全国に4万社あまりある八幡社の総本宮宇佐神宮で、ご神体を本殿へ移す「遷宮祭」が行われたので参拝見学に出かけた。  実に74年ぶりだという。

2012年から始まった宇佐神宮本殿修復工事もこの3月に完工し、遷宮祭に先だって4月には国宝本殿が特別一般公開された。
2年半にわたる「平成大修理」では檜皮葺屋根の葺き替え、漆喰壁の塗り替え、柱の彩色、飾り金具の修復などが行われ、市文化財担当者や神職による説明があった。

 ※特別公開があった4月29日の本殿脇受付テント。
a0166196_1635879.jpg


遷宮祭は夜の闇の中で行われるようで、74年前には午前3時に始まっている。
今回は午後7時から神事が始まるので、18時20分ごろに駐車場へ着く。

西参道へ廻って呉橋(くれはし)へ・・・
※昭和初期までは西参道が表参道だったようだ。
10年に一度の勅使祭の際だけに使用される呉橋も今日明日2日間のみ一般参拝者も渡れる。
a0166196_1636618.jpg

藻寄川に架かる呉橋。創建不詳。鎌倉時代以前にあったとも・・呉の人が架け替えたとも伝えられる。昭和26年に大改修されている。
屋根は向唐破風造で桧皮葺(棟は銅瓦葺)。日本百名橋。県指定文化財。(wikipediaより)
a0166196_16364169.jpg

a0166196_1637116.jpg

手水舎前で通行止め。絵馬殿前にも多くの一般参拝者が。
a0166196_16375434.jpg

係員の人が「祓所前でも見学参拝できる」というのでそちらに移動。
ベストポジション確保。
篝火が点火される。
a0166196_16384185.jpg

しばらくして「遷座の儀」が始まる。
穴井宮司を先頭に神職一行が祓所へ入る。18時46分。
a0166196_16395950.jpg

ご来賓は祓所前に整列。
a0166196_16403612.jpg

静寂の中、祓所で神事。
a0166196_16411727.jpg

下宮へ向かう。玉砂利を踏む足音だけが木霊する。
a0166196_16415683.jpg

続いて勅使一行が祓所へ。
a0166196_16423817.jpg

祓所で神事。
a0166196_1643973.jpg

下宮へ。19時14分。
この後、カメラが不調に・・。
a0166196_16434946.jpg

40分ほど経ち、夜の帳もおりて、下宮での神事を終えた一行が下りて来た。 
小松明の明かりに誘導されて雅楽とともに神職の「おお~」と低く長く警蹕(けいひつ)が聞こえてくる。
(ここからスマホ画像 フラッシュ禁止です・・)
a0166196_1645551.jpg

ご神体をのせた神輿も順に下りてくる。参拝見学者より4拍手の参拝が連鎖する。
a0166196_16462035.jpg

300人ほどの行列もいよいよ最後の神輿が上宮へ上がっていく。
a0166196_16465854.jpg

一般参拝者はここまで・・  
20時10分、帰路につく。
一生一度しか見られない1時間20分ほどの遷宮祭でした。

明日(28日)は勅使が天皇からのお言葉を八幡神に伝える「奉幣の儀」が行われる。
by jinashi | 2015-05-28 16:48 | 国東半島あれこれ | Comments(6)

