別府アルプス・内山~大平山を周回 2012・5・20

湯の町別府の背後に聳える峰々(伽藍岳から鶴見岳へ)は「別府アルプス」とも呼ばれ、尾根を縦走すれば東に別府湾が、西には由布岳やくじゅうの山々のすばらしい眺望が楽しめる。
この山系で未踏のコースとなっているうさぎ落しコースから内山へ、さらに石楠花尾根から大平山を周回してみよう。まだシャクナゲの花も楽しめるかもしれない。

内山
(うちやま・1275m) 
      大分百山 3回目
大平山(おおひらやま・810m) ※扇山と呼ばれている   大分百山 2回目

明礬温泉から明礬薬師寺へと入り狭い道を上がっていく。道なりに進むと未舗装となり開いたゲートを通る。
(2010年9月5日に兵庫県から秘湯めぐりで鍋山の湯を訪れた女性看護師が首を絞められ殺害されるという残忍な事件があった。犯人は逮捕され、大分地裁で強盗殺人、強制わいせつ致死罪により無期懲役が確定したが、観光都市別府にとってイメージダウンとなってしまった。事件から1年以上、このゲートは閉ざされていたようだ。)
急に前方が開け緑の草原が広がる。正面に内山が、左に大平山を望む。
a0166196_22194671.jpg

Y字分岐が現われてその下の広場に車を止める。山口ナンバーの先客が1台。
下山は左手から戻ってくることになる。
分岐からダート道をまっすぐ歩きはじめる。7時21分。ここの標高≒420m。
a0166196_22204015.jpg

すこし歩いた道路わきに献花台が置かれたままになっている。ここがその現場なのだろうと思うと胸が痛む。次のゲートが現われ立入禁止となっている。その先から山道へ入る。ゲート横にある灯篭様標識柱。
a0166196_2221645.jpg

右に温泉らしきが見えたので立ち寄ってみる。ここがあの鍋山の湯のようだ。湯船は2段になっている。数十メートル上方にはカラスの湯という泥湯もあるらしい。どちらも今は利用禁止?のようだ。
a0166196_2222079.jpg

舗装路を進み三つ目の砂防ダム手前を左岸に渡り、ゴルフボールのついたロープに取り付く。ここから山道となる。
a0166196_22223761.jpg

最後の砂防ダム上を横切って山へ入る。
a0166196_22233799.jpg

新緑の森で一休み。
a0166196_22243087.jpg

木や石につけられた黄色のマーキングや古いテープを頼りに進む。あまり歩く人がいないようでまごつくところも数か所ある。谷の奥へ入ると次第に勾配が増し、「ウサギ落としコース」の名のとおり連続する急登にママもスローダウン。
a0166196_22252195.jpg

ロープ場を登り上がるとフラットになり地面と岩から湯気が上がっている。ここは以前塚原越から入って見学した所。
a0166196_22262272.jpg

その先で塚原越に到着する。標高は≒920mか。
前方から塚原温泉からの5人グループが登ってきた。
a0166196_2227776.jpg

一休みしたら内山へと向かう。
しばらくはフラット気味のアップダウンを進むが、山体が近づくと連続するロープ場の急斜面を登っていく。
a0166196_22275771.jpg

横長となった内山の肩に上がり、緩やかなアップダウンを歩く。右に由布岳が雲に隠れている。
左に石楠花尾根分岐を見てその先が山頂だ。3度目の山頂に着くと、先のグループが昼食中。
山頂写真。11時34分。4時間以上かかったスローペースでした。
a0166196_22282957.jpg

別府方向からガスが湧きあがって船底を西へ駆け抜けている。ときどき山頂部まで溢れて流れる。肌寒くなったのでウインドブレーカーを着て風裏で昼食タイム。
一休みして山頂を後にする。
分岐を石楠花尾根へと下りて行く。
a0166196_22293187.jpg

2008年正月に大平山から石楠花尾根に取り付き、次々とピークを登って下って正面に内山が迫ってきたところでタイムアップと雪と疲労でリタイアした思い出?がある。
少し下ったところで終盤となった石楠花が目につくようになる。
シャクナゲは数年にわたって蕾が少ない年があり、その後素晴らしい花をつける年があると聞いたことがある。
厳しいやせ尾根を横歩きで緊張しながら進む。
a0166196_22494911.jpg

右下に別府市街地や高崎山、その先が大分市街地方面。
a0166196_223010100.jpg

更に何度もアップダウンを繰り返して鞍部となるへびん湯分岐へ着く。内山から2時間経過。
a0166196_22311029.jpg

鞍部から標高差50mほど登り返すと大平山山頂へ上がり着く。14時ちょうど。
オートバイのエンジン音が鳴り響いている。自衛隊別府駐屯地よこから駆け上がってきたのだろう。
a0166196_22314757.jpg

すぐにUターンして鞍部をへびん湯へ下りる。ここも初めてのコース。
大きなジグザグを繰り返して林道へ下りる。
a0166196_22324393.jpg

左下に男性の声がして露天湯がちらりと見える。ここがへびん湯。
a0166196_22334359.jpg

さらに道なりに進み、左に恵美須社を見てくねくね曲がった林道を行くと右下に露天湯が見える。男性が4人入っているようだ。そこは「つるの湯」といわれている。
別府秘湯露天風呂には「からす」と「へび」と「つる」となぜか動物の名が付いている。
この道路は「別府一周遊歩道ルート」となっているようだ。
a0166196_22343766.jpg

左へ大きくカーブすると車が見えてきた。
ママも1か月ぶりの山歩きで体も重かったようだが…何とか無事に周回コースを歩き通すことが出来た。15時ちょうど。
a0166196_22352192.jpg

今日のGPSマップ(拡大します)
a0166196_22192111.jpg


明礬温泉のホテル「さわやかハートピア明礬」の湯で疲れをほぐす。500円。

           ベニバナニシキウツギ
a0166196_22354738.jpg

            コツクバネウツギ(虫が中に・・)
a0166196_22362299.jpg

             ミヤマキリシマ
a0166196_22364023.jpg

              ヒトリシズカ
a0166196_22372611.jpg

            ツクシシャクナゲ(咲き残り)
a0166196_22375213.jpg

               オトコヨウゾメ
a0166196_22382988.jpg

               ベ二ドウダン
a0166196_22384921.jpg

                 チゴユリ
a0166196_22391373.jpg

by jinashi | 2012-05-23 22:39 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(0)