年明けからあれやこれやとあって大きな山は御無沙汰していたが、久しぶりに大崩山~鹿納山のロングコースを歩こう。
いまがアケボノツツジも見頃のようだ。

大崩山には2009年10月に上祝子登山口から登っている。
今回はママ連れなので宇土内谷より登る。そして余力があればあの鹿納坊主にもアタックしてみよう。

 大崩山(おおくえやま・1644m) 九州百名山~2回目
 鹿納山(かのうやま・1567m) 九州百名山~2回目

R218の槇峰から県214を鉾岳登山口のある上鹿川へ、さらに途中から未舗装となった狭い比叡山林道を注意深く走って宇土内谷登山口へ着いたのは夜の10時。槇峰から23Kmほど、ふぅ~・・・。
満天の星降る中で1台だけの車中泊。

早朝に準備をしていると宮崎からのご夫婦が到着してなんだか一安心。
モルゲンロートの日隠山(ひがくれやま)。今日も1日穏やかな晴天となりそうだ。
a0166196_2135457.jpg

二人の後を追うようにしてスタート。6時9分。ここの標高≒920m。
a0166196_21354325.jpg

荒れた林道を17分ほど歩いて左の登山道へ取り付く。
a0166196_21362822.jpg

植林帯の急坂をジグザグ登って尾根へ上がる。標高1250mあたり。
a0166196_22203588.jpg

まもなくアケボノツツジの群落が迎えてくれる。
朝日に照らされてやわらかく揺らめく。枯れ木?に桃色の花を咲かせて(・・花咲か爺さんを思い出す)青空に映えて実に美しい。
a0166196_21382697.jpg

a0166196_21392362.jpg

a0166196_21405543.jpg

標高が上がると左手アケボノツツジの向うに鹿納山が見えてくる。
a0166196_2141368.jpg

鹿納山分岐(標高≒1540m)のすこし手前あたり。
アケボノツツジはこのあたりの標高まで開花がすすんでいるようだ。
a0166196_21422926.jpg

鹿納山分岐をすぎて間もなく涌塚、坊主尾根からの上祝子メインコースに出会う。8時23分。ここからは前回に歩いたコース。
a0166196_21433059.jpg

フラットな道を進み、石塚を過ぎて山頂へ到着。8時33分。
レトロな字体の一等三角点へタッチ。
a0166196_21445360.jpg

山頂写真。
a0166196_22124261.jpg

山頂近くにケクロモジ。アケボノツツジも多いがまだ蕾の状態。
a0166196_21452132.jpg

馬酔木もいっぱい。
a0166196_214548100.jpg

石塚へ戻っておやつタイム。
左に木山内岳、その手前は湧塚あたり? 右に桑原山。
a0166196_21462366.jpg

左に五葉岳、右に夏木山、奥に傾山。
傾山の右にうっすら由布鶴見。左にうっすら九重連山。
a0166196_2147448.jpg

一休みしたらいよいよ・・・鹿納山へ向かう。
分岐から緩やかに下っていくと向うに見える鹿納坊主。
a0166196_21485056.jpg

登り返し。ママはいつものスローダウン。
a0166196_215018100.jpg

そして下る向うにまだまだ遠い鹿納坊主。
a0166196_21511681.jpg

そしてまたも登り・・鳥栖からの男性2人組と一緒になり花々に癒される。
ミツバツツジが鮮やか。
a0166196_21521743.jpg

アケボノツツジも多い。
a0166196_21525397.jpg

a0166196_21534989.jpg

さらに苦しい登りが続いてやっと鹿川林道分岐へ着く。11時34分。
a0166196_21551780.jpg

ママの足がオーバーヒート気味となったので・・・おにぎり昼食のあと、鹿納山ピストンは単独で挑戦する。出発は11時50分。
最初のピークから見る鹿納坊主。
a0166196_21562430.jpg

岩場やザレ場の厳しい登山路となる。
a0166196_21574236.jpg

次のピークから鹿納もだいぶ近づいてきた。
a0166196_21583293.jpg

下りたところが権七小屋谷分岐。傾~大崩山縦走路のテン場となるところ。
a0166196_21593236.jpg

岩壁をトラバースし、スズタケを潜って出ると鹿納の基部へ出て上部を見上げる。
a0166196_2202484.jpg

基部を巻いて山頂取り付きへ着く。ここへは5年前にブナの三叉路から歩いてきた。
a0166196_2211095.jpg

ザレた急坂をひと登りで・・2度目の登頂。12時26分。
狭い山頂は360度そそり立つ絶壁でゾクゾクする高度感がある。
三角の日隠山と右向こうに双耳の二つ岳。
a0166196_222613.jpg

