カテゴリ:国東半島・宇佐の山歩き( 86 )




先の日曜日(28日)の早朝、田原山駐車場でうすきさん車を見たとき、もうイワギリソウが咲いているんだ・・と知らされた。
行けるのは今日の午前中だなと思っていたら、前日に信ちゃんからお誘い℡をいただいた。サッと登ればいいものの、国東へ入って来られる時にはいつも声かけをしてくれるのがうれしいです。

 田原山(鋸山・542m)  ~九州百名山・9回目

8時前に信ちゃん&俊ちゃん、higeさん&higeママさんと合流して・・しゅぱ~つ! 半月前に雨乞牧場で出会った俊ちゃん以外は3月のトンテンカン以来です^^

前が開けて主稜線が見えてきた。
a0166196_1751388.jpg

ナワシロイチゴ?がいい色で熟れている。
a0166196_17543881.jpg

ヤブムラサキ
a0166196_17545496.jpg

雫石の上から登山口方向。向こうは「勢場ケ原の合戦」があった大村山。
a0166196_17551780.jpg

ひと登りで南尾根に上がるとヤマツツジが迎えてくれる。
a0166196_17554040.jpg

大観峰から山香方向。由布鶴見は雲の中。
a0166196_17555996.jpg

一旦下って登り返せば八方岳。ここが田原山(のこぎり山)山頂。
a0166196_17563595.jpg

今日は・・山頂の景色よりお花探し。
タテバイのステップを登ったところに第1号発見。
a0166196_17565786.jpg

国東半島のシンボル石を望む。
a0166196_17575453.jpg

痩せ尾根歩きが続く。
岩場の北側斜面に群生している。
a0166196_17581695.jpg

朝日を浴びて・・
一雨欲しいと言っています・・・
a0166196_17584680.jpg

マメヅタラン(の花)群落はお初にお目にかかります。
a0166196_17591296.jpg

地味な色の花だが・・日が射すともっと開くようです・・
a0166196_17593187.jpg

近くのチャボツメレンゲも成長中。秋には小さな白い花をつける。
a0166196_17595542.jpg

一番の群生地に咲くイワギリソウ。
レッドデータブックおおいた(絶滅危惧)IA 
a0166196_1802267.jpg

a0166196_1804041.jpg

a0166196_1813666.jpg

見返り岩へ向かう。
ウツボクサ
a0166196_1815659.jpg

急な岩場を下る。
a0166196_1822377.jpg

青空に映える卯の花。 ♪卯の花の匂う垣根に♪・・・
a0166196_1824719.jpg


今年も可憐なイワギリソウに出会えた。
九州では国東半島と薩摩の磯間岳あたりにだけ自生しているという貴重な花だ。
来週には梅雨入りしそうなので・・一雨浴びればフレッシュな開花がしばらくは楽しめそうだ。

信ちゃん&俊ちゃん、higeさん&ママさんお世話になりました!


登山口駐車場8:02→8:29雫石→8:42大観峰→8:56八方岳→9:13股覗き岩→10:26見返り岩
→10:42下山

登山口標高≒300m
沿面距離≒2.8Km
累積標高(+)≒410m
所要時間(休憩込み)≒2時間50分
(GPSマップ)
a0166196_1853749.jpg



.
by jinashi | 2017-06-02 18:07 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

以前より「うさぎとかめの山楽校」のKさんから申し付けられていた両子山登山の案内をした。
皆さんが未踏の「郡境尾根コース」(現在は市境尾根コース)を歩く。
同行のSさんは大分百山83座目となる。

