熊本や阿蘇地方では未だ余震が続いている。
これからはアケボノツツジやシャクナゲなど野山の花々が一斉に開いて心躍らせてくれる季節だ。
今日は高千穂の赤川浦岳、丹助・矢筈、二ツ岳あたりへと思っていたが、雨もありそうだし、余震の続く阿蘇に近いこともあり遠慮させてもらった。

北部九州はおおむね晴れそうなので・・香春町で未踏の障子ケ岳へ向かう。

 障子ケ岳(427.3m) ~分県ガイド福岡県の山

豊前で小雨に降られたが・・R201の仲哀トンネルを抜けて香春町へ。R322の金辺橋北から県64へ右折し、味見隧道手前から旧道をくねくね登ると味見峠桜公園に着く。

準備をして出発。10時16分。ここの標高≒250m。
a0166196_1134688.jpg

ここ味見峠はかつて交通の要所だったらしい。そして、古代の宇佐八幡宮ともつながりがあったのだ。
味見峠(標高247m)は、養老4年(720年)採銅所長光にある清祀殿で鋳造した銅の神鏡を古宮八幡宮から宇佐八幡宮に奉納する際、御神興の行列が通ったことで有名であり、英彦山山伏の峰入りコースの一部でもあった。
昭和56年(1981年)中腹に苅田~採銅所として味見トンネルが開通し、今日では人通りも途絶えているが、かつては経済的、人的交流(婚姻など生活交流)の峠道だった。
味見「アジミ」の由来は
○宇佐八幡宮の所領(荘園)としての勾金荘(まがりかねそう)が「安心院氏」によって支配されていたこと
○障子ヶ岳と龍ヶ鼻の鞍部即ち馬の鞍の古語「アジム」
○採銅所中野に魚市場があったことから京都郡豊前海の新鮮な魚介類が人の背によって運ばれ、峠で鮮度や味見をしたこと (説明板) 
すぐに登山道へ入る。
a0166196_11344535.jpg

前日の雨で滑りやすくなった急坂を折り返して登ると尾根に上がる。
a0166196_11442196.jpg

見ごろの藤。
a0166196_11351814.jpg

ゆるやかなアップダウンの登山道。
a0166196_11355159.jpg

新緑の下を気持ち良く歩く。
a0166196_11362685.jpg

バイク止め?
a0166196_1137148.jpg

前方に山頂部(山城跡)が見えてきた。
a0166196_11382157.jpg

立ちはだかるような山腹に急坂が続く。
a0166196_11385734.jpg

空濠跡から上がる。
a0166196_1139241.jpg

ここが障子ケ岳城跡。数人の単独男性はわらび狩りのようだ。
a0166196_11394787.jpg

馬場跡、二の丸跡を過ぎて本丸跡にあがる。
障子ヶ岳の山頂にあった障子ヶ岳城は、戦略上の要衝の地であるため、この城をめぐって幾度か攻防が繰り返された。この城跡は、牙城跡(きばじょうあと)とも呼ばれ中世の山城の姿をきわめてよく残している。建武二年(1336年)足利尊氏の命によって、足利駿河守統氏の築城と言われ、その度重なる戦乱で城主はかわり、天正14年(1586年)豊臣秀吉の九州平定に伴い、黒田孝高(よしたか)の軍に落とされた。(説明板)
a0166196_11414690.jpg

三等三角点で山頂写真。後ろ側には香春コースもあるようだ。
a0166196_1142944.jpg

香春岳方向。右から牛斬山~三ノ岳~二ノ岳~一の岳。
みやこ町方向も霞んでいる。今日は霧?春霞?黄砂?PM?
a0166196_11423270.jpg

馬場跡へ戻って北の丸跡へあがる。
a0166196_114351.jpg

味見峠から歩いてきた登山路尾根を見る。
a0166196_114574.jpg

タケノコおにぎりと卵スープの昼ご飯をいただいたら・・下山とする。
登りでパスした峠寄りの砦跡を通って・・・峠へ下山。
a0166196_11454770.jpg

自然の地形を利用した戦国時代のみごとな山城でした。
天気が良ければぴか一の見晴らしを楽しめそうだ。


カノコソウ(別名~ハルオミナエシ)
a0166196_11461894.jpg

  ?
a0166196_11464071.jpg

ウマノアシガタ(キンポウゲ)
 あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ~山頭火
a0166196_11494455.jpg

