春の使者に出合いにくじゅうへ出かけた。・・・昨年の暮れ以来だ。
まずは、黒岩山のマンサク詣でに。
牧ノ戸に着いて、登山路沿いの東屋で遅い昼食となる。

 黒岩山(1502.8m)  大分百山・5回目

出発は14時11分。東屋の標高≒1350m。
今日は春爛漫のいい天気となる。
a0166196_1352139.jpg

標高差150mほどの急坂に取り付く。
途中で振り返って阿蘇の噴煙を見る。涅槃の「へそが茶を沸かしている」といわれているらしい。
a0166196_1355084.jpg

「吠える石」というようです。勾配が緩んだあたりの右手にある。
a0166196_1363256.jpg

黒岩山頂を女性が一人征服中。
a0166196_1371235.jpg

とりあえず山頂写真。14時53分。
a0166196_13101478.jpg

山頂周辺にあるマンサクは、ポツリポツリと咲いて淋しい感じ。
a0166196_1373629.jpg

牧ノ戸近くの沓掛山腹も少なかったが・・・ 
まだ早いのか?それとも裏作?
a0166196_138090.jpg

この辺りから望むくじゅう連山が絶景。
a0166196_1391388.jpg

馬酔木もやっと開花宣言。
a0166196_1394124.jpg

牧ノ戸へ到着。15時31分。
登って下って1時間20分のショートトレッキングでした。

(GPSマップ)
a0166196_131049100.jpg

a0166196_13111512.jpg



男池へ~

男池へ向かう途中、タデ原で写生中を絵に・・。
a0166196_13121140.jpg

男池の春の使者に今年も出会えました。
ユキワリイチゲ
a0166196_13124399.jpg

a0166196_13131127.jpg

アズマイチゲ
a0166196_1313428.jpg

a0166196_131498.jpg

ハルトラノオ
a0166196_13144180.jpg


由布山麓へ~  こちらも密かに開いていました。
フクジュソウ
a0166196_13153438.jpg

a0166196_1316389.jpg

a0166196_13163170.jpg


遅くに出かけてあわただしいくじゅうトレッキングでしたが、今年もマンサク、イチゲ、フクジュソウと三麗人に出合えました(^^)

追伸:このブログアップをしていると英国から故郷に帰ってきたichihimeさん→ichihime英国日記が訪ねてきてくれました^^ 2年ぶり? 娘さんにも会いたかったなぁ・・。
by jinashi | 2015-03-31 13:19 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(6)

国東市くにみグリーンツーリズム研究会では、都市部の人々に田舎暮らしを楽しんでもらいながら交流を深める農村民泊の受け入れを行なっている。

研究会のT会長さんより言われて、農泊の受け入れをしている会員のおとうさんたちを国東半島峯道ロングトレイルK1コースへ案内した。

天気は快晴。やや寒いがこのくらいがトレッキングにちょうど良い。
8時50分に夷農村公園Pを出発。

霊仙寺~実相院~六所神社へ。実相院青山先生からおかしの差し入れを頂きました。(感謝)
後野越で一休みしたら一望岩へ上がる。
中山仙境など前に広がる夷谷の絶景に歓声が・・・。
a0166196_140845.jpg

西方寺割石を(いつまでも元気で酒が飲めるよう?)念じながら通る。
a0166196_141068.jpg

西方寺地区では今が盛りのミツマタがお出迎え。先の林道沿いには大群落もある。
a0166196_1414021.jpg

キジョラン(鬼女蘭)の葉に幼虫を発見。アサギマダラの幼虫か?アサギマダラは丸く穴をあけて食べるようだがこの幼虫は葉の表面を食べているようだ。さて、なんでしょう?
a0166196_143135.jpg

阿弥陀越展望所で昼食のあと、大不動岩屋へ下って行く。
今やコースの人気スポットとなった大不動岩屋からそそり立つ岩峰を見上げる。
a0166196_1434255.jpg

