梅雨本番となり今日は午後から強い雨の予報も出ている。天気が良ければあの山にあの花が…などと思っていたが予報どおりの雨で今日一日はまとまった雨となりそうだ。
大分オアシスタワーである〇△セミナーへ出席するママのアッシーを務めたら、その後に大分周辺のキリシタン遺跡を訪ねてみよう。

ママを降ろして最初に向かったのは「大分県キリシタン殉教記念公園」。
明野東交差点からを高田方面に1.2Kmほど行った葛木の県道21号沿い(ドラッグノザキの隣)にある。
大分市葛木「キリシタン殉教記念公園」

入口にクルスと看板が立つ。
a0166196_2255850.jpg

公園の奥にある「殉教記念碑」。レリーフには厳しい迫害にも屈せず信仰を貫いた様子が描かれている。
建立されたのは昭和45年。当時の大分市長上田保氏による。上田保氏は敬虔なカトリック信者で当時、国見のペトロ岐部神父立像建設の名誉会長にもなっている。
a0166196_227875.jpg

大友宗麟の保護の元、(とくに東部や南部に宣教師が入り教会がたてられるなど)早い時期に広まった豊後のキリスト教だが、秀吉による伴天連追放令や禁教令によりその反動も大きく「豊後崩れ」といわれる厳しい弾圧がおこなわれたようだ。ここ葛木一帯では200人もの殉教者があったという。
傍にある句碑。
 殉教の薄暑の葛木悼(いた)まばや  足立・・
a0166196_2282748.jpg


殉教公園を後にして雨の中を鶴崎高校の近くにある「毛利空桑(もうりくうそう)記念館」へ向かう。
a0166196_229966.jpg

どんな人なのか…じなしは知りませんでした。
空桑は幕末から明治初期にかけて活躍した尊王の儒学者、教育者。
脇蘭室(鶴崎)や帆足万里(日出)に学び、私塾「知来館」を開く。「文武両道」を信念とし多くの門下生を育てた鶴崎地方の偉人。

館長のAさんに高田地区にあるという紀新太夫行平と緒方三郎惟栄の墓について聞いてみる。緒方三郎の墓については知らないそうだ。
A館長におおよその場所を聞いて高田地区にあるという紀新太夫行平の墓を訪ねる。
雨脚も強くなった中、関園地区でそれらしき遺構を探していると畳屋のおじさんが軽四で帰宅してきた。尋ねるとなんと!墓はおじさんの家の裏にあったのだ。
そして、おじさんはじなしの同級生の兄のT畳屋さんと古くからの知り合いでした。
a0166196_22105525.jpg

紀新太夫行平~1144年(天養元年)相模の国の生まれと云われている。成人して修験者となり英彦山に入山、刀匠源(げん)正房(しょうぼう)定秀(さだひで)(紀太夫)の後継者として紀新太夫と名乗る。平氏滅亡により関東は下野(しもづけ)の国利根荘へ流刑されるが頼朝死亡により九州へ下向。国東伊美郷住し、後に大分の高田に居を定める。豊後刀鍛冶の祖と云われ肥後細川家の永青文庫(東京目白)所有の太刀は国宝に指定されている。
晩年はこの地で弟子を育成しながら過ごしたという。
「刀匠紀新太夫行平ノ墓地」の標柱も立っている。
a0166196_221258.jpg

承久三年(1222年)に没したようだ。戒名は「實相顕徳院鐵山玄運秘定門」か?
a0166196_22133096.jpg


次にネットで知った上戸次の「花香キリシタン墓群」に向かう。
松岡から県道206を行き白滝橋手前のR10を横切って竹中へ向かう。途中フッと思い出して竹中の旧道へ入る。
向かったのは歌手・南こうせつさんの実家の勝光寺。
前の郵便局に車を止めて山門へ向かう。こうせつさんとじなしは同年なのだ。
a0166196_22141712.jpg

勝光寺は元天台宗の歴史ある(禅宗・曹洞宗)お寺さんでした。
本堂へお参りをして境内を見ていると優しそうな男性から声を掛けられる。その方はこうせつさんのお姉さんのご主人Tさんでした。
この日はこうせつさんのお兄さんである住職の南慧昭(みなみえしょう)さんはお出かけで、ふたりで留守番をされているところでした。
山門を入って右手の鐘楼にはこうせつさんが「神田川」の大ヒットのあと寄贈したという梵鐘があります。鐘楼には戦争で供出したため鐘がなかったのです。寄贈された鐘は「しあわせの鐘」といわれている。
a0166196_22152733.jpg

