今朝はゆっくりとふらりんを出発。
ナビをセットして十勝岳温泉へ向かう。
北海道はあちこちに直線道路が多い。
a0166196_14424680.jpg


今日は富良野岳を登る。田中澄江の「花の百名山」では富良野岳を代表する高山植物としてエゾノハクサンイチゲを紹介している。

 富良野岳(1912m) ~花の百名山

6時過ぎに十勝岳温泉最上部の駐車場へ到着。70台ほど停められるようだが、まだまだ余裕がある。富良野盆地には雲海も・・
a0166196_14443233.jpg

出発は6時21分。ここの標高≒1290m。登山届けに記帳。ここは十勝岳(日本百名山)登山口でもある。
a0166196_1445714.jpg

大きなフキの葉が並ぶ登山路を進む。
a0166196_14454792.jpg

野鳥のウソが歩いている。4月にくじゅう花牟礼山でも出会った。
a0166196_14462484.jpg

40分ほど歩いて安政火口分岐の枯れ沢を渡る。富良野岳まで4km。
a0166196_1447456.jpg

D尾根と言われる山腹を緩やかに登る。
a0166196_14475273.jpg

沢の向こうに先ほど歩いてきた登山道が見える。
a0166196_14492694.jpg

尾根のピークを過ぎると前方に富良野岳が現れる。まだまだ遠い!
a0166196_1450716.jpg

大岩の転がるガレ沢を進むと上ホロカメットク(さらに十勝岳へ)分岐。
a0166196_14522545.jpg

登山路はこの先前方の三峰山山腹を緩やかに高度を上げながら続いている。まだまだ遠い・・
a0166196_14532386.jpg

先行する団体をアップで見る。安政火口分岐手前で私たちを追い越していった若いペアはさらに遥か向こうを歩いている。 
a0166196_14542211.jpg

次々に登場するお花に目を奪われながらも・・富良野岳は少しずつ近づいてくる。
a0166196_1455544.jpg

a0166196_14555081.jpg

振り返ると円錐形のシャープな山容をした十勝岳が顔を見せている。
a0166196_14564772.jpg

階段を登ると尾根も近い。
a0166196_14574325.jpg

良く鳴く野鳥が撮れた。調べると・・夏季に北海道に繁殖のために飛来するノゴマ(オス)のようだ。
a0166196_14581656.jpg

やっと縦走路(富良野岳肩)に出会う。
団体さんはここにザックをデポして山頂へ向かっている。
大船の段原のような感じのところ・・
a0166196_14593999.jpg

三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク方向。
a0166196_1501754.jpg

一休みしたら・・山頂へ向かう。標高差は170mほど。
ママも空荷です^^
a0166196_151280.jpg

下山してきた若いペアから励ましのお言葉を聞いたあと、振り返って見ると・・登山口の湯元凌雲閣も見えている。
a0166196_1514725.jpg

斜面のお花畑に感動していると・・下山のオジサンが「上はもっとすごいよ!」
a0166196_1524021.jpg

a0166196_1532971.jpg

あのてっぺんが山頂。
a0166196_1542446.jpg

直下の登山路にあった!  クマさんの? いつ登ってきたの?
a0166196_1544718.jpg

頑張って山頂に到着!
a0166196_1561282.jpg

十勝岳方向。
a0166196_1573351.jpg

前富良野岳方向
a0166196_1584871.jpg

こちらも足元に1等三角点あり。山頂写真。
a0166196_1592132.jpg

神々の遊ぶ大原野を見下ろしながら昼食をとっていたら・・山頂写真を撮ってくれた若い女性から「後姿を撮りましょう」と言ってくれた(感激)
名古屋出身で富良野が気に入って移住されて3年?ほどになるそうだ。 
記念の宝物となったその画像・・・
a0166196_1510389.jpg

