前夜に荷造りした段ボールを部屋に残して・・3日間お世話になった「たびのやどふらりん」を出る。
もうすぐ7時。

今回の北海道登山旅ではクロネコ往復宅急便を利用した。登山靴、ストック、衣類などザック以外のものを段ボールに詰め込んだので移動はほぼ空っぽのザックだけ。往復で4,768円。これは便利で楽ちんでした。

今日は新千歳15時発(大阪行)までどこかに観光と思っていたが天気予報はよろしくない。
曇り空のもと、ナビをセットして支笏湖へ向かう。

道東道の千歳が近づくと雨が降り出した。日本海から低気圧が近づいて道南道央ではかなりの雨となる予報だ。
前日まで2日間とも晴天に恵まれて山歩きを楽しめたことを幸せに思う。

富良野を発って2時間半ほどで支笏湖に着いた頃は大降りとなっていた。
湖畔の景色の良い駐車場を探したが、そんなところはないようだ。
a0166196_18141513.jpg

湖畔から樽前山や恵庭岳が見たかったが・・この天気なら仕方ない。
支笏湖温泉より。
a0166196_1814426.jpg

樽前山登山口まで遠くはなさそうなので行ってみることにした。
道道?141から分かれて登山口へ向かう。途中からダート道となり、雨の中、時にスリップしながら進む。
a0166196_18165159.jpg

7合目登山口へ着いた。標高≒660m。(樽前山外輪山標高は1022m)
a0166196_18153434.jpg

樽前山ヒュッテ。
a0166196_1818238.jpg

この山に登ることがあるだろうか・・・? tarumae-yamaさんはいつもここから登っているのだろうな・・・などと思いながらUターンする。

少し時間が早かったが小雨になった千歳に戻ってレンタカーを返却し空港へ。
広い空港をうろうろしていたら搭乗時間も近づいた。

雨の新千歳を離陸して予定時間より早く晴天の大阪伊丹空港へ着く。
乗り換えはデ・ハビランド・カナダ DHC-8のプロペラ機。
a0166196_18185731.jpg


瀬戸内海の島々を俯瞰しながら無事に大分空港へ着陸。
自宅に戻ると4日ぶりのフリルが元気に待っていてくれた。

4度目の北海道だったが、観光バスツアーではない手作りのこの山旅が一番思い出に残るだろう!
今回、北海道山旅を楽しめたのは往復航空券をプレゼントしてくれた長男夫婦と、フリルのエサやりを引き受けてくれたM子ちゃんのおかげ。 感謝・・・

  以上で北海道山旅レポはおしまい!
by jinashi | 2016-08-01 18:21 | 北海道の山 | Comments(4)

今朝はゆっくりとふらりんを出発。
ナビをセットして十勝岳温泉へ向かう。
北海道はあちこちに直線道路が多い。
a0166196_14424680.jpg


今日は富良野岳を登る。田中澄江の「花の百名山」では富良野岳を代表する高山植物としてエゾノハクサンイチゲを紹介している。

 富良野岳(1912m) ~花の百名山

6時過ぎに十勝岳温泉最上部の駐車場へ到着。70台ほど停められるようだが、まだまだ余裕がある。富良野盆地には雲海も・・
a0166196_14443233.jpg

出発は6時21分。ここの標高≒1290m。登山届けに記帳。ここは十勝岳(日本百名山)登山口でもある。
a0166196_1445714.jpg

大きなフキの葉が並ぶ登山路を進む。
a0166196_14454792.jpg

野鳥のウソが歩いている。4月にくじゅう花牟礼山でも出会った。
a0166196_14462484.jpg

40分ほど歩いて安政火口分岐の枯れ沢を渡る。富良野岳まで4km。
a0166196_1447456.jpg

D尾根と言われる山腹を緩やかに登る。
a0166196_14475273.jpg

沢の向こうに先ほど歩いてきた登山道が見える。
a0166196_14492694.jpg

尾根のピークを過ぎると前方に富良野岳が現れる。まだまだ遠い!
a0166196_1450716.jpg

大岩の転がるガレ沢を進むと上ホロカメットク(さらに十勝岳へ)分岐。
a0166196_14522545.jpg

登山路はこの先前方の三峰山山腹を緩やかに高度を上げながら続いている。まだまだ遠い・・
a0166196_14532386.jpg

先行する団体をアップで見る。安政火口分岐手前で私たちを追い越していった若いペアはさらに遥か向こうを歩いている。 
a0166196_14542211.jpg

次々に登場するお花に目を奪われながらも・・富良野岳は少しずつ近づいてくる。
a0166196_1455544.jpg

a0166196_14555081.jpg

振り返ると円錐形のシャープな山容をした十勝岳が顔を見せている。
a0166196_14564772.jpg

階段を登ると尾根も近い。
a0166196_14574325.jpg

良く鳴く野鳥が撮れた。調べると・・夏季に北海道に繁殖のために飛来するノゴマ(オス)のようだ。
a0166196_14581656.jpg

やっと縦走路(富良野岳肩)に出会う。
団体さんはここにザックをデポして山頂へ向かっている。
大船の段原のような感じのところ・・
a0166196_14593999.jpg

