カテゴリ:国東半島あれこれ( 132 )

全国に4万社あまりある八幡社の総本宮宇佐神宮で、ご神体を本殿へ移す「遷宮祭」が行われたので参拝見学に出かけた。  実に74年ぶりだという。

2012年から始まった宇佐神宮本殿修復工事もこの3月に完工し、遷宮祭に先だって4月には国宝本殿が特別一般公開された。
2年半にわたる「平成大修理」では檜皮葺屋根の葺き替え、漆喰壁の塗り替え、柱の彩色、飾り金具の修復などが行われ、市文化財担当者や神職による説明があった。

 ※特別公開があった4月29日の本殿脇受付テント。
a0166196_1635879.jpg


遷宮祭は夜の闇の中で行われるようで、74年前には午前3時に始まっている。
今回は午後7時から神事が始まるので、18時20分ごろに駐車場へ着く。

西参道へ廻って呉橋(くれはし)へ・・・
※昭和初期までは西参道が表参道だったようだ。
10年に一度の勅使祭の際だけに使用される呉橋も今日明日2日間のみ一般参拝者も渡れる。
a0166196_1636618.jpg

藻寄川に架かる呉橋。創建不詳。鎌倉時代以前にあったとも・・呉の人が架け替えたとも伝えられる。昭和26年に大改修されている。
屋根は向唐破風造で桧皮葺(棟は銅瓦葺)。日本百名橋。県指定文化財。(wikipediaより)
a0166196_16364169.jpg

a0166196_1637116.jpg

手水舎前で通行止め。絵馬殿前にも多くの一般参拝者が。
a0166196_16375434.jpg

係員の人が「祓所前でも見学参拝できる」というのでそちらに移動。
ベストポジション確保。
篝火が点火される。
a0166196_16384185.jpg

しばらくして「遷座の儀」が始まる。
穴井宮司を先頭に神職一行が祓所へ入る。18時46分。
a0166196_16395950.jpg

ご来賓は祓所前に整列。
a0166196_16403612.jpg

静寂の中、祓所で神事。
a0166196_16411727.jpg

下宮へ向かう。玉砂利を踏む足音だけが木霊する。
a0166196_16415683.jpg

続いて勅使一行が祓所へ。
a0166196_16423817.jpg

祓所で神事。
a0166196_1643973.jpg

下宮へ。19時14分。
この後、カメラが不調に・・。
a0166196_16434946.jpg

40分ほど経ち、夜の帳もおりて、下宮での神事を終えた一行が下りて来た。 
小松明の明かりに誘導されて雅楽とともに神職の「おお~」と低く長く警蹕(けいひつ)が聞こえてくる。
(ここからスマホ画像 フラッシュ禁止です・・)
a0166196_1645551.jpg

ご神体をのせた神輿も順に下りてくる。参拝見学者より4拍手の参拝が連鎖する。
a0166196_16462035.jpg

300人ほどの行列もいよいよ最後の神輿が上宮へ上がっていく。
a0166196_16465854.jpg

一般参拝者はここまで・・  
20時10分、帰路につく。
一生一度しか見られない1時間20分ほどの遷宮祭でした。

明日(28日)は勅使が天皇からのお言葉を八幡神に伝える「奉幣の儀」が行われる。
by jinashi | 2015-05-28 16:48 | 国東半島あれこれ | Comments(6)

国東半島北部の国見町山間部あたりは岩峰そそりたつ急峻な山が多く、かつては修験者が修行した遺構もあちこちに残っている。また、そこにはすばらしい景観が楽しめるポイントも多くある。

一昨年より始まった国東半島峯道ロングトレイルにもトレッカーが多く訪れるようになってきた。
そこでトレイルコースや周辺に7つのビューポイントを選び、そこへ記念スタンプを設置し、5月の1か月間記念スタンプラリーを実施することとした。

7つのビューポイントは ~
千燈岳、五辻不動、旧千燈寺奥の院岩場、大不動岩屋、鷲巣岳、高岩、一望岩の7カ所だ。

ビューポイントラリー表面
a0166196_12105015.jpg

裏面台紙
a0166196_12112589.jpg

ラリー台紙やスタンプなどの一式をビューポイントへ設置に出かけた。
エコツアーガイドのみなさん。 ここは夷谷などの絶景が楽しめる高岩。
a0166196_10395042.jpg