金敷城山を下山すると、まだ昼前。 そこでもうひと山・・。
背振山系の東端にあって、古代山城の遺構が残る基山へ登ろう。


 
 基山(きざん・404.5m)  ~分県登山ガイド・佐賀県の山5

鳥栖の「牧のうどん」でパワーチャージして基山へ向かう。
鳥栖筑紫野道路から見る基山。
a0166196_21225764.jpg

お手軽コースの草スキー場からのぼろう^^;
県300へ入り立派な伽藍の瀧光徳寺をすぎてくねくねと登れば草スキー場下の(基山山頂)駐車場に着く。

スタートは12時54分。ここの標高≒320m。
ペットボトル水1本のお身軽登山。気温も上がって暑くなってきた。
a0166196_2123527.jpg

子どもたちが草スキーを楽しそうに滑っている。
a0166196_21243540.jpg

史跡めぐりルートへ入る。
四阿の廻りにエゴの花筵が広がる・・・。
a0166196_21252636.jpg

前方に塔が見えてきた。
a0166196_21262163.jpg

祠のある山頂へ着く。13時10分。15分で登頂(^^)
手前に一等三角点と臼杵山岳の山名アルミ標識あり。
a0166196_21272035.jpg

「天智天皇欽迎之碑」~
7世紀後半、朝鮮半島では中国の唐と新羅(しらぎ)の連合軍が、百済(くだら)を滅ぼしました。その百済復興のため、日本は援軍を送る決断をしましたが大敗してしまいました。663年の白村江(はくすきのえ)の戦(たたかい)です。このため、唐と新羅の連合軍が国内に攻めてくるかもしれないという緊迫した情勢が生まれ、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、後の天智天皇(てんじてんのう)は、大宰府防衛施設の建造を急ぎました。こうして665年に築かれたのが基肄城です。百済高官の指導により築かれたこの朝鮮式山城は、大野城とともに我が国最古の山城といわれ、山全体の地形を使い周囲4キロに城壁を廻(めぐ)らす壮大なもので、今もその雄大さを感じることができます。(基山町HPより) 

a0166196_21281259.jpg

先端の展望所から見る基山、朝倉、日田方向。
a0166196_21285528.jpg

鳥栖、久留米方向。
a0166196_21295560.jpg

筑紫野、宝満山方向。
a0166196_21303571.jpg

史跡コースへ入る。翁さんの「白髪三千丈」。
a0166196_2131530.jpg

子だくさんのナルコユリ。
a0166196_21313575.jpg

日本史上最古国家築城遺跡石碑・・・。
a0166196_21321745.jpg

子ども達も下山開始。
a0166196_21331488.jpg

我等も下山開始。
a0166196_2134220.jpg

駐車場へ戻る。13時51分。 
背振山系最東の基山だが・・登って下って1時間ほど・・。
 ※基山=きやま(地名)、=きざん(山名)

帰路に立ち寄った大刀洗平和記念館。
a0166196_21343569.jpg

本物のゼロ戦に感動!
a0166196_2135234.jpg


  日本が戦に敗れたのは「先の大戦」と「663年・白村江の戦い」の2度、 「1592年・秀吉朝鮮出兵」もで3度か。
  もう繰り返してはいけない・・・


by jinashi | 2015-05-26 21:37 | 佐賀県の山歩き | Comments(9)

孫の運動会へ福岡に出かけたついでに・・巨石で知られる佐賀の金敷城山を登る。
誰彼のネットで見ていて、いつか登ってみたいと思っていた。

前日の運動会。昼ごろ僅かにぱらついた雨もおさまって無事終了。
a0166196_1854229.jpg

a0166196_186659.jpg


 金敷城山(かなしきじょうやま・425.5m)
  ~分県登山ガイド・佐賀県の山20

翌日は(数日前の)予報が外れ、朝からすっかり晴天に^^
佐賀大和インターからR263を北へ向かえばすぐに巨石パーク入口駐車場(無料)へ到着。(道の駅「大和そよかぜ館」の手前右)

出発は8時7分。ここの標高≒30m?
9時になるとゲートが解かれて上の駐車場まで行けるようだ。
a0166196_1873086.jpg

テイカカズラ
a0166196_188180.jpg

色づきはじめた・・
a0166196_18303335.jpg

ヤマボウシ
a0166196_18311291.jpg

スイカズラ(金銀花)
a0166196_18314550.jpg


a0166196_18321126.jpg

キキョウソウ
a0166196_18324848.jpg

9時オープンの案内所&トイレ。駐車料金300円?
a0166196_18332213.jpg

最後の駐車場から登山道へ入る。8時31分。
a0166196_18345537.jpg

擬木の階段を登る。
a0166196_18354841.jpg

自然林の急登をすすむと神頭石へ到着。8時46分。
長く眺めているとご先祖様の顔が見えてくるというが・・・
ここからつぎつぎと巨石が続く・・。
a0166196_18363014.jpg

