やんごとなき事情でしばらくお休みしていました。
そうこうしているうちに山友ブログより早春の花だよりも届いてくる。昨日22日には春一番も吹いた。

すこし前、出かけたついでにチョイ登りをしてきた宇佐市の里山レポです。

 栗山(くりやま・115m)  大分かくれ名山・宇佐の里山

宇佐神宮からR10を別府方面へ向かうとJR宇佐駅近くの小山に「USA」の看板が見える。
そうです。ここは日本の「USA」なのです。まるでハリウッドの看板のようでしょう。
a0166196_21412770.jpg

USA看板が立つ里山は宇佐市の栗山。
宇佐駅近くの岩崎交差点からR213を豊後高田・国東半島へ向かうとすぐ右手にある里山だ。そのすこし先は豊後高田市との境界、かつての豊前と豊後の境界でもある。


国東半島六郷満山の寺創建については奈良時代の養老2年(718年)、法蓮を別当とする宇佐八幡弥勒寺の僧等が修験道を目指して国東の峰々へと入ったことに始まるといわれる。
この栗山はその入口となる位置にあり、その先は両戒山~津波戸山~華山~西叡山と六郷満山本山本寺八ヶ寺のあった華ヶ岳連峰へと連なる。

西木バス停から段ボール会社方向へ入ったところの資材置き場辺りから山へ向かう。ここはかつて軽便鉄道「大分交通宇佐参宮線」の軌道が通っていたところのようだ。
15時30分。ここの標高≒10m。
a0166196_21435120.jpg

この辺りが登山口か。鳥居へと石が並んだ参道が続く。
a0166196_21444640.jpg

金毘羅宮の鳥居をくぐる。
a0166196_21454649.jpg

この先「栗山の自然を守る会」による標識が見られる。
a0166196_21462584.jpg

丸木階段やロープ場、さらに簡易トイレを過ぎると展望台へ着く。
a0166196_21471429.jpg

宇佐平野や周防灘が見晴らせる。
a0166196_2148291.jpg

その先にある「ぜぜのさま」。
国見ユースホステルsatimiさんblogによると「耳の神様」か?→ホステルブログ
もう少し詳細に観察すればよかった・・・。 
a0166196_2149288.jpg

その先が金毘羅宮か? 文化6年(1809年)の建立。
a0166196_2150098.jpg

尾根筋の山腹を進む。
a0166196_21505774.jpg

山頂手前から右前方に見る両戒山。六郷満山本山本寺「後山金剛寺」薬師堂の跡が残る。真ん中の向うは津波戸山。
a0166196_21513996.jpg

竜王様(雨乞い~豊作の神様)を祀るあたりが山頂のようだ。
a0166196_21523012.jpg

その南側にある「わくわく広場」ゲート。中はやや雑然とした感じ。
a0166196_21532010.jpg

西向きに「U」「S」「A」の文字板が立っている。高さは5~6mほどか・・。
(Uの隣にママが小さく・・・)  白色のコンパネに風穴?が開けられている。
ハリウッドもこんな感じなのか?
a0166196_2154748.jpg

展望所から見る宇佐駅あたり。中津方向へ青いソニックが走る。
a0166196_21545687.jpg


往路を戻って下山。16時10分。
毎日朝夕登れば健康増進のお散歩にちょうど良さそうな里山でした。
by jinashi | 2015-02-23 21:58 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(14)

御無沙汰しています(^^)

先日、大分市に出かけたついでに大分県一の低山・碇山を登って?きました。だいぶ経ちましたがその時のレポです。
大分の碇山については以前国土地理院HP で見つけていた。日本山名総覧という本にも掲載されているようだ。

 碇山(いかりやま・56m) 大分市津守にある山

碇山は9万年前の阿蘇山4度目の大爆発によって出来たといわれる。
神武天皇東征の折、この島で石の碇を降ろしともづなを結んだといわれることから碇島という。(昔はこの辺りは海であった)
この地へ配流された旧越前福井藩主・松平忠直(家康の孫・一伯公)縁の地でもある。

