国見町西方寺に住むI永さんから「近くの山中で崖に穴が開いたすばらしいビューポイントを見つけた!」と教えてくれた。
早速、半島中心部の山々に詳しいH島さんと2人で探検に出かけた。I永さんから聞いた情報を頼りに山へ入ったが・・それらしき場所を探し出せなかった。(5月27日のこと)
その後、I永さんより画像やマップで聞き取りをして場所をほぼ確定したのでH島さんと一緒に再度探検に入った。

西方寺の京来下(きょうらげ)バス停に車を停めてスタート。
この地区の小野さん、山口さんの御先祖は京から下ってきたという言い伝えもあり、今でも一族で先祖供養をしているようだ。
バス停の東には(ロングトレイルK1コースの)大不動岩屋にあった不動明王を祀る中谷不動堂もある。
(5月27日の画像)
a0166196_14501936.jpg

2週続きで上西方寺集落を通って山へ向かう。
a0166196_14522962.jpg

最後の人家を過ぎて昔の峠道をゆるやかに登ると左に手入れがされたクヌギ林が広がる。
a0166196_14531045.jpg

左に椎茸榾木の伏せ場があるところの右手に古い道標がある。
a0166196_14533490.jpg

「左えびすみち、右やまのかみみち」と彫られているようだ。江戸時代のものだろうか?
a0166196_1454163.jpg

やまのかみ(山の神=香々地見目の最奥の集落)方向へ入る。
a0166196_14542466.jpg

すぐの右に炭焼釜跡あり。この先左手にも2か所ほどある。
a0166196_14545141.jpg

杉林を通る。谷に沿って道らしき雰囲気もあるが・・倒木などで荒れている。
a0166196_14552832.jpg

クヌギ林となる。
a0166196_14555397.jpg

シュロの木が1本あるところから再び杉林となる。
a0166196_14561897.jpg

右手に(前回行ってみた)倒木で露出した崖が見える。
a0166196_14571773.jpg

少し急な登りを上がると尾根(峠)にあがる。(京来下から)歩き始めて23分ほど。
a0166196_14594477.jpg

尾根から前方(山の神方向?)はクヌギ林で緩やかに下っている。
a0166196_150113.jpg

右の盛り上がった方へ進む。ここまでは前回と同じコース。
a0166196_1503469.jpg

一旦小ピークに上がったら左へ下りて行く。(前回は真っすぐ尾根を進んだ)
前に大きなヌタ場(猪の風呂)が見えてきた。
a0166196_151233.jpg

そのヌタ場から右を見ると・・・「わぁー・・あったぁぁ~~~」
これが地元の人が「窓の迫」というところかぁ~
a0166196_1533024.jpg

これはすごい! 
ブリッジの長さは15m、幅は5mほどか・・真下からブリッジまでの高さは20mほどありそうだ。
a0166196_154119.jpg

a0166196_1543716.jpg

a0166196_155221.jpg

a0166196_1552782.jpg

樹木で見えないが窓の先(東)は鷲巣岳方向だろう。
窓の向こう側の両脇は岩屋となっている。
a0166196_1555187.jpg

ブリッジ下から入って来た(ヌタ場のある)方向を見る。
a0166196_1561458.jpg

下からブリッジを見上げる。
a0166196_1564381.jpg

ブリッジになっているところは、前回、下にこんな窓があるとは気が付かないで歩いている。そのとき(5月27日)の画像。
a0166196_1575855.jpg

崖沿いを進んで見る。
a0166196_158478.jpg

回り込むと(前回も上がってみた)倒木で露出した崖へ出た。予想通り・・・
a0166196_1510355.jpg

先の「やまのかみみち」へ戻って往路を下る。
a0166196_1511433.jpg

田の神様か? 田植えの真っ最中・・
a0166196_15114543.jpg


京来下バス停に戻るとこの地区のYさんがおられたので・・道標のことを聞くと、やはり「右やまのかみみち」と彫られているようだ。

少年の気分になって2週続きでドキドキ楽しい探検でした。
突然前に現れた絶景の窓岩を見つけ出して感動した。
来年春のミツマタが咲くころにはトレッキングツアーのコースに組み入れたら面白そうだ。