その若い女性の後姿を撮らせてもらって(失礼)・・下山開始。
a0166196_15102082.jpg

上富良野~上ホロ周回も下調べしたが・・大きな三峰山に圧倒されて往路を下山することにした。(下山後の観光も楽しみたかった・・)
前方に十勝岳を望みながら下山。
a0166196_15134665.jpg

3匹の猫ちゃん岩?をズームで ・・化物岩というらしい。
a0166196_15105691.jpg

さすが花の百名山と言われるほど・・・次々と登場するお花を十分に楽しんで無事に下山。
a0166196_1512128.jpg

2日間すばらしい晴天に恵まれた。
北海道の長く厳しい冬を乗り越えて僅かな期間に咲く花々は可愛くも強さを感じさせた。
大きな北海道の大自然をぞんぶんに体感することができた。


十勝岳温泉登山口駐車場スタート6:22→6:58安政火口分岐→7:33上ホロ分岐
→9:18縦走路(富良野岳肩)へ(休憩)→10:09富良野岳山頂(昼食)10:36→11:00富良野肩→12:19上ホロ分岐→12:41安政火口分岐→13:10下山

(GPSマップ)
a0166196_15403914.jpg

a0166196_1541389.jpg



エゾノハクサンイチゲ
a0166196_13192825.jpg

ゴゼンタチバナ
a0166196_15144181.jpg

シギンカラマツ
a0166196_15151895.jpg

シナノキンバイ
a0166196_15154642.jpg

ウコンウツギ
a0166196_15161570.jpg

エゾルリソウ
a0166196_15165196.jpg

ミヤマアズマギク
a0166196_15175150.jpg

エゾノヒメクワガタ
a0166196_151826100.jpg

ハクサンチドリ
a0166196_15185666.jpg

ナナカマド
a0166196_15195452.jpg


 
 富良野・美瑛観光へ ~

十勝岳温泉カミホロ荘・総木造りの湯(600円)で心身をほぐしたら・・夕方までの観光へ出かけた。

まずは中富良野の富田ファームへ。近隣諸国の皆さんが大勢来られていた・・・
a0166196_15214372.jpg

サクサクコロッケにラベンダーラムネを飲みながら展望台から先ほど登った富良野岳を望む。
a0166196_15225197.jpg

まだまだ時間もあるので・・美瑛町に向かう。
北西の丘展望台へ。
a0166196_15235243.jpg

a0166196_15242026.jpg

ケンとメリーの木。
昭和47年、日産スカイラインのコマーシャルに使われたポプラの木。
a0166196_15245019.jpg

a0166196_15252869.jpg

マイルドセブンの丘。
マイルドセブンのコマーシャルポスターに使われたところ。麦畑にカラマツ。
a0166196_15302334.jpg

a0166196_15271478.jpg

by jinashi | 2016-07-30 15:30 | 北海道の山 | Comments(8)

すこし早く目覚めた。
まだ深夜のふらりんをそっと出発する。
R237上富良野から見る大雪山連峰。足元にラベンダー畑。北海道は夜明けが早い。
a0166196_12344652.jpg

途中の忠別ダム湖から見る旭岳。
a0166196_1235113.jpg



 旭岳(2291m) ~日本百名山

ロープウエイ山麓駅下の公営駐車場(無料)に着いたのは4時50分。
車中で一休みして・・6時の始発便へ乗ろうと山麓駅へ向かう。この先は有料駐車場。
a0166196_12355137.jpg

駐車場横からの登山道もあるようだが、ほとんどの登山者はロープウエイを利用するようだ。往復券2900円。
NHK日本百名山「トムラウシ」でガイドの男性が待っていたところ。NHK放映の際には「ロ」の字の上線は修復されていた・・
a0166196_12365826.jpg

定刻に出発したロープウエイは朝日に向かって標高差500mほどを10分足らずで登る。けっこう速い。
a0166196_12375022.jpg

今朝の姿見駅の天気は「晴れ」、気温は14℃、風速3m/s東。
歩き始めは6時15分。標高は1600mでここは旭岳5合目だ。
a0166196_12383195.jpg