尻付岩屋へ出る。
a0166196_1442387.jpg

この先、会員で千燈区長Hさんに案内で「ふうてんさま」を探訪する。
旧千燈寺へ行く途中の廃屋となった(中学校同級生)Kさん家から山へはいる。この家では3年前の国東半島アートプロジェクトでは飴屋法水さん、朝吹真理子さんによるアートパフォーマンスが行われた。
a0166196_1452760.jpg

小川を渉ったところにある金毘羅社鳥居。天保2年の銘がくっきり刻まれている。
a0166196_1461187.jpg

鳥居から少し登ったところにある金毘羅社。
a0166196_1472569.jpg

その先にも祠がある。何の神様か?
a0166196_1483914.jpg

急坂の尾根を登る。
a0166196_14101364.jpg

丸い広場の頂上部へ到着。「龍田神社」の祠がある。ここが「ふうてんさま」?=「風天様」なのだろう。
龍は八大龍王で雨乞いの神様か?千燈寺前にも龍神社があるのは?
H区長さんによると、千灯、野田両地区合同で毎年9月に祭祀を執り行っているようだ。
a0166196_1411985.jpg

伊美谷を望む。
a0166196_14115023.jpg

五辻不動尊の不動山を仰ぎ見る。
a0166196_14122925.jpg

龍田神社の前で記念写真。
a0166196_14131891.jpg

千燈寺へ戻る途中に土筆坊の大行列。
a0166196_14135433.jpg

15時に千燈寺へゴールイン。
みなさんお疲れさまでした。
T会長のお話では、韓国から農泊&トレッキングツアー受け入れの話もあるようで・・・実現すると良いですね。
そうすると農泊会員、ガイドにはハングルの勉強が必要になってきますね。

(GPSマップ)
a0166196_14143321.jpg

a0166196_14145061.jpg

by jinashi | 2015-03-26 14:16 | 国東半島あれこれ | Comments(11)

先週、日田のUさんと探訪した福岡県東峰村岩屋神社の玄海ツツジはまだ蕾だった。
玄海ツツジは九州北部、対馬それに朝鮮半島に分布、山地の岩場に生え、高さは2~4メートル、葉は楕円形で、両面に粗毛が生えている。3月から4月ごろ、葉の展開前に淡紅色から紅紫色の花を咲かせる。(植物図鑑weblio辞書)

辻本さんHP・大分の山登山記によると国東半島の田原山にも玄海ツツジが咲くようだ。大分県では唯一の自生地か?
近所の秋葉社春祭準備のあと、彼岸の墓参りを済ませてその田原山へまだ見ぬ玄海ツツジを探しに出かける


 田原山(たわらやま・542m) 九州百名山・大分百山  4回目

今日は春霞とPM2.5、もしかしたら黄砂も?
杵築市大田から見るホワイトアウト状態の田原山。
a0166196_1652261.jpg

駐車場で下山したばかりの若い3人組にツツジの咲き具合を聞くが…気が付かなかったようだ。
水だけ持って軽装でスタート。12時35分。ここの標高≒300m。
a0166196_1653089.jpg

アオキのトンネルを行く。
a0166196_16534984.jpg

伐採地へ出る。 新たな植林はされていないようだ。
a0166196_16543815.jpg

いつもは下ってくるところから今日は逆コースを歩いてみよう。
a0166196_16552645.jpg

尾根に上がると厳しい岩場の急登が続く。振り返ったむこうに駐車場も見える。
a0166196_1656292.jpg

「見返り岩」では宇佐のご夫婦が昼休み中。
「熊野磨崖仏」分岐を過ぎてヤセ尾根へ上がる。
a0166196_16563743.jpg

「無名岩」から急坂を下った先の岩崖にイワギリソウの若葉がたくさん自生している。6月には紅紫色の可憐な花をつけることだろう。
a0166196_16583371.jpg

