根あたりですこし分りにくいところはありましたがGPSで確認しながら下りました。
隣の鞍掛山とあわせて周回コースが出来ればその間の天空尾根歩きが楽しめそうです。
国東半島60座は知らなかった山もいくつかあってこれから楽しみに登ってみようと思っています。
by jinashi | 2018-10-15 13:31 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)