アケビの若葉?
a0166196_11502383.jpg


・歩行距離≒3.4Km ・時間≒2時間 ・累積標高≒310m
  
味見峠(味見桜公園)10:16→10:28尾根へ上がる→10:31勝山宮原分岐→
10:52上野分岐→9:41障子ケ岳山頂(本丸跡)→11:24北の丸跡(昼食)11:45→12:21味見峠

(GPSマップ)
a0166196_1151562.jpg

a0166196_11522236.jpg



 平尾台へ~

帰路に平尾台をプチ花散策。
千貫岩Pから少し登って三笠台へ。平尾台の広大なカルスト台地が広がる。
a0166196_11532753.jpg

ホタルカズラ
a0166196_11535070.jpg

a0166196_11541680.jpg

シロバナタンポポ(あまり見かけなくなった?)
a0166196_11544182.jpg

シラン(これから咲きます)
a0166196_11551280.jpg

風神さまの祠が見えて風神山へ着く。
a0166196_11554140.jpg

オキナグサ(翁になる前・・なった後・・)
a0166196_138071.jpg

a0166196_11563899.jpg

オカオグルマ?
a0166196_1157314.jpg

ホウチャクソウ? ナルコユリ?
a0166196_11575586.jpg

カキドオシ
a0166196_11582067.jpg


(GPSマップ)
a0166196_11585171.jpg


1時間ほどの花散策をして・・本日開通した東九州道(椎田南ICから豊前ICまでの間7.2km)を横目にしっかり一般道を走って帰る。
by jinashi | 2016-04-26 11:59 | 福岡県の山歩き | Comments(10)

修学旅行以来という姉夫婦と去年から計画してきた奈良旅行に出かけた。

熊本大分地震で前日までJR日豊本線ソニックは全面運休。
中止もやむなしと思っていたら・・宇佐駅発10時50分のソニック22号から再開すると聞いて出かけることにした。(予定では早朝に出かけて11時から法隆寺観光のはずだった・・)
大分始発のソニックは徐行運転のため宇佐駅に1時間ほど遅れて到着。電車内で姉夫婦と合流しようにも通路いっぱいの乗客で移動できないまま小倉駅に到着。
通常運転の山陽新幹線で新大阪へ。大阪から関西本線で奈良のホテルに着いたのは18時前。この日は移動のみとなった。ふぅ~
a0166196_1051522.jpg

翌日、姉夫婦は定番の奈良公園~東大寺~正倉院~手向山八幡宮~春日大社などを散策。昼過ぎに近鉄橿原神宮前駅で(大和三山を歩いた)じなし組と合流する。
一緒に昼食。
a0166196_1062685.jpg

はき清められた橿原神宮参道。
この4月3日には2600年祭で天皇皇后両陛下もご参拝されている。
a0166196_107077.jpg

外拝殿より参拝。神宮の例祭は2月11日の建国記念日。
カムヤマトイワレビコが日向を発ち、大和を征服して「畝火の白檮原(かしはら)の宮」で神武天皇として即位したのは、紀元前660年1月1日とされている。
a0166196_1073489.jpg

橿原神宮で記念に買い求めた「八咫烏鎮子」
a0166196_1081273.jpg

近鉄吉野線で飛鳥へ。
飛鳥駅前からタクシーで飛鳥観光へ。事前学習した希望の行先を告げると順に連れて行ってもらえた。
最初に特別史跡・高松塚古墳へ。
a0166196_1092149.jpg

1972年に発見されたた石室壁画は現在近くの施設でカビ被害などを修復中。
極彩色壁画は1974年に国宝に指定されている。
高松塚古墳は天武天皇の王子説などはっきりしていない。
壁画は壁画館で模写再現されている。
a0166196_1095197.jpg