5年前に歩いてきたコース。真ん中ピークは鹿納の野か、その向こうに祖母、障子岳・・・。
右ピークはブナの三叉路あたり。
a0166196_2231983.jpg

五葉岳のむこうに傾山。右奥は夏木山。
a0166196_2228498.jpg

左から木山内岳~大分百山を完登した桑原山。右に大崩山湧塚あたり。
一番右に見える岩峰は七日廻り岩か?
a0166196_2244462.jpg

休憩中の4人組の方に撮っていただいく。
a0166196_22131845.jpg

長居は無用・・。ザレ場を慎重に下りて来たコースを戻る。
権七小屋谷分岐あたりから足の疲れが出て、息も上がる。短い登りも休み休みとなる・・・。
繰り返すアップダウンにヘロヘロ状態でママの待つ鹿川林道分岐へ戻る。13時10分。
鹿納山への往復は1時間20分ほど。
鹿川林道へ下山開始。これからは下りのみ。こちらもアケボノツツジやミツバツツジで明るい尾根です。
a0166196_2255916.jpg

50分ほどで林道終点?の鹿納山登山口へ下山する。13時11分。
先に下山した3人組が五ヶ瀬川源流・西の内川でおみ足をアイシング中。
ここから災害で何カ所も寸断された鹿川林道(比叡山林道?)を歩く。
a0166196_2271197.jpg

川原を渡る。
a0166196_228456.jpg

左にナメ滝が、右下にナメ川原が・・。
a0166196_229451.jpg

a0166196_2294990.jpg

先ほどの3人組は軽トラタクシー?を呼んだようだ。
a0166196_22104495.jpg

1時間25分の林道歩きで朝の登山口へ無事周回下山。15時36分。
a0166196_221266.jpg

久々に長距離で、そしてアップダウンのある厳しいコースを歩いた。
足腰にダメージを感じるが、天気に恵まれ、たくさんの感動をもらったすばらしいコースでした。

(本日のGPS)
a0166196_2214442.jpg

a0166196_22143139.jpg


帰路は槇峰から日之影~杉ケ越~宇目~三重~大分と、統一地方選第二弾の結果などカーラジオを聞きながらのロングドライブで、21時過ぎに帰着となる。
by jinashi | 2015-04-27 23:00 | 宮崎県の山歩き | Comments(21)

国東半島北部の国見町山間部あたりは岩峰そそりたつ急峻な山が多く、かつては修験者が修行した遺構もあちこちに残っている。また、そこにはすばらしい景観が楽しめるポイントも多くある。

一昨年より始まった国東半島峯道ロングトレイルにもトレッカーが多く訪れるようになってきた。
そこでトレイルコースや周辺に7つのビューポイントを選び、そこへ記念スタンプを設置し、5月の1か月間記念スタンプラリーを実施することとした。

7つのビューポイントは ~
千燈岳、五辻不動、旧千燈寺奥の院岩場、大不動岩屋、鷲巣岳、高岩、一望岩の7カ所だ。

ビューポイントラリー表面
a0166196_12105015.jpg

裏面台紙
a0166196_12112589.jpg

ラリー台紙やスタンプなどの一式をビューポイントへ設置に出かけた。
エコツアーガイドのみなさん。 ここは夷谷などの絶景が楽しめる高岩。
a0166196_10395042.jpg

コンテナーには観光パンフなども入っています。
a0166196_10423464.jpg

高岩から一望岩まで縦走路の清掃も行った。枯れた雑木を切り歩きやすくする。
a0166196_10432661.jpg

一望岩でも記念のショット。
a0166196_1044457.jpg

山々は新緑に包まれ、トレッキングにいい季節になってきました。
5月中には国東半島の自然や歴史遺産を巡りながら是非ラリーに挑戦してみてください。参加賞や抽選でお楽しみ景品も用意しています。