コンテナーには観光パンフなども入っています。
a0166196_10423464.jpg

高岩から一望岩まで縦走路の清掃も行った。枯れた雑木を切り歩きやすくする。
a0166196_10432661.jpg

一望岩でも記念のショット。
a0166196_1044457.jpg

山々は新緑に包まれ、トレッキングにいい季節になってきました。
5月中には国東半島の自然や歴史遺産を巡りながら是非ラリーに挑戦してみてください。参加賞や抽選でお楽しみ景品も用意しています。

7ポイントは天気の良い日にゆっくり2日あれば廻れるでしょう。

by jinashi | 2015-04-25 12:14 | 国東半島あれこれ | Comments(2)

国東市くにみグリーンツーリズム研究会では、都市部の人々に田舎暮らしを楽しんでもらいながら交流を深める農村民泊の受け入れを行なっている。

研究会のT会長さんより言われて、農泊の受け入れをしている会員のおとうさんたちを国東半島峯道ロングトレイルK1コースへ案内した。

天気は快晴。やや寒いがこのくらいがトレッキングにちょうど良い。
8時50分に夷農村公園Pを出発。

霊仙寺~実相院~六所神社へ。実相院青山先生からおかしの差し入れを頂きました。(感謝)
後野越で一休みしたら一望岩へ上がる。
中山仙境など前に広がる夷谷の絶景に歓声が・・・。
a0166196_140845.jpg

西方寺割石を(いつまでも元気で酒が飲めるよう?)念じながら通る。
a0166196_141068.jpg

西方寺地区では今が盛りのミツマタがお出迎え。先の林道沿いには大群落もある。
a0166196_1414021.jpg

キジョラン(鬼女蘭)の葉に幼虫を発見。アサギマダラの幼虫か?アサギマダラは丸く穴をあけて食べるようだがこの幼虫は葉の表面を食べているようだ。さて、なんでしょう?
a0166196_143135.jpg

阿弥陀越展望所で昼食のあと、大不動岩屋へ下って行く。
今やコースの人気スポットとなった大不動岩屋からそそり立つ岩峰を見上げる。
a0166196_1434255.jpg

尻付岩屋へ出る。
a0166196_1442387.jpg

この先、会員で千燈区長Hさんに案内で「ふうてんさま」を探訪する。
旧千燈寺へ行く途中の廃屋となった(中学校同級生)Kさん家から山へはいる。この家では3年前の国東半島アートプロジェクトでは飴屋法水さん、朝吹真理子さんによるアートパフォーマンスが行われた。
a0166196_1452760.jpg

小川を渉ったところにある金毘羅社鳥居。天保2年の銘がくっきり刻まれている。
a0166196_1461187.jpg

鳥居から少し登ったところにある金毘羅社。
a0166196_1472569.jpg

その先にも祠がある。何の神様か?
a0166196_1483914.jpg

急坂の尾根を登る。
a0166196_14101364.jpg

丸い広場の頂上部へ到着。「龍田神社」の祠がある。ここが「ふうてんさま」?=「風天様」なのだろう。
龍は八大龍王で雨乞いの神様か?千燈寺前にも龍神社があるのは?
H区長さんによると、千灯、野田両地区合同で毎年9月に祭祀を執り行っているようだ。
a0166196_1411985.jpg

伊美谷を望む。
a0166196_14115023.jpg

五辻不動尊の不動山を仰ぎ見る。
a0166196_14122925.jpg

龍田神社の前で記念写真。
a0166196_14131891.jpg

千燈寺へ戻る途中に土筆坊の大行列。
a0166196_14135433.jpg

15時に千燈寺へゴールイン。
みなさんお疲れさまでした。
T会長のお話では、韓国から農泊&トレッキングツアー受け入れの話もあるようで・・・実現すると良いですね。
そうすると農泊会員、ガイドにはハングルの勉強が必要になってきますね。