さっそくお花畑が迎える。
a0166196_12392423.jpg

右手向こうに十勝岳連山が。明日登る富良野岳は?
a0166196_1239561.jpg

愛の鐘や石室のある姿見ノ池まで来た。
a0166196_12404440.jpg

地獄谷からはゴーという音とともに火口より噴煙が立ち上がる。一帯に硫黄臭も。
a0166196_1241305.jpg

6合目を過ぎて急登のガレ場となればいつものゆっくりママ。
ひたすら我慢の登り・・・
a0166196_12422757.jpg

8合目あたり。山頂部に金庫岩も見える。
a0166196_1243777.jpg

稜線の向こうに頭を出すトムラウシ山(右)、左は忠別岳。
大雪山は「神々が遊ぶ庭」と言われる。
a0166196_12442084.jpg

9合目を過ぎて前方のニセ金庫岩。向こうの噴煙は雌阿寒岳かな?
a0166196_1245455.jpg

大きく蛇行した先の登山路横に(本物の^^)金庫岩。
a0166196_12454412.jpg

山頂まであと少し。
a0166196_12463820.jpg

ひろい山頂へ到着!風が冷たくて気持ち良いが、紫外線は強そう・・
a0166196_12473349.jpg

ゆっくりママが上がってくる間に途中で出会った埼玉の女性と山話をする。あと10座ほどの百名山完登を目指していて、明日はトムラウシを登るそうだ。
むこうにそのトムラウシと右に美瑛岳?
a0166196_12481068.jpg

登ってきた稜線や姿見ノ池を見下ろす。
a0166196_12491550.jpg

ママも到着して・・快晴の山頂写真。足元に1等三角点。日本百名山旭岳は北海道最高峰。
a0166196_12501282.jpg

一休みしたら・・間宮岳へ向かう。
「デジカメもって野に山に」のtarumae-yamaさんおすすめコースを歩いてみよう。
大雪山国立公園は日本最大の山岳国立公園で北海道の屋根ともいわれる。左の高い山は大雪山系2番目に高い北鎮岳(2125m)か?
a0166196_1253588.jpg

ザレ場の急坂を滑りこけないように下りて、広~い雪渓にはいる。
a0166196_1255345.jpg

スリップしないよう・・踵から一歩一歩踏み下りる。右上が旭岳。
a0166196_1256859.jpg

お花畑に癒されながら・・標高差100mほどを一歩ずつ登り返す。
a0166196_12565293.jpg

左に旭岳、右に熊ケ岳山腹の雪渓。
a0166196_12574270.jpg

ここはトムラウシへの縦走路。
a0166196_12584354.jpg

北海岳への分岐を左へ向かうと間もなく間宮岳。
19日からこの日まで(7日間)旭岳滞在中?の男性に撮ってもらった。
a0166196_12593669.jpg

広ーい(直径2kmほど)噴火口跡の御鉢平。NHK百名山トムラウシでは熊がいた所。
a0166196_1301825.jpg

左からガスが湧いてくる。
a0166196_131239.jpg

ここを左へと裾合平へ下りていく。外人さんも多い。
a0166196_1315645.jpg

途中で昼食をとって・・下って行く。
a0166196_14254629.jpg

中岳温泉へ下りつく。足湯につかる登山者たち。
a0166196_1334935.jpg

a0166196_1432633.jpg

裾合平までは雪渓とお花畑が続く。
a0166196_134314.jpg

a0166196_1351080.jpg

a0166196_135472.jpg

裾合平分岐を過ぎると緩やかな登りとなる。疲れた足に堪える。
a0166196_1363545.jpg

ロープウエイ姿見駅が見えてきた。
a0166196_1372881.jpg

夫婦池を通って姿見駅へ戻る。
a0166196_1381740.jpg

ロープウエイで山麓駅へ下りる。
a0166196_1392745.jpg

ガレ場の急登や雪渓、アップダウンを繰り返す長いコースだったが、短い夏のショータイムを見せるお花畑に癒されて周回することが出来た。


旭岳ロープウエイ山麓駅6:00→(ロープウエイ)→6:10姿見駅6:15→8:44旭岳9:15→(雪渓)→10:34白雲岳分岐→10:40間宮岳→11:11中岳分岐→12:01中岳温泉→12:48裾合平→14:13姿見駅14:30→(ロープウエイ)→14:40下山
 歩行時間≒8時間  累積標高差≒1130m
(GPSマップ)
a0166196_13121263.jpg