7ポイントは天気の良い日にゆっくり2日あれば廻れるでしょう。

by jinashi | 2015-04-25 12:14 | 国東半島あれこれ | Comments(2)

玖珠町の町花「れんげつつじ」については地元農業高校の生徒が保全活動をしているのを去年新聞で見て知る。
5月上旬~中旬が見ごろのようで、まだ早いかなとは思ったが辻本さん・大分の山登山記~大石山を見て出かけた。

今日は一日雨マーク。ママは地区行事のため独り登山。

 大石山(おおいしやま・587.8m)  ~玖珠町の里山 

玖珠町へ入るとぱらついていた雨も止んだようだ。
玖珠町中心部から県43で大分道を潜り下綾垣へ入ると「れんげつつじ群落」看板を見る。
a0166196_21472945.jpg

分岐ごとの矢印に導かれて林道?へ入る。ゲート(セルフ開閉)を通って溜池土手を上がると「綾垣れんげつつじの里」に着く。古くさびれた案内板がある。
a0166196_21535057.jpg

公園全体は駐車場や遊歩道も判別できないほど荒れた感じだ。
道なりに?進むとふれあい広場に出て奥に駐車する。
a0166196_21541836.jpg

穴井オレンジ標識「大石山登山口」から作業道へ入る。
ここの標高≒480m。10時57分。
a0166196_21551043.jpg

舗装道からダートとなり道なりに進む。
a0166196_21555852.jpg

左へヘアピンカーブした先の右手に赤テープがあり尾根筋に上がる。
a0166196_21565989.jpg

ほぼフラットな尾根を桧の小枝を手で避けて進むと四等三角点大石山山頂へ着く。11時17分。広場から20分ほど。
北側がズンと切れ落ちている。
a0166196_2214583.jpg

往路を両サイドにれんげつつじを探しながら戻る。
広場の手前に東屋を見て群生地あたりを探してみる。植樹した跡を見るが・・まだ葉も見当たらず・・れんげつつじは見つからない。
a0166196_220060.jpg

広場へ戻る。11時41分。
a0166196_2204929.jpg


このままで帰るのも悔しい・・・。大分の山登山記~天道山をスマホ片手に再挑戦。
 
 天道山(てんどうやま・577m)  ~玖珠町の里山

玖珠塚脇からR210を行き、北山田駅先から右折し、久大線を越え、大分道を潜ると前方に天道山らしきが見える。右のアンテナ山は牧の原台か。
a0166196_2213490.jpg

キジ車公園のある大野原簡易郵便局から県48を右へ行き、草の入江バス停先から右の旧道へ入り、清田川集落へ入る。
道なりに進むと牧草地となり、セルフ開閉ゲートを越えて進むとモーさんが検問中?で・・やっと道を開けてくれた。
a0166196_22135072.jpg

その先、つづら折りを登り上がった辺りの脇に駐車する。
a0166196_22143348.jpg

作業道を入る。13時13分。ここの標高≒550m。
a0166196_22153459.jpg

すぐの右手にれんげつつじの蕾(らしき)を発見。
a0166196_2216196.jpg

a0166196_22162617.jpg

道なりに進みゆるやかに登り上がったところから左へと山頂部に向う。
a0166196_22174117.jpg

TVアンテナの建つあたりが山頂?。標識などない。13時23分。むこうは牧の原台(二等三角点・621.1m)だろう。
a0166196_22182157.jpg

ここから駐車したあたりへまっすぐ下りてみる。
山帰来の花は見るがれんげつつじは見当たらない。
a0166196_22185569.jpg

これもれんげつつじの蕾か?
a0166196_22192481.jpg

a0166196_22205244.jpg

あたりの草むらにハルリンドウの群落が・・・。
a0166196_22195961.jpg

車へ戻る。13時38分。
a0166196_9242275.jpg

牧の原台方向へすこし先まで行ってみる。
牛馬の神様「豊前坊」祠がありました。
a0166196_2221365.jpg

麓の清田川集落を見下ろす。
a0166196_2222920.jpg

レンゲツツジは、下毛郡山国町槻木藤原から玖珠町の池の原に至る丘陵一帯に、かつて群生地が続いていた。清田川の群落はその一部で、標高570~621メートルの牧ノ平台地一帯が指定されている。
レンゲツツジは、ツツジ科の落葉低木で高原などによく群生し、花は5月上旬から中旬にかけて見ごろである。色は朱橙色や黄色と色彩豊かで、落花の途中に花びらがオシベ・メシベにひっかかり、ぶらりと下がる姿から、地元では「つりがねつつじ」ともいわれている。
昭和46年(1971年)には原野火災のため、指定当時に比べ、かなりの株数が減少している。現在では地元の方により苗木の増殖がなされている。 レンゲツツジは、玖珠町の「町花」である。
(玖珠町HPより)