(GPSマップ)
a0166196_14143321.jpg

a0166196_14145061.jpg

by jinashi | 2015-03-26 14:16 | 国東半島あれこれ | Comments(11)

台風一過の14日、国東半島国見町の櫛来社で「ケべス祭」が行われた。

櫛来社は岩倉社ともいわれ、寛平元年(889年)に宇佐神宮のご分霊を移してお祀りしたという伝承があるが、ケベスという言葉の語源や祭りの起源は一切謎に包まれているという。

夕闇が迫る頃、祭を担当するトウバ(今年は金丸地区)の男たちは神社裏手の海岸へと精進潔斎に向かう。
a0166196_16374764.jpg

参拝者や報道が見守る中、大人も子供も素っ裸で海へ入って身を清める。
a0166196_16382329.jpg

拝殿前にかがり火が焚かれ、白装束に身を包んだトウバ衆が参列して神事が行われる。境内は大勢の参拝者で身動きがとれないほどとなる。
a0166196_16385470.jpg

神殿ではケべス役の男に宮司よりケべス面が取り付けられ、背中に「勝」の指文字をなぞられると神になる。いよいよ境内に登場する。
a0166196_16392373.jpg

笛太鼓鉦の4拍子に合わせて練楽がはじまる。笛のYさんは今年で50年の皆勤だ。
a0166196_16443165.jpg

ケべスは椿の木で作られた差又(サスマタ)を扇子で叩いて調子を取りながら境内を周回する。
a0166196_16395495.jpg

何度か回ったら庭火に向かって突っ込んでいく。それをトウバ衆が阻止する
左がケべス、右にトウバの男。
a0166196_16402971.jpg

時には庭火を跳ねて戻ることもある。
a0166196_16405923.jpg

9度目の突っ込みでケべスは庭火に入り込んで差又で大きく火を跳ねると、それまで阻止していたトウバ衆は一斉にシダの束に火をつけて参拝者に火の粉を浴びせて回る。逃げ惑う参拝者の叫び声が聞こえ、祭りはクライマックスとなる。
a0166196_164243.jpg

境内はシダが燃える匂いと煙に包まれる。
a0166196_16413657.jpg

トウバの男たちは、境内中を逃げ回る人たちを追いかけて容赦なく火の粉を浴びせかける。
a0166196_16423072.jpg

火の粉を浴びた参拝者は無病息災が叶うという。
30分ほどで境内に太鼓の音が鳴り渡って祭りは終了する。

過疎と高齢化が顕著に進む櫛来地区のケべス祭だが、今年も祭りを伝承していこうという地域の熱意により無事終えることができたようだ。

この日はテレビ朝日「ナニコレ珍百景」や戦場カメラマンの渡部陽一さんの取材、それに女性指揮者の西本智美さんも見学されていました。
by jinashi | 2014-10-18 16:56 | 国東半島あれこれ | Comments(6)

小鹿田焼民陶祭の帰りに中津市伊藤田の古要(こよう)神社へ立ち寄る。
ちょうど今日は3年ごとに行われる傀儡(くぐつ)による古要舞と神相撲が奉納されるのだ。
4回連続の見学となるが、今回の目的は3年前にデビュー?した笛の少年の追っかけ!?です。

境内へ入ると「福島神楽」が奉納されていた。時間は17時すぎ。
a0166196_15422057.jpg

夕闇せまろうとする頃、傀儡を操る白装束の氏子の人たち12~3人が神殿へ入っていく。
a0166196_1543361.jpg

笛、太鼓、手打ち鉦の楽師も拝殿へ入場する。笛は4人。その中に3年前のその少年もいて前列真ん中に太鼓と鉦に挟まれて着席する。
ぐっと背も伸び、子どもっぽさが抜けてきた少年に変身している。

ピーという少年の笛に始まりお囃子に合わせて傀儡による古要舞(神事)が始まる。
4拍子から変調するようなリズムや微妙な音階もあるようだが、しなやかな指先の動きに澄んだ笛の音が響き渡る。3年前よりずいぶん上手になったようだ。
a0166196_15432921.jpg

