先14日の探検ツアーで見つからなかった豊後高田市西叡山(さいえいざん・571m)の金水銀水(きんすいぎんすい)岩屋だが…計画した綾部先生らはそのうち再度探検会を催すらしい。(早く決めてください)
そこで、その前に有志により結成?した金水銀水調査隊に参加しないかとお声がかかり喜んで出かける。
メンバーは声掛けをして頂いた河野英樹さん、井堀克昭さん、河野清一さん、河野英男さんと青鬼君、じなしの精鋭?6名だ。

前回と同じ生コン工場前に集合、挨拶を交わす。清一さんの軽トラの荷台に乗せてもらい林道を行けるところまで行く。なんかワクワクします。
14日に私たちがリタイヤして下山した後、清一さんは左側の谷をほぼ山頂部まで登っている。その後マーキングしながら下ってくるときにある程度の目星はつけてきたようだ。

竹藪手前から歩き始める。8時43分。
a0166196_2233429.jpg

左の作業道へ入り、沢を渉る。
a0166196_22332497.jpg

前回はこの枯れ沢で休憩した。
a0166196_22342983.jpg

荒れた竹藪へ入る。前回はこの先を右へ出たが、今回は直進気味に進み、前回の一つ左の谷へ入る。
a0166196_22342767.jpg

石が乱積みとなった枯れ沢?を登る。
a0166196_22354163.jpg

植林帯を行く。右のピンクのビニールひもはその日に清一さんが付けたもの。
a0166196_22365289.jpg

倒木が多く歩く場所を探しながら進む。
a0166196_22363141.jpg

「大仏さんの頭岩」横を通る。
a0166196_22373814.jpg

岩峰壁に昔のスプレー跡を発見。俄然元気が出てきました。
a0166196_22371917.jpg

岩壁左を巻きながら上部を目指す。
前方に聳えたつ大きな岩峰が現われてきた。谷も数ヵ所に分かれている。
とりあえず清一さんが下って来たピンクビニールの方へ登っていく。
ゴロンゴロンと転がる大岩の間をぬけていく。歩きにくい~。
a0166196_22383460.jpg

その上に上がると清一さんが見つけたという岩屋に着く。
残念ながら金水銀水窟ではない。
a0166196_22381275.jpg

青鬼さん、英雄さんはさらに上部へ向かう。井堀さん、英樹さんとじなしは少し下ってみる。
と、英樹さんが岩壁に10年前のスプレーマーキングを発見!この上部にありそうだ!
a0166196_22391834.jpg

30~40mほど登った左手の岩壁下にありました! 金水銀水の2つの岩屋!
「おーい!見つけたぞ~!」とじなしが(あたかも自分が見つけたがごとく)みんなに知らせます。清一さんも戻ってくる。
右が金水、左が銀水の岩屋です。10時2分。
a0166196_22385996.jpg

左の銀水岩屋は奥まで見えている普通?の岩屋だ。(興奮して手がブレました)
a0166196_224043.jpg

右の金水は入口(手前)の高さは40~50cmほどだが奥へと繋がっている。
中は暗くて見えない。じなしは撮影のため匍匐(ほふく)前進で中へ進入する。その時の貴重な?画像です。(青鬼さん提供)
a0166196_2247524.jpg

金水の中の様子です。まずはノンフラッシュ~何も見えない?
a0166196_22394064.jpg

次にフラッシュ撮影。奥まったところの高さは1mほどあるでしょうか。
目の前に左手の指を差し出してみると「仁聞菩薩の隠し水」と言われる聖水に触れることが出来ました。
この水は涌いているのか?滲み出ているのか?滴り落ちているのか?…わかりません。
a0166196_22404874.jpg

岩屋の外には明治時代に立石村鍛冶屋と長流寺(現在の杵築市山香町立石)の住民が雨乞い祈願のため奉納した石祠(左)が残っている。右の祠は大正時代に麓の河内村住民も雨乞い祈願をしている。(英樹さんがお供えをして参拝する)どちらも八大竜王(≒素戔嗚尊)を祀っているようだ。
a0166196_22403136.jpg

西叡山の奥ノ院と言われた「金水銀水」だが国東六郷満山を開いた仁聞菩薩の霊水で「隠し水」とも言われている。岩屋の正面には植林した杉が大きく聳えているが、その昔には日が傾いて岩屋の中へ西日が射せば聖水は金色に輝いていたという。
皆さんで記念のショット。
a0166196_22452914.jpg