天武持統天皇陵へ・・
第41代持統天皇は天武天皇の皇后であり天智天皇の娘。
天武天皇の死後、藤原京を造営してあたらしい都とした。
a0166196_10104860.jpg

亀石へ・・ 
花崗岩の巨大な自然石に亀に似た彫刻がほどこされている。長さ約4m、幅約2m、高さ約2m、重さはl0トンを越すと言われる。
何のために作られたかは・・・謎のようです。
a0166196_10112182.jpg

聖徳太子が建立した七大寺の一つ「橘寺」へ・・
付近には聖徳太子が誕生したとされる場所があるという。天台宗寺院だがご本尊は聖徳太子。
a0166196_10124234.jpg

太子愛馬の黒駒像。
a0166196_10133371.jpg

石舞台古墳へ・・
蘇我馬子を葬した横穴式石室が露出したもの言われている。 
30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トン・・・
5年前に中学校同級会で訪れた。
a0166196_10415411.jpg

酒船石へ・・
酒を造る道具、もしくは薬などを造るための道具と言われているが定かではない。長さは5.5m、幅2.3m、厚さ1mの花崗岩。
a0166196_10141177.jpg

飛鳥寺へ・・
蘇我入鹿が創立した日本最初の寺院。
日本最古の仏さま「釈迦如来坐像」(飛鳥大仏)。飛鳥時代(7世紀)の作。
銅製。像高275㎝。
a0166196_10475818.jpg

やや駆け足だったが・・2時間ほどの飛鳥観光に満足。
a0166196_10143937.jpg


翌日は朝一で法隆寺観光へ・・
JR奈良駅から法隆寺駅下車。8時の開門までまだ時間があるので歩いていくことにした。
駅から法隆寺まで約1.5Km、20分ほどで到着。
a0166196_10153723.jpg

まずは西院伽藍へ・・
飛鳥時代に聖徳太子が創立した大伽藍は世界最古の木造建築物。
金堂には釈迦三尊像など飛鳥時代の仏像が安置されている。
わが国最古の五重塔には釈尊の遺骨が納められている。
中門は修復工事中。
a0166196_1016519.jpg

a0166196_10162726.jpg

大宝蔵院では百済観音像や玉虫厨子など教科書で見たようなたくさんの宝物を拝観する。
東院伽藍へ向かう。
a0166196_10171165.jpg

聖徳太子の遺徳を偲んで建てられた八角の夢殿。救世観音像が安置されている。
a0166196_10173654.jpg

夢殿隣の中宮寺では国宝・如意輪観世音菩薩を拝観。
a0166196_1018289.jpg

斑鳩の里をのんびり20分ほど歩いて法輪寺へ。
聖徳太子の御子山背大兄王が太子の病気平癒を祈って建立した。
a0166196_10185141.jpg

斑鳩三塔と言われる国宝三重塔は昭和19年落雷で消失。昭和50年再建。
a0166196_10192429.jpg

最後の斑鳩三塔は法輪寺から15分ほど歩いた法起寺にある。
聖徳太子別宮の跡と伝えられ、国宝三重塔は慶雲3年(706)に完成した現存する日本最古で最大のもの。
a0166196_10195733.jpg


半日ゆっくりと法隆寺界隈を散策したら大阪天王寺へ向かう。
向かったのは日本一の超高層ビル「あべのハルカス」。
a0166196_10202634.jpg

エレベーターで16階から60階の天井回廊(展望台)へは45秒ほどで到着。
地上300mの高さに足がすくむ。(展望台の高さはスカイツリーが450m)
a0166196_10362982.jpg

a0166196_10371654.jpg


帰路は予定通りの移動で・・無事に帰着。
熊本大分では相変わらずの余震が続いている。
早い終息と被災地の復興をお祈りします。
by jinashi | 2016-04-23 10:50 | ドライブ&トリップ etc | Comments(0)

