新燃岳の噴火

霧島連山の新燃岳が活発な噴火活動をはじめた。昭和34年2月以来の爆発的噴火のようで都城方面へ大量の降灰や空振による被害が報道されている。宮崎県は口蹄疫、鳥インフル、そして降灰とこのところツイていない。

2009年9月に霧島連山を縦走した。
えびの高原(宮崎県)→韓国岳(からくにだけ・1700M)→獅子戸岳(ししどだけ・1428M)→新燃岳(しんもえだけ・1421M)→中岳(なかだけ・1332M)→高千穂河原(鹿児島県) 
※コース距離≒13km

その時の新燃岳を見てみよう。
韓国岳から向かう縦走路より。手前に丸い獅子戸岳と噴煙がみえるのが新燃岳。その向こうに高千穂峰(たかちほのみね・1574M)。
a0166196_18482693.jpg

新燃岳火口。直径は≒700M。あちこちに小さな噴煙が立っている。
報道によると1月30日現在この火口湖は消失し直径500Mほどの溶岩ドームが出現しているようだ。
a0166196_1852451.jpg

活動が穏かなときのエメラルドグリーンの火口湖。緑色に見えるのは鉄イオンによるものでph1の強酸性だそうだ。
a0166196_18554538.jpg

火口縁を新燃岳ピークへと向かう。向こうに高千穂峰。
テンプターズの「エメラルドの伝説」を口ずさんで歩いていた・・・。
a0166196_1911625.jpg

翌日登った高千穂峰から見る。手前が中岳、平らな山が新燃岳。
a0166196_1925481.jpg

九州に多い活火山はやはり生きている。
鎮静化したらもう一度歩いてみたいすばらしいところです。
by jinashi | 2011-01-31 19:09 | 宮崎県の山歩き | Comments(0)

武士の家計簿

 「武士の家計簿」を見た
わさだタウンのシネコンで。
1日1回の上映だがこの日の観客は30人ほど。じなしの年齢が多い。
最初に題名からどんな映画なのか想像できなかったのだが・・・そろばんをはじく音に囲まれて見ているうちに引き込まれていく。

磯田道史原作「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化した時代劇。
加賀藩で代々御算用者(ごさんようもの)といわれる経理に携わり“そろばんバカ”と呼ばれた下級武士猪山家の3代が、妻の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描いている。
猪山家の家計簿からよみがえる下級武士一家の暮らしぶりから、現代にも通用する生き方のヒントがあるようだ。
おためごかしの財政支出や赤字国債を次世代につけまわしする今の国政には消費税アップを議論する前に国会議員の先生方にはぜひこの映画を見てもらいたいものだ。
また、家業を継ぎその道を極めることの意味、そして親子とはどうあるべきかを考えさせられる。
一方で鶴亀算などの和算が江戸時代からいかに優れていたかが窺える。

主役の猪山直之に堺雅人、妻役を仲間由紀恵が演じる。脇役には中村雅俊、松坂慶子、草笛光子、西村雅彦等が。チャンバラの場面がない時代劇もめずらしいが余韻ののこる映画だ。
おすすめ度~★★★★
a0166196_13113329.jpg

by jinashi | 2011-01-24 13:13 | 生きる力 | Comments(0)

楽習館くにみ句会 

新春句会  平成23年1月18日(火) 
 兼題~当季雑詠(年末年始)  講師~河野 輝暉

 
大賞 七草や湯宿で去年の尻洗う    やっさん 
入賞 幸せをおじぞうさんに初詣で    たつ
 〃 米寿過ぎ赤子のごとき病正月    和子
 〃 今朝の冬京の豆菓子なつかしく   キヨ
 〃 御降りの夜の厠を青く染め     じなし

    ズンと腹へ響く太鼓の初詣       きぬこ
    行く年に背中を押され希もつ      ひさえ
    七草のうまき粥は残り飯        清和
    二重丸三重丸あり古暦         ふじこ
    初詣木々空高く里の宮         ふよこ

