竹田市神原白水登山口

大障子岩(おおしょうじいわ・1451m)  
 九州100名山・大分百山~2回目  
 ママの大分百山~100座目003.gif
4月3日の夏木山で99座目となっていたママの大分百山。いよいよ今日完登の日を迎えた。
本日のサポーター(見届人)はじなし以下二郷山友会のO会長、Fさん、さとみさんと大分市の孝子さん、
そして特別ゲストサポーターに大分市「うさぎ&かめの山楽校」会長のタカ子さんがナビゲーターとして同行していただくこととなった。
最後に残ったこの大障子岩は100山の内ではおそらく一番手強い山で、ガイドブックにも「健脚コースで必ずベテランと同行すること」などと書かれている。4年前のこの時期にO会長以下5名で尾平→宮の原→大障子→前障子→健男社へと縦走したが厳しいアップダウンに故障者も出てやっと日没時刻に下山したときにはじなしもバテバテだった。登山コースはいくつかあるが、山楽校事務局長Aさんから(ママの実力と安全面から)薦められた神原白水(こうばるしろうず)⇔八丁越コースを登ることとする。タカ子さん以外は皆初めてのコースで楽しみだ。

早朝、タカ子さんと竹田の玉来駅で合流する。皆さんと初対面のあいさつを交わして神原白水登山口まで先導していただく。今日は晴天のいい一日となりそうだ。

登山口となる狭い林道にUターンして車を停める。
準備をしてタカ子さんを先頭に歩き始める。6時32分。ここの標高≒550m。
a0166196_17413846.jpg

植林帯の急坂を上って行く。
a0166196_17422373.jpg

大岩の横を通る。
a0166196_17425733.jpg

途中の谷間から振り返ってくじゅう連山を望む。
a0166196_17433629.jpg

小滝を過ぎる。
a0166196_17441512.jpg

ガレ沢を登り左の尾根へ取り付く。
a0166196_17445420.jpg

長い急登が続きママもスローダウン。このあたりから新緑の自然林となりシャクナゲのピンクが目に付くようになる。
a0166196_17452854.jpg

急坂の尾根から左上に大障子岩が見えてくる。
a0166196_109724.jpg

八丁越に上がり着き縦走路に合流して一休み。9時18分。
a0166196_17462212.jpg

大障子岩へ向かうとすぐに愛しの滝コース(クーチ谷)分岐を右に見て展望の良い露岩に上がる。
左に傾、右に障子岳・天狗岩までのパノラマが広がる。足元に尾平の谷が深い。
a0166196_1747842.jpg

風に揺れる(終盤となった)アケボノツツジが現れてくるとさらに急坂となり木の根や岩を掴んで登る。前峰の虎ロープがさがる大岩を越える。
a0166196_17483715.jpg

前方に聳え立つ大障子の大岩に圧倒される。山頂部の先端に先ほど追い越していった男性が一人豆粒ほど。
 (後にその男性はHP「大分山日記」のよっちゃんさんだと知ることになる。)
a0166196_17491939.jpg

ここからタカ子さんはママを先頭に立たせる。
一旦下って大岩の壁を左にして登り上がる。右に前障子への縦走路を分けるとその先が山頂だ。
後半ペースが落ちてきたママだが笑顔で一番先に大障子岩の山頂に立つ!003.gif 大分百山~100座目の山頂だ。10時23分。
さっそく皆で記念山頂写真。
a0166196_17501631.jpg

山楽校事務局長のAさんがこの日のために作ってくれた記念プレート。
a0166196_17511716.jpg

祖母山方向の絶景。
a0166196_17514889.jpg

先端部から振り返って見る前障子。
a0166196_1753055.jpg

左に傾山。中央に笠松山方向。
a0166196_17522090.jpg

全方位の絶景を楽しみながら昼食タイム。Oさんのさくらんぼや野いちご、タカ子さんの冷えたトマトが振舞われる。
4年前にじなしが投げそこなって先端部の割れ目に落ちていった発泡酒がまだあるのが見える。
1時間ほどゆったり休憩する。男性2人が登って来たのを機に下山開始。
終りとなったアケボノツツジが青空の下で風に揺らいでいる。
a0166196_1755116.jpg