神武天皇御陵
a0166196_11175098.jpg


姉夫婦と奈良旅行に出かけた。
半日別行動で大和三山を巡り、古の歴史ゾーン・大和路をウオーキングで周遊した。

大和盆地の南部によく目立つ耳成山、天香久山、畝傍山は大和三山と呼ばれ、古代の都藤原京を囲んで三角形に並んでいる。藤原宮造営の際には、大和三山の位置が重要な立地条件になったと言われている。
中大兄皇子(天智天皇)は「香具山は畝傍雄々し(愛し)と耳成と相争ひき神代よりかくにあるらし」(万葉集巻一)と恋争いの歌を詠っている。
「香具山(男性)は畝傍山(女性)が愛おしいと耳成山(男性)と互いに争った。神代からこうであるらしい。昔もこのようであったからこそ現世でも一人の女性を二人で争うらしい・・」
他にも多くの和歌に詠まれた大和三山は平成17年7月に国の名勝に指定されている。

 耳成山(みみなしやま・139.7m) 
 天香久山(あまのかぐやま・152.4m)
 畝傍山うねびやま・199.2m)

近鉄橿原線大和八木駅前を7時35分にスタート。ちょうど月曜日の通勤タイム。
歩き始めてすぐの近鉄百貨店前あたり。
a0166196_11241148.jpg

脇道に入ると前方に耳成山が見えてきた。
a0166196_11244336.jpg

御百度参りの耳成井戸から耳成山へ入る。ここの標高≒50m。
a0166196_11251979.jpg

登山道というよりは散策路という感じ。
a0166196_11255480.jpg

途中から見える畝傍山。コースの最後に登る山。
a0166196_11262955.jpg

ゆるやかに登って・・間もなく山頂。登り始めて15分ほど。
a0166196_1127157.jpg

地元の常連さんらしき男性が2人。展望はなし。
三山では一番低い円錐形の死火山で、人の顔にたとえれば耳がないような山なので耳無山→耳成山と呼ばれるようになった(説明板)
本日第1座目の三等三角点前で。
a0166196_11562072.jpg

山頂下の耳成山山口神社に参拝。石灯篭の並ぶ参道を下山する。
a0166196_11281113.jpg

古池から耳成山を振り返る。
a0166196_11284761.jpg

大和地方の庭木や街路樹によく見るハナミズキがちょうど見ごろだ。
a0166196_1129148.jpg

武家社会となってこの地方の百姓たちが自衛のため村落に作ったという環濠が残り、あちこちに手入れが行き届いた大きな古家を見かける。
a0166196_11293673.jpg

特別史跡の藤原宮跡へ出る。広~い!
藤原宮は、今から約1300年前、持統・文武・元明の三代の天皇が治めた都、藤原京(西暦694~710)にあった宮です。藤原宮は藤原京のほぼ中心に位置し、北を二条大路、南を六条大路、東と西を、それぞれ東二坊、西二坊大路によって囲まれ、その規模は、東西925.4m、南北906.8m、面積は約84haにもおよびます。藤原宮の内部は大きく中央・東・西区の3つの区画に分かれています。中央区には、大極殿(だいごくでん)や朝堂院(ちょうどういん)、朝集殿院(ちょうしゅうでんいん)といった、政治の中枢となる施設のほか、天皇や皇后の住まいである内裏(だいり)がおかれています。また、東・西区には行政の実務をおこなう、官衙(かんが。今の役所)がおかれています。つまり藤原宮は、今の皇居と国会議事堂、霞ヶ関(かすみがせき)の官庁街を1つにしたような場所で、まさに政治の中心地といえます。(橿原市HP)

a0166196_11304216.jpg

a0166196_1225498.jpg

藤原宮跡を後にして・・天香久山へ向かう。
右手前のなだらかな小山が「天香久山」だ。持統天皇の百人一首の歌は良く知られている。
「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」

a0166196_11325112.jpg

集落を通って天香山神社へ向かう。振り返って見る耳成山。円錐形の整った山容をしている。
a0166196_11345947.jpg

「月の誕生石」と書かれた標識を見る。畑作業のおばあさんに聞いて山道へ入る。
a0166196_11314827.jpg

大きな石に注連縄が張られている。
月が赤ちゃんを産んだというロマンチックな伝説(民話)の石でした。
「花崗岩で高さ1.5m、幅は6.5m、奥行きは3.5mあり。遠景黒色の斑点は月が使った産湯の跡と、小さな斑点は月の足跡と伝えられて古代より信仰する人多し」(説明板)
a0166196_1136289.jpg