国東半島中心部は、100万年以上前の両子山噴火により生成した溶結凝灰岩~凝灰角礫岩が浸食された岩峰群が聳え立っている。
まだまだ知らない絶景ゾーンがありそうだ。

(GPSマップ)
a0166196_1519440.jpg



.
# by jinashi | 2017-06-03 15:26 | 国東半島あれこれ | Comments(8)




先の日曜日(28日)の早朝、田原山駐車場でうすきさん車を見たとき、もうイワギリソウが咲いているんだ・・と知らされた。
行けるのは今日の午前中だなと思っていたら、前日に信ちゃんからお誘い℡をいただいた。サッと登ればいいものの、国東へ入って来られる時にはいつも声かけをしてくれるのがうれしいです。

 田原山(鋸山・542m)  ~九州百名山・9回目

8時前に信ちゃん&俊ちゃん、higeさん&higeママさんと合流して・・しゅぱ~つ! 半月前に雨乞牧場で出会った俊ちゃん以外は3月のトンテンカン以来です^^

前が開けて主稜線が見えてきた。
a0166196_1751388.jpg

ナワシロイチゴ?がいい色で熟れている。
a0166196_17543881.jpg

ヤブムラサキ
a0166196_17545496.jpg

雫石の上から登山口方向。向こうは「勢場ケ原の合戦」があった大村山。
a0166196_17551780.jpg

ひと登りで南尾根に上がるとヤマツツジが迎えてくれる。
a0166196_17554040.jpg

大観峰から山香方向。由布鶴見は雲の中。
a0166196_17555996.jpg

一旦下って登り返せば八方岳。ここが田原山(のこぎり山)山頂。
a0166196_17563595.jpg

今日は・・山頂の景色よりお花探し。
タテバイのステップを登ったところに第1号発見。
a0166196_17565786.jpg

国東半島のシンボル石を望む。
a0166196_17575453.jpg

痩せ尾根歩きが続く。
岩場の北側斜面に群生している。
a0166196_17581695.jpg

朝日を浴びて・・
一雨欲しいと言っています・・・
a0166196_17584680.jpg

マメヅタラン(の花)群落はお初にお目にかかります。
a0166196_17591296.jpg

地味な色の花だが・・日が射すともっと開くようです・・
a0166196_17593187.jpg

近くのチャボツメレンゲも成長中。秋には小さな白い花をつける。
a0166196_17595542.jpg

一番の群生地に咲くイワギリソウ。
レッドデータブックおおいた(絶滅危惧)IA 
a0166196_1802267.jpg

a0166196_1804041.jpg

a0166196_1813666.jpg

見返り岩へ向かう。
ウツボクサ
a0166196_1815659.jpg

急な岩場を下る。
a0166196_1822377.jpg

青空に映える卯の花。 ♪卯の花の匂う垣根に♪・・・
a0166196_1824719.jpg


今年も可憐なイワギリソウに出会えた。
九州では国東半島と薩摩の磯間岳あたりにだけ自生しているという貴重な花だ。
来週には梅雨入りしそうなので・・一雨浴びればフレッシュな開花がしばらくは楽しめそうだ。

信ちゃん&俊ちゃん、higeさん&ママさんお世話になりました!