庫裡にいたお姉さんもご一緒になりこうせつさんが子どもの時の昔話などをお聞きしました。
本堂裏に1年ほど前に開堂した納骨堂「勝樹苑」を特別に見せていただきました。
納骨堂祭壇の観音菩薩後の絵はこうせつさんがあっという間に描いたという絵です。ふるさと竹中で過ごした子供時代の想い出が詰まっています。大野川の河童や蛇、枝垂桜や由布岳も描かれています。
絵の題は「春のうた」。
音楽だけでなく絵の感性も違いますね。
a0166196_2217243.jpg

a0166196_22173321.jpg

a0166196_22181434.jpg

天井には花の絵が並んでいます。福岡市の人形絵師佐藤好昭さんが彩画をしています。センターの24コマは勝光寺ファミリーゾーン。
a0166196_2219246.jpg

右端にはこうせつさんの梅。
a0166196_2219563.jpg

左端に(長女の)Tさんご夫婦の南天? その横中央に今住職の南慧昭さんの彼岸花。
a0166196_22203087.jpg

こうせつさんのお友達の皆さんもご奉賛されています。
伊勢正三さんご夫婦。これは奥様。
a0166196_2221468.jpg

壇ふみさんの兄壇太郎さんご夫婦。ご夫婦ともにエッセイスト。
a0166196_22214298.jpg

笑福亭釣瓶(駿河学)ご夫婦。
a0166196_22222257.jpg

45cm四方の杉板1枚に名入りで好きな絵を仕上げて3万円だそうです。どなたでも応募できるようです。
突然訪ねた見ず知らずの者にもかかわらず、Tさんからいろいろと親切に説明をしていただきました。
Tさんありがとうございました。Tさんはじなしの(高校の)先輩でもありました。

花香キリシタン墓群
 赤~キリシタン墓 (青~勝光寺)

おっと…忘れていました。今日はキリシタン遺跡を訪ねていたのだ。
竹中駅を過ぎ、上戸次(かみへつぎ)小学校先の豊肥線踏切を渡る。踏切の横にある石碑。
a0166196_22392388.jpg

道なりに進んでいくと行き止まりとなり、その先に墓地がある。
a0166196_22231368.jpg

キリシタン墓に多い平石(伏墓)が並んでいる。
a0166196_2224815.jpg

廻りに人家もあるがあまり人の気配はしない。だれにも聞くことが出来なかったのだが…キリシタン墓に間違いなさそうだ。
a0166196_2225488.jpg


オアシスにママを迎えに行く。
帰る前に府内の南蛮文化について大分市元町にあるの「大友氏遺跡体験学習館」に立ち寄る。西洋医学、ゼウスでの西洋音楽?ボランティア発祥の地など昔の府内の町並みを想像しながら歩いて?来ました。

7月4日(水)はペトロカスイ岐部神父が373年前に殉教した日です。当日14時より、国見生涯学習センターみんなんかんで「ペトロカスイ岐部を聖人にする集い」が開催される。多くの皆様にご参加頂きたいものだ。主催は国見の歴史と文化を高める会。
ペトロカスイ岐部の故郷が大分のキリシタン遺跡を辿る巡礼コースの起点となり、多くの皆様においでいただければとてもうれしい。
 

昼食に立ち寄った鶴崎の「キッチンいこい」。かつて大分市中心のトキハ隣にあった名店でとり天発祥の店と言われている。
とり天ハンバーグ定食(760円)を頂きました。
a0166196_22253897.jpg

by jinashi | 2012-06-27 22:25 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(10)

6月8日に梅雨入りした九州北部地方だが、活発な梅雨前線も今日は一息ついて鹿児島辺りまで南下したようだ。九州北部は晴れマークも出て想定外(軽率に使えない言葉ですが)のうれしい予報となる。
北部の山でまず思い浮かぶのは春から秋にかけて多くの草花が咲く平尾台だ。カルスト台地の未踏のピークを目指して歩きながら季節の花々を楽しもう。

塔ケ峰(とうがみね・396m)
(平尾台マップ・塔ケ峰登山口)

