国東半島先端部の国東市国見町では、今でも大熊毛内迫地区と野田堀池組の2か所で庚申祭が行なわれいる。
(最近までは岐部地区や櫛海地区でも行われていた)
堀池組では4年に一度の旧暦うるう年正月に庚申祭が行われると聞いて、ガイドや文化財調査委員など5人で見学に出かけた。


庚申信仰とは~
道教の教えでは、人間の体内には三つの霊が宿っているとされる。それは、魂(コン)、魄(ハク)、三尸(さんし)。人が死ぬと、魂(コン)は天に昇り、魄(ハク)は地下に入る。三尸(さんし)は、宿主が死んだ後は自由の身になることから、宿主が死ぬのを待ち望んでいる。
旧暦で60日に一回巡ってくる庚申(かのえさる)の日に、三尸は宿主の体内を抜け出して、天に昇って天帝に宿主の日頃の行状を報告する役目を負っている。三尸の報告によって天帝は宿主の寿命を決めるとされる。
これをさせないために、庚申の日には、前日から大勢が集まって寝ずにいれば、三尸は体内から出られない。平安時代に貴族の間で広まった信仰だが、江戸中期には全国的に庶民にも広がり庚申の夜は講組が集まって酒食を供し夜明けまで楽しんだ。
この行為を3年18回続けた記念に建立したのが庚申塔で、村を見下ろす高台などに建てられた。


道教とは~ 
中国固有の宗教。儒・仏と並ぶ三教の一。不老長生をめざす神仙術と原始的な民間宗教が結合し、老荘思想と仏教を取り入れて形成されたもの。後漢末の五斗米道ごとべいどうに起源し、のち次第に宗教の形を整え、中国の民間習俗に強い影響力をもった。


今日は旧歴の元旦に当たる。

(旧暦の1年は平年約354日で、約3年に1(19年に7)の閏年は閏月が入って約384日になる)


今回の座元は郷司さん。8軒の講組で座元は4年おきに順に回ってくる。
郷司さん宅に朝早くから集まって餅を搗く。
お供えやかぶせ餅、お靴型などをつくる。
かぶせ餅は豊作を祈願するためのもので、お靴型をお供えするのは~庚申様は遠い国から歩いてやって来て信者の苦しみを救 ってくれる遊行神と信じられていたためのようだ。
a0166196_1651199.jpg

うるう年なので12個の餅を詰めたパックを13個つくる。(十三餅というらしい)
a0166196_16514036.jpg

お供えなどを準備して座元の家から庚申塔へ向かう。
a0166196_16521336.jpg

10分ほど歩いて堀池庚申塔へ着く。
石殿寄棟で高さは2.57m。国東半島で一番大きな庚申塔だ。上部はだいぶ風化が進んでいる。
正面金剛が彫られた仏式庚申塔なのだが神式で祭典を行なってきている。
a0166196_16524294.jpg

注連縄を張り、屋根宝珠の上に座元がもちを被せる。
a0166196_16532115.jpg

お供えをする。
a0166196_16541434.jpg

神主さんにより祝詞が奏上される。
a0166196_16543825.jpg

玉串を奉奠して祭りを終える。

次に、近くの山中にある山神様向かう。
a0166196_16554774.jpg

何も彫られていない自然石は山神様と伝えられているが・・ここでも餅を被せて同じように祭典をとり行う。
a0166196_16564220.jpg


座元の家に戻ったら屋敷荒神祭が行われる。
a0166196_16572026.jpg

床の間の掛け軸は「猿田彦」~神道の庚申様だ。
a0166196_16573955.jpg

この後直会が行われ、地域のつながりが深まっていく。

庚申待(祭)の形態は少しずつ変わってきたようだが、これからもぜひ続けてほしい国東の貴重な信仰行事だ。



.
# by jinashi | 2017-01-28 17:05 | 国東半島あれこれ | Comments(6)

このところ週末ごとに寒波がやってくる。
今日も雪マークも見られる予報だが、Uさんのお誘いで大宰府の四王寺山へ登る。
豊後大友の歴史が残る岩屋山や、天智天皇による山城跡が残る四王寺山へは一度は行ってみたいと思っていた。