a0166196_13123834.jpg



 大雪山の花たち
チングルマ
a0166196_1813449.jpg

イワブクロ(タルマエソウ)
a0166196_13185147.jpg

コマクサ
a0166196_1320249.jpg

エゾノツガザクラ
a0166196_13213410.jpg

アオノツガザクラ
a0166196_13221285.jpg

キバナシャクナゲ
a0166196_13224475.jpg

エゾコザクラ
a0166196_13231210.jpg

エゾイワツメクサ
a0166196_13234879.jpg

メアカンキンバイ
a0166196_13243743.jpg

ウスユキトウヒレン
a0166196_13253569.jpg

ヨツバシオガマ?
a0166196_13261088.jpg

 
・・・もうこのくらいで・・・




旭岳温泉・湯元湧駒荘「神々の湯」(700円)で疲れた体を癒す。
2014年ソチオリンピックスノーボードパラレル大回転で銀メダルの竹内智香さんの両親が経営するホテルのようだ。

帰路に美瑛町の「ぜるぶの丘」や
a0166196_18572934.jpg

かんのファームへ立ち寄ってミニ観光・・
a0166196_18582576.jpg

by jinashi | 2016-07-29 13:27 | 北海道の山 | Comments(8)

2か月ほど前から計画してきた北海道の山旅へ出かけた。
心配した天気も良さそうだ。

大分空港7時35分発ANA羽田行で出発。
a0166196_13452280.jpg

羽田乗り換えで11時35分に新千歳空港に到着。
まずは腹ごしらえ^^ 空港3Fにある北海道ラーメン道場へ・・・
a0166196_1346195.jpg

4日間の移動はレンタカー。レンタル料は¥18400也。
a0166196_13462976.jpg

時間も早いので、まずは夕張観光へ。
道東道夕張インターからR452→県38で夕張の中心部にある「黄色いハンカチロケ地」へ。
1977年(昭和52年)に公開された映画。監督は山田洋二。出演~高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、渥美清ら・・・
みんなが涙を流した・・クライマックスシーン。
a0166196_1347890.jpg

今でも夕張のシンボル?
a0166196_1348460.jpg

あちこちに夕張メロン販売所があるが・・お客さんはいまいち?
かつて炭鉱の町として栄えたが、2007年には財政破綻した。ピーク時に11万7千人あった人口も今は1万人を切っている。元東京都職員の鈴木直道市長(35歳)が市の再生に取り組む。
石勝線(夕張支線)の夕張駅舎(兼観光案内センター)。
a0166196_1349482.jpg

道東道へ戻り占冠インターで下りて富良野町麓郷(ろくごう)へ。
「グラスフォレストin富良野」で室温40℃?のガラス工房を見学。
a0166196_1349376.jpg

麓郷展望台から見る富良野の里。向こうは夕張山地の山々。
a0166196_13503266.jpg

翌々日に登る富良野岳。
a0166196_135119100.jpg

3連泊した「たびのやどふらりん」。
1年前に信ちゃん&俊ちゃん、tetu-1さん&ミラさん両ご夫妻が利用されていたのでここに決めた。
近くにはテレビドラマ「北の国から」のロケ地もあるようだ。
a0166196_1352252.jpg