椎田道路を下りて県56へ入り行橋市天生田を右折、北へ向かって走ると東九州道が建設中だ。豊前あたりまで小雨が降っていたが平尾台が近づくと青空も出てきた。
最初に登る塔ケ峰は平尾台の南に位置する山で、北にも同音の塔ケ峯(582m)がある。正確には南は「行橋の塔ケ峰」、北は「井手浦の塔ケ峯」と呼ぶようだ。
県28から前方に三角形の塔ケ峰を望む。去年の夏にラクダ山へ登った時に見下ろした山だ。
a0166196_16144149.jpg

カーブの多い道を平尾台へ向かって登る。カルスト台地へ上がる少し手前の「内の蔵橋」手前道路脇の狭いスペース(2台可)に駐車する。
a0166196_16151731.jpg

横のロープゲートが登山口。荒れた作業道を下り気味に入る。
8時40分。ここの標高≒240m。
a0166196_16161467.jpg

少し上って作業道から別れ左の竹林帯へと登っていく。
a0166196_1617463.jpg

ヒノキの植林帯へと入ると次第に急坂となってくる。
a0166196_16172874.jpg

ひと登りして稜線へと上がりつく。
a0166196_16181229.jpg

足元に破れ傘が広がるピークからもったいない下りが続く。木の間から山頂部も見えてくると返しの登りとなる。大岩横を登ると山城の特徴である3mほどの掘割が現われる。
a0166196_1619755.jpg

掘割からひと登りで?等三角点のある山頂に到着。9時33分。
大きな山椒の木が立っているが山名標柱はない。
a0166196_16213127.jpg

往路を下山する。
a0166196_16204412.jpg

10時8分に下山。登って下って1時間半。
平尾台にあって(カルスト台地の山という感じはなく)普通の里山という感じの山でした。

三笠台(433.3m)~風神山(418.9m)~大かんの台(432.8m)周回
(平尾台3ピーク周回マップ 赤~千貫岩駐車場 緑~三笠台 青~風神山 紫~大かんの台)

内の蔵橋から平尾台へと大きなヘアピンカーブを繰り返して登る。ラクダ山登山口を過ぎてほぼ登り上がった右手の千貫岩駐車場へ入る。4~5台が駐車している。
東屋の横から前方のピークを目指して階段を登る。10時21分。
a0166196_1630127.jpg

ひと登りで三笠台に着く。広々と全方位が見渡せて気持ち良い。
前方に貫山(ぬきさん・711.6m)と太平山(おおへらやま・578m)が。
a0166196_16303494.jpg

初夏の花々を見つけながら前方の平らなピークに向かう。
ピークの右に小さく見えている祠が風神様なのだろう。
a0166196_16321753.jpg

膝上まで伸びた夏草を分け、踏み後を見つけながら進む。昨日の雨水も残っており雨具のズボンをはいていて大正解。
前方の山は樋ケ辻。右手の岩場は天狗岩というようだ。
a0166196_1855432.jpg

緩やかに登り返して風神山山頂。
a0166196_16324643.jpg

風神山山頂の先にある風神様の祠。
a0166196_16332949.jpg

風神様近くにある三角点のそばで昼食をいただく。
一休みした後、大かんの台へ向かって歩く。
a0166196_16341461.jpg

大かんの台山頂。先ほどの三笠台とほぼ同じ高さだ。
a0166196_16344720.jpg

南に先ほど登った塔ケ峰。歩いた稜線のアップダウンが見える。
a0166196_1716750.jpg

千貫岩駐車場に向かって緩やかに下っていく。農道に出るとご夫婦がヨモギを摘んでいました。駐車場に戻って周回を終える。11時40分。昼食付周回時間は1時20分ほど。山というより鈍頂丘のピークめぐりでした。

堂金山(404.6m)と貝殻山(472.4m)
(赤~駐車場所 緑~堂金山 青~貝殻山)

車で移動。茶ケ床園地への分岐を千仏鍾乳洞へと向かう。鍾乳洞に向かって大きく右カーブする手前左に2台停められる駐車スペースがある。その右が堂金山の登山口。
a0166196_1639468.jpg

水だけ持って緩やかに登っていく。
a0166196_16394144.jpg

高まったところから左へ少しで堂金山山頂。標高差30mほどを(花を撮りながら)6分で登った。過去最短の登り時間の山? 後にこれから登る貝殻山が。
a0166196_1640279.jpg