 両子山(720.5m)  ~郡境(市境)尾根コース  

前日はSさん百山稼ぎで華岳と屋山を登ったそうだ。夜の部には呼んでいただき・・最高級シシ肉鍋&秘蔵酒をたっぷりとごちそうになった。

翌朝9時に両子寺で待ち合わせて・・出発。ここの標高≒330m。
車道を歩いて走水観音へ着く。清水を一杯いただいた。
a0166196_16532552.jpg

杉林を抜けると林道へ上がる。ここはロングトレイルK6コース。
しばらく歩いて山へ取りつく。
a0166196_16535025.jpg

この辺りから郡境尾根となる。かつての東国東郡と西国東郡の境界尾根。
今はさしずめ市境尾根。
郡境のことを話していたらSさんから「大分県十二郡」の覚え方を教えてもらった。(70歳ぐらいから上の大分県人は知っているようです)
 東西南北宇佐下毛、速見て通るは大分郡、大野直入玖珠日田
※東西南北は東国東、西国東、南海部、北海部のこと。
読み方は「とうざいなんぼくうさしもげ、はやみてとおるはおおいたぐん、おおのなおいりくすひった」・・・くすひたの人にかなり失礼な覚え方のようです。
a0166196_16554855.jpg

厳しい登りを頑張る。
a0166196_16562113.jpg

右手に山頂部が見えてきた。
a0166196_1656471.jpg

これを登ればトンガリ山。
a0166196_16571654.jpg

車道に下りたら山頂は近い。
a0166196_16573894.jpg

とうちゃこ。
前日はトレイルクラブ主催の山開き登山会がおこなわれている。150人ほどが参加されたようだ。
a0166196_165812.jpg


360度が絶景!
文殊~千灯岳 沖に姫島
a0166196_177193.jpg

尻付~ハジカミ~伊美山
a0166196_1782440.jpg

由布~鶴見
a0166196_17372673.jpg

1等三角点と特製山名標識の前で山頂写真
a0166196_17374360.jpg

弁当を食べたら・・下山は舗装路急坂激下り。
a0166196_16584888.jpg

鬼の背割石。
a0166196_1701559.jpg

針の耳。
a0166196_170373.jpg

奥の院に参拝。
a0166196_1713312.jpg

両子寺境内にはシャクナゲが咲き始めている・・
a0166196_1722286.jpg

a0166196_1724034.jpg

座れば・・牡丹
a0166196_1733138.jpg

牡丹桜?八重桜?
a0166196_174747.jpg


 暑くも寒くもない・・気持ち良い両子山周回でした。


両子寺下駐車場9:00→9:24走水観音→10:04山へ入る→11:40トンガリ山
→11:56両子山12:33→13:28奥の院→13:58駐車場へ下山
 
 登山口標高≒330m
 沿面距離≒7km 
 累積標高(+)≒640m
 累積標高(-)≒600m 
 所要時間 ≒5時間(休憩含む) 
(GPSマップ)
a0166196_1738286.jpg

a0166196_17384526.jpg




.
by jinashi | 2017-04-24 17:42 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

4月15日(土)に行われる第1回千灯岳登山会の下見がてらにひと登りしてきた。

千灯岳(605.6m) ~ 大分百山

野田の県31から見る千灯岳。まもなく麓は賑やかに桜花が灯り山が笑い出す。
a0166196_16295466.jpg

今日は気温も上がって(20℃を越えた)・・五辻不動下の桜も一気に開きはじめた。
a0166196_16283178.jpg

丸木階段を登り始める。
a0166196_16549.jpg

清明の陽を浴びた馬酔木。
a0166196_1653684.jpg

不動堂下の馬ノ背から見るゴームリー像と向こうに姫島。
賛否両論あった現代アート作品のゴームリー像だが・・
六郷満山天台宗寺院は宗教者として「像にとらわれない」立場を選び、今後は「問題に一切触れない」方針を決議した。(大分合同新聞2017年3月25日)
国東半島活性化のありかたに問題を提起したゴームリー像だが・・地元千灯区の継続設置要望や今回の満山会の判断により作品はこのまま継続設置されることになったようだ。
a0166196_1681243.jpg