山道へ入って分岐から急坂を下ると天香山神社へ出る。 古くから朝廷より尊崇された神を祀る古社のようだ。
a0166196_11374297.jpg

天香久山山頂へ向かう。登山口の天香山神社の標高≒100m。
椎の実?の落ちた丸木階段を登っていく。
a0166196_11382080.jpg

フラットな山頂部へ上がる。
a0166196_1139283.jpg

三山で唯一「天」の字を冠する最も神聖な山のようだ。
山頂には国常立(くにとこたち)神社がある。国土形成の神と雨乞いの神が祀られている古社。
a0166196_11394280.jpg

天香久山が恋した畝傍山が見える。
a0166196_11402246.jpg

三角点は無いので小さな山頂標識の前で・・ 
a0166196_11565346.jpg

まっすぐ先へ下って麓の天岩戸神社へ向かう。
宮崎の高千穂にも天岩戸神社や天香久山(と天香山)があるのはなぜ?
a0166196_11405426.jpg

山腹の伊弉冉神社を過ぎて集落に下りる。少し道迷いして天岩戸神社へ着く。
a0166196_11415438.jpg

拝殿のみで裏に4個の巨石があり岩穴がご神体。玉垣内では毎年7本の真竹が生え変わる・・(説明板より)
a0166196_11423220.jpg

先へ向かう集落から返り見る天香久山。大和三山の中では最もよく知られているが山容は目立たない。 
ポツリと小雨が降り始めた。
a0166196_16261429.jpg

本薬師寺のあったあたり。
a0166196_114403.jpg

奈良市西の京にある薬師寺の前身にあたる寺なので本(元)薬師寺と呼ばれる。
金堂の礎石。
a0166196_11443089.jpg

近鉄線踏切を渡って畝傍御陵前駅を過ぎると畝傍山が近づく。
a0166196_11451679.jpg

畝傍山の麓を歩いて神武天皇御陵へ。
a0166196_11455459.jpg

熊野から八咫烏に先導されてこの地で即位したといわれる。
神武東征神話は宇佐地方にも「一柱騰宮(あしひとつあがりのみや)」伝説など多く残している。
a0166196_11464355.jpg

三山最後の畝傍山へ。
a0166196_11472536.jpg

下山してきたおじさんに登山口を尋ねて、若桜友苑の殉国の碑がある「急登コース」から山へ入る。
登山口標高≒80m。
a0166196_11481253.jpg

岩場もあってかなりの急登だ。
a0166196_11484848.jpg

山頂までもう少し・・
a0166196_1150081.jpg

畝傍山山頂に到着。
a0166196_11504297.jpg

山頂から最初に登った耳成山が見える。
a0166196_1152298.jpg

こちらは天香久山。今でも両山は畝傍山へラブコールをしているのか?
a0166196_11522838.jpg

三等三角点近くには畝傍山口神社社殿跡の標識がある。
大和三山を制覇?したぞ!
a0166196_11572225.jpg

下山は「ゆるやかコース」で・・・
東大谷日女命神社へ下りる。神武天皇の后・姫蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)を祭神として祀る。
a0166196_11525685.jpg

「ようこそ、日本のはじまりへ。」や「春の神武祭」の幟旗が立ち並ぶ橿原神宮前へ着く。
先の4月3日には神武天皇(崩御)二千六百年大祭が行われ、天皇皇后両陛下もご参拝された。
a0166196_1153577.jpg

