目覚めて牧ノ戸ライブカメラを覗くと真冬の雪景色となっている。
朝寝したのでバタバタと準備をして出発。
この冬初めての雪山だ。

水分峠から雪道をスローで走ってきたが小田の池レストハウス駐車場でゴムチェーンを装着する。
長者原から雪の九重山。
a0166196_1422134.jpg


大曲PのH車を横目に牧ノ戸へ到着。
出発は10時31分。気温は-7度。
a0166196_1423843.jpg


アイゼンで雪を踏む感触や音を楽しみながら坂道を歩き始めると・・さっそく樹氷がお出迎え。
a0166196_1433469.jpg


沓掛ウエルカムアーチ。
a0166196_1435979.jpg


春に備えて冬ごもりの馬酔木。
a0166196_1441628.jpg


扇ケ鼻分岐あたりの雪景色。
a0166196_1443534.jpg


山口の防府高校山岳部生徒たちとスライド。次々と「こんにちは」の声がうれしい。
去年12月にも出会った。
a0166196_1445341.jpg


ホワイトアウト気味の西千里ケ浜。
a0166196_1454865.jpg


エビの尻尾越しに凍てつく星生崎
a0166196_146656.jpg


避難小屋を見下ろす。
a0166196_1462488.jpg


空池横で陽が射してきた。好天の兆し・・
a0166196_1465181.jpg


完全氷結した御池に到着。12時41分。
a0166196_147952.jpg


a0166196_1473416.jpg


氷結湖面アート
a0166196_1475866.jpg


厳寒巌アート
a0166196_1482057.jpg


中岳も青空となってきた。
a0166196_148387.jpg



避難小屋に戻って・・セブンのフリーズドライ豚汁で温まる。
下山の復路では青空が広がってきた。
a0166196_1495257.jpg


a0166196_14101245.jpg


a0166196_14103849.jpg


a0166196_14112438.jpg



無事に下山。14時47分。
朝は寒さですこし躊躇したが・・出かけて良かった雪のくじゅう山でした。

 
往復沿面距離≒9.7km
 累積標高(+)≒800m
 所要時間=4時間18分
(GPSマップ)
a0166196_14122454.jpg


a0166196_14124055.jpg




(おまけ)
帰路に長者原から見上げる白銀の三俣山。
a0166196_1412364.jpg




.
by jinashi | 2017-12-18 14:15 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(14)