大分や九州の山歩きと国東半島のあれこれを発信します。2011年9月から家族の一員となりました。名前はフリルです。(スコティッシュホールドのメス) 生後2か月です。    


by jinashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

修行登山となった讃岐富士・飯野山  2018.7.16(月・祝)


早朝に道の駅「木の香」を出発。四国最長の新寒風山トンネル(5432m)をぬけて、いよ西条IC~(松山道・徳島道)~で香川県へ入り善通寺ICで下りる。
お初の香川県だが、知っているのは「うどん」と「金毘羅さん」と「溜池」と「讃岐富士」ぐらいか・・

飯野山(讃岐富士)に登る前に登山口近くで早朝から営業しているうどん店へ立ち寄った(^^)
7時の開店と同時にどこからともなく次々と車が集まってきた。
a0166196_1534678.jpg

店内はあっという間に満席となった。
うどん県民が選ぶ「第一回ナイスタウン讃岐うどん選手権2017」で第1位となった店のようだ。
「讃岐もち豚の肉ぶっかけ」中(600円)を注文。
これがうどん県の讃岐うどんか・・・うん、おいしい!
a0166196_153181.jpg



腹を満たして・・いよいよ讃岐富士を登る。
飯野町登山口へ向かう。


 飯野山(通称~讃岐富士・421.87m) ~新日本百名山

讃岐には「讃岐七富士」といわれる郷土富士があるようで・・その代表格が飯野山=(通称)讃岐富士だ。
おむすび山ともいわれる七富士だが、メサ(テーブル状台地)の浸食が進んだビュート(孤立丘)と言われている。

駐車場もほぼ一杯。早くも下山してくる人も・・・
出発は7時34分。ここの標高≒70m。
前の登山者について行く。
a0166196_1541966.jpg

ここが飯野町登山口。
a0166196_1552180.jpg

遊歩道のような登山道へ入る。
a0166196_1555715.jpg

3合目で坂出からのコースに出合って本道は鋭角に折り返す。
a0166196_1562175.jpg

折り返しで地元の男性が「ここからは直登コースが(朝日が当たらなくて)涼しくて良いよ」というのでついて行った。
(これが修行の始まりか?)
登山路はしっかりしているが・・地理院地図にもないコースを登る。
a0166196_1565560.jpg

ネコの夫婦?と出会ってジグザグに登ると本登山道を横切る。
a0166196_1572441.jpg

ひと登りで山頂へ着いた。
a0166196_157549.jpg

沢山のやや?高齢者の皆さんが談笑中。
次々と登ってくる人、下りて行く人・・・毎日登る常連さんたちの健康(仲間)づくりのお山と実感する。
般若心経を上げる2人のあとで・・安養寺奥の院へ参拝。
a0166196_1582088.jpg

役行者&不動明王の祠後ろに三角点があった。
a0166196_159124.jpg

「新日本百名山」碑前で山頂写真。
a0166196_1594861.jpg

もっと下界が見渡せると期待していたが・・山頂から眺望はなし。
(帰って検索してみるとメインの丸亀飯野町コースには何か所か展望所があるようだ)

今日も朝から暑い。日陰ベンチで一休みしたら下山開始。
a0166196_15121976.jpg

少し下ったところから夏霞に瀬戸大橋が見えた。
a0166196_15154877.jpg

分岐に出会う。ここで大失敗をして左へ下りた!!
ちらりと「飯山(はんざん)町口」を見て登ってきた登山口「飯野(いいの)町口」と思ってしまったのだ。
a0166196_15162068.jpg

擬木階段が連続する急下りをジグザグに下る。
途中であれ?おかしいなとは思ったが・・登って戻るパワーはない。
そのまま麓に下りて来た。
a0166196_15164446.jpg

登ってくるご夫婦に聞くと「30分ほどで戻れるのでは」という。
果樹園横を通って行くと飯山町登山口へ下りた。
a0166196_1517390.jpg

ここから飯野山の麓集落を歩いて朝の登山口へ戻る。
無言でついて来ていたママも徐々に遅れてきた。
これも修行、お大師さんの「思し召し」か・・・


熱暑の舗装路を歩きながら讃岐富士を見上げる。
a0166196_15173710.jpg

道路横に「飯野山登山口」を見つけて一安心。
a0166196_151811.jpg

朝、車で登ってきた坂道にかかる。
滝汗がながれてきて・・目いっぱいとなって駐車場へ戻る。

車のドアを開けようとして・・・ガ~ン!
キーは下で待たせたママのザックに入れたのだった・・・・・・・

お大師様、短い「同行二人」を有難うございました(T_T)泣く


飯野町登山口P出発7:34→8:01三合目又西分岐→8:37丸亀コース出合・直登コースへ→8:41山頂9:02→9:11飯山町分岐(間違って下りた!)→9:50飯山町登山口駐車場→(麓の集落道)→10:36飯野町登山口駐車場へ戻る(ふぅ~)
登山口標高=70m
沿面距離≒6.3Km
累積標高差(+)≒420m
歩行時間≒(修行の)3時間
(GPSマップ)
a0166196_15203359.jpg



「丸亀ポカポカ温泉」で滝汗を流す。

温泉を出てさっぱりしたところで・・うどん県に最後のご奉仕^^ 
a0166196_15184511.jpg

金毘羅さん参りも計画していたが・・この暑さと体力消耗で「遥拝」に変更。
少し早いが予約している三崎フェリーへ戻ろう。

ニュースで愛媛県の大雨災害を聞いていたので大洲あたりを通るときには心苦しく思った。
メロディラインでは「風車の町・伊方」の大風車を横目に三崎港に着くと、ちょうど1便前のフェリーが出て行った。
a0166196_15191097.jpg

近くの店で揚げたての「じゃこカツ」を美味しくいただいた。
乗船待ちには関西や中部地方ナンバーもあった。四国経由九州行が近いと聞いたことがある。
満船の九四フェリーは定刻17時30分に三崎港を出港した。
こんど来るときは剣山登山かな?
a0166196_1519574.jpg



初めての四国登山だったが、暑さには参った。
異常気象?とはいえ・・高地にある道の駅や西日本最高峰の石鎚山もかなりの暑さだった。

四国山地には大きくて高い!山がたくさん連なっていた・・・



.

Commented by へんろみち大将 at 2018-07-20 01:52 x
お疲れ様でした。
Commented by jinashi at 2018-07-20 11:02
へんろみち大将さん
大将さんのふるさとでしたね^^ あちこちにうどん屋さんを見ました。うどんハシゴをする観光客も多いようで・・まさにうどん県を実感しました。
そのうどん県からおんせん県に来てうどん打ちとキリシタン研究に頑張っている大将さんはすごい!
by jinashi | 2018-07-19 15:02 | 四国地方の山歩き | Comments(2)