往路を下りて鍾乳洞方向へ向かう。大きく右カーブした先を左の貝殻山へと入る。
a0166196_1641016.jpg

石灰石の間の急坂を登り上がると貝殻山山頂。花を探しながらの登り所要時間16分ほど。標高差≒90m。
a0166196_16412218.jpg

南西方向に三菱マテリアルが石灰石を採掘する竜ケ鼻(681m)が。その右向こうに今年4月に虎尾桜見物で登った福智山を望む。
a0166196_16421376.jpg

北に2年前の5月に登った権現山(558m)と周防台(609m)。
a0166196_16424245.jpg

茶ケ床園地と先に羊群原の大平山。大平山の右に少し見えているのが塔ケ峯(井手浦の塔ケ峯)。
a0166196_16431213.jpg

山名はあるとはいえ、皆小さなピークで山に登ったという感じはあまりしない。
梅雨晴れの平尾台を歩いてたくさんの草花と出会いました。
茶ケ床園地から目白洞→樋ケ辻→周防台→青竜窟から広谷湿原へのルートは次回の楽しみとする。

          ツレサギソウ(終わり)
a0166196_16442723.jpg

           ウツボグサ
a0166196_16442432.jpg

           オカトラノオ
a0166196_1644532.jpg

             クララ
a0166196_164450100.jpg

         カキラン(今が見ごろ)
a0166196_16452032.jpg

            シラン(終わり)
a0166196_16451946.jpg

        サイヨウシャジン(咲き始め)
a0166196_16454756.jpg

by jinashi | 2012-06-19 16:46 | 福岡県の山歩き | Comments(2)

扇ケ鼻(おうぎがはな・1698m)  ~6回目
星生山(ほっしょうざん・1762m) 大分百山 ~5回目
久住山(くじゅうさん・1787m) 日本百名山 ~13回目
 
1週前には大船山で山開きが行われた。ネット情報ではその時の山頂周辺のミヤマキリシマはまだ5分咲き程のようだ。
1週経ってこの日のくじゅう連山は山肌をピンクに染める満開の花を求めて今年一番の(たぶん)登山者で溢れかえった。

恒例となった二郷山友会「くじゅうミヤマキリシマ鑑賞登山会」には大分市よりK子さん、Y子さんのお2人も合流して総員18名のにぎやかなパーティーとなる。
朝4時に4台で出発。九重インターから四季彩ロードを上がり、筋湯温泉、瀬の本から赤川登山口へは予定時間の6時40分に到着する。赤川登山口の駐車場はすでにほぼ満車。
曇り空で霧も出ているようだが、予報では天気も良くなってくるようだ。

はじめての人も数人いて自己紹介をしあったあとO会長の命によりママを先頭(登りでスローになるため後続者がゆっくり登れる)にしてスタート。
6時56分。ここの標高≒1050m。
a0166196_1343716.jpg

赤川温泉がにおう中を進み、すぐの分岐を左の扇ケ鼻へ向かう。
ミズナラやアセビの群生地を抜けると台地状の緩やかな登りとなる。
霧の中にミヤマキリシマやドウダンが灯る登山路を進む。
a0166196_1351318.jpg

霧を抜けだす高さとなり、時折日も射してくる。
振り返ると祖母山が雲海から顔を出している。
a0166196_1353637.jpg

岩場が多くなって連続する急坂を登れば青空も見える扇ケ鼻の山頂部へ上がる。
この後登る久住山方向。9時25分。
a0166196_1361576.jpg

山頂では多くの登山者が次々とにぎやかに山頂写真を撮っている。ここでこんなに多い登山者を見るのは初めてだ!
順を待つ多くの登山者に見られながらの山頂写真。
a0166196_13395851.jpg

西千里浜や岩井川岳方向から次々と登ってくる登山者で溢れる山頂部で早い昼食(朝食?)とする。
岩井川岳にもミヤマキリシマの株が点々と。
a0166196_1365661.jpg

沓掛山からアリの行列のように続く登山者が見える。
a0166196_137388.jpg

西千里浜へ下りる。向こうに星生山。
a0166196_1382985.jpg

元気組は扇ケ鼻分岐から星生山へ向かう。ゆっくり派は西千里浜から久住山へ直行。
元気組の星生山頂写真。
a0166196_13402348.jpg

岩尾根を星生崎へと注意深く進む。
a0166196_1391691.jpg

途中から見るピンクに染まる平治岳。本日一番人気。
a0166196_13105445.jpg

久住別れから久住山に向かう。カーブの登りももう少し。
a0166196_13114892.jpg

次々と登山者が到着する中で本日3度目の山頂写真。12時41分。
a0166196_13324425.jpg

稲星山方向へ移動して一休み。2度目の昼食?(おやつタイム)。
a0166196_1313157.jpg

下山は稲星山との鞍部、神明水から南登山道を下りる。こちらの登山道は静かなものです。途中の台地から久住山頂部を振り返る。
a0166196_13141853.jpg