御祓神の登場から始まり細男(せいのう?くわしお?)神まで12番ある古要舞の笛を(大人の笛と交代で)1時間ほどで無事に務めた。
a0166196_1546227.jpg

お囃子が一転して傀儡による神相撲がはじまる。
東西から次々と相撲人形が登場して対戦が始まる。勝った傀儡力士のユーモラスな動きに拍手喝采がおきる。最後に赤銅色の小さな住吉様が多くの相撲人形を倒したあと、勝利のポーズをとると一段と大きい拍手と歓声があがって祭りは終了する。
a0166196_1546513.jpg


詳しくは3年前の傀儡舞で→「古要(こよう)神社の傀儡(くぐつ)舞い」

当日はTV取材で考古学者の吉村作治先生も見えていました。
OBSテレビ番組情報は→「ダイドードリンコスペシャル傀儡子(くぐつ)の神様~古要舞と神相撲~」
放送日は11月3日(月・祝)13時55分~14時49分。 
by jinashi | 2014-10-16 15:56 | 国東半島あれこれ | Comments(4)

大分県では平成27年7月~9月の3か月間、JRグループ各社と地域が連携して集中的な宣伝を行い、全国からの誘客を図る日本最大規模の観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン(DC)」が実施される。
 タイトルは「いやします。ひやします。おんせん県おおいた」
※「デスティネーションキャンペーン」はDestination(目的地・行き先)とCampaign(宣伝戦)の合成語。
3日より別府市で始まったDC全国宣伝販売促進会議には国内旅行社や雑誌社から580名が参加した。
翌4日には県内各地のえりすぐりスポットをめぐる参加者ツアーが実施され、国東半島ではマイクロバス2台でスポットを巡った。

午後には一行は六郷満山の聖地・旧千燈寺五辻不動に到着。国東半島エコツアーガイドのメンバーでみなさんをお迎えする。
a0166196_18352665.jpg



担当職員により取り付けられたテルテル坊主のおかげ?でぱらついていた小雨も上がったようだ。
a0166196_18365377.jpg


1300年続く神仏習合の六郷満山仏教文化やロングトレイル、国東半島芸術祭についてガイドより説明がされる。ここは今、県内でも最も熱いスポットだ。
a0166196_18372663.jpg


ゴームリー像で熱心に説明を聞く参加者の皆さん。
a0166196_18375760.jpg


街歩きの足元での参加者もおられましたが、馬の背の岩場を往復して五辻不動を無事に下山されました。
短時間の滞在でしたが少しはビリビリっと聖地のパワーを感じていただけたでしょうか?
a0166196_18493842.jpg

一行は次の訪問地豊後高田市の「長崎鼻リゾートキャンプ場」へ向かう。


by jinashi | 2014-09-04 18:41 | 国東半島あれこれ | Comments(7)

晴天に恵まれて第13回み仏の里くにさきウオーキングが開催された。
今回は6年前の第1回大会をベースにしたコースだ。
スタート地点の国東町小原のお祭り広場で出発式。

(スタート&ゴールの黒津崎海岸)


本日の参加者は31名。
このウオーク提案者でもある三河市長のご挨拶。
a0166196_13521683.jpg

準備体操。
a0166196_1352333.jpg

ちょうど9時に出発して黒津崎海岸の白砂を歩く。
a0166196_1353064.jpg

「去年はこの辺りで亀が産卵しました!」と保護活動をすすめる国東半島ウミガメプロジェクトの海原さん。
a0166196_13531421.jpg

平床漁港へ。
a0166196_13534539.jpg

鶴川地区の鉄道路線国東駅があった跡あたり。
かつて陸の孤島といわれた国東半島で、大分交通が国鉄杵築駅から国東町までの間で営業していた。昭和36年の洪水被害を受け、一部で復旧営業されていたが41年に全線廃止となった。地元では「軽便鉄道」と呼ばれて親しまれていた。
a0166196_1354411.jpg