いつかまた再挑戦せねば・・・・
帰ってマップを見たら大石山と天道山はすぐ近くだった^^; (ナビの電池が消耗していた・・)

 大石山&天道山マップ (赤~大石山、青~天道山)




 由布山麓春野花めぐり

帰路に由布山麓に立ち寄りました。
野焼きのあとの末黒野一面に咲く黄スミレ
a0166196_22234610.jpg

エヒメアヤメも間もなく・・・
a0166196_22241661.jpg

a0166196_22243958.jpg

もう開きました^^;
a0166196_222589.jpg

イチリンソウ? ニリンソウ?
a0166196_22253712.jpg

サクラソウの大群落に圧倒される
a0166196_2258080.jpg

丸く花咲きます
a0166196_22261077.jpg

まだまだこれから咲きそうです
a0166196_222744.jpg

by jinashi | 2015-04-20 22:27 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(4)

天気も良いので午後からふらっと抜け出して近くの山へ・・・
ずいぶん前から宿題になっていた尾群山を登ろう。
うさぎ&かめのタカちゃんに電話してざっとコースを聞く。あとはナビと地形図が頼り・・・。

尾群山(おむれやま・413.7m) ~大分かくれ名山(豊後高田市の里山)

香々地見目から広域農道グリーンロードへ入り、夷へ向かう途中から見る双耳の尾群山。別名、前田富士とも言われている。
 (尾群山東峰を有寺山といい、別名前田富士というらしい=2015年5月7日~合同新聞夕刊「大分のかくれた名山たち」より)  
左は尻付山。
a0166196_12414483.jpg

夷の前田からふるさと林道小畑~山畑線へ入り臼野山畑のロングトレイルT4コース堂園取り付きへ向かう。
途中の峠で・・以前から気になっていた小畑稲荷社へ立ち寄る。
a0166196_12422969.jpg

ひと登りして三鳥居を潜ると立派な祠が見えた。大正13年建立の市指定文化財。香々地小畑地区の人たちにより大切に守られているようだ。
a0166196_12431839.jpg

稲荷社入口から少し行った先で山畑・T4コースと出会う。何度も歩いたところ。


近くに駐車してT4コース堂園取り付きから山へ入る。
ここの標高≒210m。13時47分。
a0166196_12441235.jpg

トレイルコースの荒れた竹林を抜ける。
a0166196_1245549.jpg

分岐はまっすぐ作業道を進む。左へは夷の堂園へT4コース。
a0166196_12463344.jpg

歩き始めて10分で尾群山の山腹に取り付く。黄色のテープが上に続いている。
a0166196_12471978.jpg

ザレ場もある急登をゆっくりと進んで支尾根へ上がる。
a0166196_1248132.jpg

急登をひと登りすると東西に長い山頂へ着く。14時15分。
a0166196_12492039.jpg

四等三角点と豊嶺会の「小牟礼山」山頂標識がある。国土地理院では4等三角点「尾群・413.65m」となっていて、以前から呼んでいたので尾群山とする。
a0166196_12501725.jpg

南北は切り立った感じの山頂から南に尻付山を見る。
a0166196_12511142.jpg

山頂に咲くフデリンドウ
a0166196_1252742.jpg

山頂写真
a0166196_1253943.jpg

「三角点刻印は柱の南面にある」とnatsucocoさんブログで見たので確認してみる。 うん、やはり・・ほぼ南向きだ!
a0166196_12535473.jpg

ひと休みしたら東峰(有寺山)へ向かう。尾根を東に下っていく。ここから赤テープをたどる。
a0166196_1254535.jpg

最低鞍部あたり。
a0166196_12554664.jpg

標高差50mほどの急坂を登り返して東峰(有寺山)へ上がる。14時42分。
山頂標識などないのでストックを立てる。
a0166196_12564093.jpg

標高は420mほどか?先の尾群山より少し高い。樹木で視界は弱い。東峰(有寺山)には夷の西狩場と黒土の間の峠からも登れるようだ。
何もないのでケルンをつくる。その向こうが尾群山。
a0166196_1258671.jpg

