今日は2.26事件から80年となる日。(夕方のニュース番組で知る)
そして・・大分県に春を告げる「県内一周大分合同駅伝」が我が家の前を通過する日でもある。
地元を走った柿本友彦選手(国東市・東国東郡チーム)は区間6位のいい成績で通過した。
a0166196_10284161.jpg

選手団も通過した後の今日は久しぶりにいい天気だ。 
ふらっと抜け出して・・豊後高田の山を登ってみよう。

来縄山(くなわやま・376.4m) ~大分かくれ名山
応利山(おうりさん・297.6m) ~ 

豊後高田市と宇佐市、杵築市山香町の境界に連なる華ケ岳~喜久山連峰は六郷満山の聖地といわれる一帯で、このあたりの山で残る未踏は来縄山と霧笠山かな・・・。
久しぶりに応利山登山口から登る。(2011年6月以来3度目?)
ここの標高≒80m
a0166196_9535758.jpg

長い石段登りが始まる。
a0166196_9542527.jpg

九九.八十一階段だという。下から81+72+63+54+45+36+27+18+9=405段?あるのだろう(数えなかった)数合わせが優先のため?・・石段は高さ、長さとも歩きにくい造りとなっている。
仁王像がお出迎え。まだまだ石段は続く。
a0166196_955715.jpg

20分ほどの階段上りで六郷満山本山本寺応利山報恩寺(跡)へ着く。
a0166196_10103326.jpg

現在の寺は下の町中(来縄地区)へ移っている。
説明版には「往時は七堂伽藍を整え、末寺三十六坊を有す」とある。
六郷満山三十三霊場巡りも現在、宇佐神宮、宇佐宮弥勒寺を入れて三十一霊場(番外に西叡山高山寺)となっているようだ。かつて一番札所だった報恩寺は今は三番札所となる。

少し先へ進んだロープゲート横の木に「津波戸山水月寺跡」の標識があり、右下へと山へ入る。
a0166196_1011330.jpg

やや荒れた山道をテープを見つけながら広い尾根伝いを歩く。
山と書かれた境界を示す石積を通る。何か所かある。
a0166196_10113550.jpg

大きな岩が積み重なったところは左を進む。ここを石山というようだ。
a0166196_1012164.jpg

厳しい急登が始まる。
a0166196_10125390.jpg

10分ほど頑張ると勾配が緩んで山頂部が見えてきた。
a0166196_10132560.jpg

狭くて丸い山頂は木立で展望は無い。
見慣れた山頂標識と四等三角点がある。
a0166196_1014814.jpg

a0166196_10272417.jpg

山頂の先は津波戸山へと続いているようだ。
一休みしたら往路を戻る。

ロープゲートのある報恩寺本堂があったという場所へ戻る。
a0166196_1018317.jpg

思ったより早く戻れたので応利山へ向かう。
石段を上がると風除大権現へ。風の神様=豊作の神様だろう・・。
a0166196_1019141.jpg

その裏からほぼフラットな山道を進む。荒れた竹林を過ぎると応利山山頂だ。
こちらは三等三角点がある。
a0166196_10193596.jpg

a0166196_10274644.jpg

復路に報恩寺下の展望広場から見る豊後高田市街地。
a0166196_1020385.jpg

九九.八十一階段より昔の登山(参拝)道の方がいいな・・・

下山したあと、麓集落から見る来縄山。
a0166196_1022165.jpg



登山口10:36→10:53旧報恩寺→10:57ロープゲート分岐→11:07石山→11:24来縄山山頂→11:50分岐→12:02応利山山頂→12:36下山
 登り~約50分 下り~約1時間

(GPSマップ)
a0166196_10302931.jpg

a0166196_10312575.jpg

by jinashi | 2016-02-29 10:31 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(4)

国東半島峯道ロングトレイルは2013年11月オープンから2年が経過した。
トレッカーも少しずつ増えてきている中で、コースが不明で迷ったなどの声も出てきている。
順コースを前提に整備されているのだが、逆コースから歩くと確かにわかりにくい場所もある。
トレイルに入る前には国東半島峯道トレイルクラブHPでコース情報を確認したり、コースごとに用意されているマップ(200円)を利用してほしいものだ。

