2017年 12月 27日 ( 1 )

江戸時代には日出町豊岡から鹿鳴越を抜けて山香町へ向かう道は豊前街道といわれ、日出藩も利用した殿様道であった。また、キリスト教を伝播したフランシスコザビエルも鹿鳴越を通って府内の大友宗麟に面会したといわれている。

昼頃から雨の予報なので・・鹿鳴越に近い唐木山へ安近短登山へ出かけた。
唐木山情報を検索するといずれもトゲのブッシュで難儀をしたようだ。
近くには、2014年2月に登った(こちらもヤブとトゲの)鳥屋岳がある。

 唐木山(からきやま・599.7m) ~ 杵築市山香町の大分かくれ名山

(広域林道より)
a0166196_14472212.jpg

中山香から速見大田広域農道で経塚山方向へ向かう。左にあるJA山香?牛舎施設を過ぎた十字路を左折して立派な広域林道?を2kmほど進み、右に上がるコンクリート道の下に停める。

出発は9時57分、ここの標高≒380m。
a0166196_14475352.jpg
 
コンクリート道を上がったところから作業道を進む。
a0166196_1448857.jpg

すぐに荒れたカヤ道となる。
a0166196_1448252.jpg

山帰来が赤い実をつけている。
a0166196_14483861.jpg

左の防獣ネットに沿って進むと山帰来のトゲが袖を引く。
a0166196_1449271.jpg

カヤ場を過ぎて杉林の中を進む。
a0166196_14492124.jpg

1kmほど進んだらで右の荒れた植林帯に入り谷沿いを緩やかに登る。
a0166196_14495039.jpg

左に東ピークをみて鞍部に上がる。10時28分。
a0166196_1450431.jpg

右に向かい山頂を目指す。
a0166196_1451110.jpg

所々に古い赤テープを見ながら上を目指す。
a0166196_14511830.jpg

まんじゅうのような平たい岩を越える。
a0166196_14514458.jpg

勾配が緩やかになって荒れた山頂部に到着。2本線が山頂か。10時41分。
a0166196_1452344.jpg

山頂写真。
a0166196_14523442.jpg

近くをうろついたら4等三角点を発見。
a0166196_14524978.jpg

サネカズラ
a0166196_14531033.jpg

すぐに撤退。トゲも思ったより少なかった。
登りは作業道をまっすぐ進めば鞍部に出たのだ。
a0166196_1454157.jpg


車に戻ったのは11時24分。
4年ほど前に鳥屋岳に登った時にこの山もチェックしていた。だいぶ経って宿題を終えることができた。


 沿面距離≒3km
 累積標高(+)≒290m
 所要時間=1時間27分
(GPSマップ)
a0166196_14553563.jpg



下山後に豊岡の友人と久しぶりの再会。
大分の先駆けベンチャーズバンド「ザ・サンダーズ」のドラマーであのころ(50年以上前)かなりモテていたが・・今や古希越え。(左は奥さま)
じなしも「枯れ木も賑わいで」エレキギターを抱えて立っていた不良でした^^
a0166196_1455874.jpg

歴史ある別府温泉で温まる。
平成26年8月にリニューアルオープン。
別府の町のど真ん中にあって入浴料は100円。
a0166196_14544935.jpg




.
by jinashi | 2017-12-27 14:57 | 大分県の山歩き~その他の山 | Comments(4)