三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク方向。
a0166196_1501754.jpg

一休みしたら・・山頂へ向かう。標高差は170mほど。
ママも空荷です^^
a0166196_151280.jpg

下山してきた若いペアから励ましのお言葉を聞いたあと、振り返って見ると・・登山口の湯元凌雲閣も見えている。
a0166196_1514725.jpg

斜面のお花畑に感動していると・・下山のオジサンが「上はもっとすごいよ!」
a0166196_1524021.jpg

a0166196_1532971.jpg

あのてっぺんが山頂。
a0166196_1542446.jpg

直下の登山路にあった!  クマさんの? いつ登ってきたの?
a0166196_1544718.jpg

頑張って山頂に到着!
a0166196_1561282.jpg

十勝岳方向。
a0166196_1573351.jpg

前富良野岳方向
a0166196_1584871.jpg

こちらも足元に1等三角点あり。山頂写真。
a0166196_1592132.jpg

神々の遊ぶ大原野を見下ろしながら昼食をとっていたら・・山頂写真を撮ってくれた若い女性から「後姿を撮りましょう」と言ってくれた(感激)
名古屋出身で富良野が気に入って移住されて3年?ほどになるそうだ。 
記念の宝物となったその画像・・・
a0166196_1510389.jpg

その若い女性の後姿を撮らせてもらって(失礼)・・下山開始。
a0166196_15102082.jpg

上富良野~上ホロ周回も下調べしたが・・大きな三峰山に圧倒されて往路を下山することにした。(下山後の観光も楽しみたかった・・)
前方に十勝岳を望みながら下山。
a0166196_15134665.jpg

3匹の猫ちゃん岩?をズームで ・・化物岩というらしい。
a0166196_15105691.jpg

さすが花の百名山と言われるほど・・・次々と登場するお花を十分に楽しんで無事に下山。
a0166196_1512128.jpg

2日間すばらしい晴天に恵まれた。
北海道の長く厳しい冬を乗り越えて僅かな期間に咲く花々は可愛くも強さを感じさせた。
大きな北海道の大自然をぞんぶんに体感することができた。


十勝岳温泉登山口駐車場スタート6:22→6:58安政火口分岐→7:33上ホロ分岐
→9:18縦走路(富良野岳肩)へ(休憩)→10:09富良野岳山頂(昼食)10:36→11:00富良野肩→12:19上ホロ分岐→12:41安政火口分岐→13:10下山

(GPSマップ)
a0166196_15403914.jpg

a0166196_1541389.jpg



エゾノハクサンイチゲ
a0166196_13192825.jpg

ゴゼンタチバナ
a0166196_15144181.jpg

シギンカラマツ
a0166196_15151895.jpg

シナノキンバイ
a0166196_15154642.jpg

ウコンウツギ
a0166196_15161570.jpg

エゾルリソウ
a0166196_15165196.jpg

ミヤマアズマギク
a0166196_15175150.jpg

エゾノヒメクワガタ
a0166196_151826100.jpg

ハクサンチドリ
a0166196_15185666.jpg

ナナカマド
a0166196_15195452.jpg


 
 富良野・美瑛観光へ ~

十勝岳温泉カミホロ荘・総木造りの湯(600円)で心身をほぐしたら・・夕方までの観光へ出かけた。

まずは中富良野の富田ファームへ。近隣諸国の皆さんが大勢来られていた・・・
a0166196_15214372.jpg

サクサクコロッケにラベンダーラムネを飲みながら展望台から先ほど登った富良野岳を望む。
a0166196_15225197.jpg

まだまだ時間もあるので・・美瑛町に向かう。
北西の丘展望台へ。
a0166196_15235243.jpg

a0166196_15242026.jpg

ケンとメリーの木。
昭和47年、日産スカイラインのコマーシャルに使われたポプラの木。
a0166196_15245019.jpg

a0166196_15252869.jpg

マイルドセブンの丘。
マイルドセブンのコマーシャルポスターに使われたところ。麦畑にカラマツ。
a0166196_15302334.jpg

a0166196_15271478.jpg

by jinashi | 2016-07-30 15:30 | 北海道の山 | Comments(8)

すこし早く目覚めた。
まだ深夜のふらりんをそっと出発する。
R237上富良野から見る大雪山連峰。足元にラベンダー畑。北海道は夜明けが早い。
a0166196_12344652.jpg

