人気ブログランキング | 話題のタグを見る

じなしの山歩記と国東半島ミュージアム

jinashi.exblog.jp
ブログトップ

国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)


 岐部プロジェクト「説教壇」

国東半島エコツアーガイドメンバーで完成したばかりの「岐部プロジェクト」の学習会をした。
この秋に開催される国東半島芸術祭では、それらの作品を巡りながら半島の魅力を紹介するバスツアーが実施される。ガイドツアーは3コースあり、10回の開催にはメンバーが交代で案内係を務めることとなっている。

本日の先生は別府プロジェクトのYさんと実行委員会事務局のK君。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_1530120.jpg

岐部プロジェクトの作品はペトロカスイ岐部神父記念公園裏手の城山に設置されている。
城山は戦国時代に大友氏直属の浦辺水軍岐部氏の出城(見張り所)といわれている。大友宗麟が受洗したことでこの岐部の里でも多く人々が入信し、近代以降も密かにキリシタン信仰が伝わっていたようだ。
城山の麓にはキリシタン紋様の刻まれた岐部城主のものといわれる国東塔(五輪塔)がある。
作品「説教壇」制作アーティストの川俣正さんは最初、城山の木々の幹が天へと上る教会に見えたという。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15303422.jpg

設置された木造回廊はカトリック教会の説教壇と世界を歩いたペトロ・カスイ岐部神父の生涯をイメージしているという。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15314763.jpg

川俣正さんプロフィール~
北海道三笠市出身。1953 年生まれ。28 歳でヴェネツィア・ビエンナーレの参加アーティストに選ばれて以降、 欧米を中心に高い評価を獲得し続け、2005 年にはアーティストでありながら横浜トリエ ンナーレの総合ディレクターを務めた。また、東京藝術大学の先端芸術表現科の立ち上げ に主任教授として着任し、既存の美術表現の枠組みを超える試みを実践。現在はフランス、パリ国立高等芸術学院の教授。彼の仕事が関わっていく分野は、建築や都市計画、歴史学や社会学、日常 のコミュニケーション、あるいは医療にまで及ぶ分野とかかわり、海外で最もよく知られるアーティストのひとり。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15311167.jpg

回廊をゆっくり一周することでペトロ岐部が歩いた世界を追体験し、国東半島が世界とつながっていることを実感してほしいという。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15332746.jpg

説教壇とはキリスト教会において教役者が礼拝を導き説教を行う場所のこと。
回廊の内側に向かって乗り出すように2か所に作られている。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15321942.jpg

先端部から沖の姫島と周防灘を望む。戦国時代はすぐ下が海岸線だったようで水軍の見張り場として最適地だったのだろう。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15325461.jpg

回廊の内側には椅子が設置され、森の教会をイメージできる。
森の木々には、川俣さんスタッフと朝のラジオ体操で親しくなった地域の子どもたちが、ワークショップで作った巣箱が20個ほど設置されている。
材料は作品制作の端材を利用している。 ※画像左上に
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15593160.jpg

下りはぺトロ岐部公園へ下りよう。
国東半島芸術祭~岐部プロジェクト学習会 2014.9.5(金)_a0166196_15564498.jpg

岐部プロジェクトの場所。


CMです→ 国東半島エコツアーガイドがご案内します!
国東半島芸術祭HP の「ツアー」→「ガイドツアー」をご覧ください。
by jinashi | 2014-09-06 15:37 | 国東半島芸術祭 | Comments(7)
Commented by へんろみち大将 at 2014-09-06 21:05 x
TVでも紹介されていましたね。
これはまた、見に行かねばなりません。

ガイド大忙しですね。
Commented by ichihime at 2014-09-07 17:29 x
こんばんわ。今度帰ったらこの祭壇が見えるのですね。 段々と変化が付頑張られている地元の皆様の努力が感じられます。
それにしても移り変わってきた歴史の中の、当時、本当にどの様だったのか、キリスト教がこの地域で公然とあがめられたころ、禁教時代などの暮らしを見てみたいものです。
Commented by jinashi at 2014-09-08 20:48
大将さん~ まだまだ役不足ですが・・・ガイド人として大きくなる機会を与えてくれたと思っています。 これからもご指導のほどよろしくお願いします。
Commented by jinashi at 2014-09-08 20:58
ichihimeさん~  ichihimeさんが帰英?されたあとに国東半島もアート作品の設置やそのほかにもいろいろなプロジェクトがはじまって忙しくなってきました。 こういう賑やかな取り組みで・・・逆に国東半島が守ってきた古くから伝わる(静かな)ものがあぶり出されてきています。
 次回の帰国の際に声かけいただければあちこちをご案内します。 
Commented by yamanba-hita at 2014-09-09 00:01
これは又すごい!!
いつ帰ろうかなぁ~
             ようこばあばりん
Commented by tikuzenootomo at 2014-09-12 13:53
素敵な回廊が出来ましたね♪
Commented by jinashi at 2014-09-12 17:04
tikuzenootomoさん~  大友家臣岐部氏一族のペトロ岐部を想いながら回廊を周回してみませんか?
半島へおいでた時にはぜひお立ち寄りください。