その後、岩屋上の展望岩へ登ってみる。
a0166196_22415247.jpg

華岳(はながだけ)や津波戸山(つわどさん)、御許山(おもとさん)、雲ヶ岳などいい眺めだ。
a0166196_22413821.jpg

遥かに豊後高田市街地も。
a0166196_22424379.jpg

さらに高いところへ移動して金水銀水の向う側の岩稜にある戸無戸口(となしとのくち)の空洞を見る。
かつて岩脇寺の僧が7日間ほど断食をして籠り修行したというところ。
戸無戸口~いいネーミングだ。
a0166196_22422965.jpg

英樹さんは若いころ戸無戸口岩屋へ行ったことがあるようだ。
次回はこのメンバーで戸無戸口を探検することにし、今回はここまでとする。
下山途中の金水銀水のすこし下から上に見えた戸無戸口。
a0166196_22433668.jpg

分かりにくい分岐点にマーキングをしながら下山する。左上が金水銀水。
a0166196_22431922.jpg

林道へ戻る。清一さんの軽トラで無事にご帰還です。12時15分。
a0166196_22443328.jpg

途中の林道にいいリンドウ(フデリンドウ?、春リンドウ?)が咲いていました。(おやじ…^^:)
a0166196_22441762.jpg

帰路に返り見た西叡山。金水銀水はここらへんかな?
a0166196_2252103.jpg


本日のGPSマップ。
a0166196_2245326.jpg



最後にCM~ 「千年ロマン時空博」 のお知らせ
国東半島峯道ロングトレイルお披露目トレッキングです。ご参加をお待ちしています!
5月18日(土) 旧千燈寺~五辻不動コース  ※じなしのガイドです
6月・1日(土) 中山仙境コース

      ↓ クリック

千年ロマン時空博~おもてなしプラン・国東
by jinashi | 2013-04-26 22:53 | 国東半島あれこれ | Comments(8)

宮崎県北の高千穂周辺の山ではいち早くアケボノツツジが開花するという・・。
前(新版)九州百名山で未登の諸塚山と天孫降臨の二上山へアケボノツツジ探訪登山に出かける。

諸塚山(もろづかやま・1341.6m)  前(新版)九州百名山~91座目

(マップ 赤~諸塚山西登山口  青~二上山登山口)


竹田市から県8~R325で高千穂町に入る。R218を五ヶ瀬町三ヶ所からR503へ分かれ広い陸上競技場があるGパークを過ぎてまもなく左へと六峰街道へ入る。
(六峰街道(ろっぽうかいどう)~五ヶ瀬町から延岡市北方町の間にある六つの峰々(二上山(989m)・赤土岸山(1169m)・諸塚山(1342m)・九左衛門峠・真弓岳(1073m)・速日峰(868m))を越えていく全長57kmの林道をいう。)
街道をくねくねと30分ほど走って諸塚山西登山口前の駐車場に着く。
早朝に自宅を発ってから4時間たっている(ふぅ~)。
鳥居前には5台が止まっている。
北から山体へ当たるようにガスがながれていて寒い!外の気温は2℃。これから晴れて好天となるようなのでしばらく車中待機(朝の昼寝?)とする。
a0166196_21342788.jpg

1時間ほど経つとガスも切れて明るくなってきた。
準備をして西登山口の鳥居からスタート。9時34分。ここの標高≒1200m。
諸塚山は元は修験道の山で英彦山辺りから山伏が修行に訪れていたようだ…と、右の看板に書かれている。
毎年3月第1日曜日に「日本一早い山開き」が行われている。
a0166196_21351191.jpg

丸木階段を上がるとさっそくアケボノツツジのピンクが迎えてくれる。2年ぶりの(この花との)再会です。
枯木にいきなり咲いた淡いピンクの大ぶりな5つの花弁が風にひらひらと揺れている。濃いピンクの蕾もたくさん付いていてまだしばらくは楽しめそうだ。
a0166196_21353159.jpg