途中の忠別ダム湖から見る旭岳。
a0166196_1235113.jpg



 旭岳(2291m) ~日本百名山

ロープウエイ山麓駅下の公営駐車場(無料)に着いたのは4時50分。
車中で一休みして・・6時の始発便へ乗ろうと山麓駅へ向かう。この先は有料駐車場。
a0166196_12355137.jpg

駐車場横からの登山道もあるようだが、ほとんどの登山者はロープウエイを利用するようだ。往復券2900円。
NHK日本百名山「トムラウシ」でガイドの男性が待っていたところ。NHK放映の際には「ロ」の字の上線は修復されていた・・
a0166196_12365826.jpg

定刻に出発したロープウエイは朝日に向かって標高差500mほどを10分足らずで登る。けっこう速い。
a0166196_12375022.jpg

今朝の姿見駅の天気は「晴れ」、気温は14℃、風速3m/s東。
歩き始めは6時15分。標高は1600mでここは旭岳5合目だ。
a0166196_12383195.jpg

さっそくお花畑が迎える。
a0166196_12392423.jpg

右手向こうに十勝岳連山が。明日登る富良野岳は?
a0166196_1239561.jpg

愛の鐘や石室のある姿見ノ池まで来た。
a0166196_12404440.jpg

地獄谷からはゴーという音とともに火口より噴煙が立ち上がる。一帯に硫黄臭も。
a0166196_1241305.jpg

6合目を過ぎて急登のガレ場となればいつものゆっくりママ。
ひたすら我慢の登り・・・
a0166196_12422757.jpg

8合目あたり。山頂部に金庫岩も見える。
a0166196_1243777.jpg

稜線の向こうに頭を出すトムラウシ山(右)、左は忠別岳。
大雪山は「神々が遊ぶ庭」と言われる。
a0166196_12442084.jpg

9合目を過ぎて前方のニセ金庫岩。向こうの噴煙は雌阿寒岳かな?
a0166196_1245455.jpg

大きく蛇行した先の登山路横に(本物の^^)金庫岩。
a0166196_12454412.jpg

山頂まであと少し。
a0166196_12463820.jpg

ひろい山頂へ到着!風が冷たくて気持ち良いが、紫外線は強そう・・
a0166196_12473349.jpg

ゆっくりママが上がってくる間に途中で出会った埼玉の女性と山話をする。あと10座ほどの百名山完登を目指していて、明日はトムラウシを登るそうだ。
むこうにそのトムラウシと右に美瑛岳?
a0166196_12481068.jpg

登ってきた稜線や姿見ノ池を見下ろす。
a0166196_12491550.jpg

ママも到着して・・快晴の山頂写真。足元に1等三角点。日本百名山旭岳は北海道最高峰。
a0166196_12501282.jpg

一休みしたら・・間宮岳へ向かう。
「デジカメもって野に山に」のtarumae-yamaさんおすすめコースを歩いてみよう。
大雪山国立公園は日本最大の山岳国立公園で北海道の屋根ともいわれる。左の高い山は大雪山系2番目に高い北鎮岳(2125m)か?
a0166196_1253588.jpg

ザレ場の急坂を滑りこけないように下りて、広~い雪渓にはいる。
a0166196_1255345.jpg

スリップしないよう・・踵から一歩一歩踏み下りる。右上が旭岳。
a0166196_1256859.jpg

お花畑に癒されながら・・標高差100mほどを一歩ずつ登り返す。
a0166196_12565293.jpg

左に旭岳、右に熊ケ岳山腹の雪渓。
a0166196_12574270.jpg

ここはトムラウシへの縦走路。
a0166196_12584354.jpg

北海岳への分岐を左へ向かうと間もなく間宮岳。
19日からこの日まで(7日間)旭岳滞在中?の男性に撮ってもらった。
a0166196_12593669.jpg

広ーい(直径2kmほど)噴火口跡の御鉢平。NHK百名山トムラウシでは熊がいた所。
a0166196_1301825.jpg

左からガスが湧いてくる。
a0166196_131239.jpg

ここを左へと裾合平へ下りていく。外人さんも多い。
a0166196_1315645.jpg

途中で昼食をとって・・下って行く。
a0166196_14254629.jpg

中岳温泉へ下りつく。足湯につかる登山者たち。
a0166196_1334935.jpg

a0166196_1432633.jpg

裾合平までは雪渓とお花畑が続く。
a0166196_134314.jpg

a0166196_1351080.jpg

a0166196_135472.jpg

裾合平分岐を過ぎると緩やかな登りとなる。疲れた足に堪える。
a0166196_1363545.jpg

ロープウエイ姿見駅が見えてきた。
a0166196_1372881.jpg

夫婦池を通って姿見駅へ戻る。
a0166196_1381740.jpg

ロープウエイで山麓駅へ下りる。
a0166196_1392745.jpg

ガレ場の急登や雪渓、アップダウンを繰り返す長いコースだったが、短い夏のショータイムを見せるお花畑に癒されて周回することが出来た。


旭岳ロープウエイ山麓駅6:00→(ロープウエイ)→6:10姿見駅6:15→8:44旭岳9:15→(雪渓)→10:34白雲岳分岐→10:40間宮岳→11:11中岳分岐→12:01中岳温泉→12:48裾合平→14:13姿見駅14:30→(ロープウエイ)→14:40下山
 歩行時間≒8時間  累積標高差≒1130m
(GPSマップ)
a0166196_13121263.jpg