小雨が降り続くなか、橿原神宮前駅へゴールイン。
a0166196_11542971.jpg

ネットやガイドブックを参考にしてコース作りをした。
コースのあちこちから見える三山も思った以上に距離があったが、ほぼ迷うこともなく予定通りに歩くことが出来た。
古代大和の歴史散策は見所も多くもっと下調べをしてくれば良かったとも思う。
こんな山登りの楽しみ方も良いものだ。
 
・歩行距離≒14Km ・時間≒5時間 ・累積標高≒500m

近鉄大和八木駅7:35→7:58耳成山登山口(耳成井戸)→8:12耳成山→8:58藤原宮跡→
9:29月の誕生石→9:41天香山神社(登山口)→9:52天香久山→10:13天岩戸神社→10:44本薬師寺跡→
11:03畝傍御陵前駅→11:14神武天皇御陵→11:29畝傍山登山口→11:48畝傍山→12:11東大谷日女命神社→12:29橿原神宮前駅

(GPSマップ)
a0166196_1730277.jpg

a0166196_11582271.jpg

by jinashi | 2016-04-21 11:58 | 大和三山 | Comments(4)

国東市政10周年を記念して国見総合支所から安岐総合支所まで40Kmを歩くウオーキング大会が行われた。
み仏の里くにさきウオーキングの主催。

早朝6時に安岐総合支所で受付を済ませてバスで国見総合支所に到着。
この日は前夜の熊本~大分地震で皆さん睡眠不足ぎみ・・。

7時から開会式。
参加者60名ほど。地震の影響で不参加者もかなりいたようだ。
a0166196_674194.jpg

国東市マスコットキャラクター「さ吉くん」に見送られて・・7時20分ちょうどに出発。
a0166196_681216.jpg

まだ1.5Kmほどだが・・列が長くなってきた。B&G海洋センターをすぎたあたり。
a0166196_68377.jpg

熊毛の給水ポイント。
a0166196_6942.jpg

Yさん特製のシシ肉串揚げのお接待も・・
a0166196_692322.jpg

某国主席領事とYさん。
a0166196_694753.jpg

中間点のリンリンパークへちょうど3時間で到着。速い!
弁当配布所。
a0166196_6102876.jpg

ゴールの安岐総合支所へ笑顔で到着。14時16分。
7時間足らずで歩き終える。
a0166196_6112946.jpg

地元女性団体によるおにぎりとけんちん汁のお接待。
ケーブルテレビの取材もあり。
a0166196_6115718.jpg

最後の参加者も無事にゴールイン。16時46分。
a0166196_6122998.jpg

連日の緊急地震速報やアゲインストの強風が吹くなかでしたが・・
みなさん、お疲れ様でした!
a0166196_6124848.jpg

by jinashi | 2016-04-17 06:14 | 国東半島あれこれ | Comments(6)

先週、天気なら登ろうと思っていた花牟礼山へ3年ぶりに登る。
未踏のながみず山まで足を延ばしてみよう。

 花牟礼山(1170m) ~大分百山・3回目
  ながみず山(1310m)初めて

狭い舗装道をグングン登った終点にはたくさんの車で、なんとか駐車場所を確保する。
出発はちょうど9時。ここの標高≒800m。
おや、見たような車も・・・
a0166196_1347912.jpg

ジグザグに登って作業道終点から山へ取りつく。ここまで30分ほど。
a0166196_13474145.jpg

急登となってきた辺りで・・あっ、やっぱりうすきさんだ!
今日は1番乗りのようで、この後崩平山へ登るそうだ。
うすきさんは先週、坊がつるから三俣南峰直登コースをアタックしたばかり。さらにくじゅう17サミッツをも目指している元気過ぎ山おじさんだ。山歩きだけでなく、本読み、漢字学習、家事全般や毎日のブログアップなど・・同年代のじなしは全敗です。
a0166196_13482520.jpg