冷たい風に震えている…。
a0166196_21502978.jpg

整備された登山道は東の山頂に向かってアップダウンしながら続く。
a0166196_2136689.jpg

2合目を過ぎると丸木階段の急坂となる。脇道もある。
a0166196_21364359.jpg

5合目あたりから上空の風が木々を揺らす。スズタケのフラットな山道を行く。
a0166196_21371551.jpg

8合目あたりからブナの大木も現われてくる。
a0166196_21374258.jpg

なんと樹木の上部には霧氷の白いベールが…!
a0166196_213896.jpg

森林浴の森分岐を過ぎる。山頂へは直進。
a0166196_21383359.jpg

強い風で登山路に霧氷片がバラバラっと降り落ちてくる。
a0166196_21385078.jpg

寒さで咲きかけのミツバツツジも瞑想中。
a0166196_2139784.jpg

丸木階段先に山頂が見えてきた。
a0166196_2139287.jpg

九州百名山地図帳では外されたが…六峰街道一、いや九州指折りの名山です。山頂写真。10時28分。
 ※前(新版)九州百名山でした。
a0166196_21405984.jpg

丸く広い山頂部には方位版もあり山座同定が楽しい。尾鈴山や行縢山方向は伸びた?樹木と少しの霞みで分かりづらい…。こちらは揺岳か?
a0166196_2142302.jpg

寒さで5分ほど滞在したら下山開始。元宮や森林浴の森へはパスして往路を戻る。
団体さん等次々と登山者と出合いながら45分ほどで下山。11時17分。
a0166196_21425559.jpg

駐車場は九州一円より花旅の登山者でほぼ満車でした。
a0166196_21432749.jpg

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_12364474.jpg


このあと六峰街道を少し戻って二上山を登る。

二上山(ふたかみやま・1082m)

六峰街道を二上山登山口まで戻ると道路脇には10台ほどが停まっている。諸塚山に近くセットで登られているようだ。
二上山本峰(男岳)は短いお山なのでザックは置いてスタート。11時50分。ここの標高≒930m。
陽も射してきていい天気になってきた。

宮崎にはアマテラス(天照大神)の孫(=天孫)ニニギノミコトが降臨したという高千穂の地は「霧島高千穂」と「臼杵高千穂」の二説があるという。霧島高千穂説は天の逆鉾が立つ高千穂峰が知られている。県北の臼杵高千穂説では天孫降臨の地を、高千穂町のくしふる峰、二上山、祖母山など諸説あるようだ。

古来より山そのものをご神体として崇められてきた二上山は、諸塚山と同じ修験道の山で山頂には麓の五ヶ瀬町「三ヵ所神社」と高千穂町「二上神社」の奥宮がそれぞれ建立されている。

こちらも木でできた鳥居をくぐる。
ここはかつて「杉の越」といわれる峠で、筑前、豊後、日向、肥後への交通の要となる地であったらしい。 
a0166196_1584520.jpg

急峻な山腹には山頂部へ向かって鉄製階段が続く。
a0166196_1593324.jpg

三ヵ所神社の奥宮が見えてきた。
a0166196_1594683.jpg

三ヵ所神社奥宮に参拝したら稲荷鳥居をくぐって上へと登っていく。
a0166196_15271972.jpg

急な鉄製階段を登ってこんどは二上神社奥宮へ参拝する。
a0166196_15103416.jpg

山頂へ向かう途中にある甲斐有雄翁の歌碑。
「日の本の豊あし原のはじめよりとうつ神祖の二神の山」…
a0166196_15104170.jpg

急坂のロープ場を慎重に…。
a0166196_1511241.jpg

ロープ場を登りきって尾根に上がるとすぐに男岳山頂。12時22分。
a0166196_1517182.jpg

さらに少し先に進むと男岳東峰の山頂だ。周辺にアケボノツツジとミツバツツジが明るい。
a0166196_1517191.jpg

下りの階段から南西に見えた祇園山(左)と揺岳。
a0166196_1512957.jpg

往路を戻って今度は三角点と展望台のある女岳へ登る。

二上山展望台へ
少し車で移動。ここが登山口。
a0166196_15123992.jpg

丸木階段を登り植林帯を抜けるとアケボノツツジの群生地へ出る。ほぼ直線的な登山路にアケボノツツジが点々と山頂部まで続く。
ゆっくり20分ほどで山頂にある見晴台へ上がる。その下に3等三角点(989.2m)がある。
a0166196_1513811.jpg