五辻不動尊に参拝。
a0166196_1683322.jpg

岩場から望む鷲巣岳。
a0166196_1685479.jpg

不動山南尾根を進む。エゴノキの花には早いと思ったら山桜の花びらでした。
a0166196_1691950.jpg

展望岩から前に仏石?
a0166196_1694170.jpg

ピラミダルな千灯岳が近づいてきた。
a0166196_16101376.jpg

一旦林道に下りて再度山へ入る。
a0166196_1610552.jpg

展望所から山頂部を仰ぐ。
a0166196_16114452.jpg

前尾根を過ぎていよいよ本体に取りつく。
a0166196_1612862.jpg

植林帯の急登を行く。
a0166196_161429.jpg

肩に上がったあたりに万年青(おもと)。国東半島に多い。
a0166196_16143540.jpg

山頂に着くと周囲の雑木が伐採されてすっきりしている。
a0166196_16153086.jpg

全方位が素晴らしい展望だ。
西の黒木山方向。
a0166196_1616129.jpg

北東に鷲巣岳方向。
a0166196_16162215.jpg

北に竹田津港。ちょうど徳山からフェリーが入港する。
a0166196_16171177.jpg

東に富来や鶴川地区方向。
a0166196_16174419.jpg

南に文殊山や両子山。
a0166196_1618771.jpg

全方位に絶景が楽しめて千灯岳が何倍もすばらしい山になった。
a0166196_16183428.jpg

山頂ノートには~
大分のくどうさん、大分百山をぜひ完登してください。
a0166196_16185167.jpg


下山時に不動山が見えるところがあった。
いつも凸形の山を見ているので・・こちらから見る不動山は新鮮だ。
a0166196_16193013.jpg

1時間ほどで不動山へ戻る。
a0166196_16195546.jpg

往復2時間30分ほどで・・下の駐車場へ下山。


五辻不動下P12:29→12:36不動堂→13:05林道→13:17山体取付き
→13:44山頂13:57→14:24林道へ→14:52不動堂→14:59Pへ下山
 
登山口標高≒270m
沿面距離≒4.5km 
累積標高(+)≒600m 
所要時間  登り≒1時間30分 下り≒1時間
(GPSマップ)
a0166196_1621870.jpg

a0166196_16213715.jpg



 再度、山開きのお知らせです! 
 4月15日(土)は千灯岳 
(9時までに五辻不動下駐車場に集合)
     4月22日(土)は両子山です
a0166196_1625099.jpg


ご参加お待ちしています! 「記念品」と「おせったい」もあります。




.
by jinashi | 2017-04-05 16:25 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

本日最後は安岐町山口の高雲山を登る。
少し古いが・・「大分の山登山記」の辻本さんHPを参照する。
オレンジ道路で杵築方向に向かい安岐町山口のコミニティバス停「樋村」を右折して奥へ向かう。左鋭角に「山口小狭間線林道」へ入り、ゆるやかに登って峠にある林道竣工記念碑の前に車を停める。