道祖神石。
a0166196_18371683.jpg

兜石。
a0166196_183831.jpg

御船石。
a0166196_18384830.jpg

造化大明神。天地万物を造った神様石(男神石と女神石)で下を通れる。
a0166196_18395224.jpg

高さ10mの屏風石。
a0166196_18402924.jpg

子孫繁栄、夫婦和合、腹ごみの御利益があるという誕生石から下界を見下ろす。
山城なら見張り所だった?
a0166196_18411382.jpg

一段高いところにある烏帽子石。屋久島の天柱石を思い出す。
a0166196_18415548.jpg

すこし西へ歩いたところにある神籠石。
a0166196_18423922.jpg

天の岩門。天岩戸に似る?
a0166196_18432547.jpg

蛙石。カエルよりクジラか?
a0166196_18443057.jpg

ほかにもあったが省略。
17基あるという山腹の巨石群は肥前風土記に記されている世田姫という石神であるとされている。

電波反射板から尾根道へ。
a0166196_18451651.jpg

分岐を乙文殊宮方向へ進む。この先少し行った金敷城山分岐を左に入る。
a0166196_1846772.jpg

舗装林道へ出て再び山へ入る。
a0166196_1847273.jpg

樹木に囲まれた山頂へ到着。9時59分。
下から銃声のような音が繰り返し聞こえてくる。
a0166196_18475455.jpg

祠や三等三角点あり。石碑に彫られた漢字も風化して判別しづらい。
山名ルビは「かねしきじょうやま」となっている。
a0166196_18493135.jpg


先の分岐へ戻り、巨石ゾーンを下る。
ガイド付きの団体さん等とすれ違って駐車場へ下山。11時5分。
a0166196_1849862.jpg

朝鮮半島にも近く、山名から冶金を思わせる。
新緑の自然林の中、古代祭祀遺跡ともいわれる巨石群を巡り、歴史に触れる3時間の山旅でした。
3月に歩いた筑豊の岩石山に少し似ている!?  


(本日のGPS)
a0166196_1850851.jpg

a0166196_18502645.jpg

by jinashi | 2015-05-25 18:50 | 佐賀県の山歩き | Comments(8)

国東半島の古代仏教「六郷満山」寺院は三山方式と呼ばれている。
学問をする本山が八ヶ寺、修行をする中山が十ヶ寺、布教をする末山が十ヶ寺の三山二十八寺だ。それぞれの末寺を合せて平安末期の隆盛時には満山全体で六十五の寺に二千人の僧が修行をしたといわれる。

本山八ヶ寺のうち現存しているのは二ヶ寺で、吉水山霊亀寺は吉水山福昌寺として禅寺に、西叡山高山寺は天台寺院として復興され、船津大乗住職も居る。
残りの六ヶ寺のうち、後山金剛寺、大折山報恩寺、津波戸山水月寺、良薬山智恩寺、馬城山伝乗寺の五ヶ寺は廃寺もしくは伝説地として残っている。
最後の鞍懸山神宮寺はいちばん謎の多い本山本寺のようだ。

六郷満山本山本寺マップ~
 赤=鞍懸山神宮寺
  青=吉水山霊亀寺  黄=西叡山高山寺  緑=後山金剛寺  紫=大折山報恩寺
 黄緑=津波戸山水月寺  黒=良薬山智恩寺  桃色=馬城山伝乗寺


午後からみ仏ウオーキング打合せがあるので午前中に帰れる近くの山へ…
本山本寺八ヶ寺で唯一未訪となっている「謎の神宮寺」を訪ねて鞍懸山を登る。

 鞍懸山(くらがけやま・392m)  おおいたかくれ名山(豊後高田市の里山)

豊後高田市河内小学校の手前を右折して奥畑へ向かう。溜池横から狭い舗装路となり2kmほど進んだ奥畑集落で行き止まりとなり、少し手前の広場に駐車させてもらう。(近くの家へ駐車のお願いに行ったが不在のようでした)
横に「光現堂参道入り口」の看板がある。