すぐに下山。往路を戻る。
鞍部辺りは新百姓山あたりのいい雰囲気でした。
a0166196_130419.jpg

山畑のふるさと林道T4取り付きには15時17分に下山。
a0166196_1259484.jpg

登って下って1時間30分の里山探検登山でした。

場所はここ~

(GPSマップ)
a0166196_1323051.jpg

a0166196_1324541.jpg


帰路に異相(キリシタン)庚申塔といわれている石造走水庚申塔へ立ち寄る。数年前に台風で?脇石が倒れていたのが元通り修復されていました。
a0166196_1313978.jpg



2015年5月7日の大分合同新聞夕刊「大分のかくれた名山たち」では、このブログで東峰と呼んだピークは有寺山(うてらやま=前田富士・420m)とありましたので併記しました。

by jinashi | 2015-04-18 13:02 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)

結婚式があった夜は姉夫婦たちとエンターテイメントショー「ロック・ア・フラ」へ出かけた。スーパースターそっくりさんによるロックンロールやフラダンスショーを楽しむ。
a0166196_14534384.jpg

a0166196_14541262.jpg



翌日、パールハーバー観光へ。
入口で手荷物を預け(カメラ、財布などのみ持参可)、戦艦ミズーリの入場券を買う。
a0166196_1455430.jpg

真珠湾攻撃があったあたり・・。 
a0166196_15315939.jpg

バスに乗って島へ渡り戦艦ミズーリへ。
a0166196_154830.jpg

日本人ガイドkoichiさんの案内で甲板を巡る。
全長:270.4M/幅:33M/高さ:63.9M /重量:5万8000トン・・・
16インチ主砲は、重さ1.2トン以上の砲弾を37km先まで飛ばせた・・・
a0166196_1543574.jpg

我が郷土の偉人、重光葵(まもる)外務大臣が東京湾に停泊したミズーリ艦で政府全権として降伏文書に署名した際の甲板の場所・・・。
a0166196_155465.jpg

多くの艦兵が見守る中での署名の様子。
a0166196_1554051.jpg

撃沈された戦艦アリゾナの上にあるアリゾナ記念館が見える。いまでも海底に沈む船体から油が漏れ出ているという。
a0166196_1571756.jpg



帰りにモアナルアガーデンへ立ち寄る。
そこにあるのは・・・「♪この木何の木気になる木~」とつい口ずさんでしまう日立の樹。
a0166196_1582566.jpg

樹齢約130年、幹回り7m、樹高 25m、枝幅40m・・・モンキーポッド(アメリカネムノキ)といわれる常緑高木。ほとんどは日本人観光客。
a0166196_1591067.jpg



オリオリトロリーをフラリと降りてワイキキ水族館へ・・  ハワイ固有の海洋生物を見学。
a0166196_151076.jpg

フォトスポットで停まって撮ってくれたり、歌をうたったりとトロリーの陽気な女性ドライバーでした。
a0166196_15195045.jpg

クジラのような山は・・オアフ島南東部あたり。
a0166196_15202816.jpg

ロイヤルハワイアンセンター中庭では現地先生によるフラダンス無料?講習会?が・・・ 生徒の多くは日本人女性?
a0166196_15211362.jpg



4日間楽しんだハワイともお別れ。
ホノルル発デルタ599便は(ハワイ時間の)10日13時40分に離陸。
 さよならハワイ!!
a0166196_152331.jpg

10時間ほどのフライトで、福岡空港へ無事着陸は(日本時間の)11日18時45分。
行きで得した一日は一気に過ぎ去ってしまった・・・

  ~ 以上でハワイの旅レポは終わり!
by jinashi | 2015-04-15 15:27 | ハワイ旅行 | Comments(12)

