北海道山旅② 大雪山旭岳を周回 2016.7.25(月)

すこし早く目覚めた。
まだ深夜のふらりんをそっと出発する。
R237上富良野から見る大雪山連峰。足元にラベンダー畑。北海道は夜明けが早い。
a0166196_12344652.jpg

途中の忠別ダム湖から見る旭岳。
a0166196_1235113.jpg



 旭岳(2291m) ~日本百名山

ロープウエイ山麓駅下の公営駐車場(無料)に着いたのは4時50分。
車中で一休みして・・6時の始発便へ乗ろうと山麓駅へ向かう。この先は有料駐車場。
a0166196_12355137.jpg

駐車場横からの登山道もあるようだが、ほとんどの登山者はロープウエイを利用するようだ。往復券2900円。
NHK日本百名山「トムラウシ」でガイドの男性が待っていたところ。NHK放映の際には「ロ」の字の上線は修復されていた・・
a0166196_12365826.jpg

定刻に出発したロープウエイは朝日に向かって標高差500mほどを10分足らずで登る。けっこう速い。
a0166196_12375022.jpg

今朝の姿見駅の天気は「晴れ」、気温は14℃、風速3m/s東。
歩き始めは6時15分。標高は1600mでここは旭岳5合目だ。
a0166196_12383195.jpg

さっそくお花畑が迎える。
a0166196_12392423.jpg

右手向こうに十勝岳連山が。明日登る富良野岳は?
a0166196_1239561.jpg

愛の鐘や石室のある姿見ノ池まで来た。
a0166196_12404440.jpg

地獄谷からはゴーという音とともに火口より噴煙が立ち上がる。一帯に硫黄臭も。
a0166196_1241305.jpg

6合目を過ぎて急登のガレ場となればいつものゆっくりママ。
ひたすら我慢の登り・・・
a0166196_12422757.jpg

8合目あたり。山頂部に金庫岩も見える。
a0166196_1243777.jpg

稜線の向こうに頭を出すトムラウシ山(右)、左は忠別岳。
大雪山は「神々が遊ぶ庭」と言われる。
a0166196_12442084.jpg

9合目を過ぎて前方のニセ金庫岩。向こうの噴煙は雌阿寒岳かな?
a0166196_1245455.jpg

大きく蛇行した先の登山路横に(本物の^^)金庫岩。
a0166196_12454412.jpg

山頂まであと少し。
a0166196_12463820.jpg

ひろい山頂へ到着!風が冷たくて気持ち良いが、紫外線は強そう・・
a0166196_12473349.jpg

ゆっくりママが上がってくる間に途中で出会った埼玉の女性と山話をする。あと10座ほどの百名山完登を目指していて、明日はトムラウシを登るそうだ。
むこうにそのトムラウシと右に美瑛岳?
a0166196_12481068.jpg

登ってきた稜線や姿見ノ池を見下ろす。
a0166196_12491550.jpg

ママも到着して・・快晴の山頂写真。足元に1等三角点。日本百名山旭岳は北海道最高峰。
a0166196_12501282.jpg

一休みしたら・・間宮岳へ向かう。
「デジカメもって野に山に」のtarumae-yamaさんおすすめコースを歩いてみよう。
大雪山国立公園は日本最大の山岳国立公園で北海道の屋根ともいわれる。左の高い山は大雪山系2番目に高い北鎮岳(2125m)か?
a0166196_1253588.jpg