登山口駐車場8:02→8:29雫石→8:42大観峰→8:56八方岳→9:13股覗き岩→10:26見返り岩
→10:42下山

登山口標高≒300m
沿面距離≒2.8Km
累積標高(+)≒410m
所要時間(休憩込み)≒2時間50分
(GPSマップ)
a0166196_1853749.jpg



.
# by jinashi | 2017-06-02 18:07 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

来週4日はいよいよくじゅう山開き。
今年は久住山山頂で神事が行われるようだ。

先週は万年山お花畑で5~6分咲きのミヤマキリシマを観賞した。蕾をいっぱいつけていたので今頃は素晴らしい咲きっぷりを披露していることだろう。

万年山より標高差500~600mほど高い九重連山のミヤマキリシマも、虫害もなくびっしりと蕾を付けているようで、昨年同様すばらしい開花ショーが期待される。

指山(1449m)や立中山(1464.5m)あたりで咲き始めたようなので・・今日は標高も近い岩井川岳から扇ケ鼻を登ってみよう。
a0166196_15122596.jpg


 岩井川岳(いわいごだけ・1522m)  ~大分かくれ名山・3回目
 扇ケ鼻(1698m)  ~九州百名山・12回目

すこし朝寝をして家を出る。
6時50分ごろ田原山登山口を通過すると駐車場に見たような車(ナンバー大分1515)をチラリ発見。もうイワギリソウが咲いているのだな・・と教えてくれる。

車で溢れる長者原、大曲、牧ノ戸駐車場を横目に熊本県境に近い岩井川岳瀬ノ本登山口へ着く。ちょうど団体さんバスも到着してきた。
団体さんの後から出発。8時41分。ここの標高≒1050m。
a0166196_15133131.jpg

団体さんの後姿を見ながら・・しばらくは緩やかな勾配の林道を登っていく。
a0166196_1514148.jpg

ホウチャクソウ
a0166196_15142020.jpg

35分ほど歩いて・・急登に取りつく。
馬酔木やナラの林へ入る。
a0166196_15144392.jpg

a0166196_151592.jpg

スポットライトを浴びた初咲のミヤマ
a0166196_15152717.jpg

ミズナラ?の若葉
a0166196_151607.jpg

右が開けて阿蘇涅槃が・・
a0166196_1516215.jpg

瀬ノ本高原と右は猟師岳。
a0166196_1516416.jpg

木漏れ日の森を歩く。
a0166196_15175081.jpg

登山道から分かれて・・草原を歩いて岩井川岳へ到着。
3等三角点あり。
西側先端部は少しピンクに染まっている。
a0166196_15181242.jpg

一休みして・・正面に盛り上がった扇ケ鼻へ向かう。
a0166196_15185476.jpg

a0166196_1519207.jpg

びっしりと付いた蕾。しゃっ君は全く見ない。
a0166196_15194634.jpg

ジグザグに森を登っていく。
a0166196_15203755.jpg

ほぼ終りの石楠花。
a0166196_1521657.jpg

山頂直下に群生するドウダンはまだ蕾。
a0166196_1521249.jpg

a0166196_1523769.jpg

マイズルソウ
a0166196_15242692.jpg

山頂部に群れ咲くイワカガミ
a0166196_15244438.jpg

a0166196_1525973.jpg

お久しぶりに白ヘルおじさんと出会う。2014年7月の由布岳以来・・
「まだだいぶ先ですねえ・・・」などと挨拶して別れる。
a0166196_15253978.jpg

山頂は涼しいが紫外線は強そう・・
a0166196_1525588.jpg

沢山の登山者と一緒にゆったりと昼食タイム。カップメンのとなりに咲くミヤマ・・
a0166196_15262172.jpg

山頂から星生山への途中の花畑にピンク色は見えない。
来週、いや再来週あたりが見ごろだろう・・・?
a0166196_1526442.jpg

星生山あたりまでとも思ったが、花は未だ早そうなので往路を下山する。

ケキョケキョ~と鳴く鶯を何とか捉えた!(ピンボケですが^^;)
コイツはなかなか姿を見せてくれません。
a0166196_15275421.jpg

登り体重ブレーキも下りはスイスイで瀬ノ本へ下山。
a0166196_1529154.jpg


 瀬ノ本登山口8:41→10:35岩井川岳10:58→
  →11:40扇ケ鼻(昼食休憩)12:25→13:50瀬ノ本下山

 登山口標高≒1050m
 沿面距離≒8.2Km
 累積標高(+)≒730m
 所要時間(休憩込み)≒5時間10分
(GPSマップ)
a0166196_1535631.jpg