 高雲山(たかくもやま・294m)(山口三角点) ~ 安岐町の里山

記念碑から100mほど戻ったチェーンゲートが登山口。
a0166196_2046794.jpg

緩やかに登っていけば峠らしきところへ出る。
a0166196_2047399.jpg

右手の山へ入ろうとするが防獣ネットに阻まれる。
ネット沿いに剪定?されたばかりのヒノキの幼木ゾーンを強引に進む。
a0166196_2048162.jpg

しばらく進むも・・尾根筋に入れそうにないのでUターン。
戻ってよく見るとネットに進入口があり中へ入る。
a0166196_20493517.jpg

尾根上を進む。ここが・・296mピークなのか?
a0166196_20495991.jpg

本格的?ヤブ漕ぎゾーンを緩やかに下り、左に見えた林道へ下りて進む。
キャタピラー運搬車が置かれている。
a0166196_20503050.jpg

さらに林道を進むと初めての赤テープを見つける。
a0166196_2051180.jpg

ナビとマップを見ながら左の鈍い尾根筋に上がる。
こちらもほぼヤブ漕ぎだ。
a0166196_2052015.jpg

すこし先で道らしく?なる。
a0166196_20522595.jpg

この辺りだろう・・とうろついていたら三角点発見!
a0166196_20525173.jpg

2等三角点そばにあるSHC別府の標識は「高雲山」。後ろのオレンジ標識は「山口」。
a0166196_20531515.jpg

来た通りに戻れば・・ヤブ漕ぎ帯に突っ込んで棘で右手首を切る(>_<)
防獣ネットから抜けて峠に出ると向こうに畜舎?が見えた。(ズーム)
a0166196_20534278.jpg

林道「山口小狭間線」へ戻って下山。
a0166196_20541686.jpg


お一人様の国東里山探訪はいつもドキドキ登山だ。
不安もあるが発見もあり・・下山すればドッとエンドルフィンが溢れる。

今年お初のギンリョウソウ
a0166196_2055611.jpg

コショウの木の花
a0166196_20552085.jpg


記念碑P14:38→14:39チェーンゲート→14:47峠→(ネット沿い突入)→14:51中へ入る
→15:01ピーク296m→15:15林道へ→15:21高雲山(山口三角点)→15:55記念碑Pへ戻る

登山口標高≒240m
沿面距離≒2.9km 
累積標高(+)≒150m 
所要時間=1時間17分
(GPSマップ)
a0166196_2056883.jpg


.
by jinashi | 2017-03-31 20:56 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)

安岐町掛樋の筧山は先月(2月4日)大藪に阻まれてリタイヤを余儀なくされた。
その後、ゆみちゃんから別ルートを教えていただいたので再挑戦となる。

 筧山(かけいやま・194.5m) ~ 安岐町の里山

前回は歳之神社からだったが、今回は関権現宮から山へ取り付く。
境内に車を置く。
a0166196_153634.jpg

社殿左の道の突き当りから山へ入る。
a0166196_1533170.jpg

その先墓地あたりで少し迷う。
手前右のクヌギ林から竹林の裏へ入り、木につけられた白や青の細いロープを見つけて上を目指す。
a0166196_1535317.jpg

標高差100mほど登って尾根に上がり右へ進む。
a0166196_1552049.jpg

防獣ネット沿いに進むとぬた場を見る。
a0166196_1554693.jpg

林道へ出る。先月のコース(歳之神社)から登ってくれば向こうからここに着くようだ。
鋭角に右へ向かう。
a0166196_156774.jpg

下り気味に進み、見当をつけてここから右の山へ入る。
(赤テープの木は見つからない)
a0166196_1563265.jpg

防獣ネットに赤テープを見つけてネット沿いに先へ進む。
a0166196_1572558.jpg

すこし先まで行って・・おかしいな?とUターン。
ナビとマップを照合しながら戻ると先のテープ近くに4等三角点を発見。
やったー!という感じ(^^) 
鈍頂の山で最高点に置かれていない三角点は場所がわかりにくい。
a0166196_1575150.jpg

往路を戻ってクヌギ林へ下りる。
a0166196_1581833.jpg

権現社へ下山。
a0166196_1584451.jpg

手こずったものの何とか一座を制覇・・

日当たりの良いところに咲いていた春リンドウ
a0166196_1591134.jpg




登山口(関権現社)13:00→13:12竹林裏へ→13:23尾根→13:27ぬた場→
13:31林道へ→(右往左往)→13:51筧山(三角点)→14:16関権現社

登山口標高≒80m
沿面距離≒2.3km 
累積標高(+)≒200m 
所要時間=1時間19分
(GPSマップ)
a0166196_1510381.jpg


.
by jinashi | 2017-03-31 15:11 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)