四王寺山は、最高点のある大城山(410m)を 中心に岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山の総称。
 
 岩屋山(いわややま・281m)
 大原山(おおばるやま・354m)
 大城山(おおきやま・410m)

途中の道路脇に停めて岩屋城跡へ登る。
a0166196_15403145.jpg

すぐに展望の良い城址へ上がる。
a0166196_15405151.jpg

戦国武将高橋紹運が自軍700余名と籠城し、攻め入る島津軍総勢2万人と激戦の末壮絶な最期となった(岩屋城の戦い)ところ。
紹運は国東半島屋山城主で後に大友より筑前国の軍権を与えられた吉弘鑑理の二男。祖父の氏直は周防の大内氏と勢場ケ原の戦い(杵築市山香町大村山)で討ち死している。
誰彼のHPで見た石碑。
a0166196_15411566.jpg

横の高いところが岩屋山山頂。標高281m、これも一座。
a0166196_15413363.jpg

大宰府方向。九州国立博物館の青い屋根が見える。
a0166196_15415097.jpg


焼米ヶ原Pへ移動。準備をして出発。ここの標高≒330m。
ここは大宰府を守護するため四王寺山全体に築かれた日本最古の城跡。
焼米は保存食?
a0166196_15423327.jpg

千手観音、馬頭観音、如意輪観音など・・「四王寺三十三体石仏群」が安置されている。江戸後期に置かれたようでその由来は不明という。
a0166196_15425872.jpg

a0166196_15431942.jpg

遠見所へ上がる。
このあたりから南へ下ると四王寺山4座のひとつの水瓶山へ続く。
a0166196_15434719.jpg

宝満山、三郡山から左に若杉山方向。
a0166196_1544734.jpg

登らないのに?大原山へ着く。
a0166196_15442982.jpg

土塁の城壁となっている尾根を歩く。
a0166196_15445412.jpg

谷に作られた「小石垣」。
a0166196_15454781.jpg

一山越えたところにある「百間石垣」へ登る。
a0166196_15463742.jpg

長さ150m以上で城内最大の石垣。
a0166196_15471528.jpg

野外音楽堂へ出る。
a0166196_15474181.jpg

大城山へ登る。
a0166196_1548746.jpg

毘沙門堂へお参り。
a0166196_15482316.jpg

お堂の近くにある大城山。2等三角点あり。
山頂写真。
a0166196_1553789.jpg

東屋で昼食。福岡空港へ着陸態勢のジェット機。
a0166196_15585253.jpg

どんな渇水期にも水が絶えないという鏡ヶ池。
a0166196_15495156.jpg

高床式建物の基礎石。
a0166196_1550185.jpg

宇美町と大宰府の境界あたりにある焼米ヶ原Pへ無事周回。

早春の可憐な花~セリバオオレン
a0166196_15504980.jpg

a0166196_1551536.jpg


9:45岩屋城跡9:53→(車)→
焼米ヶ原駐車場出発10:15→10:32遠見所→10:46大原山→11:22小石垣→11:55百間石垣→12:17野外音楽堂→12:42四天王寺毘沙門堂→12:44大城山→13:11展望東屋(昼食)13:45→→14:00礎石発掘調査→14:04駐車場へ戻る
   
沿面距離≒6.4Km
登山口標高≒330m  累積標高(+)≒600m
所要時間(休憩含む)≒3時間50分  

(GPSマップ)~拡大します
a0166196_16211226.jpg


大宰府天満宮へ参拝。受験生らしきもチラホラ・・
「あれ、それ」と言わなくても名詞がすぐに出ますように・・・
a0166196_1552125.jpg

飛梅もチラホラ咲き始めている。
a0166196_15522143.jpg




.
# by jinashi | 2017-01-25 15:53 | 福岡県の山歩き | Comments(2)



本日最後の山は安岐町山浦の油原山へ・・

朝来の谷を下り、釜ケ迫国東塔入口から400mほど過ぎて瑠璃光寺への近道へと左折すると油原地区に着く。
ここは国東半島峯道ロングトレイルK5オプションコース。
a0166196_17385175.jpg