地主神社横にある空也池で山下さんの説明を聞く。
a0166196_13544585.jpg

天台宗興満山興導寺で住職さんの話を聞く。かつては近くにある桜八幡宮司が別当を務めたという。
a0166196_1355253.jpg

桜八幡神社に参拝。
興導寺の守護神として後白川天皇の保元2年(1157)に川原の桜本宮社の御分室を勧請して創建された。
a0166196_13554340.jpg

八幡社の裏から出てR213を渡り田深川沿いを上る。
向うは現国東小学校。大友家臣田原氏の居城であった飯塚城址に建っている。「抜け穴が海岸まで通じていた・・」と山下さん。
a0166196_135609.jpg

山松醤油店の煙突。今は使われていない・・歴史遺産。
a0166196_13561848.jpg

県指定文化財の吉木九重石塔。
南北朝時代に活躍した飯塚城主、第二代田原氏能(うじよし)が、父貞広を供養するために建立したといわれる。最上層の笠から上が欠けているが、高さ6.12mは県内第二の石造多層塔。  
a0166196_13565146.jpg

吉木から北江を歩くと今冨建築があった。
ちょうど作業中の今冨さんに出会って・・すぐ近くの癒しスポットへ連れて行ってもらう。
いい雰囲気の溜池だ。子どもの頃遊び場だったらしい。
a0166196_1357819.jpg

近くの新築の家は今冨さんが去年建てたそうだ。若い感性が伝わる。国東の若手リーダーでこれからが期待される。
a0166196_13573564.jpg

石田製網工場を過ぎて川原地区の桜本宮社へ。
桜本宮社は和気清麻呂の子孫が寛仁3年(1019)、宇佐八幡宮より創建したといわれる。(その後鶴川へと移転され桜八幡神社となる)
a0166196_1358485.jpg

川原板碑へ。
右は亡母の三回忌供養に文保3年(1319)に建立されたアン(文殊)板碑で高さ177㎝。同左は亡父一周忌追善のため元応2年(1320)に建立されたカーン(不動明王)板碑で120㎝。鎌倉末期の作。
a0166196_13582697.jpg

畦道を通って安国寺集落へ。
a0166196_13584136.jpg

国東市歴史体験学習館「弥生のムラ」でちょうどお昼となる。
田深川沿いのこのあたりは安国寺遺跡といわれ、弥生時代から古墳時代にかけての住居跡で「西の登呂」とも言われている。
改築された発掘体験舎テラスで昼食タイム。今日は農村レストラン「いっちゃばっちゃ」の弁当でした。
a0166196_14122371.jpg

ひと休みして出発。
弥生のムラ横から山へと入る。ここは「みんなの森トレッキングコース」だ。
a0166196_1359286.jpg

急な坂道もあって・・ひと山越えて安国寺へ着く。
足利尊氏が国家安穏と元寇の役戦死者供養のため、全国68箇所に一国一寺建立されたという。最後の68番目に建てられたのがこの安国寺で・・その山門。
a0166196_1402390.jpg

本堂に安置される木像足利尊氏公座像は、尊氏存命中に製作された最古の尊氏像で、束帯姿、等身大の寄木造で国指定重要文化財。
a0166196_1404190.jpg

昭和4年に種田山頭火が立ち寄ったとも・・。
「日暮れて耕す人の影濃し」
a0166196_1411718.jpg

国東高校野球部グランド横を通る。
a0166196_1413239.jpg

黒津崎お祭り広場にゴールイン。14時40分。
a0166196_1415333.jpg

みなさんお疲れ様でした。
うっすらと暑さを感じるこの日でしたが新たな発見があるコースでした。
翌日は武蔵町コースで実施された。
by jinashi | 2014-05-20 14:03 | 国東半島あれこれ | Comments(4)

大分県北部、東部で実施される超ローカルツアー「千年ロマン時空博」 は今年で2年目となる。
今回も国東半島では紡ぎ人による様々なメニューがそろっている。

国見町赤根温泉「湯の里・渓泉」の伊美支配人が紡いだ「ロングトレイルハイライトを歩く」にはじなしが案内役を務めた。

この日は直前キャンセルがあったものの大分のTさん、別府のMさん、地元国東町のFさんの3名が参加してくれました。
(不動茶屋前で ~写真提供千燈寺今熊住職様より)
a0166196_18455952.jpg


9時過ぎに赤根温泉「湯の里・渓泉」を出発→千燈石仏→千燈寺→旧千燈寺→不動茶屋(お昼)→国東半島芸術祭・現代アート「ゴームリー像」→五辻不動尊→千燈岳(606m)登山→16時30分渓泉ゴール
(コースマップ)
a0166196_184825.jpg


少々ロングコースでしたし、千燈岳の急坂登りもきつかったことでしょう。
皆様お疲れさまでした。懲りずに?次回もご参加してください!