春寒が続いて今年は桜の開花が遅くなりそうだ。
今日は気温も上がって春めいてきた。
残り少なくなってきた国東半島未踏の里山を登ろう。

 蛇谷山(じゃたにやま・400m) 谷ケ迫山(たにがさこやま・383.3m) 
  ~ 武蔵町の里山


最初に向かったのは武蔵町の蛇谷山と谷ケ迫山。ゆみちゃんHPを参照する。

武蔵西小学校から丸小野集落へ向かう。丸小野公民館から裏の林道へ入り、
溜池と椎茸伏せほだ木の横を通って左の広くなった所へ停める。公民館から1.5Kmほどのところ。
植林地の舗装道を歩き始める。
a0166196_1185934.jpg

すぐにダート道となり、さらに荒れた林道となる。
15分ほど歩くと林道は行き止まりとなる。
a0166196_1193097.jpg

右手の木に赤テープを見つける。
a0166196_1195897.jpg

ひとのぼりで尾根に上がる。
a0166196_11101996.jpg

左へ登っていくとすぐに蛇谷山山頂だ。豊嶺会標識あり。
山頂周囲はかなり急斜面になっている。
a0166196_11104063.jpg

鞍部へ戻り、真っすぐに進む。
小ピークを越えて緩やかに登り返すと谷ケ迫山。
3等三角点と安武標識あり。
a0166196_1111464.jpg

後ろ側の国東町赤松の仏跡(太子堂)からも登れるようだ。ただし、距離は長くヤブ漕ぎもありそう・・
a0166196_1112087.jpg

復路の林道から見る蛇谷山。
a0166196_11212484.jpg

往路を戻れば20分ほどで駐車場所へ下山。


林道広場P11:03→11:17林道終点→11:21尾根鞍部→11:24蛇谷山→鞍部
→11:34谷ケ迫山→鞍部→林道終点→11:55登山口

登山口標高≒300m
沿面距離≒2.4km 
累積標高(+)≒170m 
所要時間=53分
(GPSマップ)
a0166196_11132789.jpg


.
by jinashi | 2017-03-31 11:16 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(6)


2日目は初日に高岩~一望岩より中山仙境を挟んで対峙した尻付山~はじかみ山を登る。
昨日のメンバーにママが参加して総勢14名。

 尻付山(587.3m・上黒土コース) 大分百山~6回目
 ハジカミ山(570m) 4回目

豊後高田市上黒土から林道を登り、行き止まりが登山口。
登山口から濃淡山の端の由布鶴見・・
a0166196_18482884.jpg

いきなりの急登をジグザグに登る。
キツネノカミソリやエビネの新芽が迎えてくれる。
a0166196_18491314.jpg

30分ほどで尻付山山頂に到着。
地元山友会が建てた山頂小屋も無残な姿となっている。2014年10月にはまだ屋根もあった。こちらも高齢化?
a0166196_1849429.jpg

急勾配を下って二本松へ下りる。
ここから登り返してハジカミ山を登る。
先頭ママにブレーキがかかったのでタイムオーバーで「薑(はじかみ)山」山頂。
=生姜や山椒など香辛料のこと
a0166196_18503263.jpg

山頂から国東半島の山々が絶景。
a0166196_18504957.jpg

a0166196_1851749.jpg

先頭が入れ替わって・・往路を戻る。
うすきさんの快速に必死で?ついて二本松へ下りる。
a0166196_18531791.jpg

あごを上げて尻付山へ登りつくと・・迎えてくれるお弘法さま。
a0166196_18534366.jpg

尻付山山頂で昼食。ちょうど麓から正午のメロディが聞こえてきた。
a0166196_1854596.jpg

3回登って、3回下って・・無事下山。
a0166196_18543928.jpg


あっという間の楽しい2日間でした。
山友の皆さんとさらに親密になれた国東半島トレッキングでした。
お世話係のsanpoさんや美味しい手料理を振舞ってくれた皆さまに感謝です。

元気が余って登り足りない皆さんは、天念寺耶馬の無明橋で修行をしてからご帰還されたようです(^^)