ザレ場の急坂を滑りこけないように下りて、広~い雪渓にはいる。
a0166196_1255345.jpg

スリップしないよう・・踵から一歩一歩踏み下りる。右上が旭岳。
a0166196_1256859.jpg

お花畑に癒されながら・・標高差100mほどを一歩ずつ登り返す。
a0166196_12565293.jpg

左に旭岳、右に熊ケ岳山腹の雪渓。
a0166196_12574270.jpg

ここはトムラウシへの縦走路。
a0166196_12584354.jpg

北海岳への分岐を左へ向かうと間もなく間宮岳。
19日からこの日まで(7日間)旭岳滞在中?の男性に撮ってもらった。
a0166196_12593669.jpg

広ーい(直径2kmほど)噴火口跡の御鉢平。NHK百名山トムラウシでは熊がいた所。
a0166196_1301825.jpg

左からガスが湧いてくる。
a0166196_131239.jpg

ここを左へと裾合平へ下りていく。外人さんも多い。
a0166196_1315645.jpg

途中で昼食をとって・・下って行く。
a0166196_14254629.jpg

中岳温泉へ下りつく。足湯につかる登山者たち。
a0166196_1334935.jpg

a0166196_1432633.jpg

裾合平までは雪渓とお花畑が続く。
a0166196_134314.jpg

a0166196_1351080.jpg

a0166196_135472.jpg

裾合平分岐を過ぎると緩やかな登りとなる。疲れた足に堪える。
a0166196_1363545.jpg

ロープウエイ姿見駅が見えてきた。
a0166196_1372881.jpg

夫婦池を通って姿見駅へ戻る。
a0166196_1381740.jpg

ロープウエイで山麓駅へ下りる。
a0166196_1392745.jpg

ガレ場の急登や雪渓、アップダウンを繰り返す長いコースだったが、短い夏のショータイムを見せるお花畑に癒されて周回することが出来た。


旭岳ロープウエイ山麓駅6:00→(ロープウエイ)→6:10姿見駅6:15→8:44旭岳9:15→(雪渓)→10:34白雲岳分岐→10:40間宮岳→11:11中岳分岐→12:01中岳温泉→12:48裾合平→14:13姿見駅14:30→(ロープウエイ)→14:40下山
 歩行時間≒8時間  累積標高差≒1130m
(GPSマップ)
a0166196_13121263.jpg

a0166196_13123834.jpg



 大雪山の花たち
チングルマ
a0166196_1813449.jpg

イワブクロ(タルマエソウ)
a0166196_13185147.jpg

コマクサ
a0166196_1320249.jpg

エゾノツガザクラ
a0166196_13213410.jpg

アオノツガザクラ
a0166196_13221285.jpg

キバナシャクナゲ
a0166196_13224475.jpg

エゾコザクラ
a0166196_13231210.jpg

エゾイワツメクサ
a0166196_13234879.jpg

メアカンキンバイ
a0166196_13243743.jpg

ウスユキトウヒレン
a0166196_13253569.jpg

ヨツバシオガマ?
a0166196_13261088.jpg

 
・・・もうこのくらいで・・・




旭岳温泉・湯元湧駒荘「神々の湯」(700円)で疲れた体を癒す。
2014年ソチオリンピックスノーボードパラレル大回転で銀メダルの竹内智香さんの両親が経営するホテルのようだ。

帰路に美瑛町の「ぜるぶの丘」や
a0166196_18572934.jpg

かんのファームへ立ち寄ってミニ観光・・
a0166196_18582576.jpg

by jinashi | 2016-07-29 13:27 | 北海道の山 | Comments(8)
Commented by higetias at 2016-07-29 16:53 x
じなしさん、こんにちは。
旭岳は中岳温泉の方へ周回されたんですね~^^
独身時代単独で行ったときは山頂手前からガスと雷で山頂にタッチしてすぐ周回を諦めて転げるように石室まで逃げ下りた苦い経験があります。
口惜しいので翌日再び山頂まで行きましたが周回は出来ませんでした。
旭川に戻る車のラジオで旭川の女子高生が雷に打たれて亡くなったことを知りショックでした。 37年前の出来事です。
数年後カミさんと姿見まで行きましたが雪渓を歩いただけで、その後行けてません。
来年三たびチャレンジですかね~^^
Commented by のんびり夫婦 at 2016-07-29 18:55 x
デッカイ北海道の風景と、良い時期の沢山の高山植物を存分に楽しまれましたね。
西日本では観る事の出来ないお花が沢山。 流石にこの時期の北海道山歩きです。
熊も避けてそっと見守っていたことでしょう。
写真を見ていても、大自然の中にいるって感じです。
それにしてもしっかり歩かれました。 お花見ながら歩くと時間がたつのを忘れてしまいそうです。
ママさんも喜ばれたことでしょう。
次も期待していますよ。
Commented by kyuujitunituki at 2016-07-29 19:06
jinashiさん、こんばんは。
ようやく仕事が終わったので自宅でゆっくり拝見させて
頂いています。
やっぱり、北海道は良いですね!(^^)!
奥様も楽しまれた様子で、羨ましい限りです。
北海道の山友も先日お花畑を満喫していましたし
足湯でホッコリもしていました。
山旅②満喫させて頂きました。
次のアップも楽しみにお邪魔します。
写真の整理が大変でしょう(笑
ゆっくりで良いですから宜しくです。
Commented by tarumae-yama at 2016-07-29 20:48
今晩は。
今年、大雪の山は雪解けが遅かった分、丁度花の見頃にぶつかったようで良かったです。
はるばる九州からやって来た甲斐がありましたね。
翌日の富良野岳も晴れたようですし。
そして、下山を待っていたかのように北海道はエゾ梅雨状態になりました。

