晩秋の由布岳を登る 2014.11.23(日)

3連休は気持ち良い晴天が続いている。
夕方には来客があるのでわりと近場の由布岳に登る。7月以来、今年2回目です。

 由布岳(東峰・1580m)   11回目~日本二百名山
  登り~東コース・下り~正面コース

ほぼ満車の正面登山口の奥まった場所に何とか駐車スペースを見つける。その後も続々と車が到着する。今日は他県ナンバーが多い。

出発前にトイレを済ませる。
正面登山口にあるトイレは何とか清掃はされているものの、大分県民として恥ずかしいほど貧弱だ。1年を通して登山者が押しかける人気の山で、大分を代表する別府・湯布院の一大観光地にあるのだから一般のドライバーも立ち寄れるような快適なトイレをぜひ設置してほしいものだ。

スタートは8時6分。ここの標高≒780m。
登山者の列に入る。
a0166196_1743442.jpg

枯れた草原を緩やかに登り樹林へ入る。8時20分。
今日は右へと日向越へ向かう。
ここにあるトイレも最悪です。一緒に何とかしてください。(ついでに東登山口のトイレもお願いです)
a0166196_175541.jpg

枯木立となった静かな自然観察路を行く。
a0166196_1754122.jpg

最後?の紅葉・・
a0166196_1762056.jpg

馬酔木の間を抜けて日向越で東登山路に合流。9時19分。
a0166196_1765561.jpg

「別れても好きな木」発見!
a0166196_1773169.jpg

ジグザグに登りが続くとロープ場があらわれる。ここから厳しい岩場の急登となる。
a0166196_1783261.jpg

高度をあげると視界が広がる。エコーライン越に(右から)鶴見~鞍ケ戸~内山の連山。
a0166196_1785433.jpg

天空展望所下に日向岳が。
a0166196_1791559.jpg

岩壁の鎖場を慎重に越える。
a0166196_1794621.jpg

お鉢縁直下から東峰を仰ぎ見る。
a0166196_1710664.jpg

お鉢周回コースへ出合う。
a0166196_17103896.jpg

東峰直下から大岩をすり抜けて山頂へ。
a0166196_1711188.jpg

火口越しに見る塚原高原に陽が射している。
a0166196_17115664.jpg

位置が変わった山頂標識で山頂写真。11時44分。
a0166196_17174555.jpg

多くの登山者で賑わう山頂でランチを済ませたらすぐに下山。12時8分。
ガスが上がってきた。
a0166196_17122190.jpg

マタエの向うに陽が降り注ぐ湯布院盆地。
a0166196_17143672.jpg

この時間は下山者も多いが登山者もまだまだいる。
新しい標識が立てられていた。
a0166196_1715613.jpg

休憩ポイントの合野越に着く。一休みの仲間にはいる。
以前くじゅうで出会った訓練犬のシェパードを連れた外人さん夫婦もいる。
a0166196_1716130.jpg

朝の日向越散策路に出会って周回。
a0166196_17164115.jpg

錦の装いを脱いで晩秋の豊後富士・由布岳は凛と聳えていました。
a0166196_17171653.jpg

13時54分に無事下山。
大分の自慢の由布ですが…東コースには鍛われました (>_<) 

(本日のGPSマップ)
a0166196_17183158.jpg

a0166196_17185244.jpg

Commented by kyuujitunituki at 2014-11-26 17:50
jinashiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
久しぶりに九重をゆっくり歩き筋肉痛が
翌日出ていました(笑
由布岳のこのコースはまだ歩いていないので
御鉢めぐりと合わせて春先にでも行ってみようと
思います。
晩秋の由布岳も良いですね。
私も、他県ナンバーの一人となりますね(笑
御鉢めぐりは初めて行ったときは
なかなか歩きごたえがあったのを思い出しました。
阿蘇中岳小規模噴火の為、根子岳予定を変更しようと
思っています。
Commented by のんびり夫婦 at 2014-11-26 21:14 x
晩秋の由布岳を楽しまれましたね。
疎らな木の東コースが朝日に当たって気持ちよさそう。
草紅葉の雰囲気も、これまた良いものです。
軽く行かれた割には結構な行程では。
Commented by jinashi at 2014-11-26 21:30
休日さん~ 阿蘇山噴火も何となく不気味ですね。1か月前にも三俣山南峰から阿蘇の噴火を目撃しています。長野の地震などもあり、(大丈夫だろうといわれていますが)こんな時にはやや慎重な行動をとった方が良いのではと思います。日本列島は今活動期を迎えたのでしょうか?