往路を戻り2時間30分ほどで全員無事に下山する。
a0166196_17553778.jpg


同行していただいた山楽校のタカ子さん、O会長さん、Fさん、さとみさん、孝子さん、ありがとうございました。皆さんのサポートのおかげでママも山登りを始めて6年で大分百山を完登することが出来ました。

帰路にタカ子さんが連れて行ってくれた穴森神社参道のご神木。 5人がかりの太さ。
a0166196_17575117.jpg

神殿裏にある姥嶽大明神の化身の大蛇が棲んでいたという洞窟。
a0166196_17582038.jpg


                 ギンリョウソウ
a0166196_1759023.jpg

                 ツクシシャクナゲ
a0166196_17594634.jpg

                  ヒカゲツツジ
a0166196_1801437.jpg

                 アケボノツツジ(終り)
a0166196_1805344.jpg

                 八丁越のブナの新緑
a0166196_1812867.jpg

by jinashi | 2011-05-17 18:01 | 大分県の山歩き~祖母・傾系 | Comments(0)

 スタート&ゴール 国東市安岐総合支所

 新緑のくにさき路 偉人と素朴な祈りを訪ねて・・・ 
 Bコース(15Km)を歩く
晴天のもと安岐町で行われた第7回み仏の里くにさきウオーキングにありさんとじなしとサポータースタッフとして参加する。
安岐総合支所前で8時より受付を始める。
a0166196_1627812.jpg

開会式で三河市長のご挨拶。
そもそもこのウオーキングは三河市長が県東部振興局長時代の4年前に立案し、賛同者による実行委員会が組織されて始まったもの。じなしもその一員となる。
国見、国東、武蔵、安岐の旧4町が一体となり、地域の歴史や文化財をゆっくり歩いて訪れることでくにさきの魅力を知っていただくために始められたものだ。
a0166196_16425464.jpg

国東の山を歩く会の原田会長さんによる諸注意事項とストレッチ体操をして、9時にA,Bそれぞれにスタートする。ありさんとじなしはBコースのサポーターとして参加者17名の追尾につく。
a0166196_1646627.jpg

最初の目的地である「重光向陽会館」に着く。
重光葵(まもる)は明治20年、現在の豊後大野市三重町で生れた外交官、政治家だ。
第二次世界大戦中には外務大臣を務め、終戦時に政府全権としてミズーリ艦上で降伏文書に調印した人として広く知られている。幼少には母方の杵築市重光家へ養子となる。安岐町が母の出身地であることによりこの地に資料館として開館している。安岐町では毎年一月に重光向陽祭 とし顕彰の式典が催されている。
終焉の地となる神奈川県湯河原にも「重光葵記念館」があるようだ。
a0166196_1755388.jpg

浄土宗浄泉寺に着く。
a0166196_1791994.jpg

住職の中野さんは元安岐町職員で、長いあいだ「少年の船」による青少年健全育成等で活躍されてきました。最近ではお寺でギターライブを開催するなどいろいろと活動されている方です。
今年は宗祖である法然上人の800回忌の年だが、先の震災のため4月に行われる予定だった法要は震災被災者の供養を兼ねて10月に延期されたそうだ。
a0166196_17334658.jpg

浄泉寺の山号でもある隣の妙見山へ東参道を登る。 昔は寺の奥の院だったとも・・・。
a0166196_17382278.jpg

山頂(標高210m)にある妙見社。名前からいにしえの天台密教による北辰信仰に始まる社ではないだろうか?山の麓東西二地区により祭典がとり行われているそうだ。
社殿前で一休み。樹間から大分空港の滑走路が見える。
a0166196_17472088.jpg