集落奥へ向かう。8時19分。ここの標高≒120m。
a0166196_1550688.jpg

最奥から山道へ入る。
a0166196_15505812.jpg

墓地の下を進む。
a0166196_15514966.jpg

沢を渉る。
a0166196_15523498.jpg

最初の赤テープを発見。
a0166196_15532320.jpg

大ヤブへ突入。
a0166196_1554529.jpg

竹ヤブへ突入。
a0166196_15544284.jpg

ヒノキ林の急坂を登る。
a0166196_15555524.jpg

この先赤テープ不明となり、地図とナビを見ながら登る。
とりあえず尾根へ上がる。
a0166196_15564014.jpg

右手の広い展望岩へ上がると南に華岳(はながだけ・592.7m)が絶景だ。
a0166196_15571670.jpg

展望岩から鞍懸山山頂部を見る。左上部あたりか・・。
a0166196_1558060.jpg

ヤマツツジが歓迎してくれる。
a0166196_15583076.jpg

尾根伝いにトラバース気味に進むと赤テープを見つける。
山頂直下の急坂を立木に掴りながら登る。
a0166196_1559876.jpg

岩尾根へ飛び出す。
a0166196_15594696.jpg

尾根伝いに進んで・・
a0166196_1605167.jpg

山頂へ到着したぞ! 9時30分。
a0166196_1612434.jpg

豊嶺会の山頂標識がありました。
a0166196_1621655.jpg

360度の絶景です。
北の前方に霧笠山(369m)。その先うっすらと豊後高田の市街地が・・
a0166196_162505.jpg

西の津波戸山(529m)方向。左むこうに御許山と雲ヶ岳。
a0166196_1632163.jpg

東に西叡山(570.8m)。金水銀水窟は正面山腹あたりか?
a0166196_164333.jpg

ひと休みしたら下山開始。9時48分。
往路を戻る。
途中の赤テープ不明エリアは解決しないままに・・ヤブ漕ぎ里山も無事に下山。10時32分。
登って下って2時間10分ほど。
a0166196_165167.jpg


歴史を感じるゾーンには巡り合えなかったが、下山後すぐに出会った奥畑のおじいさんに聞くと鞍懸山神宮寺はやはりこのあたりにあったようだ。

地理的に見ても鞍懸山は津波戸山水月寺と西叡山高山寺の間にあり、宇佐神宮から国東へと華岳連山を通じて仏教文化が広がって行ったことが偲ばれる山域だった。

近く(豊後高田市佐野)にある同じ山名の鞍懸山(城)は戦国時代、田原宗亀の養子、親貫が大友家に叛乱し立て籠ったといわれる城山=佐野鞍懸城で、六郷満山寺院とはつながらない。

ここ奥畑の鞍懸山にも山城(奥畑鞍懸城)の遺構があるらしいが・・・判別できなかった。

? 
a0166196_166664.jpg


(本日のGPS)
a0166196_1671071.jpg

a0166196_1673689.jpg

by jinashi | 2015-05-18 16:08 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(10)

GWには大崩のアケボノツツジや由布山麓の怪人たち、そして仰烏帽子のヤマシャクヤクと花めぐりをしてきた。
すこし遅くなったようだが・・今日は石楠花へ出会いに犬ヶ岳を登ってみよう。
2006年5月の「シャクナゲ観賞登山会」以来となる耶馬渓相ノ原から登る。
山友ブログでは今年の石楠花はイマイチのようだ。

 犬ヶ岳(いぬがだけ・1130.9m)  九州百名山~3回目

今は中津市となった耶馬渓柿坂から県2号を津民谷へと入る。長岩城址や岩永小学校を過ぎてそのまま道なりに進むと登山口へ着く。

手前右に1~2台の駐車場所がある。
出発は8時44分。 ここの標高≒510m。
a0166196_21223177.jpg

手入れの行き届いた杉林の中を舗装林道(相ノ原毛谷村線)は緩やかに登っていく。
a0166196_2126377.jpg

荒れた林道となる。
a0166196_21265951.jpg

カキドオシ
a0166196_21272637.jpg

タニギキョウ?
a0166196_21275459.jpg

イワタバコの葉
a0166196_21283958.jpg

未舗装林道が掘割となる手前を右へ山道へ入る。9時29分。ここまで登山口から45分ほど。
a0166196_2130722.jpg

植林帯をジグザグに登ると自然林に変わる。9年前はこのあたりに石楠花苗木を植樹した。
a0166196_2131097.jpg

すぐ上の笈吊峠に上がると多くの登山者がひと休み中。ほとんどは豊前市求菩提山ウグイス谷を登ってきたようだ。
9年前は沢山の石楠花が迎えてくれたのだが、今日は僅かに見かけるのみ・・。
a0166196_21315532.jpg

ひと休みしたら左へと笈吊岩へ向かう。
9年前は2番から登ったので今回は1番から。
ほぼ垂直の岩場に取り付けられた長い鎖を見上げる。
気合を入れて、鎖にしがみつき、足場を探しながら・・下は見ない。 
なんとか登れた。ふう~ 年の差を感じる・・・。
a0166196_2133440.jpg

ママも少し楽な?2番岩場の鎖場を頑張って登ってきた。
二人ともやや苦戦しながら登れた。 
たぶん今回が最後だろう^^ (先に巻き道もあり)
オトコヨウゾメ
a0166196_21333470.jpg