南東に先ほど登った諸塚山が・・。(奥の山)
a0166196_15155571.jpg

東は比叡山や行縢山か?
a0166196_15132910.jpg

北には阿蘇山が‥。
a0166196_15135026.jpg

下山路から先ほど登った二上山本峰(男岳)が正面に。
a0166196_15141836.jpg

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_1534512.jpg


      アケボノツツジ
a0166196_15193245.jpg

a0166196_15194583.jpg

a0166196_1520189.jpg

a0166196_15201880.jpg

a0166196_15203291.jpg

      ミツバツツジ
a0166196_15205197.jpg

      ヒカゲツツジ
a0166196_1521467.jpg

      ツクシシャクナゲ ~まもなく解けます
a0166196_15301832.jpg

      木々の芽吹きもハイピッチ
a0166196_15395349.jpg

a0166196_15395336.jpg

a0166196_15402334.jpg


帰路は六峰街道全線を走ってみることにする。延岡市へ向かってくねくねと曲線の道を走る。
a0166196_163466.jpg

途中大崩山系や尾鈴山などを望む見晴らしの良い所もある。
北郷の中小屋天文台横を通る。
a0166196_16344418.jpg

延々と1時間ほど走って延岡市北方町のETO速日の峰へ着く。
a0166196_16345516.jpg

さらにぐんぐん下界へと下りて行くと県道49号北方土々呂線へ入る。
そこでなんか見たことのある風景に出合う…。 
あ、そうだ!トトロのとなりさんのブログ一歩 二豊 散歩で見たいちご売りの息子さんだ!   30mほど行き過ぎてゆっくりバック…。
a0166196_16354216.jpg

帰ってひとつぶ頂きました。青年の笑顔のような甘くておいしいいちごでした。
a0166196_16355186.jpg

延岡から東九州道へ~北浦~蒲江~佐伯~宇佐とロングドライブの一日でした。


最後にCM~  「千年ロマン時空博」  のお知らせ

国東半島峯道ロングトレイルお披露目トレッキングです。ご参加をお待ちしています!
 
 5月18日(土) 旧千燈寺~五辻不動コース    ※じなしのガイドです 
 6月1日(土) 中山仙境コース


               クリック

     千年ロマン時空博~おもてなしプラン・国東
by jinashi | 2013-04-22 21:46 | 宮崎県の山歩き | Comments(10)

豊後高田市田染文化財教室の綾部先生に誘われて仁聞隠し水といわれる金水銀水探検ツアー?に参加する。
西叡山(571m)の8合目あたりにあるという金水銀水の洞窟は桂川支流の山田川源流にあり、西叡山の奥ノ院ともいわれている。洞窟の入り口は狭いが中は広くなった泉水のようで、その霊水は太陽の光が差し込むと金色銀色に輝いているという。 (「六郷満山の伝承・景観と仏の里」渡辺了氏著より)

集合場所の豊後高田市佐野にある生コン工場前に到着すると田染小崎の河野繁利さんの軽トラがすでに待機されている。
青鬼さんも到着してそろそろ出発するかのと思いきや…次々と参加者が集まってきて何と総数27名の大探検団となる。
a0166196_21421132.jpg

最初に綾部先生(左から2人目)がご挨拶。左隣の河野繁利さんは同級生で85歳。3月に西叡山轆轤(ろくろ)岩屋等の岩屋探検では先達を務めていただいている。
a0166196_2143526.jpg

このあたりは庭のように詳しい歴史ガイド人の井堀克昭さんや河野英樹さん、小崎の河野精一さんらが先導となり出発する。他の参加者は大分石油永岡会長さんや田染荘関係者、市役所職員等みなさん地域づくりに取り込まれている面々だ。
a0166196_215292.jpg

山田川に沿って林道を緩やかに上がっていく。右に霧笠山入口のオレンジプレートが。
a0166196_2152565.jpg

間もなく左へと荒れた作業道へ入っていく。
a0166196_2155763.jpg

右手にそそり立つ岩壁を見る。
a0166196_2161844.jpg

倒木を跨ぐのは昭和の町で学校給食の食堂をされている野崎智子さん。今回の「千年ロマン時空博」では廃校となった平野分校で
千年ロマン時空博~おもてなしプラン・中世の旅人になろうを催します。

a0166196_216487.jpg

2度目の(枯)沢で一休み。
a0166196_2173840.jpg

この先荒れた竹藪を切り開くように進む。
a0166196_218198.jpg

尾根へ上がる。
a0166196_2182624.jpg

尾根上で進路不明となり、先導者や若手?が向うの谷や手前の谷、尾根上へと散り上部へと進路を探す。
山頂部へ向かうと左の斜め上にある岩山に金水銀水洞窟はあるらしい。洞窟反対側には穴の開いた岩壁や立石地区の人たちが雨乞い祈願をしたという場所に石仏が祀られているという。
ここの標高は290mほどなのでまだまだ上部のようだ。
その間、一般参加者?の我々は小一時間おしゃべりをしながら待機する。
a0166196_219111.jpg