石段を下り大添(おそえ)地区へ降りると鳥居が2基ありこちらが表参道のようだ。
a0166196_1935351.jpg

オレンジ道路へ入ると清掃された竹林が目に入る。障害者サポートセンター「三角ベース」を支援するために地域住民や老人クラブのみなさんがボランティアにより竹林でタケノコが獲れる(販売できる)ように整備したのです。
a0166196_1834692.jpg

とり頃のタケノコが沢山出ている。
a0166196_1924334.jpg

昼食場所の山口公民館へ到着。ここは重光葵の母方生家跡だ。
事務局スタッフから申し込んでいたおにぎり弁当(500円)をいただく。
a0166196_187424.jpg

公民館となりは重光家の墓地で葵(まもる)の墓がある。葵の墓は豊後大野市、杵築市とここの3箇所に分骨しているそうだ。
a0166196_18132725.jpg

山口公民館をスタートする。気温も上がってきたようで、オレンジ道路の左右を日陰を見つけて歩く。
むこうに広いみかん農園が見える。みかん農家も少なくなったがいまでも丁寧に栽培された糖度のあるおいしいみかんは高値で取引されているという。
a0166196_1820236.jpg

オレンジ道路から県道34号へ入る手前の橋から覗く鳴川渓谷。
a0166196_18235284.jpg

県34号を安岐町中心地へと向かうと右手田んぼの中(畦道)に標柱が立っている。
かつて宇佐八幡行幸会が行われていたときのお旅所となっていたところだ。行幸会は宇佐八幡の御験(みしるし~御神体)を最終地となる奈多八幡宮に納める行事で、1615年(江戸初期)中津藩主細川忠興公により150年ぶりに挙行されて以来現在まで再興されていない。多額の費用がかかるのもその理由のようだ。
a0166196_18292719.jpg

安岐中央公民館ちかくにある宝篋印塔と国東塔。説明するのは安岐ウオーキング(老人クラブ)会長の小林さん。
a0166196_18453886.jpg

実際禅寺裏の高台に立つ観音菩薩像。前住職の奥様により寄進されたそうだ。
a0166196_184725100.jpg

かつて多くの買い物客で賑わった小川商店街を通ればゴールは近い。
a0166196_1850494.jpg

全員無事にゴールイン。15時10分。完歩証をもらって解散。お疲れ様でした。
a0166196_18511950.jpg


 歩いて出合ったこんなモノ 
   ~重光向陽会館前のマンホールから顔を出したカエルくん。
a0166196_18531040.jpg

   ~妙見山東参道急坂手前にある石燈籠に彫られた亀の上に乗るカエル。雨乞いのためという。
a0166196_18553699.jpg

   ~妙見山山頂の岩壁に祀られた木造?青面金剛か?
a0166196_18572940.jpg

by jinashi | 2011-05-16 18:57 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

八代市泉町 ハチケン谷登山口

 京丈山(きょうのじょうやま・ 1472.5m)
  ~九州百名山・69座目
じなしはまだカタクリの花を見たことがない。カタクリやヤマシャクヤクで有名な熊本県の京丈山に登ろう。
九州中央山地の京丈山や(となりの)雁俣山では通常4月中旬から咲き始めるカタクリの花が今年はこの時期になってやっと咲き始めたようだ。

九州道松橋インターを出てR218を東に向かい美里町三和からR445へと入る。下津留集落あたりから道路が狭くなり離合困難な急勾配の曲がりくねった道が延々9Kmほど続いてやっと登りついたところが二本杉峠だ。標高は1100m。朝霧の中で裸電球が灯り峠の茶店が開店の準備をしている。
ここは雁俣山の登山口でもある。ここから先は五家荘となる。
a0166196_9401297.jpg

峠からまもなく右に大金峰(だいきんぼう)への登山口入口を見てゆるやかに下っていく。4Kmほど先で左の旧道へ入るとまもなく大きく右へカーブする所がハチケン谷登山口。先の駐車場所には本日一番乗りのようだ。
降ってきた小雨もしばらく待っていると止んできた。
柵の横から林道へ入り歩き始める。7時38分。ここの標高≒920m。
a0166196_941699.jpg