「囲観音」分岐を過ぎて玄海ツツジを探しながらアップダウンのヤセ尾根を行く。
a0166196_16591391.jpg

「股覗き岩」手前の下部に一花を発見。(ズーム)
a0166196_16593516.jpg

このあたりに4~5株あるがあとはまだ蕾。来週頃から見頃かな?
a0166196_1659589.jpg

a0166196_1702121.jpg

a0166196_1704080.jpg

「股覗き岩」から見る「太陽石」はどれでしょう?
a0166196_1711033.jpg

このコース最難関のヨコバイ&タテバイ?を慎重に下りる。
a0166196_172594.jpg

山頂の八方岳、大観峰はパスして雫石(しずくいし)へと下りる。
a0166196_1725954.jpg

下山路にタチツボスミレの群落。
a0166196_1743012.jpg

14時23分に下山。ゆっくり周回して2時間弱。 
玄海ツツジはこちらも未だ早かったようだ。

今回初めての逆コースは新鮮な感じでした。
この山は何度来てもスリリングで緊張するが、安全を確認しながら歩くと素晴らしい展望や花々を楽しめます。

(GPSマップ)
a0166196_17114378.jpg

a0166196_17115958.jpg

by jinashi | 2015-03-23 17:12 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(8)

日田のUさんと予定した仰烏帽子山は雨の予報でお流れに。これで2回目。今年は福寿草に縁がないようだ・・・。
こんな日でも…Uさんお勧めポイントに連れてってくれることになり、長靴&傘を積んで出かける。
日田へ向かうR212では小雨が落ちているがこのあと天気は回復しそうだ。

登った山は筑豊の岩石山。戦乱の歴史や英彦山修験の遺構が残る。

 岩石山(がんじゃくさん・456.5m)  添田町と赤村の間の山

添田公園で昼食。仰ぐ岩石山。
a0166196_1933748.jpg

添田からの登山コースはいくつかあるようだが、階段・舗装道歩きが多いようで、裏側の赤村へ廻る。
岩石トンネルを抜けてすぐに右折した林道の左側に駐車場所がある。
わかりやすい説明板。
a0166196_19334110.jpg

スタートは13時37分。標高≒180m。
舗装路を少し歩くと登山口。
a0166196_19344877.jpg

植林帯をひと登りしたところにある「岩下不動明王」。
a0166196_1935527.jpg

Uさんもまだ若い! チョックストーンを潜る。市房山を思い出す。
a0166196_19363947.jpg

「針の耳」は這って抜ける。但し巻き道あり。
a0166196_19372992.jpg

巨石の間を通る。
a0166196_19384376.jpg

気持ち良い自然林。
a0166196_19393138.jpg

「8畳岩」に上がる。12畳はありそうだ。
a0166196_19401415.jpg

葛城山やその向こうに香春山、牛斬山、福智山方向だが霞んで見えない。
a0166196_1940463.jpg

「梵字岩」
a0166196_19414875.jpg

「獅子岩」
a0166196_1942315.jpg

「馬場跡」を通って山頂へ到着。14時38分。
a0166196_1943542.jpg

周辺の樹木が切られているが、遠くは見えない。気温は9℃。
添田町中心部方向。
a0166196_19433818.jpg

山頂写真。
a0166196_1944453.jpg

高く掲げられた日の丸の下から下山。14時49分。
天狗岩から分岐して急坂を下る。
a0166196_1945076.jpg

ヒサカキが匂う。
a0166196_19452343.jpg

分岐を右へ。(まっすぐは葛城山へ30分?)
a0166196_19465761.jpg

トンネル出口へ出る。「大刀洗」というところ。
a0166196_19474776.jpg

すこし歩いて駐車場所へ周回する。15時23分。
a0166196_19485046.jpg

ゆっくり登って下って1時間45分ほど。
山名どおり大岩が多く、修験や山城の歴史を偲ばせてくれます。
整備された登山道は子ども連れでも楽しめそうでした。

雨も止んで‥久しぶりに山歩きを楽しんだ。休養明け?で絞り切れていなかった2人にはピッタリのハイキング山でした。
Uさん、ありがとうございました。

(GPSマップ)
a0166196_19581095.jpg

a0166196_19583722.jpg



午前中に英彦山周辺に早春のお花探訪をする。
まずは・・東峰村の岩屋神社へ。
「岩屋まつり」の幟がたてられていた。4月第2土日の祭では神楽や暴れ神輿、護摩供養などが行われるようだ。
a0166196_19493460.jpg

