久々にくじゅうへ朝駆けに…と思っていたが、今日は地区の一斉清掃日でした。早朝作業が済んでシャワーを浴びて8時前、さて、どこに行こうか?
すぐに思いついたのが平尾台。桔梗も咲いている頃だ。

 平尾台 ~10回目
  天狗岩(436m)
  桶ケ辻(568.7m)
  周防台(606.5m)~2回目

途中の豊前市R10で土砂降り朝立?に出会うが、豊津から行橋へ入ると空も明るくなってきた。
茶ケ床園地に着くと車は6~7台ほど。
準備をしていると若い男女パーティが素足に短パンの軽装?で出発していった。
スタートは10時12分。ここの標高≒430m。
a0166196_19201658.jpg

舗装路をすこし戻って貝殻山方向へ入る。晴れているが結構涼しい。
a0166196_19174223.jpg

左上に貝殻山。
a0166196_19182540.jpg

貝殻山の裾を巻いて裏側へ出る。この辺りは夏草や小竹が茂ってコースが分かりにくい。
上部は桶ケ辻から周防台への稜線。
a0166196_19192093.jpg

目白洞からのコースに合流して巻き道へ入る。
a0166196_19211299.jpg

竹林を抜ける。
a0166196_1922997.jpg

前方に塔ケ峰を見て巻き道を進む。
a0166196_19235713.jpg

左上に天狗岩が見える。
a0166196_19244979.jpg

急登となって尾根先端部折り返し点。
a0166196_19252335.jpg

天狗岩へ向かってひと登り。
a0166196_1926117.jpg

天狗岩へ到着。11時22分。
a0166196_19265238.jpg

行橋市街地を見下ろす。
a0166196_1927409.jpg

岩上で天狗の舞。
a0166196_1928143.jpg

天狗岩から桶ケ辻へ向かって稜線を登る。カルスト草原に涼しい風が吹きぬける。
a0166196_19411634.jpg

気持ち良い稜線歩き。後に筑豊の山々。
a0166196_19292416.jpg

桶ケ辻へ上がりつく。12時3分。
a0166196_193025.jpg

ここは「パラグライダーの聖地」で、すぐ下まで車道が通じているようだ。山頂では福岡県岡垣町からの男性2人が一休み中でした。
桶ケ辻山頂写真
a0166196_19414719.jpg

周防台へと先へ向かう。右に偽水晶山、水晶山が姿を見せる。
a0166196_19304462.jpg

緩やかにアップダウンしながら周防台への急登に取りつく。むこうは桶ケ辻。
a0166196_19313056.jpg

夏草をかき分けてひと登りで周防台へ。2度目の山頂です。12時31分。
a0166196_1942745.jpg

ひと休みしていると桶ケ辻の男性2人もあっという間に追いついて来た。
健脚なお二人は日本百名山もかなり登られているようで…アルプスの情報などいろいろと教えていただきました。
冷たいカルピスでリフレッシュしたら‥前方の盟主貫山に向かって下山開始。
a0166196_19322627.jpg

分岐を左へ向かう。(まっすぐは広谷湿原や青竜窟方向)
広大な平尾台のカルスト台地に風が吹き抜けていく。その風の足跡を見ながら急坂を下っていく。左は権現山。
a0166196_19335387.jpg

桔梗の群落を通って遊歩道へ下りる。
a0166196_19343364.jpg

左上にライオン岩を見て茶ケ床園地へと下っていく。
a0166196_19352627.jpg

13時19分、無事に下山。
今日は朝の雨もあり、ここ数日前に比べてしのぎやすい方でしたが、夏場の平尾台は日陰がないので(誰かさんお二人のように)日傘持参が良いでしょう。

(本日のGPSマップ)
a0166196_19423686.jpg

a0166196_1943457.jpg


  桔梗 ~今の主役?
a0166196_193694.jpg

a0166196_1936294.jpg

a0166196_19365845.jpg

  イワキンバイ?
a0166196_19372255.jpg

  コオニユリ
a0166196_19374432.jpg

  ヒオウギ
a0166196_19381856.jpg

  カワラマツバ
a0166196_19384599.jpg

  ミシマサイコ
a0166196_1939635.jpg

  スズサイコ~早朝や夕方に開花する。陽光が当たると閉じるらしい。
a0166196_19401750.jpg


いよいよ週末から遠征します。
北アルプスのあの山、この山といろいろと研究?しましたが・・・ゆっくりママが居るのでまずは初心者コース?の白山を登ってきます。クロユリ、チングルマなどとの出会いが楽しみです。山小屋泊まりも初めてです。

by jinashi | 2014-07-28 19:43 | 福岡県の山歩き | Comments(12)

日田のUさんに誘われて由布岳へ。ママは用事があって一人参加です。
お目当てはヤマオダマキ。2012年7月8日にここで出会って以来だが・・まだ咲いてるかな?