この日はトレイルクラブの仲間6名でK1コースの分岐個所などに指導標を整備した。
a0166196_10415980.jpg

a0166196_10423636.jpg

a0166196_1043724.jpg

a0166196_10433998.jpg

途中で見つけた岩屋を探検。かつて修験僧が籠っていたのかもしれない・・そんな岩屋が西不動一帯には多くある。
a0166196_1044555.jpg

a0166196_10443861.jpg

遠目に見えた白いのは石仏ではないようだ・・・(ズームアップ)
a0166196_10445847.jpg

岩屋上の尾根からの素晴らしい展望。
ピラミダルな鷲巣岳・・・
a0166196_10462762.jpg

阿弥陀越展望所あたり・・・
a0166196_1048646.jpg

昼食は夷谷温泉で「寒ざらしそば」をいただいた。
a0166196_10483355.jpg

トレイルクラブ理事でもある板井俊作さん達「mieデザイン会議」により3年前から始まった。
 →夷谷寒ざらしそば
本日解禁?のため多くのそばファンが詰めかけてきて大繁盛。待ち時間は50分ほど・・・
色白そばでのど越しもよく、お腹も空いていたのでおいしくいただきました。
a0166196_10485724.jpg

3月5日(土)にはクラブ主催の「ミツマタウオーキング」がおこなわれる。
この日のミツマタ開花情報は→mild web site
夷前田から高岩横の峠を越えて西方寺へ下りる古道を今回のウオーキングコースとするために下見に入る。かつての峠道の名残があるものの今は通る人も無いようで、倒れた木や竹、落石で荒れた山道をひととおり清掃する。
a0166196_10492992.jpg

西方寺の里へ下りる。
a0166196_1050568.jpg

ロングトレイル全10コースでは3月末までに指導標設置が進められる。
by jinashi | 2016-02-24 10:50 | 国東半島あれこれ | Comments(3)

娘に初めての赤ちゃんが生まれたので早速ご対面に出かけた。
産院から退院してきたばかり。出生体重2978g。
9年ぶりの3号孫です。なぜか女の子ばかり・・・
a0166196_9271012.jpg



Uターンして夕刻に姫路へ着く。
会社勤め時代の同期友人Sと久々の再会の宴。
翌日はS夫婦と但馬地方へドライブに出かけた。行先リクエストは竹田城跡と出石の蕎麦。

播但(ばんたん)連絡道路(有料)で朝来市(あさごし)へ。
朝来SAを過ぎると前方に見えてきた竹田城址。
a0166196_9274546.jpg

和田山ICを出て標識に従い竹田小学校横から「山城の郷」へ着く。
ここから山城下まで連絡バスが運行されているのだが、2月末までは運休(通行止め)となっていた。
展望台まで上がってみる。
a0166196_9284966.jpg

そこから南東に見る竹田城址をズームショット。
a0166196_929922.jpg

a0166196_929274.jpg

「山城の郷」の人に城址がよく見える場所を聞いて移動。
R312の竹田を左折して山へ入り、但馬吉野と言われる桜の名所の立雲峡へ。
a0166196_9295338.jpg

少し上の高台から竹田の町越しに竹田城址がよく見える。秋から冬にかけて朝霧に浮かぶ山上の城址は幻想的で、多くの人々が訪れているようだ。
先の「山城の郷」のほぼ反対側になる。
a0166196_9302439.jpg

「日本のマチュピチュ」という言葉を使ったGoogleのCMにはじまり、高倉健主演映画「あなたへ」やNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」のロケ地になったことで有名になったようだ。 
a0166196_930422.jpg

日本100名城。虎が臥せているように見えることから虎臥城(とらふすじょう)とも呼ばれている。
a0166196_9305958.jpg

くわしくは→竹田城で・・
a0166196_9315150.jpg


豊岡市出石へ着くころには雨が降り出した。
出石町本町の皿そば「近又(きんまた)」へ着くとすでに傘の行列が・・・
a0166196_9321425.jpg

20分ほどで入店。
つゆと薬味、とろろと卵がきました。
a0166196_9325398.jpg

5皿で1人前。
最初はつゆにおろし大根、ネギ、ワサビで頂きます。その後とろろと生卵で食べるのが良いようです。
石臼挽きの手打ちそばらしく、コシもあって喉越しもよく美味しい。
a0166196_9332143.jpg

一人前ずつ追加する。
ふつう10皿までは食べられるでしょう。大人20皿、子供15皿を食べると皿蕎麦の証(そば通手形?)をもらえるようだ。
1人前(5皿)で780円。追加(1人前)550円。
a0166196_9334524.jpg

最後にいただいた蕎麦湯もおいしい。
店員さんもみな若くて元気が良い。

これまで最高に食べた男性は ~
a0166196_9352918.jpg

女性は ~
a0166196_9355061.jpg

そば屋を出て城下町出石のシンボル「辰鼓楼」へ。
高さ13m。明治4年の建立。辰の時間に太鼓が鳴らされて時を告げていたが、明治14年に地元の医師が大時計を寄贈してからは時計台となった。
a0166196_936410.jpg