右に沢音を聞きながら新緑の下を緩やかな勾配で登って行く。
a0166196_9435380.jpg

沢に魚影を見つけたり、道端に初夏の花を探しながらいくと、急にパラパラと雨が落ちてきて雨具の上着を着る。 「ヒトリシズカ」が賑やかに咲き群れている。
a0166196_9444515.jpg

直線状に長く続いた林道が大きく右カーブする所の「下の取付き口」を見やって、さらに高度を上げていく。
a0166196_9454351.jpg

左にヘアピンカーブするところが上の取付き口でここから杣道へ入る。歩き始めて1時間20分ほど。標高1245m地点。4Kmほどの林道歩きで325mほどの高度を稼いだようだ。
a0166196_947629.jpg

山道となって植林帯の急坂をジグザグに登りあがる。踏み跡があるものの今は登山者も少ないようでトラバースの道が崩れかかった急斜面をハラハラしながら進む。右にカルストの大岩があらわれるとまだ蕾の山シャクヤクが多くなってくる。バイケイソウの緑が群れる中にカタクリの葉が目に付くようになる。この辺でまだ蕾のカタクリを発見する。
a0166196_9474448.jpg

霧が流れる林道を横切ってさらに上の植林帯を登って行く
a0166196_11522763.jpg

雁俣山から(ハチケン谷下の取付き口からも)の縦走路と合流する。ここでやっと開き始めのカタクリを発見。少し道迷い(1432mピークへ向かってしまった)をしてしまうものの山頂への指導標を見つけて一安心。
a0166196_9483197.jpg

苔むした石灰岩のカルスト地形を通り抜けるころには明るくなって陽も射してくる。どこか甘木の古処山山頂部に似ている。ニリンソウ(花)やヤマシャクヤク(蕾)、トリカブト(若葉)が群生している。
a0166196_949872.jpg

前方の樹間から山頂部が望める。いったんすこし下って登り返すと山頂標識が見えてきた。
a0166196_9495680.jpg

ワナバ谷・平家山分岐を右に見ると6~8畳ほどの狭い山頂に着く。10時34分。2組がくつろいで景色を楽しんでいる。2等三角点そばに山ノ神の小さな石碑があって登って来られたことに感謝のお参りをする。
山頂写真。
a0166196_9503866.jpg

山頂周辺に咲くほぼ全開のカタクリとご対面となる。別名「森のイナバウワー」とも言われるらしい。
   こんな句とめぐり合いました。  ~ かたくりは耳のうしろを見せる花  (川崎展宏)
a0166196_9522843.jpg

遠くに雲が広がっているが天気もよくなってきた。北のほうが開けていて先に続くのは茂見山や洞ケ岳らしい。
a0166196_953698.jpg

西には樹間より雁俣山も見えている。
a0166196_9544412.jpg

ワナバ谷コースから登ってきた鹿児島からの若い夫婦によると途中にカタクリの群生があってよく咲いていたそうだ。二人は鹿児島から由布やくじゅうへも日帰りで登るそうだ。

昼食をとったりして小一時間ほど山頂でくつろいで下山とする。
分岐を雁俣山方向へと進むと間もなく木板にハチケン谷への分岐が書かれている。
a0166196_1444767.jpg

植林帯をグングン下って小沢をわたるとすぐに今朝通り過ごした下の取付き口へと降りる。
a0166196_10215343.jpg

予定した時間より随分早く駐車場所へ降り着く。12時44分。下山は約1時間25分ほど。
今日山中で出合った人は5~6組10人ほど。思ったほど多くなかった。
a0166196_1028393.jpg


下山後R445を五木村方向へ3kmほど下った梅の木轟公園の吊り橋へ立ち寄る。1989年10月に竣工となったPC鋼材による吊り床版橋で長さは116mある。渡った先には梅の木轟という瀑布(滝)が間近に見られるようだ。ママは途中から谷底を覗いて・・・戻って来た。じなしは高所恐怖症のため10mほど行ってUターン。
a0166196_1030302.jpg