夕食は地元の食材を使用した手作り料理のバイキング。
食後にはメロンサービスもあり。
a0166196_13525368.jpg

明日は出発が早いので、夕食をすませたらお早い消灯。
夜は涼しい・・・




そして・・
出かける前に膨らんできたサギソウの蕾ですが・・
今日(28日)の午後になって・・開きはじめました!
a0166196_14252152.jpg


さらに次の日(29日)にはシラサギになりました。
a0166196_1231407.jpg

by jinashi | 2016-07-28 21:21 | 北海道の山 | Comments(8)

北海道の山へ

明日から北海道へ出かけてきます。
北海道の山旅は初めてです。
旭岳、富良野岳を登ってこようと思っています。
天気もまずまずのようですemoticon-0100-smile.gif

帰ってきたら咲いているでしょうか・・・花大好きさんから頂いたサギソウが膨らんできました。
a0166196_18211397.jpg

27日帰着の予定です。
by jinashi | 2016-07-23 20:05 | 北海道の山 | Comments(8)

土曜日(16日)の午後からフリル(猫/5歳)の体調がおかしい。
食欲がなく歩きもよろよろして変。お腹を触ると嫌がって怒る。ウンチをしていない・・・
原因その① 金曜日(15日)の午後、開いた窓から脱走していた。外で何かを食べた?(道路に出なくてよかった)
その② ママがどこかで買ってきたマタタビ配合のおやつを3個ほど食べさせた。
土曜日の夜なので近くの動物病院もみな休診。一晩様子見をしたが、翌朝(17日)はだいぶ動きも良くなって食欲も出てきたので一安心。
原因は②か?(今日(18日)は元に戻って元気になっている)

フリルも一安心となったので小雨の中、家を出る。
9時を過ぎて長者原に着く。駐車場もいっぱい。
波状的に雨が降ったり止んだり・・・

しばし待機をしたが・・雨具をつけて出発。レーダーナウキャストでは間もなく雨雲は去りそうだ。
今日は三俣山(から坊がつるコース)を登るつもりだったが、遅くなったので雨ケ池を往復しよう。
9時51分。長者原標高≒1040m。
a0166196_13552585.jpg