岩崖の玄海ツツジはまだ蕾。彼岸頃に薄桃色の花をつけるシャクナゲ科のツツジ。花の後に葉が出る。アケボノツツジに少し似る?
a0166196_19495958.jpg

小雨の中、少しだけ岩屋神社を散策する。(全部廻れば2時間ほどかかるようだ)
岩屋大権現へ参拝。
a0166196_19513630.jpg

竹地区の石垣棚田。すばらしい農業遺産。
a0166196_19521322.jpg


今年も英彦山の早春三妖精と出合えました^^
ミスミソウ~ 
葉は常緑で三角。色は白、紫、ピンク・・。薬用でにきび、気管支炎、痛風などの治療に用いられることがある・・(wikipedia)
何、痛風に良いって!
a0166196_19531780.jpg

セリバオウレン
a0166196_19534430.jpg

ホソバナコバイモ
a0166196_19541189.jpg


おまけの花は河津桜! 帰路に信ちゃんブログで見た「桜まつり」へ・・。
JR豊前松江から入り、工事中の東九州道を渡った先が会場です。
この時季、花が待ち遠しい日本人がたくさん集まります。
a0166196_19545890.jpg

a0166196_19555513.jpg

a0166196_19562042.jpg

こちらはオカメ桜。
a0166196_19565261.jpg

by jinashi | 2015-03-17 19:58 | 福岡県の山歩き | Comments(10)

何度も登った夷の高岩の北に四等三角点があり、その山(三角点名)は「峠」というようだ。ちょうど行者窟の上あたりの山で気になっていた。
天気も良いのでふらっと抜け出してその峠へ登る。

 (とうげ・305.4m)  豊後高田市上香々地・旧三重小学校の東にある里山

旧竹田津トンネルを抜けて左折、香々地見目の上の池から西方寺方向へ上がる。
山ノ神集落上の林道を右へ入る。
a0166196_183639.jpg

1kmほど進んだ峠が「峠」の?登山口となる。
向うが山ノ神、手前が上香々地方向。車の後の坂が登山口。
a0166196_18364852.jpg

出発は14時10分。ここの標高≒270m。
コンクリート坂を上がったところから山へ入る。
a0166196_18374398.jpg

フラットな尾根道を進む。
a0166196_18383410.jpg

掘割? 昔の峠道? そうならこの山名の由来の場所か?
a0166196_18395113.jpg

古いテープを見つける。 この先ポツポツと現われる。
a0166196_18403664.jpg

地塁状になった尾根を進む。
a0166196_18413286.jpg

岩尾根を越える。
a0166196_18425764.jpg

おっ! 高さ4~5mの岩場が現われる。 慎重に登る。
a0166196_18434872.jpg

登ったところにある4等三角点。
a0166196_18463433.jpg

a0166196_18473185.jpg

そこからほぼ全方位が絶景。尻付山~ハジカミ山方向。
a0166196_18475874.jpg

千灯岳方向。
a0166196_18482657.jpg

さらに前方へ向かう。自然林へ入る。
a0166196_18492090.jpg

最初の鈍頂ピークあたり。
a0166196_18504538.jpg

緩やかに下って登り返すと次のピークも鈍頂。
a0166196_18513118.jpg

おっと…豊嶺会の山頂標識がありました。
a0166196_197925.jpg

往路を迷わないように・・(途中やや不安ポイントあり)
ヒサカキのいい?においを嗅ぎながら無事に下山。
14時49分。ゆっくり往復して40分ほど。
a0166196_18533445.jpg

標高差も少なく、露岩から素晴らしい景色が楽しめるところがここのポイントでしょう。


林道峠からすこし下ったところにある「行者窟」を久しぶりに訪ねる。
入口から階段を進む。
a0166196_18543911.jpg

額に「蔵王権現」の鳥居。国東半島ではほかに見たことがない。
寛政6年(1794年)のもの。
a0166196_18561369.jpg

さらに階段を登る。
a0166196_1857611.jpg

灯篭へ上がると岩屋全体が見えてくる。西不動にある大不動岩屋に負けず劣らずの大岩屋だ。
a0166196_18575659.jpg

岩屋の内部。(天にスズメバチの巣が・・)
a0166196_18583579.jpg

唱和63年に改修された堂祠の中に祀られているのは、蔵王権現、役行者(前鬼・後鬼)。左の不動明王は盗難にあったようだ。役行者は市指定文化財。
a0166196_18591824.jpg