ギンリョウソウ
a0166196_21341229.jpg

新緑の尾根を歩く。
a0166196_2135098.jpg

大日岳あたりに咲く石楠花。単発でぽつぽつと咲いている。
a0166196_21352857.jpg

a0166196_21355318.jpg

終わり前の花が多いが、蕾もすこしはある。
a0166196_2136248.jpg

北に求菩提山。
a0166196_21372794.jpg

山頂手前から来た方向(東)を振り返る。
左に経読岳、右に小屋ヶ岳。
a0166196_21381475.jpg

山頂下に新しいテーブルセット2か所に置かれている。
向う(南)は中摩殿畑山あたりか・・。
a0166196_22583680.jpg

山頂への急登をがんばる。
a0166196_21395828.jpg

3度目の登頂。11時19分。  登山口から2時間30分ほど。
a0166196_2254569.jpg

団体さんが上がって来るので・・すぐに下山して大日岳あたりの登山路脇で昼食タイム。
a0166196_21414595.jpg

下山路で多くの団体さんとすれ違う。今日は花より人が多い。
笈吊岩を安全策で巻き道を下りた先の笈吊峠にも多くの団体さんが・・。
a0166196_21425547.jpg

グングン下って無事に下山。13時14分。
登って下って4時間30分ほど。(休憩含む)
a0166196_21435736.jpg

石楠花はすこし遅かったのか・・? それとも裏年なのだろうか・・?
9年前に咲き誇っていた花はどこへ行ったのでしょうか?
Where have all the flowers gone? Long time passing・・・
また何時かきれいに咲いてくれることを祈りたいものです。 

(本日のGPS)
a0166196_21451540.jpg

a0166196_21454285.jpg

by jinashi | 2015-05-12 21:47 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(6)

5日は隣の103歳ばあちゃんの葬儀が行われ、無常組による早朝からの奉仕も夕方には終えてフリーになる。

翌日も天気は良さそうなのでバタバタと準備を済ませて出かける。
行先は五木村の仰烏帽子山。ネット情報ではヤマシャクヤクが見頃となっているようだ。

 仰烏帽子山(のけぼしやま・1301.7m)  九州百名山~2回目

小国から阿蘇外輪山へ出ると夕闇が押し迫る。松橋インターを出て、R3を南下し氷川町の道の駅「竜北」で車中泊。

翌朝早くに発ってR443から県25を五木村へ向かう。
五木村手前の元井谷橋を渡り、林道を登っていくと2012年7月の水害で土石流に覆われた第一登山口へ着く。
2009年3月には福寿草鑑賞でここから登った。
a0166196_124359.jpg

さらに林道をグングン登るとさっそく右手崖上に白いボールのように群れ咲くヤマシャクヤクを見る。
元井谷橋から標高差900mほど登って見晴らしの良い第2登山口へ到着。
本日一番乗り。
今年2月に復旧を終えてやっとここまで通られるようになったようだ。駐車場や仮設トイレも立派に整備されている。関係者のみなさんのおかげです。