小雨のタデ原木道を進む。
a0166196_1356779.jpg

テン泊の大きなザックを担いだペアと前後して・・樹林帯を緩やかに登る。
そうだ、明日は海の日で3連休なのだ。
a0166196_14292839.jpg

タマゴタケ
a0166196_13565521.jpg

ヤマアジサイ
a0166196_13573166.jpg

指山への分岐を過ぎると青空も見えてきた。かなり汗も出てきた。
a0166196_13582137.jpg

ショウジョウバカマの葉。
ヤシの木のような形をしたドバイのリゾート島を思い出す。~行ったことはありませんが^^;
a0166196_13591395.jpg

急坂をひと登りでベンチのある休憩ポイント。長者原を望む。
a0166196_1402798.jpg

ここからフラットな登山道となる。
木道が現れて雨ケ池へ着く。長者原から1時間40分ほど。
a0166196_1422424.jpg

季節の花々にご挨拶。
これからの主役? 
初見です!少女のようなマツムシソウ
a0166196_1432279.jpg

シモツケ
a0166196_1435832.jpg

ママコナ
a0166196_1444190.jpg

早くも・・フクオウソウ
a0166196_1452394.jpg

オカトラノオ
a0166196_146159.jpg

キスゲ
a0166196_1463488.jpg

アザミとヒョウモンチョウ
a0166196_1474338.jpg

北側の池にさざ波。風の芸術。
a0166196_1484266.jpg

雨ケ池と三俣山。
a0166196_14101880.jpg

下山時にファミリーが一休みするベンチでティータイム。
木漏れ日の復路ではまだ次々と登山者とすれ違う。
タデ原に戻る。
a0166196_14113688.jpg

タデ原で花散策。
あちこちにハンカイソウが群生している。
a0166196_14123264.jpg

ノハナショウブ~雨ケ池ではまだ早かった。
a0166196_14134127.jpg

クサレダマ
a0166196_14141828.jpg

チダケサシ
a0166196_1415071.jpg

シモツケソウ
a0166196_14161585.jpg

ヒメユリ~今年は山友ブログで眺めるばかりだった。
a0166196_14164835.jpg

a0166196_14172481.jpg

コバギボウシ
a0166196_1418311.jpg

ヒゴタイ~これから色も深まる
a0166196_14184582.jpg

星生山方向。
a0166196_14194971.jpg

長者原へ戻る。
a0166196_14204979.jpg


帰路に友人奥さまのお見舞いに某病院へ立ち寄る。
帰りつくとフリルが元気に待っていたemoticon-0142-happy.gif

長者原スタート9:51→10:51指山自然観察路分岐→11:27雨ケ池12:16
→13:09タデ原湿原→13:38長者原下山
 歩行時間≒4時間  歩行距離≒7Km  標高差≒420m
(GPSマップ)
a0166196_1423429.jpg

by jinashi | 2016-07-18 14:25 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)

中山仙境のイワタバコが咲く頃だ・・と、急に思いついて出かけた。
九州百名山の中山仙境はスリリングな無明橋や痩せ尾根岩場歩きで有名だが、イワタバコの群落も見ものだ。

香々地夷の中山仙境下山口(仙境尾根は一方通行のため)から入る。
ここの標高≒110m。
a0166196_1742241.jpg

メタセコイヤの森を通る。
ハルゼミ?いやヒグラシ?がうるさい。
a0166196_17433538.jpg

左の岩場にイワタバコを発見!
さらに上に登って右手岩場の群落地へ向かう。


おお~~すごい!
こんな大群落は見たことがない。
標高≒210m地点。幅10~15m、高さ7~8mほどの岩場にびっしりと咲いている。
星型の5角形の花弁がかわいい・・ 仙境の谷に降りた星屑か?・・・
a0166196_17442360.jpg

a0166196_17451053.jpg

a0166196_1746289.jpg

a0166196_17465419.jpg

a0166196_17473626.jpg

a0166196_17493017.jpg

a0166196_17483371.jpg


周辺の岩場にもポツポツ咲いている。
今が盛りだが、まだ半月ほどは楽しめそうだ。
ロングトレイルT4コースだったが現在仙境尾根コースは休止中です。
夕方40分ほどの山歩きで花散策を楽しんだ。

(GPSマップ)
a0166196_17502612.jpg

by jinashi | 2016-07-16 17:55 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(12)

梅雨前線が九州南部に停滞して今日も天気は微妙?
早朝からの神社清掃奉仕を終え・・さて、どちらのお山へ。
 
合同新聞「大分のかくれた名山たち」で見た宇佐市院内のマチュピチュへ登ってみよう。
(調べてみたら5月19日(木)の夕刊に載っていた)
ママはクラス会で福岡行きのため一人登山です。

 秋葉様の山(あきばさまのやま・460m) 大分かくれ名山

新聞を見るまで宇佐のマチュピチュが秋葉様の山と呼ばれ、登れるとは思はなかった。
(下山後に展望台から望む)
a0166196_16145726.jpg

本物のマチュピチュ(ネットより借用)
a0166196_1615367.jpg




朝9時を過ぎてR387の展望台へ着くと、ガスでマチュピチュは見えない。
a0166196_17181651.jpg

マチュピチュ登山は後回しにして、(草原の山で季節の花々に出会えそうな・・)日出生台の黒岳へ向かう。
R387の日出生台ダムを過ぎた上石飛から入り、県道409の堤へ出て西へ向かう。
このあたり一帯は西日本最大の陸上自衛隊日出生台演習場だ。
a0166196_16201770.jpg

高台から見る日出生台高原。向こうは福万山。時にドーンと大砲?の音も聞こえる。
a0166196_16211240.jpg

よっちゃんさんHPで見た黒岳登山口の「鼻牟礼峠」への入口が(茂る夏草のため?)わからず右往左往する。
アンテナが立つ当たりが黒岳山頂なのか?
a0166196_16215335.jpg