 由布岳・東峰(1580m) 日本二百名山・九州百名山 ~10回目

7時前に中央登山口へ到着。ここは2週続きとなる・・
県11号の南側駐車場(無料)はほぼ満車。3連休最終日の今がラッシュアワーか。
Uさんご夫婦も到着してスタート。7時15分。ここの標高≒770m。
深緑の夏山となった豊後富士が青空に聳える。山頂へ向かうのは去年秋以来だ。
a0166196_18301638.jpg

樹林帯を抜けると山頂部にガスが湧いてきた。
a0166196_18305637.jpg

マタエで白ヘルおじさんと出会う。Uさんと同じ日田在住で山野草にはとても詳しい方のようです。
a0166196_1838224.jpg

ガスが切れて西峰への障子戸辺り。
a0166196_18314231.jpg

多くの登山者が寛ぐ東峰へ上がる。10時11分。ゆっくり登山でした。
山頂標柱は1580mとなっている。(以前は1584mだったような・・・ちなみに西峰は1583.3m→現在1583.5m)
シワもかくれる逆光写真^^
a0166196_18381360.jpg

山頂から俯瞰する湯布院の町並み。
a0166196_1832117.jpg

山頂下の広場でUさん奥様のお手製おにぎりを頂きました。御馳走様でしたm(__)m  
午後から雷雨の予報もあり、早めの下山とする。
この時間でもファミリーなど次々と登山者も多い。蜩の鳴く中をグングン下って無事に下山。12時45分
a0166196_18324722.jpg

この日は九州北部地方の梅雨明けが発表された。去年より13日、平年より2日遅れのようだ。

(本日のGPSマップ)
a0166196_18373129.jpg

a0166196_18374229.jpg


今年も出会えました ~ ヤマオダマキ
a0166196_1833288.jpg

a0166196_18335365.jpg

a0166196_18341731.jpg

  シモツケ
a0166196_18343951.jpg

  カキラン
a0166196_1835749.jpg


由布高原で~
  アソノコギリソウ
a0166196_18353548.jpg

  カワラナデシコ
a0166196_1836631.jpg

  ヒゴタイ
a0166196_18362838.jpg

by jinashi | 2014-07-22 18:29 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(9)

早朝激しく降る雨で目が覚める。今日は一日雨の予報なので留守番サンデーとなる。(ママは出張)
10時ごろには雨もあがって空も明るくなってきた。
久々に名水汲みに出かけよう。登山靴と雨具も車に積んでおこう^^

真玉海岸から見る宇佐の山々の稜線はくっきりと見えている。

杵築市八坂川源流の水の口湧水(豊の国名水15選)は相変わらずの人気で、次々と水汲み人が訪れている。
ここまで来たので由布岳中央登山口近くで未踏の青梅台へ登ってみよう。

 青梅台(おうめんでえ・896.3m) 大分かくれ名山(別府市東山)

由布と鶴見の間のエコーラインは路面が濡れていてちょっと前に雨が降ったようだ。
由布岳中央登山口に車は2台のみで閑散としている。雨はあがっているが上空は音を立てて風が吹いている。

青梅台は中央登山口から由布岳を望んだときに背後の丘陵地にある山だ。案内板には「東山いこいの森」とある。べらんめえ調に?「おうめんでえ」と呼ばれているようだ。
a0166196_13275183.jpg

雨具を着けて出発。12時22分。ここの標高≒770m。
初めて登るので辻本さんHP~大分の山登山記を参照しながらカラマツの遊歩道を歩き始める。
a0166196_13284180.jpg

カーブ手前から山頂を雲に隠した由布岳を望む。左は飯盛ケ城。
a0166196_13292056.jpg

右に「カラマツ散策路」標識を見て入る。雨乞牧場近くの電波塔あたりまで行ってみよう。
a0166196_13301226.jpg

右下のやまなみハイウエイからツーリングバイクの音が聞こえてくる。
a0166196_1331434.jpg

古い丸木階段の急坂となってきた。
a0166196_13324636.jpg

何度か折り返して緩やかな登りを進むと倒れ掛かった笹竹を潜りながらの荒れた散策路となる。
a0166196_13335957.jpg

進路不明になって何度か行きつ戻りつしながらも、紅白ポールが見えて青梅台三角点に到着。
12時51分。標高差130mほど登って来た。
穴井さんオレンジ標識と久々の安武標柱が待っていてくれた。竹や雑草に囲まれて展望はない。
a0166196_13351012.jpg

