2018年夏~田染文化財教室ふるさと学級公開講座 2018.8.6(月)

今年も豊後高田市田染公民館より公開講座のご案内を頂いたのでT君を誘って出かけた。
講師は西叡山高山寺船津大乗住職。演題は「釈迦仏教から大乗仏教へ」。
3年前にも大乗住職の講演を聞いた。→2015年の公開講座

2500年前にインドガンジス川流域で起こった釈迦仏教が、日本に伝わって現在に至るまでの変遷をわかりやすく解説してくれた。

聖徳太子により仏教が広まり、最澄の比叡山開山から、現在の天台や真言宗、禅宗、真宗などに様々な宗派が派生していった経緯を解説してくれた。
真宗門徒の我が家だが、ご院家さんより真宗の歴史や成り立ちなどをあまり聞いたことはない。

開基1300年を迎えた国東六郷満山寺院は天台宗だが、その修業は法華経を中心とした密教に禅や戒や念仏などを融合したもののようだ。
天台宗も真言宗も同じようなものと思っていた・・・
a0166196_16401117.jpg

船津住職は元カメラマン。2010年春に六郷満山峯入行を満願、翌年晋山式を終えて高山寺(こうざんじ)住職に就任した。
日本に伝わった大乗仏教だが、船津住職のその大乗という名前は無動寺の中嶋浩伝住職(故人)から授かったようです。



.


by jinashi | 2018-08-11 16:41 | 国東半島あれこれ | Comments(0)