七曲りを下り、猪鹿狼寺跡を過ぎて分岐を赤川へ向かう。ここから思った以上に長い山腹道を歩いて舗装林道に出る。
a0166196_13153773.jpg

林道を下って赤川登山口駐車場へ周回を終える。ちょうど16時。
足の疲れもほぼ目いっぱいの人も居たようですが全員無事に下山することが出来ました。
ほぼ満開のミヤマキリシマでしたが、もう1週ほどは楽しめそうです。
本日のGPSマップ。(拡大します)赤川登山口コース
a0166196_13232642.jpg

本日の累計標高差≒950m。歩数≒2万歩。
帰路に国民宿舎久住高原荘の湯で疲れをとる。


  ミヤマキリシマ
a0166196_13193434.jpg

a0166196_13195021.jpg

イワカガミ(終盤)
a0166196_13201566.jpg

マイズルソウ
a0166196_13204157.jpg

チクシドウダン
a0166196_1321263.jpg

シロドウダン
a0166196_13212530.jpg

ベニドウダン
a0166196_13214547.jpg

ハルリンドウ
a0166196_1322699.jpg

by jinashi | 2012-06-12 13:23 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(2)

万年山(はねやま・1140.3m) 下園鼻繰(はなぐり)岩コース  
  九州百名山・大分百山 ~3回目
 

大分市の「うさぎ&かめの山楽校」会長T子さんより教えていただいたお花畑を訪ねて万年山を登る。
5月27日に3年ぶり(一昨年は口蹄疫で、昨年は悪天候で中止)に山開きが行われたという万年山だが、その前日にお花畑を歩いたT子さんは満開のミヤマキリシマを楽しまれたようでした。
1週経ったがまだまだ楽しめるかもしれない…。教えていただいた下園鼻繰岩登山口から登ってみよう。2008年5月25日(第60回山開き)以来の万年山だ。

R210を玖珠から天ケ瀬へ進み、「慈恩の滝」から県704へ入る。玖珠町山浦の春日小学校そばの分岐に地区の案内板や「万年山山頂まで6.9Km」の標識が立っている。左折して小学校横を下園集落へ入る。前方に万年山を望む。吉武台牧場から見る柱状節理のあるメーサの山容とは違っている。
a0166196_1951546.jpg

平成名水百選「下園妙見様名水」から1.5Kmほど進んだところが下園登山口。右に数台駐車できる。
準備をしてスタート。7時50分。ここの標高≒630m。
丸木階段を上がって幼木の植林帯へ入る。
a0166196_1961968.jpg

作業道へ出合うと山頂まで4.4Kmの標識を見て左へ緩やかに登る。
a0166196_19311457.jpg

2度目のヘアピンカーブから少しずつ傾斜も増していき、終点から丸木階段を登って支尾根へと上がる。
a0166196_1985792.jpg

尾根伝いに高度を上げて行く。大岩を過ぎて植林帯へ入りトラバース気味に登っていく。
a0166196_1994799.jpg

植林帯を登り上がると緑のアーチとなった広い作業道へ出る。草も刈られている。
a0166196_19103860.jpg

林道に出合い右へ向かう。万年山(西)の肩を望む。
a0166196_19113039.jpg

お花畑へ向かう林道、万年山台地へ上がる丸木階段、そして鼻繰(はなぐり)岩へと「3つの分岐」に出る。ベンチもあって一休み。
「南アルクス万年山コース」の指導標識が設置されている。「歩く」と「玖珠」を合わせたシャレた名前で最近周回コースとして整備されたようだ。今話題のジオパークや周辺の棚田、名水も一緒に売り出そうとしているようだ。
a0166196_1912826.jpg