灯篭先に夷の山々が絶景。
a0166196_18594930.jpg

すばらしい歴史遺産の行者窟だが・・訪れる人も少なく荒れ気味でした。

(GPSマップ)
a0166196_1935037.jpg


帰路に西方寺のミツマタ開花状況を偵察に行く。
わあ~ すごい! 来週あたりにかけて開花もピークだろう。
a0166196_19195.jpg

a0166196_1914592.jpg

a0166196_1921465.jpg

こうゆう看板が新たに立てられている。
超高齢化集落・西方寺地区に新たなエネルギーを感じる。 ガンバレ!
a0166196_1924527.jpg

by jinashi | 2015-03-13 19:04 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(10)

今日は国東市の千灯寺で「五辻不動尊春季大祭」が行われる。
a0166196_1455194.jpg

伊美川不動橋手前、むこうは千灯岳。
a0166196_14562890.jpg

あちこちに立てられた幟旗。
a0166196_1457032.jpg

大祭にあわせて国東市観光協会が実施するくにさきGO!さ吉くんバスが旧千燈寺入口に到着。
バスツアー「千燈不動尊春季大祭ミニトレッキング」には大分、別府などからのお客様34人をお迎えする。
今日はじなしがガイドを務める。
a0166196_14574135.jpg

a0166196_14581238.jpg

西行戻しから入り広い旧千灯寺境内をご案内して不動茶屋までを歩く。若い方が多く、ほぼ予定時間でのガイドができました。みなさんお疲れさまでした。
五辻不動尊下にある不動茶屋で「お接待ごはん」を頂いたあとバスツアー参加者の皆さんとお別れする。

13時を過ぎていたので・・・さてこれからどうしよう・・・。
近場で未登の山で・・・と思いついたのは両子山となりの弥箇岳。

 弥箇岳(やこだけ502.7m)  大分かくれ名山

県道29で国東方向へ向かうと走水から両子トンネルを抜けたあたりの正面に見える弥箇岳。
a0166196_14591617.jpg

両子寺入口から県道55を700mほど下ったところから左の林道に入る。林道を800mほど上ると峠へ着く。右へと新たな林道が整備されている。(チェーンゲートあり)
a0166196_14595367.jpg

コース情報はスマホで見る辻本さんHP・大分の山登山記~弥箇岳だけが頼り。
登山靴に履きかえて出発。13時53分。ここの標高≒370m
a0166196_1504942.jpg

植林地へ入ると標高差100mほどの急坂を直登する。
足場の良さそうな所を見つけてひたすら上に向かって登って行く。
a0166196_1514073.jpg

倒木を跨ぎ、小さな雑木をかき分け登る。
a0166196_1522752.jpg

20分ほど登って自然林が見えてくると最初の赤テープを発見。一安心。
a0166196_153290.jpg

自然林となり、テープは少ないが立木を摑まえてとにかく上部へとすすむ。
a0166196_1555923.jpg

尾根沿いに青空が見えてくる。
a0166196_1565495.jpg

平らな尾根に上がり着く。
a0166196_1574454.jpg

そのさきで視界が開けてくる。さきほどこの山を見た県道29を見下ろす。
a0166196_158178.jpg

北西に両子山を望む。
a0166196_159282.jpg

荒れた尾根筋を北向きへ迂回気味に進み山頂部へ到着する。14時29分。
四等三角点を発見。(国土地理院では〈岩ノ岳502.79m〉でした)
a0166196_1594834.jpg

山頂写真。
a0166196_15114138.jpg

根元にだいぶ年季の入った安武標識を発見。
a0166196_15123166.jpg

穏やかで気持ち良いので暫しの山頂日向ぼこ…。

下山時に他のコースはないかテープを探してみるが・・見当たらず。
尾根から道なき道を激下りタイム15分ほどで無事下山。14時53分。
a0166196_15131163.jpg

山名の「弥箇」ってどんな意味があるのだろう?