雨の播但連絡道路を戻って姫路駅でS夫婦とお別れする。
駅前から見る世界遺産「姫路城」。まぶしいほどの白さ。
a0166196_93524.jpg

この日、中国地方では春一番が吹いたようだ。
by jinashi | 2016-02-18 09:39 | ドライブ&トリップ etc | Comments(6)

NPO国東半島くにみ粋群では国見町内の魅所を歩くコース作りをしている。
①ペトロカスイ岐部神父記念公園をスタートしてキリシタンや石造文化財遺産、景色の良い海岸を歩く岐部・熊毛地区ウオーキングコース
②千灯寺をスタートして大不動岩屋、五辻不動尊を周回、現代アートも楽しむトレッキングコース
①②はどちらもすでにオープンし、ウオークイベントも実施されている。

今日は3番目のコースとなる伊美地区のコース調査で委員のみなさんと現地を歩いた。
予定コースには石造文化財や農業遺産、シシ垣や禁教キリシタン遺産など見所が多い。

午後1時にB&G海洋センターに集合、出発。
最初のポイントは本城公民館にある石造役行者。すぐ近くの山中にある行者堂が古くなったのでここへ移された。前鬼、後鬼も一緒。
a0166196_12354048.jpg

新たに建てられた本城十王堂。こちらも近くのお堂が古くなって最近ここに移された。 
a0166196_12361523.jpg

十王は地獄の裁判官。脱衣婆(だつえば=身剝婆)もいる。2段目の右から2番目。
a0166196_12363439.jpg

本城水口へ向かう。
a0166196_12365895.jpg

水路の出口へ。
山向こうの後野溜池から350mほどの素掘りトンネルで伊美の谷まで引いた用水路だ。
a0166196_12373083.jpg

手掘りで大変な作業だっただろう。それでも当時の土木技術はなかなかのもの・・・。
a0166196_12382372.jpg

東中にある「鹿嶋高一光義塔」。伊美地区は、農業用水不足のためにたびたび干害におそわれて困っていました。とくに、1872~1873年は、収穫がまったくない状態にまでなり、人々は飢餓に苦しみました。そこで、東中地区の鹿嶋高一さんは戸倉伝蔵さん、桐畑源蔵さんの2人に相談をして、ため池づくりの計画を立てました。1878年に工事は始まり、なんと26年もの歳月をかけてつくり上げたのです。その後、何度も台風に襲われましたが、1952年と1990年に2度の修復工事を行っただけで、今でもたくさんの水田がうるおされています。(「わたしたちの国東市」3.4年生副読本より)
解説する前東中区長の田中さん。
鹿嶋高一は上後野溜池(と水路)の新設や元伊美小学校(伊美浜中川原)や伊美村登記所などを建設している。
a0166196_12391655.jpg

少し上にある庚申塔。「ショケラ」と呼ばれる上半身裸の 女人像の頭髪をつかんでぶら下げている。
青面金剛庚申に注連縄がされているのが面白い。(神仏習合?)
a0166196_1239564.jpg

上後野溜池からは東中水口を出て3か所に水は流れているようだ。田中さん宅横に二番目の水路。
a0166196_12402797.jpg

一番上の水路は東中の最も上部に出て、サイホン方式でオレンジ道路を潜っている。少しでも灌漑面積を増やそうとした先人の知恵。
a0166196_12405932.jpg

東中水口へ向かう途中の阿弥陀堂。 
この近くには鬼籠の円浄寺があった辺りともいわれていて、国東塔など石造文化財も多い。
a0166196_12412923.jpg

東中水口。上後野溜池から400mほどのトンネルが掘られている。
a0166196_1242040.jpg

中をフラッシュ撮影で。
a0166196_12425187.jpg

昭和30~40年代、ミカン園の開拓パイロット事業に合わせてつくられた道を上がると峠に出る。当時は軽トラでも登られたようだが・・今は荒れている。
a0166196_12432485.jpg

峠から降りたところが秋本順子さんによるメタルアートギャラリー「アトリエジュン」。
a0166196_12435693.jpg

「アトリエジュン」の裏山を上がったところにある山神様「おひがし磐座」。一昔前には東中地区の人たちが旧正月行事「百手」の際に神事をしていたようだ。
a0166196_12442979.jpg