麓の草も最近刈り取られたようで、よく見ると牛さんご一行が放牧されている。(ズーム)
黒岳登山は牧場主への承諾を得たほうがよさそうだ。
a0166196_16223082.jpg

黒岳登山はあきらめて日出生台周辺をしばしドライブしたら・・マチュピチュ山へ戻る。
R387の和田平バス停前から山道へ入る。(その先宇佐市寄りは和田平トンネル)
a0166196_16232719.jpg

600mほど先のY字を左折して未舗装の荒れた作業道を300mほど進むと広場に着く。ここが登山口。
駐車場所から北に電波塔への舗装路が続く。三角点「南畑台・532.8m」がある。
a0166196_16251198.jpg

南に向かって山へ入る。12時2分。ここの標高≒530m。
a0166196_16262731.jpg

クヌギ林をすぎて小ピークを左へ向かう。
a0166196_16272350.jpg

ゆるやかに下ってまた登る。
a0166196_16282717.jpg

赤テープもしっかり付いていて進路もわかりやすい。
a0166196_1629323.jpg

下ったところからさらに大きく下り始める。右下から川の水音が聞こえる。
a0166196_1630434.jpg

大岩が現れてくる。
a0166196_16314197.jpg

下り終えた鞍部から登り返しにあるヌタ場(猪の水浴び場)。
a0166196_16324828.jpg

ここから前峰への急登が始まる。
すぐにウリ坊2~3匹に遭遇。カメラを構えると逃げられた。
前峰ピークあたり。
a0166196_16342010.jpg

一旦下って登り返すと山頂部が見えてくる。
a0166196_16352398.jpg

火伏の神様と言われる秋葉宮石殿(文化14(1817)年8月13日建立)の前で山頂写真。12時30分。
山頂の標高は460mなので登山口から70mほど下ってきた。
a0166196_16365375.jpg

S.Yさんの山名木札(H28.5.20)が下がっていた。5.20ということはS.Yさんは新聞にでた翌日に登っている。なんという行動力!
じなしもS.Yですが・・・
a0166196_16382145.jpg

山頂からはほぼ展望は無し。僅かに院内町来鉢あたり?の圃場が見えた。
a0166196_1639516.jpg

往路を戻る。登りが続いて汗が流れ落ちる。
途中の大岩から対岸の断崖を見る。
a0166196_1640097.jpg

復路の赤テープはクロスしている。
大分アウトランド山岳部の方による下山のコースマークという意味でしょうか?
a0166196_16413617.jpg

往復1時間足らずで無事下山。
「登りは下り、下りは登る」~宇佐マチュピチュの山でした。
a0166196_16442781.jpg

下山後に新しくなったマチュピチュ展望台へ。
a0166196_1645582.jpg

展望台からの画像で・・大体のコースです。
a0166196_16163239.jpg


登山口スタート12:02→12:23ヌタ場→12:28秋葉様の山(山頂)→12:57下山
 距離=1.46Km  累積標高≒180m
(GPSマップ)
a0166196_16174938.jpg

a0166196_16181281.jpg





帰路に宇佐神宮菱形池を散策した。
a0166196_16473441.jpg

池傍にある境内末社・木匠祖神社(もくしょうそじんじゃ)。宮大工・寺大工・桧皮師・塗師の職人達と、近郷近住の職人の守護神。
a0166196_16484936.jpg