(GPSマップ)
a0166196_18562180.jpg


参加された皆さんのHPやblogです(遠いところから?)
「のんびり夫婦の山歩き」のんびりパパ&ママさん
「higetiasのエンジョイ・ライフ」higetias&mamatiasさん
「雪片の記録」kuuさん
「くじゅうを山歩」sanpoさん
「くじゅう連山のひよっこ」ryoさん
「ららら♪山びより」yumiさん
「信ちゃんの美夜古たより」信ちゃん&俊ちゃん
「山に癒されて」うすきさん
「赤毛日記」なおさん



.
by jinashi | 2017-03-08 18:58 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(8)

筑豊のさんぽさんの呼びかけで国東に多くの山友が集合した。
集合時間の9時少し前に千灯尻付岩屋へ着くとすでに全員集合。地元の自分が一番遅かった^^;
分乗して香々地夷の前田(高岩登山口)に移動する。
はじめて出会う人もいるので自己紹介をしあって・・出発。今日はいい天気・・

梅の花にメジロが群れて蜜を吸っている。
a0166196_17352323.jpg

四つ足岩場登り
a0166196_17354528.jpg

高岩山頂へ。逆光写真もまたおかし・・
a0166196_1736350.jpg

痩せ尾根を縦走して一望岩へ。
夷谷の向こうには・・ほとんどの皆さんは歩き済みの中山仙境が横たわる。
a0166196_17361811.jpg

西方寺のミツマタももう少し先が見ごろ・・・」
a0166196_17363620.jpg

稲荷社で昼ご飯を済ませて・・出発前の円陣?
a0166196_17365927.jpg

大不動岩屋からの絶景を楽しむ。
a0166196_17372514.jpg

尻付岩屋へゴール。
a0166196_1738181.jpg


全員で夜の部へ突入!
持ち寄りグルメにマイアルコールでのん兵衛山ブロガーどもの夜は更けていく・・
乾杯前のB級グルメ田川ホルモン鍋が食べごろになって来た。
a0166196_17385411.jpg



登山口標高≒60m
沿面距離≒6.7km 累積標高(+)≒720m 
所要時間=5時間30分(休憩含む)
(GPSマップ)
a0166196_17392077.jpg


.
by jinashi | 2017-03-07 17:41 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(14)

1月の国東半島里山徘徊の際に登り残した2座を登ろう。

最初に安岐町掛樋の筧山を目指す。
資料はゆみちゃんの「楽しい大分の山々」を参照にする。
安岐町中心部から県34で西へ向かい掛樋地区で県651へ右折したあたりから見る筧山。
a0166196_20134220.jpg

 
 筧山(かけいやま・194.5m)

右に歳之神社がありその手前左に車を停める。
a0166196_2014671.jpg

両子寄りに少し歩いて右へ鋭角に作業道へ入る。
a0166196_20143860.jpg

すぐに荒れた倒竹藪となっている。
a0166196_2015347.jpg

この辺りだけだろう・・と頑張ってヤブへ突っ込む。
防獣ネットを何とかクリア・・
a0166196_20152874.jpg

左へターンした先もひどいブッシュ!
a0166196_20155556.jpg

さすがにここでギブアップしてUターン(>_<)

車道へ戻るとカメラがないことに気づき、ブッシュに再突入。防獣ネットあたりで発見して戻る。
ふぅ~・・・
出だしの悪い筧山でした。

四等三角点の山頂からは展望もないようだが、またいつか・・地元の人に聞いて他のルートで再挑戦かな?