a0166196_13123834.jpg



 大雪山の花たち
チングルマ
a0166196_1813449.jpg

イワブクロ(タルマエソウ)
a0166196_13185147.jpg

コマクサ
a0166196_1320249.jpg

エゾノツガザクラ
a0166196_13213410.jpg

アオノツガザクラ
a0166196_13221285.jpg

キバナシャクナゲ
a0166196_13224475.jpg

エゾコザクラ
a0166196_13231210.jpg

エゾイワツメクサ
a0166196_13234879.jpg

メアカンキンバイ
a0166196_13243743.jpg

ウスユキトウヒレン
a0166196_13253569.jpg

ヨツバシオガマ?
a0166196_13261088.jpg

 
・・・もうこのくらいで・・・




旭岳温泉・湯元湧駒荘「神々の湯」(700円)で疲れた体を癒す。
2014年ソチオリンピックスノーボードパラレル大回転で銀メダルの竹内智香さんの両親が経営するホテルのようだ。

帰路に美瑛町の「ぜるぶの丘」や
a0166196_18572934.jpg

かんのファームへ立ち寄ってミニ観光・・
a0166196_18582576.jpg

by jinashi | 2016-07-29 13:27 | 北海道の山 | Comments(8)

2か月ほど前から計画してきた北海道の山旅へ出かけた。
心配した天気も良さそうだ。

大分空港7時35分発ANA羽田行で出発。
a0166196_13452280.jpg

羽田乗り換えで11時35分に新千歳空港に到着。
まずは腹ごしらえ^^ 空港3Fにある北海道ラーメン道場へ・・・
a0166196_1346195.jpg

4日間の移動はレンタカー。レンタル料は¥18400也。
a0166196_13462976.jpg

時間も早いので、まずは夕張観光へ。
道東道夕張インターからR452→県38で夕張の中心部にある「黄色いハンカチロケ地」へ。
1977年(昭和52年)に公開された映画。監督は山田洋二。出演~高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり、渥美清ら・・・
みんなが涙を流した・・クライマックスシーン。
a0166196_1347890.jpg

今でも夕張のシンボル?
a0166196_1348460.jpg

あちこちに夕張メロン販売所があるが・・お客さんはいまいち?
かつて炭鉱の町として栄えたが、2007年には財政破綻した。ピーク時に11万7千人あった人口も今は1万人を切っている。元東京都職員の鈴木直道市長(35歳)が市の再生に取り組む。
石勝線(夕張支線)の夕張駅舎(兼観光案内センター)。
a0166196_1349482.jpg

道東道へ戻り占冠インターで下りて富良野町麓郷(ろくごう)へ。
「グラスフォレストin富良野」で室温40℃?のガラス工房を見学。
a0166196_1349376.jpg

麓郷展望台から見る富良野の里。向こうは夕張山地の山々。
a0166196_13503266.jpg

翌々日に登る富良野岳。
a0166196_135119100.jpg

3連泊した「たびのやどふらりん」。
1年前に信ちゃん&俊ちゃん、tetu-1さん&ミラさん両ご夫妻が利用されていたのでここに決めた。
近くにはテレビドラマ「北の国から」のロケ地もあるようだ。
a0166196_1352252.jpg

夕食は地元の食材を使用した手作り料理のバイキング。
食後にはメロンサービスもあり。
a0166196_13525368.jpg

明日は出発が早いので、夕食をすませたらお早い消灯。
夜は涼しい・・・




そして・・
出かける前に膨らんできたサギソウの蕾ですが・・
今日(28日)の午後になって・・開きはじめました!
a0166196_14252152.jpg


さらに次の日(29日)にはシラサギになりました。
a0166196_1231407.jpg

by jinashi | 2016-07-28 21:21 | 北海道の山 | Comments(8)

北海道の山へ

明日から北海道へ出かけてきます。
北海道の山旅は初めてです。
旭岳、富良野岳を登ってこようと思っています。
天気もまずまずのようです001.gif

帰ってきたら咲いているでしょうか・・・花大好きさんから頂いたサギソウが膨らんできました。
a0166196_18211397.jpg

27日帰着の予定です。
by jinashi | 2016-07-23 20:05 | 北海道の山 | Comments(8)