古国府から広瀬橋を渡り下郡バイパス手前から見える碇山。神社の森という感じ。
a0166196_22252140.jpg

JR豊肥本線滝尾駅そばの踏切をわたって熊野神社のPに停める。縦列で数台は止められそうだ。
ここの標高≒20m。入口にある大鳥居。
a0166196_2226179.jpg

駐車場所にある案内図。
a0166196_22263961.jpg

水仙を愛でながら参道を緩やかに登る。右下が駐車場所。
a0166196_22272864.jpg

途中にある石造鯖(さば)大師手引真像。
もとは四国霊場八坂寺(徳島県海陽町)に祀られている。
行基菩薩の右手は鯖を持っている。赤い布で隠されているが尻尾だけ見える。明治35年に地区の人により建立された。
この地では「腹がせく時には鯖大師を拝め」と言われている。
また、本家八坂寺では「鯖を3年食べないことにより子宝成就、病気平癒の願いごとがかなえられる」という。
a0166196_22283772.jpg

鯖大師と呼ばれる由縁~伝説に拠れば、平安時代初期の弘仁年間(810年 - 823年)に空海が八坂八浜を訪れた際に、行基手植えの松の下で野宿し行基の夢を見た。そこを塩鯖を馬に背負わせた馬子が通りがかった。空海が塩鯖を所望したところ、馬子は口汚くののしり断った。坂にさしかかったところで馬が急に苦しみ動かなくなった。慌てた馬子は先ほどの僧は巡錫中の空海に違いないと思い、空海に鯖を差し出し馬を治して欲しいと懇願した。空海が加持水を馬に与えたところ、馬はたちまち元気になった。また、空海が法生島(ほけじま)で先ほどの塩鯖に加持祈祷を行い、海に放ったところ塩鯖は生き返り泳いで行った。これに感服した馬子は空海の弟子となり、この地に小堂を建て行基の像を祀り「行基庵」と名付けた。また「鯖瀬庵」とも呼ばれた。空海が加持祈祷を行った海岸は鯖瀬(さばせ)と呼ばれている。(wikipedia)


折り返して登った先にある一伯公(松平忠直)廟所。通称六角堂。
松平忠直については→「HP北陸歴史の謎」で・・・
大分銘菓にもある「一伯」
a0166196_22293021.jpg

扉を開けてみた内部・・・。
a0166196_22301265.jpg

さらに折り返して上に登る。
a0166196_2231796.jpg

鎌倉時代の初め、大友能直(よしなお)が勧請したという熊野神社へ入る。
山門をくぐると社殿の屋根が目に入る。
a0166196_22315791.jpg

豊後瓦による凝った装飾を施している。鬼瓦の下には虎を従えた仙人。龍の紋は火災から守るための水を表す。神社だが仏教的色彩のある建築。
松平忠直は熊野権現社に、全長180メートルに及ぶ「熊野権現縁起絵巻」を奉納している。
総代の方が境内をきれいに清掃されていました。
a0166196_22322856.jpg

境内横の階段を山頂部へ上がっていく。
a0166196_22333877.jpg

先端部にある山頂標識。安武さん標識では新しい感じです。
a0166196_22511320.jpg

三角点ではなく、「大分市公共基準点」とある。
a0166196_22352640.jpg

公園のようになった山頂部。
a0166196_22362149.jpg

北~北西が見晴らせる。天気がよければ国東半島や由布鶴見、くじゅう連山までも一望できるようだ。
大分市中心部方向。すぐ下は滝尾駅。
a0166196_22365525.jpg

周辺には一字一石供養塔、庚申塔などの石造文化財も・・。
a0166196_22374958.jpg

山頂部先端から裏側(東)を望む。明野~高尾山方向。周りが海だったことが何となくうかがえる。
a0166196_22384288.jpg

見学気分でゆっくりと登って下って30分ほどでした。

ちなみに国東市の最低峰は国見の行蔵山(156m)、豊後高田市は草地の三笠山(91m)か?
年をとったら各市町村の最低峰巡りも楽しいかもしれないですね!

場所はここ~

by jinashi | 2015-02-01 22:41 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(11)