30日の日田市最高気温は38.3℃。
そんな真夏にヤブコギチックマウンテン(とは知らず・・)に登ってきた(~_~;)


 上峠(うえとうげ・1055.4m) ~くじゅう黒岳の東にある小ピーク

家を出るのが遅かったので久住町有氏の今水駐車場へ着いたのは10時。
ここは2013年10月の紅葉登山以来のお久しぶり。
先着4台の間に駐車して・・出発!
前方の黒岳はガスの中。
a0166196_14433251.jpg


先の大雨でえぐられた水流跡が林道のあちこちに残っている。
大船山や黒岳への今水登山口を横目に真っすぐ進む。ここから先は初めてのコース。
a0166196_1444517.jpg


大ヤブコギ場となる。
a0166196_14442845.jpg


古い「上峠」標識を見つけた。
a0166196_14445119.jpg


古びたテープに沿って道なき道を進む。
a0166196_14452083.jpg


チェーンゲートから荒れた林道に沿って進む。時おり古いテープもある。
a0166196_14454490.jpg


林道は行き止まりとなる。2つ目の「上峠」標識があった。
a0166196_14465483.jpg


急登を適当にジグザグに登る。
a0166196_14471761.jpg


尾根へ上がって右へ進むと・・見たことがある上峠に着いた。
2012年11月黒岳周回以来だ。
a0166196_14483911.jpg


一休みしたら東の尾根に乗る。
a0166196_1449281.jpg


古いテープに誘導されてピークを登る。
a0166196_14492763.jpg


アーチとなった木は「茅の輪潜り」のよう・・ ちょうど今がその季節。
a0166196_1450490.jpg


次のピークをひと登りで山頂。
a0166196_14502527.jpg


4等三角点「上峠」を前に・・登頂?記念。
樹木に囲まれて展望はない。
a0166196_1451672.jpg


上峠に戻って昼食。5年前にはここから →坂上→前セリ→風穴→高塚→上台→前岳へと歩いた。
馬酔木の下から今水へ下山する。
a0166196_14513528.jpg


林道?を通らず真っすぐコースを下って行く。
丸い草地へ出た。
a0166196_14531521.jpg


少し遠回り?するも、登りコースに合流して無事に下山。
a0166196_14533914.jpg



 今水駐車場標高≒810m
 沿面距離≒4.4Km
 累積標高(+)≒330m?
 所要時間≒2時間30分(道草&休憩含む)

今水駐車場スタート10:15→10:36上峠標識分岐→11:04作業道終点・上峠標識→11:20上峠→11:40上峠三角点→12:44駐車場へ戻る
(GPSマップ)
a0166196_15213260.jpg



ヒオウギ
a0166196_14543852.jpg

キツリフネ
a0166196_14545572.jpg



  黄牛の滝

今水から・・次に向かったのは竹田市久住町の稲葉ダム周辺。
実は、この日のヤブコギ上峠はついで登山で、本命は、とあるお花探しだったのだ。
目的地についてUさんに℡でしつこく<(_ _)>ポイントを聞いて探したが・・まだ早かったようだ(-_-;)

ダム近くの「黄牛(あめうし)の滝」を見物した。最近うすきさんblogでも見た。
黄牛とは飴色をした牛のこと。説明板では・・・
「滝に住む龍が村人にや家畜に危害をあたえていた・・僧侶が小牛の首を生贄に池に投げ入れて災いを鎮めた・・・」
滝まで少し歩く。
a0166196_14564287.jpg


稲葉川へ下りた辺りの岩壁にイワタバコが群生している。
a0166196_14571975.jpg


a0166196_14574518.jpg


両岸の岩壁が切り立つリバーサイドを歩く。
a0166196_14581748.jpg


滝音が近づいてきて・・右に折れた川筋の先に黄牛の滝が現れた。
水量が多く迫力がある!轟く滝つぼには飛沫が霧となって漂う。
滝の上に小滝があり2階滝になっているようだ。落差は20mほどか・・
a0166196_14591910.jpg



「滝」は夏の季語。いつも思いうかぶ句は・・・
    滝の上に水現れて落ちにけり (後藤夜半)

 黄牛の滝で涼み、長湯温泉御前湯に浸かって、帰路についた。



,

by jinashi | 2017-07-31 15:00 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)