櫛来地区の周囲山尾根に長さ12Kmにわたって築かれたシシ垣。古来より岩倉社(櫛来八幡社)の眷属である鹿を大切にしていたが農作物を荒らすので鹿を追い出すために築いたという。享和2年(1802年)に完成し、村人400人が山から海へと鹿を追い出したという。今でも櫛来の人は鹿を食べない。
a0166196_1245167.jpg

近くから姫島の眺望が良い。
a0166196_12454948.jpg

アトリエジュンを少し下ったところの上後野溜池。
1904年(明治37)竣工、灌漑面積12町3反歩。貯水量2万8千トン。
a0166196_12461518.jpg

東中隧道水路の取水口。
毎年、田植前には水路の清掃がおこなわれる。
a0166196_12464776.jpg

後野池の上にある水路トンネル。櫛来地区の山腹からも水をもらっている。
a0166196_12472126.jpg

国見運動公園のすぐ上にある後野溜池。
1830年(文政13)起工。灌漑面積16町歩。貯水量3万2千トン。
伊美小学校時代に遠足に来たところ。
a0166196_12475256.jpg

後野溜池の本城隧道水路取水口。
a0166196_12482654.jpg

両池には隧道水路建設の石碑が建てられている。
こちらは上後野池のもの。(下の後野池石碑は風化が進んでいる)
a0166196_12492698.jpg

B&Gへ周回、予定時間もすぎたので今日はこれまで。櫛来地区の調査は次回に・・・
みなさんお疲れ様でした。
a0166196_12494860.jpg

本日の参加委員。 東中石殿前で。
a0166196_12502555.jpg


(本日のGPSマップ)
a0166196_12505584.jpg

距離≒8Km 累積標高差≒330m
by jinashi | 2016-02-15 12:51 | 国東半島あれこれ | Comments(4)

奈良時代に宇佐八幡弥勒寺の僧達が(JR宇佐駅前の)栗山や両戒山あたりから峯に入ったことで六郷満山仏教文化が始まったのだろう・・・
その両戒山と津波戸山との間にあるのが松尾山で、以前から登る機会をうかがっていた。
金曜日にママから「日曜日はどこに登る?」と聞かれたので「松尾山かな・・」と答えていたところ、natsucocoさんの書き込みに「松尾山へ登ってきたよ~」とあって・・これはぜひ登らねば!ということになった。
今日の松尾山、1月17日の大嶽山とこのところ国東半島山巡りでは豊嶺会組の後塵を拝している。

 松尾山(438m) 宇佐市と杵築市(山香町)境界の山

昨日はロングトレイルK1コースのガイドを担当したので・・今朝は朝寝した。
JR宇佐駅からR10で西屋敷駅手前を左折し日豊本線を潜って突き当ったあたりが登山口。近くの少し広くなった道路わきに駐車する。
よっちゃんさんの「おおいた山日記」を参照する。
出発は10時39分。ここの標高≒40m。
民家横のあぜ道へ入る。今日はカメラが不調なのでスマホ画像です。
a0166196_22273352.jpg

山へ入る。
a0166196_22294721.jpg

枯れ竹が倒れた荒れた道を登ると六地蔵に出会う。その先に墓地がある。
a0166196_2231264.jpg

JR日豊本線を駆け抜けるソニックの軌道音を背に・・赤テープを辿りながら登っていく。
炭焼の跡のようだ。
a0166196_22321340.jpg

昨夜?早朝?には雪も降ったようだ。
a0166196_22333252.jpg

急登を立木や岩角につかまって頑張ると尾根の肩へ取りつく。
a0166196_22345385.jpg

左に植林帯、右に自然林の尾根を進む。
a0166196_2236940.jpg

作業道を横目に緩やかに登っていくと山の標識に出会う。
a0166196_22373261.jpg

岩の集まるピークを越えて窪地に下り、ひとのぼりすると豊嶺会山名標識の下がった山頂へ到着。登り始めて1時間40分ほど。
a0166196_2238511.jpg

山頂から先へ進み、左へと池へ下りる。
a0166196_2240775.jpg

空池と思っていたが・・意外と水量があり、中心部は氷が張っている。
豊嶺会HPによると~松尾集落の人が「池ん戸池」と呼ぶため池で、かつては麓の田の用水池として利用されていたようだ。
a0166196_2242084.jpg

池のふちで温かいお茶を頂いたら・・往路に出会い雪解けの山腹を滑り落ちないよう気をつけながら下山する。
下山時に六地蔵さんの一体を起こしてあげました。
a0166196_22433440.jpg