Commented by jinashi at 2014-11-26 21:32
のんびり夫婦さん~ こんばんは。
 今年はこの時季ずいぶん暖かい感じですね。なので?去年に比べて国東の紅葉も切れ味がないような気がします。
30日は大分市の山の会のみなさんを国東トレイルT4コースへご案内します。弱いながらもその日がピークでそれなりに?楽しめると期待もしています。

Commented by トトロのとなり at 2014-11-26 22:28 x
由布岳、景色が良さそうですね。ロガーを見ると標高差が800mありますね。私にはちょっとムリな気がします。また、どこか易しい山を教えて下さい。
Commented by MORI at 2014-11-27 07:54 x
jinashiさん、おはようございます。
紅葉鑑賞もそろそろ終わりですね。
今秋は何かと所用があり、山に思うように行けませんでした。
降雪したら英彦山系でもご一緒したいですね。
Commented by jinashi at 2014-11-27 17:20
トトロのとなりさん~  (休日の)由布岳はいつ行っても小学生ぐらいの子どもたちが元気よく登っています。山頂に近づくまではジグザグ道で楽に登れます。久住山に登っている山人なれば全然大丈夫です。高度感あるすばらしい山にぜひ挑戦してみてください。

Commented by jinashi at 2014-11-27 17:29
MORIさん~  30日に最後の紅葉観賞で国東を歩きます。
いよいよ冬山となりますね。英彦山の雪山、いい時にまた声掛けてください!
Commented by なお at 2014-11-27 20:06 x
はじめまして。
sanpoさんのブログでお名前は拝見しておりましたが、以前よりチョコチョコと山レポ拝読してます。
山レポもそうですが、国東のキリシタン史なども興味深く、オラショのコースも含めこれからも記事が増えそうですね。楽しみです。
実は、由布岳は同日、正面登山道よりピストンで登っておりました。下山途中にシェパード犬とも遭遇。
山頂付近ですれ違っていたのかもしれませんね・・・
申し遅れましたが、当方国東エリア在住です。
Commented by jinashi at 2014-11-27 21:03
なおさん こんばんは。 じなしへご来訪&書き込みいただきありがとうございます。
東峰か、下山途中でなおさん組?とスライドしたのですね。
sanpoさんたちの朝駆け組に国東人がおられるとは知りませんでした。(友人で鶴川のH田さんがたまに朝駆け夕駆けをいるようですが…)ginさんやnonoさんなど少々知り合いです。
国東のキリシタンなどに興味を持ってくれてうれしいです。
こうして新しい繋がりが出来て行くことはとてもうれしいことす。(やや)苦になりはじめたblogもがんばらなければ なりませんね!これから時々、なおさんblogにお邪魔させてもらいます。
Commented by kabuto1952 at 2014-11-28 18:28
こんばんは。由布岳の自然j観察路にちょこっとでも紅葉が残っていないか気になっていました。流石にスッカラカンの冬支度になってるみたいですね。次回登る時には霧氷期待で行きたいと思っています。
Commented by jinashi at 2014-11-29 09:01
いーさん~ 昨日、今日、明日と国東半島のお山です。里山の紅葉もピークとなっています。

と思ったらもう12月ですね。2日頃は寒波の予報で、高いところの樹氷が楽しみになってきますね。
by jinashi | 2014-11-26 17:19 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(12)