2017年 09月 11日 ( 1 )



毎年この時季に小倉の総合展示場で行われているR社の「健康フェア」に今年も出かけた。

見学を終えて、下関市長府に住む義兄のお見舞いに立ち寄る。
軽い脳梗塞だったようで以前と変わらず元気にされていて一安心。

ネットで長府の近くの山を探すと四王司山と勝山が良さそうだ。
ナビをセットして勝山御殿跡に到着したのは昼前になっていた。

 四王司山(391.8m)・ 勝山(361m) 
~下関市の里山

勝山御殿跡前にある駐車場からスタート。
a0166196_1354566.jpg


幕末期に長府藩主が居城した本丸御殿の跡を横目にして山へ入る。
a0166196_13553488.jpg


ヒノキ林を登る。
a0166196_13555847.jpg


下山してきた数組のファミリーとすれ違って鳥居に着く。
鳥居の額がない。
a0166196_13563425.jpg


送電線鉄塔に出る。
a0166196_1356556.jpg


木漏れ日の樹林帯を緩急繰り返して登ると8合目の標識。
a0166196_13571815.jpg


山頂部の鳥居に着く。「毘沙門天王」の額あり。
山名の四王司は四天王を祀っていたことからのようだ。
a0166196_13575552.jpg


鳥居から中へ入ると三角点を見つけた。三等三角点「四王司山・391.99m」
a0166196_13582993.jpg


そばにある四王司神社。毘沙門天を祀る。
a0166196_13592830.jpg


神社前で山頂写真。
a0166196_13594929.jpg


山頂神社から少し下ったところにある展望所へ・・
今日は霞んでいる。海の向こうは門司港あたり。
a0166196_1401675.jpg


雨乞の八大竜王も祀られている。竜王像は珍しい?
a0166196_1403941.jpg


勝山へ向かって一旦下って行く。
このあと登る勝山。途中の岩山展望台から見る。
a0166196_141845.jpg


四王司山と勝山との鞍部となる林道へ下りる。
本日不調のママはここで撤退。
a0166196_142451.jpg


勝山へ取りつく。山頂まで700m。
a0166196_1423645.jpg


すぐに送電線鉄塔下を通る。
上ってきた四王司山を見る。上部の石が見えるところが岩山展望台?
a0166196_1432812.jpg


ロープ場を登る。
a0166196_144689.jpg


山城郭跡を通過してアップダウンすると山頂への急登に取りつく。
a0166196_1475947.jpg


日初めて着用したトレッキングタイツの効果も実感はわからん・・・
a0166196_1485521.jpg

急登を頑張って・・山頂が見えてきた。
a0166196_14112937.jpg


戦国時代の山城にふさわしく周囲が絶壁となっている。
毛利氏に攻められた大内氏最後の山城だったようだ。
a0166196_1412269.jpg


西側にあるふるさと展望台へ。
a0166196_14123570.jpg


向こう(最奥)は3年前に登った竜王山(左)と去年登った鬼ケ城&狩音山(右)だろう。
下には新幹線や中国自動車道が通っているようだ。
a0166196_1413960.jpg


前方は青山。右に響灘方向の下関市街地。
a0166196_14133365.jpg


山頂部の石垣を見学したら下山開始。
急坂をぐんぐん下って青山への分岐点。
a0166196_1414052.jpg


勾配も緩んできて・・林道へ出る。
a0166196_14142689.jpg


林道は寺参道となり、本丸御殿跡の駐車場へと周回を終える。
a0166196_14152446.jpg



残暑の厳しい日だった。
帽子の廂から汗が落ち、凍らせた水がおいしかった。
四王司山は足腰の鍛錬と健康のためにいつも登るのにちょうど良いような山だった。


勝山御殿跡登山口標高≒96m
沿面距離≒5Km
累積標高(+)≒500m
所要時間=3時間10分(道草&休憩含む)

勝山御殿跡Pスタート11:59→12:13鳥居→12:32鉄塔→12:38八合目→12:50山頂(四王司三角点)・四王司社(休憩)13:08→13:12展望所→13:28岩山展望台10:13→13:49林道・勝山登山口→14:06山城郭跡→14:21勝山山頂・ふるさと展望台14:30→14:53林道→15:06勝山御殿跡へ下山

(GPSマップ~拡大します)
a0166196_141635.jpg


a0166196_14163889.jpg





.
by jinashi | 2017-09-11 14:18 | 中国地方の山 | Comments(4)