山鹿市菊鹿町矢谷登山口

八方ヶ岳(やほうがだけ・1052M)  熊本県菊池市 
  九州百名山 50座目001.gif
カーナビで最短距離設定をしたら天ヶ瀬→鯛生金山経由となり3時間ほどで矢谷橋登山口に着く。山名の由来は八面山と同じ何処から見ても同じような形をしていることからのようだ。
8時10分、登山口からしばらくは右に瀬音を聞きながらわかりやすい山道を緩やかに登る。
a0166196_12155236.jpg

何度か渡渉して1時間ほどで瀬音を離れて鞍部に上がり着く。右へ向かい前方山峰の右を巻くと道が所々で崩壊している。大岩のロープ場など源流の上部を注意しながら進む。番所分岐からはシャクナゲやアセビ、ドウダンの尾根道となり小鳥の囀りを聞きながらいい気分。
a0166196_12241914.jpg

山ノ神分岐を過ぎひと登りで潅木のアーチから青空の山頂に飛び出す。10時16分。
a0166196_12252971.jpg

遠くは霞んでいるものの2等三角点標柱と祠のある丸い草原の山頂からは360度の素晴らしい景色だ。
さすがに九州100名山、4~5組がくつろいでいる。
a0166196_11253558.jpg

南東に鞍岳を望む。左裾野へツームシ山とマゴ山も。後にうっすらと阿蘇五岳が。眼下に竜門ダム。
a0166196_1226817.jpg

北には4年前に縦走した釈迦岳~御前岳など津江の山並も。
a0166196_12263965.jpg

下りは山ノ神へと折れる。間伐作業が終わった国有林?の檜林をジグザグに下る。
a0166196_11285670.jpg

ぐんぐん下って舗装したての林道へ下り着く。下から特異なカニノハサミ岩を仰ぎ見る。
a0166196_12271221.jpg

林道歩きも40分ほどで登山口へと周回。すこし下って駐車場所へと無事下山。12時43分。
山鹿市方向へ下る途中からのカニノハサミ岩。登って来た山頂は左後方の丸い所。
a0166196_12274281.jpg

山鹿温泉で疲れを癒し今春見納めの花見ドライブで帰還する。

ヒメウズ(姫烏頭)
a0166196_12405112.jpg

クロモジ(黒文字) 枝木は高級楊枝の材料となるらしい。
a0166196_12411497.jpg

ツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴)
a0166196_12413185.jpg

# by jinashi | 2010-04-06 21:15 | 熊本県の山歩き | Comments(0)

峰入り
10年ぶりの峰入り行の追っかけをする。国東六郷満山を開基した仁聞菩薩ゆかりの地を4日間で150Km歩く荒行だ。今日はその2日目。山歩きの師匠大日向さんを激励するためいっちゃん、きよさん、ありながさんと香々地の夷実相院へ着く。行者の皆さんは昼ごはんが済んで六所宮下で午後の隊列をつくりはじめている。
a0166196_21411111.jpg

先達の若僧がぞうりの紐をしめる。
a0166196_21434686.jpg

夷から西方寺最奥に先回りして一行を待つ。お接待を準備して待ちうける地元の住人は今回で3度目という。
a0166196_22463421.jpg

もろぶたに用意したお接待のおかし。
a0166196_21481511.jpg

夷から小一時間かかりすこし遅れて西方寺に到着。文殊仙寺秋吉文隆大先達以下一行がほら貝を鳴らして到着。
a0166196_2157222.jpg

西叡山高山寺の船津大乗和尚も元気に下ってきた。
a0166196_21582275.jpg

一般行者で全コース修業の大日向さんもお接待をうける。まだまだ元気です。
a0166196_2202031.jpg

全員が揃ったら清浄光寺に向かって遥拝。大藤岩屋、阿弥陀越から大不動、小不動岩屋、尻付へと向かう長い行列。
a0166196_2242730.jpg

千灯へ先回りする。まだまだ時間がありそうなので、野田全光寺の板碑や十王堂、下払坊の不動明王、国東塔、小一郎神などを見学してから千燈寺へ。
地区や檀家の皆さん、取材陣など多くの人々が待ち受ける中、行列は予定時間を遅れて千燈寺へ辿り着く。
a0166196_22123687.jpg

3回前?の峰入りよりここ千燈寺では「虫封じの行」が執り行われている。子どもたちの頭に錫杖をかざして加持をする。ここらは年長さん?
a0166196_22150100.jpg

かわいい年少さん。行者様から御札をいただく。
a0166196_2216242.jpg

この日のために無動寺~天念寺で寒行を続け、息子二人をこの修行へ送り出した千燈寺の尼僧(奥様)が見送ります。立派です。
a0166196_2219590.jpg

予定をだいぶ遅れて千燈寺を出発。今日の目的地岩戸寺まで無事辿り着いてほしい。
行者の背中を桜吹雪が追う。
a0166196_22215170.jpg

国東の寺院によく似合う〈シャガの花〉。ぼちぼち咲き始めている。(下払坊にて)
a0166196_23211651.jpg

# by jinashi | 2010-04-01 22:35 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

くじゅう大曲登山口

三俣山南峰(1743M)  ~2回目
長者原につくと消防車と多くの人。今日はタデ原湿原の野焼きのようだ。
a0166196_9401027.jpg

すこし雪化粧したくじゅうの山頂部は雲の中。
a0166196_9442068.jpg

9寺30分、大曲から入山。ぬかるんだ道を行くと馬酔木の花も開きはじめている。
a0166196_9454269.jpg

白い噴煙を上げる硫黄山。
a0166196_9485960.jpg

小学生の団体が前後するなかをスガモリ越えに上がり着く。
a0166196_9501822.jpg

冷たい北風の中をⅣ峰に向かって登っていく。
a0166196_9513120.jpg

ノリウツギのU字の雪道をひと登りで南峰に着く。11時50分。昨年3月コンロの不始末から火災をおこし山頂部一帯が焼き尽くされいる。ミヤマキリシマが無残な姿だ。
a0166196_9525998.jpg