紅葉の大雪山も素晴らしいです。
昨年9月16日に登った愛別岳は見事でした。
またぜひお出掛け下さい。

Commented by jinashi at 2016-07-30 08:07
higeさん~ 37年前、ですか・・・ ゴリゴリ登れた頃でしたねえ。
ご無事で何よりでしたね。トムラウシへの分岐では、神々が遊ぶあの大自然をもっと歩いてみたい・・とすこし引き寄せられました。
「3度目の正直」という言葉もあります。ぜひ計画して行かれてみてください。
Commented by jinashi at 2016-07-30 08:14
のんびり夫婦さん~ 出会いを期待していたのは・・シマリス、ナキウサギ、キタキツネでした。一度前をアッという間に横切ったのですがカメラが間に合いませんでした。
すこし期待した?熊さんとは縁がありませんでした^^
お花畑もあまりにも素晴らしすぎて、次々現れるとそのうち当たり前のようになってくるほどの贅沢なゾーンでした。
Commented by jinashi at 2016-07-30 08:21
休日さん~ ネットでしっかり事前調査をしていきましたが・・現地体感は想像以上にすばらしいものでした。多くの登山者が魅せられて登るのがよーくわかります。
ツアー団体も多く、地元の人より遠路からの登山者が多いのではと感じました。
帰ってからのアップ作業も楽しいものです^^
Commented by jinashi at 2016-07-30 08:32
tarumae-yamaさん~ いろいろとお世話になりました。
初めての北海道山旅2日間は紺碧の青空で迎えてくれました。なんてラッキーなのだろうと何度も話しています。お花もちょうど盛りのようでした。(いつがピークなのかわかりませんが・・)
旭岳のガレ場の急登はきつかったですが・・その後は大自然の景色やお花畑、雪渓に癒されて周回できました。教えていただいた裾合平のお花畑はいつまでも心に残る風景となりそうです。


大分や九州の山歩きと国東半島のあれこれを発信します。2011年9月から家族の一員となりました。名前はフリルです。(スコティッシュホールドのメス) 生後2か月です。    


by jinashi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
自己紹介
国東半島あれこれ
国東半島・宇佐の山歩き
大分県の山歩き~くじゅう山系
大分県の山歩き~祖母・傾系
大分県の山歩き~由布・鶴見系
大分県の山歩き~その他の山
福岡県の山歩き
長崎県の山歩き
熊本県の山歩き
佐賀県の山歩き
宮崎県の山歩き
鹿児島県の山歩き
北海道の山
北アルプスの山
伊吹山&白山
中国地方の山
四国地方の山歩き
大和三山
九州オルレ
高野山町石道歩き
ダイヤモンドヘッド
ペトロ岐部とキリシタン史
国東半島芸術祭
くにみ句会
生きる力
うれしいこと
ドライブ&トリップ etc
ハワイ旅行
伊美中学校第17回卒
フリルです
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

リンク

最新のコメント

やまぼうしさん ご参加..
by jinashi at 21:32
こんばんは、お久しぶりで..
by yamabousi at 18:07
tozannさん 宇佐..
by jinashi at 11:03
ゆみちゃん もともと運..
by jinashi at 10:59
jinashiさん、おは..
by tozan6411 at 07:11
ママさん大丈夫ですか? ..
by ゆみちゃん at 23:52
seikoちゃん  お..
by jinashi at 20:32
大変お世話になりました。..
by seiko at 18:06
トトロのとなりさん か..
by jinashi at 10:51
話題の人ですね。その後も..
by トトロのとなり at 22:41

記事ランキング

ブログジャンル