帰路に阿蘇高原へ足を延ばす。
目的のイチヤクソウはまだ蕾。
a0166196_15301715.jpg

シライトソウ
a0166196_15305654.jpg

イブキトラノオ
a0166196_15313252.jpg


久しぶりに筋湯「うたせ湯」でリラックスして帰路についた。



.
# by jinashi | 2017-05-29 15:42 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(10)

来週28日(毎年5月最終日曜日)は万年山山開きデー。
1週前のミヤマキリシマ開花状況偵察に出かけた。今年は桜の開花が遅かったようだが・・ミヤマキリシマはどうだろう?

今日は超マイナーコース?から万年山を登る。
2012年6月に下園鼻繰岩コースを下山後、宝泉寺温泉へ向かう途中で道路わきに登山口を見ていたのだ。
調べてみるとこのコースは「カラ谷コース」というようだ。

 万年山(はねやま・1140.3m)カラ谷コース ~九州百名山・5回目

道路脇のすこし広くなった所へ駐車して出発。
作業道を歩き始める。
ここの標高≒750m。8時54分。
a0166196_21252192.jpg

右に山頂部を見る。広い山腹は椎茸榾木の伏せ場となっている。
a0166196_21254990.jpg

フキの群生地を過ぎると作業道は終点となる。
a0166196_21261690.jpg

枯れ沢に沿って斜面の狭いトレースを注意しながら登る。
a0166196_21264151.jpg

ハイノキ
a0166196_21271778.jpg

急坂を登る。
a0166196_21274311.jpg

林道へ出て再びヒノキ植林帯へ入る。
a0166196_212887.jpg

急登の植林帯を抜けるとミヤマキリシマに陽光が降り注ぐ。
a0166196_21283776.jpg

宝泉寺ルート(黒猪鹿コース)の登山道へ出合うと山頂は近い。
a0166196_21285811.jpg

1組が休憩中・・・意外と静かな山頂だ。
a0166196_21474019.jpg

山頂からは360度の大パノラマだ。
右に涌蓋山から左には九重連山がいい眺めだ。
a0166196_21301217.jpg

鼻繰岩(はなぐりいわ)方向へ稜線歩き。
a0166196_21304577.jpg

笹原に浮かぶミヤマのブーケ。
a0166196_21311189.jpg

展望所から前方は津江三山だろう・・・
a0166196_21313255.jpg

鼻繰岩が近づくと次々に登山者とすれ違う。お花畑から周回してきたのだろう。
青空に刷毛ではいたような雲は巻雲?
a0166196_21334063.jpg

ツクバネウツギ
a0166196_21335727.jpg

ハルリンドウ
a0166196_21341663.jpg

丸木階段を一気に下ると鼻繰分れへ着く。今回は万年仏(鼻繰岩)はパス。
a0166196_2147139.jpg

お花畑へ向かう。整備された林道と新しいゲート。
a0166196_21351098.jpg

反対方向からは何度か歩いているが・・こちらからは思った以上に遠かった。
25分ほど歩いてミヤマキリシマ大群落のお花畑へ着く。
5~6分咲ぐらいだろうか・・
a0166196_21353412.jpg

a0166196_21355933.jpg

蕾もびっしりついている・・ シャクトリくんも見ない・・
来週の山開き頃がピークだろうか?
このところの陽気で花暦も例年に戻ったのかもしれない・・
a0166196_21363177.jpg