 油原山(ゆはるやま・265.9m) ~安岐町山浦の里山

蓮池の十字路を掛樋方向へ南に向かう。300mほど行った次の池の手前に停める。
目印は右のクヌギの木に緑色テープが巻かれている。
a0166196_17393324.jpg

(緑テープの反対側の)山へ入る。14時46分。ここの標高≒220m。
a0166196_1740171.jpg

荒れた・・作業道だった跡?を進む。
竹藪から鋭角に右へ向かう。
a0166196_17403497.jpg

作業道が不明となったあたりから頂上部に向けて適当に登ると山頂が見えてきた。
a0166196_1741115.jpg

SHC別府の山頂標識と四等三角点。
a0166196_17414954.jpg

石殿の祠もある。文政七年申・・
a0166196_17421823.jpg

山頂部に古いテープも見られるが・・ナビを見ながら往路を戻る。
a0166196_17425859.jpg


 所要時間=16分。標高差≒50m
(GPSマップ)
a0166196_17432424.jpg


 北西季節風が吹き抜ける寒い国東半島だったが、お一人様で里山5座徘徊を楽しんだ^^;




.
# by jinashi | 2017-01-17 17:46 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

山香へ出て昼食。
a0166196_1140828.jpg

次に安岐町明治の米山へ向かう。

 米山(よねやま・428.9m) ~安岐町明治と両子の間にある里山

県405柚ノ木バス停から北へむかって市道?を2.4kmほど進んだY字に停める。植林帯へ向かう林道を歩き始める。13時38分。ここの標高≒260m。
a0166196_11404836.jpg

林道を行くと左手に溜池が見える。
a0166196_11421880.jpg

ゆるやかに標高を上げながら1kmほど歩くとT字に出会い、右へ向かう。(ここまで四駆なら来れそう)
a0166196_11425795.jpg

右手の上部に尾根が見えてきた。
取付きやすそうなところから適当に登って尾根へ上がる。
尾根を左に進むと山頂が見えてきた。
到着は14時03分。三等三角点にSHC別府の標識がある。展望はなし。
a0166196_11432654.jpg

下山で南寄りの尾根へ下りそうになって・・危ない危ない^^;  里山ほど要注意です。
林道を戻って下山。14時27分。
a0166196_11435246.jpg

両子山の南にある・・なんちゃない里山でした。

 所要時間50分。標高差≒170m。
(GPSマップ)
a0166196_11442347.jpg



.
# by jinashi | 2017-01-17 11:46 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)

 
伊美山を下山したら県31で杵築市大田へ向かう。
県29との十字交差点を過ぎて緩やかに下り、一畑トンネルを抜けた先を右に旧道へ入る。カーブした先から釜割のピークが見えてくる。
a0166196_1030384.jpg

さらに大きな右カーブの先から左へと作業道へ入り、右が開けた所に車を停める。

 釜割(かまわり・410.9m) ~杵築市大田と豊後高田との市境にある里山

作業道を歩き始める。ここの標高≒380m。
a0166196_10302381.jpg

100mほど歩くと釜割の山容が見えてきた。
a0166196_10304546.jpg

作業道が行き止まりになった所から山へ取りつく。(ここまで車で来れそうだ)
a0166196_10312473.jpg

笹ヤブを平泳ぎ?で進む。若干の踏みあともあるが・・とにかく上を目指す。
時折、潜んでいたサンキライの棘が襲ってくる。
a0166196_10322290.jpg

標高差20mほどを登ると山頂に到着^^; 登りタイムは3分^^
足元に枯葉に隠れた(三等)三角点を発見。
a0166196_10324327.jpg

雑木に囲まれて展望は良くない。すぐに下山もヤブコギ。
下りたところから見える両子山。
a0166196_10325938.jpg

大田村小野の谷。向こうに田原山(ノコギリ山)。
a0166196_10331489.jpg

短材にされたクヌギの木。これから椎茸コマ打ちの最盛期。
a0166196_10334164.jpg


 登って下って23分。これも一座^^
 (GPSマップ)
a0166196_1034441.jpg


ところで釜割って? 釜が割れた?ような山容だから? どこが?
下山後に県31から見た山容。
a0166196_10562526.jpg



.
# by jinashi | 2017-01-17 10:35 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)