二本杉峠の茶店に立ち寄る。売店の商品は地産の手作り品で洗練された感じがする。種類も多く、すべて試食が出来るのが良い。店の人が皆優しいのも良い。こんな辺鄙な(失礼)峠にあって立ち寄る人も多く、カタクリのシーズンでもあり今が稼ぎ時のようだ。
a0166196_1031941.jpg

帰路に美里町の階段の里「佐俣の湯」に立ち寄る。駐車場もほぼ一杯で多くの入湯客で賑わっている。産品直売所や観光案内所も兼ねている。高校生の団体でとても混雑していた。入湯料500円。
a0166196_10315161.jpg


                   カタクリ三姉妹
a0166196_10323512.jpg

                    フウロケマン?
a0166196_10331939.jpg

                    マルバスミレ?
a0166196_10335638.jpg

                    ヒトリシズカ
a0166196_10344211.jpg

                  ナツトウダイ(夏灯台)
a0166196_15572575.jpg

                 ケクロモジ(毛黒文字)
a0166196_10353080.jpg

                    ワチガイソウ
a0166196_10364399.jpg

                 ヤマシャクヤク(つぼみ)
a0166196_10371598.jpg

                    ニリンソウ
a0166196_10402470.jpg

                  シロバナネコノメソウ
a0166196_1041240.jpg

                  ムシカリ(大亀の木)
a0166196_104138100.jpg

by jinashi | 2011-05-10 10:41 | 熊本県の山歩き | Comments(0)

豊後高田市西叡山高山寺


西叡山(さいえいざん・571m)  大分かくれ名山~ 2回目

京都の比叡山、天台宗関東総本山のある東叡山、ここ国東半島の西叡山を3大叡山という。
この西叡山8合目あたりにある高山寺(たかやまでら)は国東六郷満山寺院65ヶ寺のうちで8寺ある本山本寺(もとやまほんじ)と伝えられているのだが・・謎の多い寺だ。江戸時代に焼失(尼さんの火付けによる・・・という言い伝えがある)していたのだが、昭和59年篤志家の寄付により再建された。昨年春の峰入りで満願成就を果たし、その後に晋山式(しんざんしき~お坊さんになる式)を終えた船津大乗和尚が寺を守っている。和尚は元写真家だった。
遅ればせながら大乗和尚のお祝いがてらにと孫を連れて西叡山に登る。まだミツバツツジも咲いているかもしれない。

お寺に着くと和尚は不在のようだ。まずは本堂にお参り。
はるな(7歳)に「何をお願いしたん?」と聞くと・・・ナイショだそうだ。
a0166196_1438129.jpg

庭の前から国東半島の山々を望む。先ほど来の雨で見通しはよくない。麓に小さく見える国宝富貴寺はこの寺の末寺という。

a0166196_14451180.jpg

いよいよ姉妹での初の山登りです。ここの標高≒470m。
a0166196_14481278.jpg

ふざけながらもここな(4歳)も自力で歩いて登る。
a0166196_14483491.jpg

山頂の東屋に上がりついて・・・万歳三唱! ここまでの歩行≒750m。高低差≒100m。
そのあとお菓子タイム。
a0166196_1451376.jpg

山頂標識のある下で山頂写真。
a0166196_14524719.jpg

下山はおばあちゃんの背中。
a0166196_1453156.jpg

                    咲き残りのミツバツツジ
a0166196_14535672.jpg

                      シロドウダンツツジ
a0166196_14542652.jpg

                       ミツバアケビ
a0166196_14545410.jpg



 帰路で豊後高田そば祭りに立ち寄る。
a0166196_14554443.jpg

 会場のスパランド真玉には大勢の人人人・・・。大鍋で湯掻く無料のそばには長い行列が。
a0166196_14581935.jpg

 一杯500円のかも南蛮そばに並ぶ。
a0166196_14599100.jpg

 裏の河川公園で頂きました。
a0166196_14594960.jpg

by jinashi | 2011-05-01 15:01 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)