a0166196_2137976.jpg

a0166196_21564762.jpg

ミヤマの木陰で昼食をいただく。
お花畑を抜けて林間コースへ向かう。
a0166196_21383353.jpg

苦しい登りを頑張る!
ヤマアジサイの蕾
a0166196_21385216.jpg

ナルコユリ?の蕾
a0166196_21394164.jpg

吉武台からの九合目避難小屋分岐へ着いて一休み。
a0166196_21401764.jpg

ひと登りで山頂手前の朝のルートへ合流する。
吉武台牧場を見下ろす。
a0166196_2141278.jpg

玖珠町の向こうに(右から)鹿嵐山、八面山、左に大岳(木ノ子山)か?
左下は切株山。
a0166196_21413264.jpg

登って来たコースを下って行く。
下り着いた作業道の向こうに涌蓋山。
a0166196_2142445.jpg

山頂部から45分ほどで無事下山。
僅かなトレースもあり、テープも続いて迷うことはなさそうだ。
やや不安定なコースで歩く人は少ないようだが・・静かでいい雰囲気があった。

カラ谷登山口8:53→9:05作業道終わり→9:48林道出合→10:01植林帯抜ける→10:08宝泉寺コース出合→10:16万年山山頂→11:08鼻繰分れ→11:34お花畑(昼食)12:05→12:53避難小屋分岐→13:10山頂下(休憩)13:30→14:13カラ谷コース登山口

登山口標高≒750m
沿面距離≒10.5Km
累積標高(+)≒900m
所要時間(休憩込み)≒5時間20分
(GPSマップ)
a0166196_2144450.jpg



下山後に万年山山麓の平成名水百選「下園妙見様湧水」で水を汲む。
a0166196_2145576.jpg

慈雲の滝近くにオープンした道の駅「慈雲の滝くす」へ立ち寄る。
R210へ出ようとしたら前を見たことがあるような列車が通過している。
あっ、これは・・JR九州「或る列車」だ!
a0166196_21453534.jpg

スイーツトレイン「或る列車」だが・・大分コースメニューにはスイーツのみならずワインや食事も堪能できるようだ。日田駅~大分駅は¥24,000から?
先回りして・・「撮り鉄」の仲間に・・
a0166196_2146965.jpg

玖珠の野田温泉に浸かって帰路につく。
温泉前から見る切株山(685.5m)。ハングライダー、パラグライダーの聖地で高校同級生のN崎くんはここの主らしい・・・
a0166196_21464093.jpg




.
# by jinashi | 2017-05-23 00:22 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(12)



初夏の晴天に恵まれてみ仏の里くにさきウオーキングが行われた。
a0166196_14194357.jpg

今回は国東市安岐町の六郷満山寺院瑠璃光寺からの周回コースだ。
a0166196_142011100.jpg

瑠璃光寺は本尊の薬師如来、両脇の阿弥陀如来、釈迦如来や地獄極楽の曼陀羅、樹齢600年の百日紅も素晴らしいが、何よりも住職の国東弁丸出し説法で有名だ。
その住職さんより出発前の地獄絵図による説法を聞く。
a0166196_14203528.jpg

実行委員会平野会長よりご挨拶。
a0166196_14205766.jpg

出発前のストレッチ。
a0166196_1421233.jpg

しゅっぱぁ~つ! 9時8分。
a0166196_14214593.jpg

朝来谷を下る。
a0166196_1422309.jpg

田植がすすむ密乗院の棚田。国東遺産。
a0166196_14232035.jpg

a0166196_14234262.jpg

まもなく昼食タイム。
a0166196_1424691.jpg

昼食は掛樋の関大神社(関権現社)。
佐賀関大神が飛来してきた? 裏山に六所権現の岩屋跡もあるようだ。
3月30日には裏の筧山へはここから登った。
a0166196_14242411.jpg

社殿に上がって昼食タイム。
気温も上がってきたが日陰は涼しい。
a0166196_1424466.jpg

午後は油原古道へ向かって出発。
a0166196_14251218.jpg

宇佐八幡の古いお験(薦枕のご神体)を3~5泊して奈多八幡宮へ巡幸した歴史の道。元和二年(1616年)を最後に途絶えた。
a0166196_14253444.jpg

14時までに皆さん無事にゴール。お疲れ様でした!
今回の完歩賞。
a0166196_14255227.jpg




.
# by jinashi | 2017-05-22 14:28 | 国東半島あれこれ | Comments(2)