5~6人の先客に挨拶して坊がつるを見下ろしながら昼ごはん。正面には大船山(たいせんざん)。
a0166196_9541125.jpg

往路を戻る。西峰の肩から久住山方面が絶景だ。
a0166196_9551646.jpg

13時55分に下山。まだ燃えカスのにおいが漂う長者原の野焼きあとに立ち寄る。ボランティアにより行われていると聞く。昨年塚原の事故もあり大変な作業のようだがこの景観を保全するためにも続けて欲しいものだ。
a0166196_9564491.jpg

初めてのご対面です。春を知らせる男池のユキワリイチゲ。
a0166196_9573829.jpg

# by jinashi | 2010-03-30 22:59 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(0)

豊後高田市田染(たしぶ)地区へ
豊後高田市観光ボランティアガイドと国見観光ボランティアガイドの会が交流学習会を開催した。これは昨年11月に田染文化財学習会のみなさんが国見町岐部を訪れた際、私たちがガイド役を務めたことから今度はこちらからお願いして田染地区を訪れた。
最初に熊野磨崖仏下の胎蔵寺でお互い自己紹介。豊後高田市ケーブルテレビの取材も来ていた。
a0166196_13495420.jpg

鬼の石段を熊野磨崖仏に上がる。3日後に行われる峰入りの護摩焚き場で説明を聞く。
不動明王が彫られた岩は礫を含む安山岩で裏に空洞のある板状となっていることを初めて知る。
大日如来は不動明王から遅れた時代の作で螺髪の上に種字曼荼羅が彫られている。意味はいまだにはっきりと解明されていないそうだ。
a0166196_15173717.jpg

胎蔵寺から旧道を下る。ここは峰入り道で最初の?儀式で右足を高く掛けてホラ貝を吹く岩がある。
真木大堂前で12支灯明石の説明を聞く。
a0166196_15224628.jpg

初めての穴井戸観音。間戸寺(場所がはっきりしない)の奥の院といわれている。奥行き30M、幅20M、高さ15Mほどの洞窟があり奥の洞窟は30Km離れた豊後高田市街まで通じているというが・・・。濡れ観音様の上の天井からは日照りの時にも雫が落ちているという。
説明をしていただいた綾部栄徳先生。81歳。まだまだお元気。
a0166196_15341735.jpg

朝日観音から夕日観音へ。かつて宇佐神宮が支配した田染荘園の小崎(おさき)集落を俯瞰する。奥の雨引(あまびき)神社の湧水を水源とする水田や集落の位置、そして周囲の景観を荘園当時のまま残す貴重な文化遺産だ。
a0166196_15491983.jpg

本山末寺、日野山岩脇寺で説明を聞く。峰入りで「散華」(紙製の蓮華の花びらを散布する)が行なわれるところだ。ガイドの井堀さんは前回の峰入りで満願を果たしている。
a0166196_1556994.jpg

風化がすすむ元宮磨崖仏の保全について聞く。
a0166196_15575469.jpg

そばに以前盗難にあった小さな石仏がある。持って帰ったが悪いことばかり続いたので返しに来たそうだ。
a0166196_160174.jpg

日本の三阿弥陀堂といわれる富貴寺。九州最古の木造建築物で国宝。
a0166196_1671982.jpg

交流学習会に参加したみなさん。お疲れ様でした。(馬城山伝乗寺前にて)
a0166196_1681073.jpg

# by jinashi | 2010-03-29 22:22 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

諸田御田植え祭り  3月21日(日)
安岐町明治の諸田山神社で豊作と氏子繁栄を祈願して毎年春分の日に奉納される御田植神事を見て来た。今年で3年連続の見学となる。
杵築市の奈多八幡宮から伝わり、江戸時代から190年に亘って奉納されている県指定無形民族文化財で国東半島を代表する祭りだ。
午後2時ごろには笛太鼓とともに神官、田神主、庄屋主ほか7名の農夫、5人の早乙女、立歌人が入場してくる。全員おとこ。年々役者が少しづつ交代しているようだ。

祝詞奏上のあと的に弓を射る百手行事を全員(来賓も)でおこなう。
a0166196_1716110.jpg

畦塗り
a0166196_17163019.jpg

牛の登場と代掻き
a0166196_171733.jpg

柄振り
a0166196_17182538.jpg

種運び
a0166196_17185922.jpg

種蒔き
a0166196_17192469.jpg

苗運び
a0166196_17194841.jpg

早乙女による御田植え
早乙女役の男の子がしなを作って稲を植えるしぐさがかわいい。
a0166196_17203332.jpg

ウナリ(花嫁)がこびりをかざして摺り足で入場
a0166196_17213625.jpg

産気づいたウナリを農夫がのぞきこむ。ことしは赤布人形で女の子の御子産。
a0166196_17244616.jpg

以上で祭り神事は終了する。 
これら一連の作業をユーモラスに行い見物客を大いに笑わせる。(農夫や牛役はすこしお神酒も入っている?)
駐車場そばではこの地区出身者の女性らがこの日だけはここに戻ってだんご汁やいなりなどの出店を手伝っている。
# by jinashi | 2010-03-24 22:44 | 国東半島あれこれ | Comments(0)