(GPSマップ)
a0166196_15134863.jpg

by jinashi | 2015-03-09 15:15 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

六郷満山中山本寺の長安寺裏にそびえる屋山は黒田官兵衛と戦った大友氏の武将、吉弘統幸の居城があった山だ。
(NHK黒田官兵衛では吉弘統幸役を的場浩司が演じ、石垣原合戦では旧知の黒田二十四騎・井上九郎右衛門(高橋一生)と対決した)
並石ダム方向からは台形状のどっしりとした山容だが、天念寺上の一ノ払あたりから見ると秀麗な富士に見える。
梅ノ木あたりから見る屋山。長安寺は左山裾の向こう側。
a0166196_1459131.jpg


 屋山(543.3m) 大分百山 2回目

長安寺駐車場をスタート。12時53分。ここの標高≒330m。
トイレ入り口に寺の奥様による投げ込み流?生け花が・・
a0166196_1411441.jpg

長安寺は鎌倉時代には六郷満山惣寺を務めた古刹。今では石楠花や紅葉で有名な花の寺だ。
a0166196_14123987.jpg

本堂にお参りをして石段を登る。シャクナゲに俳句や短歌の石碑が並ぶ。
a0166196_14133513.jpg

奥ノ院権現社へ参拝。
a0166196_141507.jpg

隣にある県指定の立派な国東塔。国東半島に500基ほどある。
a0166196_14162050.jpg

石楠花群の遊歩道を抜ける。シーズンには和洋多種の石楠花が楽しめる。
下の瓦屋根は本堂。
a0166196_14172257.jpg

林道へ出て何度か折り返す。
a0166196_14183835.jpg

林道終点へ着く。13時13分。
a0166196_14193520.jpg

先ほど登った烏帽子岳が・・・、そのむこうには由布鶴見か?
a0166196_14195710.jpg

折り返すようにここから山へ入る。
a0166196_14205582.jpg

尾根沿いの石の多い急坂を登る。
a0166196_14215664.jpg

切り払われた台地状広場へ着く。東側に地籍図根三角点あり。
以前NHK中継所があったところか・・。
a0166196_14225348.jpg

倒木などで荒れた尾根を行くと山城独特の掘割へ出合う。
a0166196_14234635.jpg

倒壊した金毘羅社石殿(慶応3年建立?)の広場へ着く。
二等三角点があり、ここが山頂だ。13時35分。
木に取り付けられた穴井さんオレンジプレートも「太平はつらつ山歩会」と書かれた古いものでした。
a0166196_14251198.jpg

横にある手水石。
a0166196_1426148.jpg

山頂の少し先にある大きな石灯篭。高さは3~4mほどの立派なもの。
「河野貞八翁が明治10年、家運長久を祈願して建立した…」
a0166196_1427359.jpg

時間もなくなってきたのでここでUターン。(さらに先には屋山城址之碑がある)
両脇は竪堀か? 下って行くとわかりやすい…。
a0166196_14303032.jpg

林道へ下りる手前で思いがけず(登ってくる)シルバー組と出会う。北九州からのパーティーで先ほどは両子山へ登って来たらしい。(後姿を失礼)
a0166196_1434028.jpg

明日は啓蟄。下る林道に春の陽気。
a0166196_14345732.jpg

途中の石碑から・・・。
短歌か?
a0166196_14362110.jpg

昭和21年、神戸メリケン波止場で詠んだしゃれた句。
a0166196_1437444.jpg

じなしも含みました。・・・たぶん。
a0166196_14374753.jpg

護摩堂横の紅梅。
a0166196_14384494.jpg

駐車場へは14時5分。 

(本日のGPS)
a0166196_1439248.jpg

by jinashi | 2015-03-07 14:40 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

