背振山系に続く十坊山 2018.9.16(日)

 

土器山を下山したら唐津の十坊山へ向かった。
佐賀大和ICからR323へ入り古湯温泉を経由して唐津市へ入る。
途中で樫原湿原に立ち寄った。
a0166196_17181591.jpg


見たかったヒツジ草は終わっていたようだ。
ここは蝶やトンボなど昆虫の楽園でもあるようだ。
オトコエシを舞台にベニシジミが踊りを見せてくれた。
a0166196_171831100.jpg


福岡セヴンヒルズGCを通って登山口のある白木峠に着く。二丈町寄りに少し行ったところに駐車場所があった。
先の土器山も読めなかったが、この十坊山も読めなかった。

 十坊山(とんぼやま・535.2m) ~分県ガイド・佐賀の山

白木峠登山口出発は13時20分。ここの標高≒360m。
ここは佐賀と福岡の県境なのだ。
a0166196_17185326.jpg


ヒノキ林を登り始めると、右は自然林となる。
すぐにフラットになって、左下にゴルフ場クラブハウス?の屋根が見える。
a0166196_17191883.jpg


10分ほどで最初のピークを過ぎてゆるやかに下る。
鞍部から急勾配の厳しい登りとなってくる。
ここが一番苦しいところ。
第2ピークに上がり着くと2本テープから左に下って行く。
a0166196_172087.jpg


鞍部から左に大白木への分岐がある。
a0166196_17203238.jpg


山頂にむかって登り返す。草地を過ぎて大岩を縫って登る。
a0166196_17205783.jpg


ひと登りで草原の山頂部へ上がる。
a0166196_17212218.jpg


親子連れなど数組がくつろぐ山頂へ到着。
前方の西に虹の松原や唐津の鏡山が。
a0166196_17214098.jpg


東へ背振山系縦走コースの浮嶽(805m)山頂は雲の中。
(十坊山から東へ背振系尾根を縦走すれば基山の基肄城(きいじょう)まで続いているようだ)
a0166196_1722486.jpg


玄界灘に浮かぶ姫島。
人口は200人ほどでかつて黒田藩の流刑地だった・・(wikipedia)
a0166196_17222314.jpg


山頂にある坊主岩に(へっぴり腰で)上がって見た。
a0166196_17224574.jpg


糸島半島を背に山頂写真。
a0166196_17233998.jpg


トレランの青年が上がってきた。
何と、二丈岳~女岳~浮嶽からここまで縦走してきたようだ(+_+)
10月20日の壱岐ウルトラマラソン(100Km)に参加するという。
身軽に坊主岩に登って行った。
a0166196_1724799.jpg



ウドの花
a0166196_17243648.jpg


キンミズヒキ
a0166196_1725279.jpg



県境尾根をぐんぐん下って・・下山は早い。
a0166196_17252678.jpg




白木峠登山口13:23→13:33第1ピーク→13:48第2ピーク→14:00山頂14:33→15:07下山
(登り≒40分・下り≒35分)
登山口標高=360m
沿面距離≒2.5Km
累積標高差(+)≒250m
所要時間≒2時間(休憩時間を含む)
(GPSマップ~拡大します)
a0166196_17273751.jpg



七山の「ななのゆ」に浸かって汗を流す。
夕刻、道の駅伊万里に着いて車中泊。
近くの「ドライブイン鳥」で夕食タイム。
1時間ほど待ってやっと座敷席へ案内してくれた。
おいしい「鳥めし」をいただきました(^-^) 
a0166196_17264116.jpg




.
Commented by tikuzenootomo at 2018-10-01 16:08
こんにちは~
トンボ山はいつか行こう行こう~と思いながらまだ未踏です。
背振縦走考えたとき、必ず調査しなければならない山です。
ふらりと~唐津線に乗って、きっといつかです^^

お疲れ様です。
Commented by jinashi at 2018-10-01 21:05
tikuzenootomoさん
名前も山頂もいい山でした。
山友がJR福吉駅からJRけやき台駅まで4日かけて歩いています。
パーツごとは歩いていますが連続するコースはアップダウンの連続で(年をとった)自分にはできません。
おおともさんには元気なうちにぜひ挑戦されてください。
by jinashi | 2018-09-20 17:28 | 佐賀県の山歩き | Comments(2)