    銀杏の実に青空の苦さ食ぶ    輝暉
a0166196_17211178.jpg


12月句会 平成22年12月21日(火)
 兼題~(わが町の)名所旧跡の秋冬  講師~河野 輝暉 
  木枯らしや画像にまわす我が臓器   ふじこ
  時を待つおしゃべり続く冬帽子      ひさえ
  五輪塔ゆらしバス過ぐ大小春      きぬこ
  姫島や秋空と海一人じめ         ふよこ
  秋深し夷耶馬路を娘にねだり      和子
  耶馬溪のとり天ひとつ紅葉狩      キヨ
  荒星に向かって下ろすYKK       じなし
  外は雪俳句にこまり悩んでる      たつ
  参道に落葉しぐれの時あかり      マイルド
  日曜日霜月祭は囃子のみ        清和
  豊野辺の枯れ蔦纏う庚申塔       やっさん
  散り紅葉踏まれて耐える寺庭かな   正人
by jinashi | 2011-01-18 17:38 | くにみ句会 | Comments(0)

高千穂町五ヶ所北谷登山口

祖母山(1756m) 日本100名山 5回目
Oさん、T子さん、Y子さん、K子さん、Mさん、Sみさん、ママ、じなし
年末からの寒波で祖母系は大雪に見舞われたようだ。
正月明けには祖母山で遭難救助があった・・・(~年末の29日から傾山より祖母へと向かった佐賀県の男性(35歳)が大雪のラッセルで体力を消耗してSOS、1月2日に天狗分れ辺でヘリにて救出される)

金曜日にOさんと話して急遽雪山ツアーを計画する。
祖母山には初夏の頃や紅葉の季節に登っているが雪山は初めてだ。

去年の11月に宮崎双石山にご一緒した山女の3人組と大分市で合流。野津原経由竹田から入って高森の津留コースに入ると里道にはまだ雪が多く残っており、じなし車では進入危険と判断しUターン。北谷から入山することとする。

五ヶ所小学校隣りで準備をし、雪タイヤ装着のOさん車に8名全員乗り込み7Km先の北谷登山口へ向かう。
a0166196_2216037.jpg

雪道の悪路を揺れながら北谷登山口へ着く。熊本と鹿児島ナンバーの2台が入山のようだ。
a0166196_22172715.jpg

全員アイゼンを着けO隊長以下8人が隊列を組んで入山する。8時30分。ここの標高≒1100m。
a0166196_22255127.jpg

踏みしめる雪音を聞きながらジグザグに上りあがる。津留コースからだとこの千間平に出る。ここまで1時間30分のスローペース。
この辺りの積雪20~30cmか。
a0166196_22305010.jpg

大分、宮崎、熊本の三県境。
a0166196_22323980.jpg

アップダウンの雪道は長くきつい。やっと開けて国観峠に着き一休み。
a0166196_2235737.jpg

昨年5月以来のお地蔵さん。寒そうです。
a0166196_22361825.jpg

Y子さんが雪穴にズボッとはまりこんで救助される。写真が間に合わない・・・
a0166196_2245874.jpg

ここから山頂まではさらに積雪が多く30~50cm以上はありそうだ。
a0166196_22453418.jpg

山ウーメン?の3名がスローダウン。一番きついあたりの9合目。
a0166196_22485450.jpg

国観峠から通常の倍の時間がかかってやっと山頂に着く。12時58分。
a0166196_2250777.jpg

ガスで視界はない。ときおり砂糖粒のような氷の雪が吹きつける。構図もままならずの山頂写真。
a0166196_2256973.jpg

すぐに下山。すこし下った風のあたらないところで昼食。手袋をはずすと手がちぎれそうに冷たい。暑いお茶やコーヒーで温まる。
往路をハイペースで戻り、予定時間より早く北谷登山口へ下りつく。15時43分。
予想以上の大雪の祖母山を全員無事で下山できて一安心。出合ったのは単独男性の2人のみ。
a0166196_2331996.jpg