いよいよ今日は娘の結婚式。
兄二人の末っ子で、読書が好きで家にいることが多く、すこし内気な娘だが・・・縁あってやっと嫁に行くこととなった。

朝、ロイヤルハワイアンホテルへ集合し、2人の後を式場に向かう。
a0166196_21215169.jpg


車で40分ほど走って式場の「セント・カタリナ・シーサイドチャペル」へ着く。
a0166196_21224095.jpg


左腕を娘と組んで、緊張しながらバージンロードを歩く。初めての体験。
女性独唱のアベマリア、ハワイアンウエッディングソングが流れるなか、小さかった頃の昔を思い出したりして・・・     

無事に式も終了。
a0166196_21233434.jpg


新しい生活では一歩踏み出して積極的に生きてほしいと思う。そうしていろんな人との出会いに恵まれ、充実した人生であってほしいものだ。
a0166196_21242539.jpg

by jinashi | 2015-04-13 21:26 | うれしいこと | Comments(6)

ホテル近くのバス停から7時5分のオリオリトロリーでダイヤモンドヘッド登山に出かける。

トロリーは外輪山のトンネルへ入る。
a0166196_1522854.jpg

外輪山の中へ入ると正面に山頂部を望む。
ダイヤモンドヘッドは死火山で、クレーターの直径1.2Km、外輪山の一番高い部分(山頂)は標高232m。
a0166196_1531719.jpg

トロリーバスは25分ほどでクレーター内の登山口へ到着。入口で入園料1人1ドルを支払う。
a0166196_1534820.jpg

駐車場先から舗装路を進む。登る人たちと早くも下る人たちと。子どもや太めの人たちも・・・。
a0166196_154221.jpg

「落石注意」の看板が続き、ジグザグの山道を登って行く。外輪山の壁を登る登山道は1908年に造られたらしい。
a0166196_1551237.jpg

山頂が見えてきた。
a0166196_1561223.jpg

急な階段の先から長さ50mほどの小さなトンネルに入る。
a0166196_1565697.jpg

かつてこの山頂部は軍事要塞だったようだ。
a0166196_1574055.jpg

山頂直下の急階段を登って行く。
a0166196_1581767.jpg

登り始めて30分ほどで山頂展望所に上がり着く。ワイキキビーチと高層ホテル群が絵葉書のような絶景だ。
a0166196_1585470.jpg

各国入り乱れてインターナショナルな山頂。日本人も多い。
入ってはいけない先にも外人さんが・・・。
a0166196_1594540.jpg

すぐ下は高級住宅地。海の色も良い。
a0166196_15102951.jpg

初めての外国山頂写真。
a0166196_15145966.jpg

下山開始。クレーターが良くわかる。登山口やトンネルも見えている。
a0166196_1511586.jpg

25分ほどで下山。入園ゲートへ戻る。
もっと高い山だと思っていたが・・・登る高さ≒170mほどのピクニック登山でした。
a0166196_15115425.jpg

帰りは外輪山を出たら・・ホテルまで歩いて戻る。
海岸に近いこの広い公園はホノルルマラソンの会場らしい。野外ステージでは高校生のブラスバンドコンテストが行われていた。
a0166196_15131022.jpg

ワイキキビーチでセグウエイ(電動立ち乗り二輪車)を楽しむ人たち。
a0166196_15135048.jpg

ワイキキビーチとホテル群。
ピンク色のホテルはワイキキで2番目に古いロイヤルハワイアン。
a0166196_15142471.jpg


いよいよ明日は娘の結婚式だ。
by jinashi | 2015-04-12 15:15 | ダイヤモンドヘッド | Comments(2)

娘の結婚式でハワイに出かけた。

長男ファミリー、姉夫婦と私たちの8名は福岡空港21時5分発デルタ598便に乗り込む。
初めてのハワイ、そして日本から東へ向かうのも初めてだ。
a0166196_14455226.jpg

約8時間のフライトで、ホノルル到着はハワイ時間の6日10時。
日本との時差は19時間でほぼ1日得した気分だ。
ただし機内座席が倒れず睡眠不足気味の中、長男が入国審査でひっかかり?ワシントン照会チェックのため1時間以上別室待機?させられるというハプニングも。
a0166196_1446289.jpg

チェックインを済ませてJTBオリオリスカイウエーブ2階バスに乗る。
(オリオリ=ハッピー、愉快ななどの意味のようです)
メインストリートのカラカウア通りへ。気温は27℃ほど、意外と涼しい。
a0166196_1447467.jpg

