大分や九州の山歩きと国東半島のあれこれを発信します。2011年9月から家族の一員となりました。名前はフリルです。(スコティッシュホールドのメス) 生後2か月です。    


by jinashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

六郷満山1300年~岩戸寺ライトアップ  2017.12.9(土)

養老2年(718年)に仁聞菩薩により開かれたといわれる国東六郷満山寺院は来年1300年祭を迎える。
そのプレイベントとして国東市岩戸寺で行われたライトアップと「鬼と三味線の共演」に出かけた。
a0166196_1442820.jpg


岩戸寺は六郷満山第18番札所で末山本寺(布教のための中心的寺院)。ご本尊は薬師如来。
2年に一度(成仏寺と隔年に)の旧正月はじめには修正鬼会(国重要無形文化財)がおこなわれる。
多くの歴史遺産を有する古刹でロングトレイルK1コースのゴール地となる。
a0166196_14395338.jpg

日本最古の石造仁王像。吽形仁王の裏に文明十年(1478年)の銘がある。
a0166196_14401494.jpg

六所大権現の鳥居を潜るとライトアップされた奥の院が見える。ケヤキなどの古木に囲まれた静寂で神秘的な境内だ。
a0166196_14403811.jpg

国指定重文(かつて国宝)の国東塔。 高さ3.4m 国東最古で最も美しい。笠の一部が欠けてなければ・・・
弘安6年(1283年)、弘安の役(元寇)後、天下泰平祈願のために納経塔として奉納された。 
2011年11月に解体修理の際、内部より石造物加工用とみられる中世の鉄製のみ3本が見つかっている。
a0166196_14405676.jpg

奥の院に祀られた木造薬師瑠璃光如来像。高さ95.5㎝。平安後期の作。
カヤの一木彫で国指定重文。日光、月光菩薩と十二神将を従える。
a0166196_1441183.jpg

六所権現前にそびえる大ヒノキ。高さ35mで樹齢950年。
六所権現に祀られるのは住吉大神6体ともいわれる。
a0166196_14423790.jpg

イベント会場となる講堂。2015年に茅葺き屋根が修復された。
5間四方の正方形で修正鬼会の舞台となるところ。
a0166196_1443151.jpg

岩戸寺ご住職の挨拶のあと、大分市?の津軽三味線グループのみなさんによる演奏が始まる。
a0166196_14432114.jpg

a0166196_14434259.jpg

a0166196_1444281.jpg

a0166196_14442035.jpg

災払鬼と鎮鬼は長慶寺ご住職(右)と息子さん(副住職~左)。鬼会の装束で登場。
a0166196_14451314.jpg

a0166196_14453455.jpg

小松明で観客の皆さんへ加持をしてくれた。
a0166196_14455387.jpg


津軽三味線をバックにいつもと勝手が違う感じ?で鬼が舞った。
粋な取り合わせの小一時間のショーでした。
ぜんざいのお接待も頂いた。



.
Commented by tozan6411 at 2017-12-11 19:14
jinashiさん、こんばんは。
1,300年とは凄い時の流れですね。
色んな催しが開催されて、皆様のご尽力の賜物ですね。
紅葉も終わりいよいよ冬モードで九重へ行ってきました。
この冬初の雪に遊んでもらいました。
これからは融けることもなく根雪となるでしょう。
御池も完全凍結となりました。
Commented by jinashi at 2017-12-12 11:09
tozanさん~ 国東半島では1300年イベントが続いています。
観光ばかりが先行しているのも気になりますが・・これを機に、寺も本来の里人を助ける行をし、里人たちも歴史認識を深めていかねばならないでしょう。
きょうもグッと寒くなってきました。
毎年暮れには雪のくじゅうを目指していましたが、牧ノ戸ライブカメラを見るだけになりそうです^^;
by jinashi | 2017-12-11 14:49 | 国東半島あれこれ | Comments(2)