厳しい自然を体験しながらも団体での楽しさもある雪山ツアーでした。
帰路に長湯温泉で筋肉疲労を癒す。

                        山頂の樹氷
a0166196_2334598.jpg

                   千間平の馬酔木のつぼみ
a0166196_2341899.jpg

by jinashi | 2011-01-10 23:23 | 大分県の山歩き~祖母・傾系 | Comments(0)

熊本県上天草市(上天草島) 今泉登山口駐車場

次郎丸嶽(じろうまるだけ・397m) 
太郎丸嶽(たろうまるだけ・281m)
 

 九州百名山~66座目  天草上島松島町にある山
倉岳から倉岳町棚底地区に下りてR266→県59→県34(天草街道)を走り松島町今泉の登山口駐車場へ着く。5~6台がとまっている。
次郎丸嶽は2002年改定の九州100名山へ新たに選出された山だ。
通常は次郎より太郎の方が高いはずだがここでは太郎丸嶽が116mも低い。かつては高かった太郎丸嶽が崩壊して次郎丸嶽のほうが高くなったといわれている。

11時13分、里道を歩き始める。ここの標高≒5mぐらい?
a0166196_18561170.jpg

西辺の集落へ入ると前方に次郎丸嶽の岩峰が見えてくる。次々にある標識に従って進む。
a0166196_18574062.jpg

集落を過ぎて畑地を緩やかに登ると次第に山道となる。
a0166196_18592879.jpg

右手に砂防ダムを見るとまもなく急坂となってくる。
a0166196_1903753.jpg

「長寿の湧水」の名を見ると飲まずにはおれない。
a0166196_1923174.jpg

「遠見平」を過ぎると小雨が落ちてくる。
まずは太郎丸分れを太郎丸嶽へと向かう。ママはパスして次郎丸嶽へと先行する。
最初の前峰を登っていくと大石が目立つようになる。
a0166196_1961176.jpg

次の小ピークを越えて大岩の間を登り、先の分岐から20分足らずで太郎丸嶽山頂に上がり着く。ちょうど麓からチャイムが正午を告げる。
南に次郎丸嶽の岩峰がそびえる。手前は太郎丸の前峰。
a0166196_19133638.jpg

登って来た西辺集落あたり。
a0166196_19143334.jpg

北の松島町方向。
a0166196_19154144.jpg

先の太郎丸分れに戻り今度は次郎丸嶽を目指す。「いなずま返し」や「次郎落し」といわれる厳しい急坂の岩場が続く。
a0166196_1918648.jpg

前方左手に巨大な露岩が現れた。
a0166196_1919884.jpg

「見晴岩」といわれる大岩をロープに摑まって上って行く。思った以上に傾斜は緩やかです。
(宮崎比叡山のカランコロン岩と似ている)
a0166196_19231531.jpg

ここを登るとみんな笑顔になります。山と渓谷社のガイド本「新版九州百名山」にも3人のおじさん、おばさんはいい笑顔でここを登っています。但しロープは無いようだ。
a0166196_19281493.jpg

露岩のさきにある弥勒菩薩の祠にお参りする。この山は別名弥勒岳ともいわれ旧暦3月18日には祭礼が行われるようだ。
a0166196_19321971.jpg

小鳥越峠分岐を過ぎると全方位が開かれた大岩の山頂だ。2等三角点がある。12時53分。
a0166196_19331661.jpg

方位板があるものの小雨は降り続き雲が出て遠望はきかない。
a0166196_19593434.jpg

午前中に登った倉岳は再び雲の中。
a0166196_19381796.jpg

山頂先端の巨岩の上で。その先は絶壁・・・。
a0166196_19365531.jpg

山頂となりの断崖に立つへっぴり腰のじなし。この岩は何かの顔に似ていませんか?
a0166196_1941434.jpg

次郎丸嶽登山路で出合った地元の78歳のおばあさん。70歳の時から毎年お正月にはこの山に登っているそうだ。今回で9回目。いっしょに登った愛犬「のんちゃん」はおばあさんをサポートするかしこいワンちゃんだ。若い頃から農業をしているので足腰は丈夫だそうだ。 それにしても・・・すごい!
a0166196_19445710.jpg