ここがあのワイキキビーチ。
a0166196_14474918.jpg

あす登るダイヤモンドヘッドはビューポイントより。思ったより低山。
a0166196_14482744.jpg

30分ほどでオリオリバス周回を終える。
夜はみんなでホテル近くのワイキキビーチウオーク通りへ食事に。
a0166196_14485929.jpg

by jinashi | 2015-04-12 14:55 | ハワイ旅行 | Comments(0)

今日の予報では一日雨のはずだが・・朝から曇り空でレーダーナウキャストをのぞくとこのあと雨雲も九州を抜けて行きそうだ。
すでに散り始めたようだが豊前市「才尾の一本桜」の花見がてらに平尾台へ出かけてみよう。山友ブログではオキナグサも咲きはじめたようだ。

自宅を出たのは9時前。まずは豊前の大桜に出合いに。
ネット情報によりナビに入力し、豊前市のR10千束交差点を左折して求菩提山へむかう。才尾集落から山へ入り古賀牧場への狭い舗装路を上っていくとおばあちゃんから「すこし上がったところのログハウスへ停められるよ」と教えてくれた。
おばあちゃんはそのログハウス(と牧場)のオーナーでした。
花の咲いた時の写真などとても親切に見せていただきました。
a0166196_22102437.jpg

舗装路をすすんだ先に一本桜はある。
残念ながらすでに葉桜となっていた。樹齢100年以上、幹周り4.5mの山桜で、阿蘇の「一心行の大桜」とおなじ種類か?
丘の上の見晴らしの良いところに立っている。
a0166196_2211135.jpg

いつかまた満開の時に見に来たいものだ。

R10に出て平尾台へ。
茶ケ床園地に着くと「あれ、見たことある・・・俊ちゃんだ!」とママが発見。
信ちゃん&俊ちゃんとは久々(去年10月の平尾台以来)のご対面でした。
お花情報を教えてもらったりお接待を頂いたりと・・・いつも何かとありがとうございます。

 平尾台 ~12回目 
 貫山(711.7m) ~九州百名山・3回目

駐車場からほぼ散り終えた桜の下へ入る。12時35分。標高≒430.
a0166196_22134668.jpg

中峠手前で出会ったおじさんから「貫山に肥後スミレが咲いているよ」と教えてもらったので行ってみることにする。
中峠から四方台へ向かう。
野焼きの後はいろいろ見える。
広谷湿原寄りの周防台山腹にまとまったカルスト群を発見。
a0166196_22141688.jpg

カルスト台地のあちこちに通り道(狸道)があるのが良くわかる。
a0166196_2215353.jpg

四方台に近づくとガスに覆われてきた。風も強い。
a0166196_22153932.jpg

林道を横切り貫山への急登を行く。最初に来た時、この坂をあえぎながら登ったことを思い出す。
a0166196_22161615.jpg

3度目の山頂写真。13時48分。肥後スミレはどこに??
a0166196_2217635.jpg

同時に山頂に着いた地元小倉南区貫の「くろちゃん」さんと一緒になる。最近はくじゅう山などをせっせと歩かれているようでした。またどこかでお会いできれば良いですね。

四方台から下って行き、分岐を岩山へ向かう。
a0166196_22174059.jpg

岩山手前から四方台方向を振り返る。青空も見えてくる。
a0166196_22181362.jpg

岩山(549m)の風裏で小昼タイム。14時35分。
a0166196_22184638.jpg

岩山下から羊群原の九州自然歩道へ入り分岐を左へ。
a0166196_22192778.jpg

周回を終えて茶ヶ床園地にゴールイン。15時20分。
a0166196_22201418.jpg


?スミレ
a0166196_22204169.jpg

?スミレ
a0166196_2221593.jpg

フデリンドウ
a0166196_22213498.jpg

センボンヤリ
a0166196_22215882.jpg

オキナグサ(泥を浴びてかわいそう)
a0166196_22222748.jpg

a0166196_22225865.jpg

ヒトリシズカ
a0166196_22232597.jpg


(GPSマップ)
a0166196_22323746.jpg

a0166196_22251210.jpg



明日から末っ子(長女)の結婚式でハワイに出かけます。
ダイアモンドヘッド登山も楽しみです^^
1週間ほどブログもお休みします・・・




by jinashi | 2015-04-05 22:25 | 福岡県の山歩き | Comments(10)