 2回目の「ロングトレイルハイライトを歩く」は5月25日(日)に同じコースで実施されます。
 ご参加をお待ちしています!

by jinashi | 2014-04-28 22:44 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

宇佐神宮は全国に4万社ほどある八幡様の総本宮で、年間に大小併せて150ほどの祭典がとり行なわれているという。
その中でも欽明天皇三十二年二月初卯の大神ご顕現ゆかりの日に斎行される例祭は「宇佐祭」ともいわれ、皇室より幣帛(へいはく)を賜る重要な祭典だというので見学に出かけた。

10時を過ぎて…改装中の絵馬殿前に来賓者が整列する中を3つの唐櫃を先頭に神職が続く。
a0166196_22333912.jpg

祓所へ入る。
a0166196_2234242.jpg

祓所は森に囲まれていて正面に小滝が落ちている。
重要な祭典の際に修祓を行うところで厳粛な雰囲気がある。(修祓を終えたあとで)
a0166196_22343082.jpg

この日の大祭のために開かれた西大門を潜る。
a0166196_22345077.jpg

本殿へ到着。
a0166196_2235941.jpg

皇室より幣帛(へいはく)が供えられる。
※幣帛=神饌(神に献上するお食事)以外の供え物。
a0166196_22352832.jpg

巫女さんが一人舞「豊栄の舞」を奉納する。
a0166196_22354833.jpg

玉串奉奠では京都石清水八幡宮からも参列されていました。
1時間ほどで神事も終了。
a0166196_22362320.jpg

重要な祭典と言われる例祭だが見学者(参拝者)は少ない。
本殿前でお会いした写真家のF先生も寂しがっておられました。

宇佐神宮では10年に一度(来年・平成27年)、天皇の祭文を神前に捧げ、奉幣を行う勅使祭が行われる。全国には「勅使参向の社(ちょくしさんこうのやしろ)」と称される神社が、伊勢神宮を始め現在では全国に16社あるという。
現在、そのために国宝の本殿修復工事(檜皮葺)が行われている。F先生の話では近年、材料の檜皮が手に入りにくいそうだ。
a0166196_22364714.jpg

階段の真下に設置されたのでわからなかったが、南大門からは高齢者のためにモノレールが運用されている。6人乗りで自己運転。
いずれ我々もお世話になることだろう。
a0166196_22374717.jpg

粛々と続けられている祭典を見るにつけ、宇佐神宮が豊前の僻地?にあって古代より日本の歴史を動かす大きな力をもっていたことが偲ばれる。
by jinashi | 2014-03-20 22:38 | 国東半島あれこれ | Comments(0)

大分県に春を呼ぶ「県内一周駅伝大会」は今日が最終日を迎えた。
今年もじなしの店前に並んで応援する国見中学校の生徒数は102名。
a0166196_226523.jpg

3区(香々地~国見海洋センター)を走るのは地元、国東消防署の藤本淳一くん。
ゴールまであと1㎞とすこしの地点ですが…玖珠町の選手(右)と競り合っている。
地元の大きな声援を受けて区間6位の好成績で道の駅くにみ前へゴールしました。
(淳一くんのお父さんはじなしママの同級生です)
a0166196_2271735.jpg

国東市・東国東郡チームの5日間の総合成績は16チーム中10位。これで来年はB部昇格を果たしたようだ。
終了を告げるバスが国東半島から冬を連れ去って行きました。
a0166196_2273699.jpg

by jinashi | 2014-02-25 22:12 | 国東半島あれこれ | Comments(0)