無事に下山。向こうは八幡社。
a0166196_22451172.jpg

下山後にR10から望む松尾山。予想以上に横長の大きな山でした。
a0166196_22515243.jpg


栗山~両戒山~松尾山~津波戸山~華岳~鞍掛山~西叡山~烏帽子岳~田原山と・・
六郷満山本山本寺コースもほぼ登り終えた。
 国東半島未踏の山もあと少し・・・

西屋敷登山口10:39→11:29尾根へ上がる→12:21山頂→12:23池(お茶タイム)
→13:38下山
 登り~約1時間40分 下り~約1時間20分

(GPSマップ)
a0166196_22461146.jpg

a0166196_22463342.jpg

by jinashi | 2016-02-07 22:46 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(8)

立春も近づいたが、今頃が一番寒い季節だ。
このところ何かと立て込んでいたが・・今日は久しぶりにくじゅうを歩こう。

寄り道をしたので牧ノ戸へ着いたのは10時近くとなっていた。駐車場もいっぱいなので筋湯へ向かう道路脇に停める。

 久住山(1787m) ~日本百名山・18回目

牧ノ戸登山口。ここからは去年の10月以来だ。
a0166196_10405741.jpg

10分足らずで沓掛山下の展望所へ着く。
三俣山山頂部は雲の中。由布岳も見えない。
1週前の大寒波による積雪も先日来の雨でほぼ溶けてしまったようだ。
a0166196_10411739.jpg

沓掛山から見る九重山。山頂部に白い樹氷も見える。
a0166196_10413518.jpg

扇ケ鼻分岐手前の樹氷帯を抜ける。
a0166196_1042214.jpg

西千里ケ浜から久住山が見えてきた。いいアングル。
a0166196_10455637.jpg

星生崎を越える。今日もたくさんの登山者で賑わう避難小屋前。
a0166196_10463659.jpg

そのまま久住山へ向かう。久住分れから少しキツイ登りが続く。
a0166196_1047881.jpg

振り返ればいつも通りのゆっくりママ・・。
a0166196_10481661.jpg

緩やかなカーブを描いて山頂へ最後の登りが続く。
a0166196_10484389.jpg

間もなく山頂。北寄りの風が冷たい。
a0166196_1049625.jpg

すくれじなしの山頂写真。
※すくれ=(大分弁) 寒がり
 例文 「なんかい?さみぃん かい? すくれやのぉ」
a0166196_10492547.jpg

風裏で昼食。福岡からのお二人の隣に入らせてもらいました。
下山途中に御池へ行ってみる。
a0166196_10495583.jpg

周辺部の氷が溶けている御池。中岳はガスの中。
a0166196_10501926.jpg

下山時に見つけた春の兆し・・・
沓掛山のマンサク。うれしい出会いでした。
a0166196_10511498.jpg




牧ノ戸登山口10:05→11:19扇ケ鼻分岐→12:21久住山12:47→13:06御池
→14:58牧ノ戸へ下山
 ●登り~約2時間15分 下り~約2時間

(GPSマップ)
a0166196_1053317.jpg

a0166196_10535539.jpg

by jinashi | 2016-02-02 10:56 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)

大分県に残るキリシタンや南蛮文化の歴史遺産を活用することで歴史・文化、教育、観光などに連携して取り組もうと、2014年2月に発足したおおいたキリシタン南蛮文化協議会だが、昨年度には由布市も加入して7市町となった。
a0166196_12264585.jpg


これまでにガイドブックの作成や、JR九州と連携した「おおいたキリシタン南蛮文化ウオーキング」の開催などを行ってきた。

1月23日(土)には大分市のコンパルホールでキリシタン遺跡についての講演や7市町各首長によるパネルディスカッションがおこなわれた。
a0166196_11594712.jpg

最初に「おおいたのキリシタン遺跡」と題して、大分県における布教時代から「豊後崩れ」までのキリシタン墓の特徴などについて別府大学田中裕介教授より講演がおこなわれた。
a0166196_120585.jpg

引き続いて7市町首長によるパネルディスカッションがおこなわれた。それどれの首長による遺産活用の想いが語られた。
a0166196_1202968.jpg

最後に佐藤樹一郎会長(大分市長)より7市町が連携して「日本遺産」登録を目指すことを宣言して閉会した。
a0166196_1205097.jpg

世界遺産=文化財の価値付けを行い、保護・保存するのを目的とする。
日本遺産=地域に存続する文化財を「面」として活用し、発信することで、地域活性化を図ることを目的とする。
a0166196_121923.jpg

登録されれば、2018年の国民文化祭、2019年ラグビーワールドカップ、そして2020年東京五輪などのインバウンドによる経済効果も期待できそうだ。
by jinashi | 2016-02-01 12:03 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(0)