進路を探しに出た皆さんは見つからず…待機場所へ戻ってくる。
結局今回は断念し、調査の上再度チャレンジすることとして下山を開始する。
河野さん等は10年ぶりに訪れたそうで、その時にカラースプレーでマーキングした石は竹藪から先が不明だったようだ。
 ここは次回のお楽しみとしよう…。 
 六郷満山本山本寺8ヶ寺で唯一未確認となっている謎の寺~鞍懸山神宮寺のあったといわれる場所にも
 ご案内していただけそうだ。

(本日のGPSマップ)
a0166196_21101143.jpg


帰路に西叡山高山寺へ参拝。今回も大乗和尚は不在。奥様にご挨拶。
裏の山頂へとピクニック。青鬼さんと。
a0166196_21124533.jpg

ミツバツツジが咲きはじめていました。
a0166196_21111279.jpg

a0166196_21112915.jpg

白ドウダンも…
a0166196_21113530.jpg


最後にCM~  「千年ロマン時空博」  のお知らせ

国東半島峯道ロングトレイルお披露目トレッキングです。ご参加をお待ちしています!
 
 5月18日(土) 旧千燈寺~五辻不動コース    ※じなしのガイドです 
 6月1日(土) 中山仙境コース


               クリック

     千年ロマン時空博~おもてなしプラン・国東
by jinashi | 2013-04-14 21:22 | 国東半島あれこれ | Comments(11)

地区の集会があり11時を過ぎて出かける。
花牟礼山系で未登となっているながみず山なら…この時間からでも林道からなら往復できそうだ。

すこし古いデータだが…2006年2月の辻本さんHP大分の山・登山記を参考にして、湯平から広域農道を長湯方向に向かう。左カーブにある扇山団地の標識から右へと扇山林道に入る。少々荒れ気味の狭い林道を川沿いに500mほど進み左へと小橋を渡る。
ん…チェーンが張られていて通行止めとなっている。
マップを見るとここから登山口のある峠まではけっこう距離がありそうだ。時間はもう13時を過ぎている…。   予定を変更して花牟礼山へ登ろう。

花牟礼山(はなむれやま・1170m) 大分百山~2回目

広域農道へ戻り長湯温泉方向に進み庄内町阿蘇野中村の御幸トンネル手前から右の舗装林道へ入る。両側は椎茸のほだ場となった植林帯を抜けてカーブを繰り返しながら登っていく。

舗装路が終わった草の斜面へ車を停める。
山名標識に導かれてきれいに伏せ込みされたほだ木の横から作業道を歩きはじめる。
13時40分。ここの標高≒800m。
a0166196_13174668.jpg

ジグザグに高度を上げながら20分ほど歩くとその先で作業道は終点となる。
a0166196_1318755.jpg

鋭角に折り返すように尾根へ取り付く。
a0166196_13183176.jpg

急坂を登っていくと右に山頂部が見えてくる。崩壊した跡が痛々しい。
a0166196_13185153.jpg

クマザサ帯を抜けると見晴台へ出る。
霞ぎみだがくじゅう連山の景観がすばらしい。右にピラミダルな万丈塔(ばんじょうとう・1190m)は独立峰。
a0166196_1319927.jpg

ながみず山への分岐に着く。ここからカヤ場をいっきに60mほど下り、植生の違いがはっきりしている尾根筋を130mほど登り返すとながみず山の肩に上がりつくようだ。 今日はタイムアップのためここまで。
a0166196_13193378.jpg

山頂の手前にある御影石の4等三角点。
a0166196_13195744.jpg

左に崩壊地を見て先のピークから右へ下り気味に進んだところが山頂だ。
a0166196_1320249.jpg

2度目の山頂写真。15時ちょうど。  少し肌寒さを感じる。
a0166196_13212192.jpg

おやつを頂いたら下山とする。下山路先のピークが見晴台。
a0166196_13205669.jpg

1時間ほどで下山。ながみず山は次回の宿題となる。

本日のGPSマップ。
a0166196_1321441.jpg


          黄スミレ
a0166196_13215579.jpg

          アセビ
a0166196_13221593.jpg

          ネコヤナギ
a0166196_13222748.jpg

          ジロボウエンゴサク?
a0166196_13224798.jpg

          ヒメオドリコソウ
a0166196_13244830.jpg

          ショウジョウバカマ
a0166196_13233713.jpg

by jinashi | 2013-04-02 13:27 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(10)