すこし体調不良気味だったが…天気も良いのでふらっと抜け出して近くの山へ登る。
大田から田原山トンネルを抜け、熊野磨崖仏へと右折すると田染平野(たしぶひらの)へ下りてくる。
田染小学校平野分校(廃校)が残る。(豊後高田市にはほかにも蕗分校や河内小学校小田原分校などかわいい廃校がのこっている)
a0166196_2001145.jpg

平野分校校庭から仰ぐ烏帽子岳。(後ろの大きい山)
a0166196_2004711.jpg


 烏帽子岳(493.7m) 大分かくれ名山(豊後高田市の里山)

「国東半島・六郷満山の伝承」(渡辺了著)によると~
田染盆地の中央を流れる桂川の西に連なる、西叡山、華ヶ岳、剣山(烏帽子岳)、鋸山の中心に喜久山連峰がある。・・・
喜久山連峰の烏帽子岳は剣山ともいわれていたようで山名から急峻な山なのかもしれない。
a0166196_20111456.jpg

平野から県655を山香町立石方向へ向かう。猛嶋社を過ぎて大きく左にカーブすると右へと陽平(ひなたびら)集落へ入る。急坂をくねくね上り集落を過ぎるとやや荒れた林道となる。集落入口から1.6Kmほど進んだところに左へ上がる舗装路がありここが登山口。(車はUターンしている)
スタート時間は10時44分。ここの標高≒350m。
a0166196_201276.jpg

急坂コンクリート道を上ると左へカーブしていく。
a0166196_2013344.jpg

作業道突き当りの木に赤テープがあり、ここから取り付くようだ。
(作業道は左前方へ続いている)
a0166196_20135775.jpg

尾根を進むと高さ2mほどの大岩へ出合う。〈頭と体を使って〉大岩を越える。
この山は戦国時代の山城「烏帽子岳城」があったようで、この岩は山城の虎口(こぐち=城郭における出入り口)にあたるのだろうか。
a0166196_20145956.jpg

赤テープを確認しながら急坂を登る。ズルズルっと滑りやすい。
a0166196_20154386.jpg

倒木をかわしながらヤブ漕ぎぎみに進む。
a0166196_20162788.jpg

フラットで広めの尾根道へ出て大木や大岩横をすすむ。
a0166196_20171722.jpg

猪さんの遊び場か?
a0166196_20192753.jpg

登り返した尾根道が右へ曲がる辺りを直進気味に入る。
a0166196_20205976.jpg

ヤブ漕ぎぎみにすすむと山頂が見えてくる。
a0166196_20215467.jpg

三等三角点上の紅白ポールと安武さん標識、豊嶺会のあたらしい山頂標識もありました。11時11分。
a0166196_20233554.jpg

山頂には烏帽子岳城主郭があったようだ。
『豊後誌』によれば、城主は古澤右馬允で文禄2年(1593年)に廃城となったというが、『日本城郭大系』には城主は古荘右馬介で、耳川合戦で討死し、その後は後藤氏の居城であったとしている。(HP城郭放浪記より)

周りは樹木で囲まれていて・・・すぐに下山開始。
下山途中に取り付き点から作業道を直進し、観音堂を目指す。
a0166196_20252242.jpg

Z状に登ると急坂となる。途中から振り返ると国東半島の山々が見える。
a0166196_20255481.jpg

行き止まり状となったところから直進すると階段が見えてくる。その上には黒い板張りのお堂が立っている。
観音堂跡の碑があり、観音様は不在でした。石柱に明和二年(1765年)と彫られていた。
a0166196_20263543.jpg

往路を戻って下山。12時2分。  このあとはまだ時間もあるので長安寺の屋山を登ろう。
a0166196_20273049.jpg

 
(本日のGPS)
a0166196_20283261.jpg


陽平集落の梅
a0166196_20404513.jpg

陽平の仁王像。廻りをかたづけて!
a0166196_20413817.jpg

梅ノ木にある「ゆずりは両面板碑」。両面はめずらしい。
上にキリーク(阿弥陀)、下の両脇に地蔵。
a0166196_2042313.jpg

by jinashi | 2015-03-05 20:28 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(6)