準備をして出発。7時6分。ここの標高≒1090m。
今日は午前中晴れのいい天気となりそうだ。
a0166196_1244675.jpg

登山口傍に群れ咲くヤマシャクヤク。いきなりのクライマックスから始まる。
a0166196_1253199.jpg

a0166196_1261842.jpg

ルイヨウボタン(類葉牡丹)
a0166196_127135.jpg

鈍頂を越えてバイケイソウの森を緩やかに下る。
a0166196_1275118.jpg

前方左は1195.92mピーク(三角点名=仏石)、右手の一番高いところが仰烏帽子山頂か?
a0166196_1284283.jpg

ヒメレンゲ? タカネマンネングサかも?
a0166196_1291589.jpg

新緑の登山路を気持ちよく歩いて行く。
a0166196_1210594.jpg

三角点「仏石」手前分岐を仏石広場へ向かう。7時43分。
a0166196_1211573.jpg

鹿除けネット沿いに進んだあたりにも山シャクの群落はすごい・・・。
a0166196_12124392.jpg

東には市房山の山容も・・。
a0166196_12133439.jpg

このあたりはカルスト(石灰)の露岩が続き福寿草群生地でもあるようだ。
a0166196_12143259.jpg

急坂を下って仏石広場へ着く。8時13分。
6年前にここでたくさんの福寿草と出会ったことを思い出す。
a0166196_12152166.jpg

ひと休みして山頂へ向かう。
鎖場を登ったあたりから前回は登頂した仏石を見る。
a0166196_12161421.jpg

その先で第一登山口コースと合流したら左へと山頂へ向かう。
ザレ場をトラバース。
a0166196_12171385.jpg

カルスト岩穴の「風穴」に着く。8時43分。
手を入れると・・・もわ~と暖かな空気が溢れる。
a0166196_12182795.jpg

北東尾根を山頂へ向かう。
a0166196_12293591.jpg

あと5分の標識を過ぎると急登となる。山頂直下分岐の兎群石山へは前回行ったところ。
大岩が現われてひと登りで山頂だ。9時9分。
a0166196_123087.jpg

お地蔵さんにお参り。
a0166196_1231269.jpg

遠くは霞んでいるが・・・北から右回りにうっすらと普賢岳~市房山~白髪岳~韓国岳が望める。

画像ではわかりにくいが普賢岳や天草、手前の不知火海も何となく見えている。
a0166196_12313349.jpg

登って来たあたり・・。右奥にうっすらと市房山。
a0166196_1232427.jpg

白髪岳や韓国岳方向。
a0166196_12325863.jpg

鯉のぼりの付けられた標識で山頂写真。
a0166196_12431939.jpg

独り占めの山頂は風もなくおだやかで居心地が良い。
早めのランチタイム。
ゆったりと30分ほど休憩したら下山開始。9時41分。

山頂下にある地層。本来水平なものが隆起して90度傾いたのか?
a0166196_12335241.jpg

下山路では次々と登山者と出合う。
第1登山口分岐先から第2登山口へ向かう。10時18分。
a0166196_12345488.jpg

三角点仏石の北斜面を進むとこちらもヤマシャクヤクの群生地だ。まだ蕾も多い。
a0166196_12361147.jpg

福寿草の伸びた葉も多く見かける。
a0166196_12364998.jpg

ニリンソウ
a0166196_12373632.jpg

たくさんのヤマシャクヤクに見送られて第2登山口へ下山。11時18分。
下山タイムは1時間40分ほど。
駐車場は20台ほどの満車状態になっていた。
a0166196_12381298.jpg


山中で一際輝くお化粧ヤマシャクヤクを見つけました。
a0166196_12385593.jpg

a0166196_1239266.jpg

a0166196_12395376.jpg

圧巻はこちら・・・うわぁ~! 056.gif
a0166196_1241148.jpg

a0166196_12414499.jpg


(本日のGPS)
a0166196_12422773.jpg

a0166196_12425192.jpg



 帰路に立ち寄った「ラピュタの道」 

ジブリアニメの「天空の城ラピュタ」にちなんで「ラピュタの道」と呼ばれる様になったようだ。
阿蘇北外輪山ミルクロード周辺から牧草を運ぶための農道。
ミルクロード(県道339号)から下の阿蘇市黒川あたりの県道149号へ急下降する。
標高差は460mほどか・・。
a0166196_13184422.jpg

a0166196_13192023.jpg

この日も多くの観光客であふれていた。
a0166196_13195224.jpg

by jinashi | 2015-05-08 12:44 | 熊本県の山歩き | Comments(8)

GWは四国の石鎚~剣へ遠征・・・と思っていた。
天気予報を見ながら日程や交通順路などを調整していたところ、隣の103歳のばあちゃんが亡くなった。
子どものころから可愛がってくれたいいばあちゃんだった。

葬儀の前日には朝からの雨もあがり、時間もできたので由布山麓へ出かけた。

新緑の林床に広がるヤブレガサの群落
a0166196_10161616.jpg

エビネラン
a0166196_10173885.jpg

ヒトリシズカ
a0166196_101844.jpg

サルメンエビネ
a0166196_1018321.jpg

a0166196_1019489.jpg

怪人?の蕾・・
a0166196_101935100.jpg

株があちこちに広がっている
a0166196_10203373.jpg


途中でいーさん→そうだ!山に登ろうと遭遇。 相変わらずエネルギッシュに登っています!あの山この山!

堀田温泉ですっきりして帰路に・・
きれいな施設で入湯料210円。さすが、おんせん県おおいた!
by jinashi | 2015-05-07 10:28 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(8)