大降りとならずに無事下山して駐車場に戻る。14時ちょうど。5組の12~3人と新春の他生の縁。
a0166196_19454146.jpg


帰路では天草島から九州本土に繋がる幹線の天草五橋で正月休みを終えてふるさとを離れる車の渋滞に巻き込まれる。さらに九州道では広川あたりから鳥栖ジャンクションまでも大渋滞となり、帰着したのは夜10時すぎ。やれやれ021.gif
by jinashi | 2011-01-05 21:58 | 熊本県の山歩き | Comments(0)

熊本県天草市(上天草島)


倉岳(くらだけ・682m)  九州百名山~65座目    
 上天草島倉岳町の山。天草島で一番高い
  矢筈嶽(やはずだけ・626m) 
年末からの寒波も2日にはすこし緩んできた。初登りに天草の二山なら登れるだろう。
昼前に出発する。阿蘇越えは積雪で厳しいだろうと日田へ向かうとカーラジオの道路交通情報は朝倉~湯布院間の通行止めを伝える。日田でR210からR386へ入り朝倉インター周辺の混雑や九州道鳥栖ジャンクション辺りの激しい渋滞に巻き込まれながらも19時すぎにやっと上天草島の道の駅「有明」に着き車中泊とする。
翌朝、県道282から栖本町河内へ入り倉岳登山口の標識に従って1車線の舗装路を上って行く。

栖本町河内から見上げる倉岳山頂部は雲の中。
a0166196_1431210.jpg

くねくねと林道を登り標高が増してくると雪道となってくる。
a0166196_1445690.jpg

登山口の広い駐車場に着く。気温は3℃。準備をして初登りのスタート。8時20分。
ここの標高≒580m (100mも登れば山頂だ)
a0166196_1418343.jpg

倉岳神社の鳥居をくぐり階段を上がると右手にキャンプ場バンガローが並ぶ。
a0166196_14202786.jpg

雪の残る遊歩道的登山道を上がる。
a0166196_14212017.jpg

あっけなく山頂に着く。8時34分。 1等三角点にタッチ。
a0166196_14224941.jpg

今年初めての山頂写真。九州100名山も65座目。
a0166196_14231749.jpg

山頂にある井戸。霊感のある御方が祈祷したところここから水が出るようになったようで「倉岳霊水」といわれている。山のてっぺんにどうして水が湧く?のだろうか。(そっと蓋を開けてみた)
a0166196_14312828.jpg

山頂にある倉岳神社の祠。
a0166196_15391513.jpg

天草で一番高い山なのだが視界は雲ではっきりしない。このあと登る次郎丸岳か?
a0166196_14492179.jpg

続いて向かう矢筈嶽。
a0166196_14502136.jpg

下山は車道を下る。とちゅうでママが雪道をすべりこけたところを登って来た軽トラのおじさんに見られる。
駐車場に戻り倉岳と反対方向の矢筈嶽へと向かう。九州自然歩道に入る。ちょうど9時。
a0166196_14525753.jpg

雪の車道と出会うと左へと林道へ入る。
a0166196_14552265.jpg

緩やかなアップダウンを繰り返して林道を進むと陽も射してきた。
(途中、HP大分の山登山記にある4等三角点そばの最高点は何処だったのだろう?)
行き止まりとなって正面に立派な金毘羅宮の鳥居が立つ。
a0166196_14594228.jpg