気を取り直して・・・次は下り山へ登ろう。 
登るのに下るとは面白い山名だ。だいぶ前の合同新聞「大分かくれ名山」に載っていたのを見て、光蓮寺の住職さまに聞いたことがある。
辻本さんHPを参照にする。

 下り山(さがりやま・283m) ~大分かくれ名山

県34をさらに両子寺方向に向かう。
右に八坂社を見て、次の光蓮寺の先を右に入る。人家を過ぎて少し荒れた林道となり緩やかに登っていく。ロングトレイル標識があるところに停めて歩き始める。
a0166196_20185090.jpg

すぐに林道は終点となる。
a0166196_20195244.jpg

植林帯を尾根に向かって登る。
a0166196_20201636.jpg

くぬぎ林を抜ける。
a0166196_20204668.jpg

ゆるやかな尾根へ上がって右へ向かう。
a0166196_20214595.jpg

行き止まりとなった下は掘割道となっている。
一旦手前に戻って堀割へ降りる。
a0166196_20222540.jpg

ここで初めてテープを発見。
a0166196_20225745.jpg

右の尾根へ上がって南へ進むと防獣ネットが現れる。
ネットに沿って進む。
a0166196_20232255.jpg

「山」コン柱標識のあるピークへつく。
a0166196_2024018.jpg

防獣ネットの破れたところから逃げたバンビちゃんが「ピー」と鳴いた。
その先右手は荒れた竹林となる。
a0166196_20242780.jpg

次のピークが見えてきた。
a0166196_20245852.jpg

ピークに祠があった。何の祠だろう。土や枯葉に埋まっていたのでお参りして掃除させてもらった。
a0166196_20254922.jpg

ここが山頂かな?と思ってナビを見ると・・もう少し先のようだ。
少し先を緩やかに登ると三角点が見えた。
a0166196_20262016.jpg

「下り山」山頂にある四等三角点。
a0166196_20264560.jpg

とりあえずお一人様山頂写真^^;
a0166196_20272532.jpg

往路を戻ると油留木方向のむこうに家が見えた。
a0166196_20275172.jpg

掘割から直接下りれば車に戻りそうだ。
a0166196_20282069.jpg

植林帯を下って行くと車が見えた。
a0166196_20284238.jpg

45分ほどの国東半島里山探検でした。
今日はこの1座だけ・・
両子の谷ではのんびり日向ぼっこのお年寄り組をあちこちでみました。
穏やかな午後でした。


駐車場所13:49→13:59掘割→14:13石碑→14:19下り山→14:34駐車場所へ戻る
   
沿面距離≒1.3Km
登山口標高≒230m  累積標高(+)≒130m
所要時間(休憩含む)≒45分  
(GPSマップ)
a0166196_20391142.jpg


 

  ここでイベントのご案内です!
         ↓
 
a0166196_20495056.jpg
 

    皆さまのご参加をお待ちしています!  
      






.
by jinashi | 2017-02-04 20:39 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)



本日最後の山は安岐町山浦の油原山へ・・

朝来の谷を下り、釜ケ迫国東塔入口から400mほど過ぎて瑠璃光寺への近道へと左折すると油原地区に着く。
ここは国東半島峯道ロングトレイルK5オプションコース。
a0166196_17385175.jpg


 油原山(ゆはるやま・265.9m) ~安岐町山浦の里山

蓮池の十字路を掛樋方向へ南に向かう。300mほど行った次の池の手前に停める。
目印は右のクヌギの木に緑色テープが巻かれている。
a0166196_17393324.jpg

(緑テープの反対側の)山へ入る。14時46分。ここの標高≒220m。
a0166196_1740171.jpg

荒れた・・作業道だった跡?を進む。
竹藪から鋭角に右へ向かう。
a0166196_17403497.jpg

作業道が不明となったあたりから頂上部に向けて適当に登ると山頂が見えてきた。
a0166196_1741115.jpg

SHC別府の山頂標識と四等三角点。
a0166196_17414954.jpg

石殿の祠もある。文政七年申・・
a0166196_17421823.jpg

山頂部に古いテープも見られるが・・ナビを見ながら往路を戻る。
a0166196_17425859.jpg


 所要時間=16分。標高差≒50m
(GPSマップ)
a0166196_17432424.jpg


 北西季節風が吹き抜ける寒い国東半島だったが、お一人様で里山5座徘徊を楽しんだ^^;




.
by jinashi | 2017-01-17 17:46 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)