桜餅

今日は桃の節句
ママのお茶の友人T子さんから桜餅を頂いた。葉は1年前より採って塩漬けにしているそうだ。葉のしょっぱさと餡の甘味のハーモニーがおいしさの決め手・・・かナ。
3月3日のこの日に頂けてほんとに嬉しい!001.gif
a0166196_1910583.jpg

# by jinashi | 2010-03-03 19:19 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

登山口~瑞梅寺奇徳橋登山口(赤) 下山口~千如寺(青)

井原山(983m)~雷山(955m)縦走   
 九州百名山の49座目

前夜糸島市の長男の家に泊まる。翌朝雷山下山口の千如寺へ車をデポして長男車に乗り移り瑞梅寺奇徳橋の井原山登山口まで送ってもらう。040.gif山頂部はまだ雲がかかっているようだ。
8時40分、井原山自然歩道を歩き始めると紅白の梅が満開。先にはアオキの赤い実が鈴なりだ。
a0166196_1792286.jpg

歩き始めて45分ほどで目の前に現れたアンノ滝。昨夜の雨で水量も多くなったのだろう、一枚岩を白い飛沫が勢いよく落ちる。
(アンはサンスクリットの普賢菩薩を意味しているのかな?)
a0166196_16561549.jpg

井原山山頂。042.gif登山口から標高差730Mを登ってここまで2時間50分のゆっくりペース。3組がくつろいでいる。360度見渡せるが薄い雲もかかっていて少し先は霞んでいる。風もすこし冷たい。
長男の嫁さんから大津波警報のニュースを062.gif教えてくれる。
a0166196_16574795.jpg

縦走路はGWごろが見ごろのミツバツツジがたくさんの蕾をつけて群生している。
a0166196_16582350.jpg

右福岡、左佐賀の県境はクマザサの茂る縦走路だ。前日の雨で所々がぬかるんでいる。
a0166196_17345883.jpg

展望の良い944mピークから来た道を振り返る。天気も良くなってきて井原山の向こうに金山や背振山らしきも望める。福岡市街地も霞んでいる。
前方に雷山が大きくなってくる。
a0166196_16593255.jpg

ネコヤナギが顔を出し始めた。
a0166196_170113.jpg

井原山から1時間40分ほどで大岩のある雷山山頂に辿り着く。ここも360度の絶景。青空の下歩いてきた縦走路や先の背振山まで見通せる。南西に天山らしき山塊が連なる。
2組が昼寝中。
a0166196_1704280.jpg

下山路にあるブナの大木。とても保水力のある木だそうな。
a0166196_1712593.jpg

2段になって流れる清賀の滝。滝上から傾きかけた陽が射してくる。
a0166196_1721785.jpg

雷山から高低差650Mの急坂を1時間半で下山、15時30分。千如寺に参拝する。真言宗の古刹で千手千眼観音像は国重文。境内の大ケヤキは秋の紅葉がすばらしいそうだ。
 ここで山頭火が詠んだ一句 ~ 山寺の山柿のうれたまま     
a0166196_173522.jpg

帰路で繁盛している一九ラーメン老子本店に立ち寄る。
ラーメン450円也。・・・宝来軒のほうが好きだな。
a0166196_1742970.jpg

孫のはるなのランドセル姿。003.gif 〈キティちゃん付き天使のはね〉です。
a0166196_175126.jpg

# by JINASHI | 2010-03-01 17:08 | 福岡県の山歩き | Comments(0)

県内一周駅伝

昨日(25日)は春一番!
地元新聞社主催の県内一週駅伝も今日が最終日。雨の予報もはずれて良かった。先輩の佐藤選手を応援する国見中生徒。
a0166196_1045143.jpg

順位は13位(16チーム中)。今年の地元チームは少し元気が無いぞ。
(この後ラストスパートで2人抜いた!そうだ)
佐藤選手の後を春が追いかける。
a0166196_1013121.jpg

# by jinashi | 2010-02-26 10:47 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

大曲登山口

久々の単独くじゅう歩き
(ママは研修(慰安?)旅行で四国行き)
大曲の駐車場には5~6台がすでに入山の様子。 
気温は氷点下6度、寒い!
6時55分、星生新道よりくじゅうを周回しよう。
a0166196_16333694.jpg

4週ぶりの山歩きでかかりの急坂に息があがる。振り返ると黒岩山を朝日が染めはじめる。
a0166196_172058.jpg

朝日におっぱい岩(涌蓋山と同じ標高1499M)が艶かしい。向こうの長者原からもおっぱいの乳首のように見える
a0166196_1724578.jpg

星生山頂から硫黄山の白い噴煙を見下ろす。その先には三俣山が堂々としている。奥に由布岳が猫の耳。
a0166196_1745577.jpg

天狗ヶ城の山頂から氷結した御池を見下ろす。気流の跡が残る。
a0166196_1753744.jpg

九州本土最高峰の中岳から野焼きも近い坊がつるを俯瞰する。
a0166196_1771079.jpg

はじめての肥前ヶ城。なだらかな丘陵草原の一本道を進むと古い安武標識があるだけの山頂へ着く。いつも横目で西千里浜を通っていたが広々として気持ちのよい平頂丘だ。向こうは扇ヶ鼻。
a0166196_1774937.jpg

沓掛のピークを過ぎたところで顔を見せ始めたマンサクを一つ発見!003.gif早春に「まず咲く」が東北地方で「まんずさく」と訛ったものといわれる。小さいがいい黄色をしている。
a0166196_1781560.jpg

沓掛山の下山途中より先月登った涌蓋山(わいたさん)を望む。玖珠富士、または小国富士とも呼ばれ秀麗な裾野を広げる。
a0166196_1793448.jpg

牧の戸からやまなみ(県道11号・別府一宮線)を歩くこと25分。 ぐるり周回して大曲の駐車場に戻る。14時10分。1日よく歩きました。
a0166196_17111972.jpg

今日の山~
星生山(ほっしょうさん・1762M) 天狗ヶ城(てんぐがじょう・1780M) くじゅう中岳(なかだけ・1791M) 肥前ヶ城(ひぜんがじょう・1685M) 沓掛山(くつかけやま・1503M)
# by jinashi | 2010-02-22 18:54 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(0)

2月句会

 
 2月句会   兼題~炬燵   講師・河野輝暉 
  炬燵に置く父の土産を囲みけり   ふよこ
  洗濯の水音聞こゆ炬燵かな     ひさえ
  炬燵ゆえ夢は一幕昼さがり     マイルド
  幼日の炬燵遊びは膝が知る     和子
  切れぎれの木魚の音や日向ぼこ  やっさん 
  腹の孕も炬燵に入れて夢を編む  ふじこ
  嘘つきの句の出来かくる炬燵哉   じなし
  海風に墓地の水仙芳しく       キヨ
  日記書くペン先眠し春炬燵      きぬこ
  永き夜も猫撫でおれば明けにけり  清和
 
a0166196_12464369.jpg
 
# by jinashi | 2010-02-16 12:47 | くにみ句会 | Comments(0)