古代ハスも見ごろ。
a0166196_16492978.jpg

コウホネにとまる蝶。
a0166196_1650849.jpg

a0166196_16505015.jpg

境内末社・水分(みくまり)神社。水を司る五神を祀る神社。
a0166196_16532753.jpg

静止中の赤トンボ。ショウジョウトンボか?
a0166196_16573618.jpg

欽明天皇の29(569)年、宇佐神宮境内の菱形(ひしがた)池のほとりの泉のわくところに、ひとつの身体に八つの頭という奇異な姿の鍛冶をする翁があらわれて、この姿を見た者はたちまち病気になったり死んだりしました。大神比義(おおがのひぎ)が見に行くと老人の姿なく、かわりに金色の鷹(たか)が見えました。比義が『誰かによって鷹に変えられたのか、自分の意志で鷹になったのか』と問うと、鷹は金色の鳩(はと)となって比義の袂の上にとまりました。神が人を救済されようとして自ら変身されたことを知った比義が、3年あまり断食をして祈り続けたところ、ついに欽明天皇32(571)年2月初卯の日に、この泉のかたわらの笹の上に光かがやく3才の童子があらわれ『われは誉田の天皇広幡八幡麿(ほんだのすめらみことひろはたのやはたまろ)なり。わが名は護国霊験威力神通大自在王菩薩(ごこくれいげんいりょくじんつうだいじざいおうぼさつ)で、 神道として垂迹せし者なり』と告げられました。そしてたちまち黄金の鷹になって駅館川(やっかんがわ)の東岸の松の上にとどまったといわれます。 そこに和銅元年(708)鷹居社をつくり八幡さまを祀り、のち霊亀2年(716)小山田の林に移られ、ここに小山田社を造営。神亀2年(725)年に現在の社地、亀山(かめやま)(菱形(ひしがた)山とも小椋(おぐら)山ともいう)に移されて八幡大神様が鎮座されたのが宇佐神宮の創立です。(宇佐神宮HPより)
a0166196_1659215.jpg


7月29日(金)~31日(日)には御神幸祭(夏越祭)が行われる。
4年前の宇佐神宮夏越祭り
by jinashi | 2016-07-11 17:10 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(12)

今、日本人のカトリック信徒史で一番聖人に近いといわれるペトロ・カスイ岐部神父の殉教祭が生誕地の国東市国見町で行われた。没377年になる。
a0166196_1441690.jpg

この日は国東市観光協会による1日周遊バスツアー「さ吉くんバス」も到着する。大分別府から参加した21名はペトロ岐部殉教祭を見学した。
a0166196_1445371.jpg

殉教祭では毎年きれいなハーモニーを聞かせてくれる地元ふれあいコーラスの皆さん。
a0166196_1452342.jpg

講演は大分県立先哲史料館長大津祐司先生による「大友宗麟とキリシタン文化」について。
a0166196_1455874.jpg

さ吉くんバスツアーご一行さまは昼食後、世界農業遺産やキリシタン史跡?を歩いた。実はこのコースは「おどろき歴史遺産!!ウオーキング」としてこの秋にお披露目が予定されている。
下後野池の土手を歩く。
この日の最高気温は35.2℃ここ国見町が県内一番の猛暑だった。
a0166196_147734.jpg

今でも地元の人々に守られている不動堂。密かな信仰の話も聞かれる・・
a0166196_1481262.jpg

昭和14年2月に竣工した長さ150mのトンネル水路。日照りに困った伊美郷は協議を重ね、櫛来郷須川(すご)地区より(下後野池へ)水を分けてもらっている。
a0166196_1494490.jpg

否定キリシタン遺跡と騒がれた櫛来西浜石造物についてこれまでの経過を聞く。隠れキリシタンたちは神仏を依代として密かに祈ったのかもしれない・・。否定と断定するのもロマンがない。
a0166196_14132462.jpg

a0166196_1414747.jpg

合鴨が泳ぐ水田。稲とカモ肉の両方を育てる?
a0166196_1415043.jpg


猛暑の中、コースの一部に荒れた山道歩きもあって熱中症も心配されましたが皆さん無事バスへ乗り込みました。
この後、ペトロ・カスイ岐部神父記念公園、城山の芸術祭作品「説教壇」でガイドの話を聞いたあと帰路についた。

皆さま、お疲れさまでした。また、秋(9月24日)のお披露目ウオーキングにもぜひご参加ください。
by jinashi | 2016-07-06 14:16 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(1)