電波塔方向へ向かう。林間広場とはこの辺りか? 
a0166196_13355461.jpg

NTT?携帯電波塔の横に出る。
a0166196_13362694.jpg

まっすぐは雨乞牧場へ続いているようだ。
Uターンして電波塔近くからわずかなトレースを見つけて自然林へ入る。
途中で進路不明となり、ややヤブ漕ぎぎみに進むと散策路に出て一安心。
a0166196_13371718.jpg

駐車場方向へ下っていくと登りで進路不明となった場所に出る。
往路を戻って広い遊歩道へ出る。
a0166196_1338791.jpg

静かな駐車場へ戻る。13時41分。 登って下って1時間20分。
a0166196_13384642.jpg


多くの登山者が訪れる由布中央登山口だが、こちらを歩く人はほとんどいないようだ。


梅雨の暗い林間に咲く花々~
 ノハナショウブ
a0166196_13394399.jpg

 ホタルブクロ
a0166196_13401255.jpg

 ハンカイソウ
a0166196_13405034.jpg

 ヤマアジサイ
a0166196_13412677.jpg

 ショウマ?
a0166196_134242.jpg

by jinashi | 2014-07-14 13:47 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(6)

戦国時代に豊後の浦辺(うらべ=国東市国見町あたり)で生まれ、日本人で初めて聖地エルサレムを訪れ、さらにローマで司祭となったペトロカスイ岐部神父の殉教祭が行われた。

今年はバチカン市国ローマ法王庁駐日特命全権大使ジョセフ・チェノットゥ大司教をお迎えして記念式典が執り行われた。

昨年3月に地元の熊毛小学校の子どもたちがローマ法王フランシスコ教皇へ就任祝いのお手紙を書いたところしばらくしてローマ法王庁よりお礼の手紙が届いた。その後三河市長が上京の折、大使館を訪れて御礼を述べ、大使にはぜひ国東を訪れてくれるように話されてきたようだ。
今回の大使来訪は法王の代理として出席をされたといえるのかもしれない。

前日5日夕方に大分空港へ到着した大使一行は、ベイグランドホテルにて歓迎実行委員会一同が催す歓迎レセプションに出席された。

翌朝、地元の人々がお迎えする中、ペトロカスイ岐部神父記念公園を訪れた。
(右から2人目が大使)
a0166196_14213211.jpg

国見ふるさと展示館の中にあるペトロ岐部コーナーで説明を受ける。
a0166196_14215541.jpg

殉教祭会場の国見生涯学習センター「みんなんかん」玄関で熊毛小学校の子どもたちの歓迎を受ける。
a0166196_14221753.jpg

記念式典では大分教区浜口司教、三河明史市長に続き、ジョセフ・チェノットゥ大使のご挨拶。
a0166196_14223582.jpg

熊毛小学校の4~5年生が学校や地域やペトロ岐部について紹介する。
a0166196_14225454.jpg

大使から子どもたちへのお礼はフランシスコ法王の写真。
a0166196_14231319.jpg

毎年殉教祭には国見ふれあいコーラスが花を添える。歌い継がれて26年目?
a0166196_14234581.jpg

400人ほどの信者さんによるミサが始まる。
a0166196_14252576.jpg

ミサを終えて大使一行は日出町殉教公園へ向かう。翌日は広瀬知事表敬訪問の後竹田市を訪れるようだ。

午後からは、「くにさきGO!さ吉くんバス」による「ペトロ岐部殉教祭と禁教キリシタンウオーク」も実施された。
梅雨の中、まずは記念公園からスタート。
ペトロ岐部の生涯について・・・
a0166196_14274421.jpg

岐部社のキリシタン灯篭では雨脚が強くなり、この後の行程は車中案内となる。
a0166196_1428111.jpg

この日は櫛来の水田にコウノトリが一羽飛んできていた。
a0166196_14291783.jpg

よく見ると背中にはアンテナ(GPS?)が取り付けられ、足には鑑札らしきも見られる。兵庫県豊岡市の「コウノトリの郷公園」から放鳥された個体のようだ。
a0166196_14294285.jpg

近くにはかわいい合鴨ファミリーも道路を歩いている。
a0166196_1430990.jpg

イチカワ物産前では梅干し、お菓子とYさん手製の猪肉串揚げのお接待に皆さん喜んで下さいました。
a0166196_1431364.jpg


道の駅くにみにゴールイン。
あいにくの雨模様でしたが、天気の良い時にまた来てくださいね!
by jinashi | 2014-07-11 14:34 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(4)