丸木階段を上がっていく。途中右に分岐を見て台地の肩に登り上がると縦走路?に出る。
a0166196_19125548.jpg

ここからはほぼフラットな気持ち良い台地歩きとなる。
しばらく歩いて登山口から見えていた岩峰部に着く。
a0166196_19133468.jpg

岩場を上がると前は絶壁!足元に杉林が広がっている。
a0166196_19142742.jpg

岩場に2つのレリーフが埋め込まれている。まだ若くしてこの世を去った登山家(この人は元日田山岳会会長さんらしい~HP「山のいで湯愛好会」より)のために古里を望むこの山へ取り付けられたようだ。
a0166196_191551.jpg

ミヤマキリシマやヤマツツジの咲く空の道を歩く。まもなく西万年山。(万年山西三角点はわかりませんでした)
a0166196_19154077.jpg

先の展望岩からくじゅう連山を望む。山頂部は雲の中のようだ。今日は大船山で山開きが行われていることだろう。
a0166196_19161912.jpg

山頂に着く。10時8分。多くの登山者が休んでいる。
a0166196_19294451.jpg

山頂広場のベンチで昼食。前方に渡神岳、釈迦岳、御前岳の津江三山も見えている。
a0166196_8483011.jpg

一休みしたら吉武台牧場方面へとコンクリート階段を下っていく。こちらは牧場のコンクリート道を歩くファミリーコース。ちょうど今がラッシュアワー?10時30分。次々と登ってくる。
避難小屋手前まで下りてきたら周回コースの指導標に従って左の林道へ入る。朝の3か所分岐地点まで3.6Kmほどありそうだ。
a0166196_19181141.jpg

トラクター?の轍が残り、すこし荒れた林道を下りぎみに歩く。何か所か林道の分岐をやり過ごしてアップダウンすると左手杉林の向こうにミヤマキリシマの群落が見えてきた。
a0166196_19191355.jpg

少し先の林道は左へ大きく曲がり、その先にミヤマキリシマの大群落が現われてくる。ここがT子さんの「黙っておれないほど幸せな気分になるお花畑」なのだ。
a0166196_19195976.jpg

盛りを過ぎた株も多いが、今が全開の株もあちこちに見られる。
a0166196_19205828.jpg

お花畑を抜けるところから振り返ってみる。
a0166196_19214827.jpg

お花畑から25分ほどあるいて「3つの分岐」へ(周回して)戻ってきた。
a0166196_20525861.jpg

事前学習はしてこなかったが…「鼻繰岩コース」の標識を見て入っていく。少し下っていくと指導標があり左へと真新しい虎ロープを掴んで山腹を登っていく。
a0166196_19224563.jpg

前方に穴の開いた大岩が現われる。これが「鼻繰岩」なのだろうか?
山香の古戦場・勢場ケ原にあった「鼻ぐり石」も穴があったが…。
a0166196_19233360.jpg

下の指導標には「ハナグリ岩」の下に小さく「ウラに万年仏の横顔アリ」と書かれていた。穴を通り抜けてその大岩を振り返ると、なるほど仏の横顔らしきが…。
これがやはり鼻繰岩なのだろうか?
a0166196_19241346.jpg

帰ってネットで調べてみると~辻本さんHP「大分の山・登山記」2009・5・13やムツゴロ―さんブログ「オジン・オバンの山歩き」2009・5・24の画像とは違っているようだが‥? (ご存知の方、お教えください。)

「3つの分岐」へ戻り、林道から作業道へと往路を戻る。だいぶ日差しも強くなってきたようだ。
植林帯を下り作業道の途中で熟れたキイチゴを見つけながら(頂きました)も無事、登山口へと戻る。
13時5分。
a0166196_1925252.jpg

はじめて歩いたコースでしたが息を呑むようなお花畑や空の道が続く長い台地歩きなど、周囲の眺望も素晴らしいところでした。 T子さん、ありがとう!

本日のGPSマップ(拡大します)
a0166196_1934591.jpg



               キイチゴ(紅葉イチゴ)
a0166196_19253242.jpg

               キンギンカ
a0166196_19255823.jpg

                マタタビの葉
a0166196_19261365.jpg

            サンキライの青い実
a0166196_19264382.jpg

              バイカイカリソウ
a0166196_19271549.jpg

               ベニドウダン
a0166196_19274116.jpg

                グミの花
a0166196_19275597.jpg

                ナルコユリ
a0166196_19282613.jpg

                ヤマツツジ
a0166196_1929262.jpg

               ミヤマキリシマ
a0166196_192916100.jpg

by jinashi | 2012-06-04 19:32 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(0)