大分や九州の山歩きと国東半島のあれこれを発信します。2011年9月から家族の一員となりました。名前はフリルです。(スコティッシュホールドのメス) 生後2か月です。    


by jinashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファイナルラウンドの扇ケ鼻花祭り  2018.6.17(日)



(今季お初のヒメユリ帰路の由布高原で)
大分県:ⅠA(CR)=ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い絶滅危惧種

a0166196_17344373.jpg




台風6号が九州南に近づいているようだが、梅雨の中休みか、今日いっぱいは天気も持ちそうだ。
くじゅうミヤマ祭りも終わりを迎えて少しは静かになっただろう。
初夏の花にも出会いたい・・と久しぶりに牧ノ戸へ向かう。

賑わう長者原を横目に牧ノ戸へ着くと何と、こちらも大賑わいで駐車場は満車。
県道11号脇に駐車場所を確保。

 扇ケ鼻(1698m) ~大分百山・13回目 

北東から強い風が吹きつけてきて寒い。
しばし躊躇したが、防寒装備で登山口へ向かう。
出発は8時10分。 ここの標高1330m。
a0166196_1735249.jpg


沓掛山で(疲れ知らずの)いーさんに遭遇。大風の星生山御来光登山から下山中でした。
山頂部は雲に隠れたくじゅう連山。
a0166196_17354249.jpg


咲残りのミヤマ越しに星生山。
a0166196_1736990.jpg


ガスもとれてきた。扇ケ鼻山頂部の桃色もフェードアウト中。
a0166196_17363055.jpg


分岐から扇ケ鼻山頂へ向かう。
a0166196_17365244.jpg


最終回となった花畑に多くの登山者が・・
a0166196_17371470.jpg


風が吹き抜ける山頂。
風裏で小昼休み。
a0166196_17373494.jpg


4時間ほどのくじゅう散歩を楽しんで、正午過ぎに下山。
牧ノ戸にはまだまだ多くの車と人・・
同時に(鳴子山オオヤマレンゲ観賞から)下山したH田さんと遭遇^^
a0166196_17382736.jpg



今年のくじゅう連山は5月中旬から1か月にわたって素晴らしいミヤマキリシマロングランショーを楽しませてくれた。


今日出会った花たち・・・

シモツケ
a0166196_17385587.jpg


ネジキ
a0166196_17391248.jpg


オカトラノオ 
a0166196_17392918.jpg


ベニバナニシキウツギ
a0166196_17394697.jpg


コケモモ
a0166196_1740030.jpg


白花ドウダン
a0166196_17401787.jpg


紅ドウダン
a0166196_1741783.jpg


チクシドウダン
a0166196_17414881.jpg


バイカツツジ
a0166196_17412974.jpg





.
Commented by のんびり夫婦 at 2018-06-19 18:46 x
こんばんは。
昨年も今年もロングラン?ミヤマが楽しめたようですね。
ヒメユリ、昨年狙って倉木山へ行きましたが空振りでした。 広島の山で出会え感激しました。 絶滅危惧種なんですね。
遅い国東の山開きで登山者が増えるでしょう。 また忙しくなりことでしょう。
梅雨の合間を見ての山行は流石です。
今年は初夏のよい時季を逃がしてしまい、ぼちぼち再開しようと思っています。
Commented by jinashi at 2018-06-20 11:19
のんびり夫婦さん
ミヤマはもう終わっていると思っていましたが、多くの登山者が最終回を楽しんでいました。くじゅうはたくさんの花々に出会える・・これからの季節がいいです。
秋吉台試登レポを見ました。少しずつ回復しているようですね。
「日にちクスリ」でじっくり治してください。
弟見山のササユリも見ごろでしょうね!
by jinashi | 2018-06-19 17:42 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(2)