山頂手前の肩に上がるとくじゅう連山が絶景。曇り空だが午後は晴れそうだ。
a0166196_13484460.jpg

野鳥はほんとに「ウソ」でしょうか?(少し調べてみましたが)
a0166196_13491340.jpg

カヤトを緩やかに登る。むこうにうっすらと祖母傾・・・
a0166196_13493399.jpg

左に崩壊地を見た先で4等三角点にタッチしたら
a0166196_13504557.jpg

ほどなく花牟礼山山頂へ到着。
a0166196_13511937.jpg

12歳のハナも休息中。人間なら70歳超えのようだ。
a0166196_13515746.jpg

3度目の山頂です。
a0166196_13522720.jpg

さあ、ながみず山へ登ってみよう。
少し戻った肩から花牟礼キレット?へ入る・・・
尾根筋を一気に60mほど下り、130mほど登り返す。
a0166196_13525971.jpg

鞍部あたり。
a0166196_13532760.jpg

スズタケや立木を掴まえながら4足バサロ平泳ぎで登り返す。
a0166196_1354026.jpg

無我夢中の35分ほどで通過。
登りあがった1250m台地から前方に見るふきくさ山は4年前の3月に登った。
a0166196_13545214.jpg

お目当ての~フクジュソウ群に出会う・・・
うす曇りの下ではほとんどが開いていない。
a0166196_13552657.jpg

a0166196_1355553.jpg

a0166196_13561763.jpg

ながみず山へ向かう。
a0166196_13565038.jpg

山頂手前で別府?の団体さんとすれ違う。
a0166196_13573097.jpg

3等三角点のながみず山へ到着。花牟礼山から1時間30分ほどかかった。
a0166196_13585699.jpg

反対の林道側からも5~6人の登山者が到着してきた。
ほっかむりは必須でした。
a0166196_140769.jpg

昼ごはんのあと一休みしたら・・往路を戻る。
a0166196_1402999.jpg

日差しが出てきたのでフクジュソウが開きはじめていた。
a0166196_1405541.jpg

a0166196_1412431.jpg

ハナとフクジュソウ。
ハナの住所は筋湯温泉。北九州のKさんとは山友達のようでした。
a0166196_14255.jpg

帰路のスズタケトンネル急降下も参りました(>_<)
復路のキレットも同じような時間で通過。
真っすぐ下って登山口へ無事下山。日も照ってきて・・蒸し暑さを感じていた。
a0166196_1423972.jpg

ハナと花と出会った花牟礼山でした。

ツクシショウジョウバカマ
a0166196_1432694.jpg

ボケ
a0166196_1435063.jpg

黄スミレ
a0166196_15155867.jpg

これがほんとの「萌え」
a0166196_1441221.jpg

a0166196_1443144.jpg


作業道終点登山口9:00→9:31山道へ→10:15花牟礼山10:30→10:34花牟礼肩→11:10・1250m台地
→11:56ながみず山12:23→12:56・1250m台地→13:29花牟礼肩→14:18登山口

(GPSマップ)
a0166196_1451738.jpg

a0166196_1453787.jpg

by jinashi | 2016-04-11 14:17 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)

今日は午後から雨の予報だ。行先が決まらずに優柔不断?のまま7時を過ぎて家を出る。途中、早くも小雨が降りだしたので由布岳周辺のお花散策へ行くことにする。

飛岳の黄金色に今年も出会えました(^^)!
a0166196_9341560.jpg

雨に濡れて震えています。
a0166196_9343475.jpg

暖かな陽射しを待っています。
a0166196_934554.jpg

あちこちにたくさんの株が見られて一安心・・
a0166196_9351968.jpg

今年3月にはフクジュソウ、オキナグサなどが大分県条例に基づく「指定希少野生動植物」に追加されている。


麓に1本の辛夷が開きはじめていた。
a0166196_9354469.jpg

a0166196_9362757.jpg

a0166196_9365374.jpg


由布岳山麓では末黒野に黄スミレがチラホラ・・
a0166196_9372861.jpg

サクラソウも成長中・・
a0166196_938012.jpg


まだ午前中。 別府八湯温泉まつり開催中の朝風呂へ入って・・・早いご帰還でした。
a0166196_938316.jpg

by jinashi | 2016-04-04 09:40 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(10)