鳥居をくぐって進むと金毘羅宮の社が祀られている矢筈嶽山頂に着く。登ったという感じはない。標高は626m。 9時40分。
a0166196_15372639.jpg

足元から天草の海に御所浦(ごしょのうら)島と周辺の小島が散らばっている。
2008年2月、ここ天草で開催された「第2回半島地域づくりフォーラム」に参加しこの御所浦島に民泊したことを思いだす。
a0166196_155209.jpg

矢筈嶽山頂写真。臼杵山岳会の山頂プレートと宮崎市の山本一春さんの木柱が。
a0166196_1554942.jpg

戻る途中から見えた倉岳。
a0166196_1563180.jpg

往路は途中から平行する九州自然歩道を歩いて駐車場に戻る。10時23分。
a0166196_15115149.jpg

by jinashi | 2011-01-05 15:32 | 熊本県の山歩き | Comments(2)

来訪者の皆様、明けましておめでとうございます。
今年もタイトルに掲げた山歩きや国東半島のあれこれを思いつくままに発信します。
ご意見、ご感想などありましたらお気軽にメール(プロフィールにアドレス有り)ください。


正月には開聞岳など薩摩への遠征を計画していたが・・・この寒波でコタツムリ(寝正月)に変身?する。
朝から雪が舞う新年を迎えたが、昼ごろには陽もさしてきた。年末に京都の岩清水八幡宮に参拝する機会を得たのでその報告?を兼ねてその子の伊美別宮社と親の宇佐八幡宮に初詣へ出かける。
EXILEのパワースポット宣伝効果なのかR213から宇佐駅そばのR10へ出るといっすんずり(大分弁~道路が渋滞して少しづつしか進まないこと)で宇佐神宮裏の球場臨時駐車場へと誘われる。こんなことは久々だ。
全国に4万社あるという八幡宮の総社宇佐神宮。大鳥居の先には多くの参拝者が列をなす。
a0166196_20463435.jpg

手水舎から上に進むと人垣が出来ており、若者による神楽が奉納されている。
a0166196_2113180.jpg

本殿へ上がる。手前から一の殿、二の殿、三の殿へと順に二礼四拍手一礼と参拝する。一般的には二拍手だがここ宇佐神宮では古来からの参拝のしきたりが残っている。
a0166196_216634.jpg

下宮から神宮弥勒寺跡を通り呉橋、宝物館の裏から表参道にでる。
お店のおばさんに昨年末に建立された山頭火句碑の場所を教えてもらう。

漂白の俳人といわれる種田山頭火は昭和4年(1929年)阿蘇内の牧で句会を催した後亡母の供養を思い立ち九州三十三観音巡礼の旅へ出た。まず阿蘇山に登り、一番札所の英彦山霊泉寺に参り、山国川を下り二番札所三光村長谷寺、三番宇佐の清水寺、四番大楽寺へと歩き、11月24日には宇佐神宮に参拝している。このときに俳友松垣昩々(まつがきまいまい)や師匠荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)への手紙に句を残している。(その後1938年にも参拝に訪れている)
彼は「層雲」という俳句結社の同人でその句は五七五の定型にこだわらない自由律俳句だ。
句碑(御影石製)は高さ2・3メートル、幅1・9メートル。同神宮の穴井伸久宮司が揮毫し、山頭火の後ろ姿のレリーフが刻まれている。
    松から朝日が赤い大鳥居
    春霜にあとつけて詣でる
a0166196_2124484.jpg

ちなみにその2日後の11月26日には国東市国見町の赤根温泉にわらじを脱ぎ、3つの句を残している。それらは平成15年11月に3基の句碑として地元の「国見の歴史と文化を高める会」により建立されている。

表参道に並ぶ出店屋台の列と多くの参拝者。
a0166196_21343741.jpg

社殿の裏道にあるポスト。これも民営化のなせるものだろうか。
a0166196_21355949.jpg

by jinashi | 2011-01-01 21:44 | 国東半島あれこれ | Comments(2)