来週4日はいよいよくじゅう山開き。
今年は久住山山頂で神事が行われるようだ。

先週は万年山お花畑で5~6分咲きのミヤマキリシマを観賞した。蕾をいっぱいつけていたので今頃は素晴らしい咲きっぷりを披露していることだろう。

万年山より標高差500~600mほど高い九重連山のミヤマキリシマも、虫害もなくびっしりと蕾を付けているようで、昨年同様すばらしい開花ショーが期待される。

指山(1449m)や立中山(1464.5m)あたりで咲き始めたようなので・・今日は標高も近い岩井川岳から扇ケ鼻を登ってみよう。
a0166196_15122596.jpg


 岩井川岳(いわいごだけ・1522m)  ~大分かくれ名山・3回目
 扇ケ鼻(1698m)  ~九州百名山・12回目

すこし朝寝をして家を出る。
6時50分ごろ田原山登山口を通過すると駐車場に見たような車(ナンバー大分1515)をチラリ発見。もうイワギリソウが咲いているのだな・・と教えてくれる。

車で溢れる長者原、大曲、牧ノ戸駐車場を横目に熊本県境に近い岩井川岳瀬ノ本登山口へ着く。ちょうど団体さんバスも到着してきた。
団体さんの後から出発。8時41分。ここの標高≒1050m。
a0166196_15133131.jpg

団体さんの後姿を見ながら・・しばらくは緩やかな勾配の林道を登っていく。
a0166196_1514148.jpg

ホウチャクソウ
a0166196_15142020.jpg

35分ほど歩いて・・急登に取りつく。
馬酔木やナラの林へ入る。
a0166196_15144392.jpg

a0166196_151592.jpg

スポットライトを浴びた初咲のミヤマ
a0166196_15152717.jpg

ミズナラ?の若葉
a0166196_151607.jpg

右が開けて阿蘇涅槃が・・
a0166196_1516215.jpg

瀬ノ本高原と右は猟師岳。
a0166196_1516416.jpg

木漏れ日の森を歩く。
a0166196_15175081.jpg

登山道から分かれて・・草原を歩いて岩井川岳へ到着。
3等三角点あり。
西側先端部は少しピンクに染まっている。
a0166196_15181242.jpg

一休みして・・正面に盛り上がった扇ケ鼻へ向かう。
a0166196_15185476.jpg

a0166196_1519207.jpg

びっしりと付いた蕾。しゃっ君は全く見ない。
a0166196_15194634.jpg

ジグザグに森を登っていく。
a0166196_15203755.jpg

ほぼ終りの石楠花。
a0166196_1521657.jpg

山頂直下に群生するドウダンはまだ蕾。
a0166196_1521249.jpg

a0166196_1523769.jpg

マイズルソウ
a0166196_15242692.jpg

山頂部に群れ咲くイワカガミ
a0166196_15244438.jpg

a0166196_1525973.jpg

お久しぶりに白ヘルおじさんと出会う。2014年7月の由布岳以来・・
「まだだいぶ先ですねえ・・・」などと挨拶して別れる。
a0166196_15253978.jpg

山頂は涼しいが紫外線は強そう・・
a0166196_1525588.jpg

沢山の登山者と一緒にゆったりと昼食タイム。カップメンのとなりに咲くミヤマ・・
a0166196_15262172.jpg

山頂から星生山への途中の花畑にピンク色は見えない。
来週、いや再来週あたりが見ごろだろう・・・?
a0166196_1526442.jpg

星生山あたりまでとも思ったが、花は未だ早そうなので往路を下山する。

ケキョケキョ~と鳴く鶯を何とか捉えた!(ピンボケですが^^;)
コイツはなかなか姿を見せてくれません。
a0166196_15275421.jpg

登り体重ブレーキも下りはスイスイで瀬ノ本へ下山。
a0166196_1529154.jpg


 瀬ノ本登山口8:41→10:35岩井川岳10:58→
  →11:40扇ケ鼻(昼食休憩)12:25→13:50瀬ノ本下山

 登山口標高≒1050m
 沿面距離≒8.2Km
 累積標高(+)≒730m
 所要時間(休憩込み)≒5時間10分
(GPSマップ)
a0166196_1535631.jpg



帰路に阿蘇高原へ足を延ばす。
目的のイチヤクソウはまだ蕾。
a0166196_15301715.jpg

シライトソウ
a0166196_15305654.jpg

イブキトラノオ
a0166196_15313252.jpg


久しぶりに筋湯「うたせ湯」でリラックスして帰路についた。



.
by jinashi | 2017-05-29 15:42 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(10)