2017年 01月 31日 ( 1 )

今日はすっきりしない予報だが気温は上がりそうだ。
久しぶりに鶴見岳を登ろう。
前回は2015年11月に登っているので、去年の熊本大分震災以来初めてとなる。
塚原からまだ雪も残るエコーラインへ入ったあたりの車外温度計はなんと!12℃・・・暖かい。

 鶴見岳(1375m) ~9回目

県11やまなみハイウエイで東山の鳥居から舗装路をあがると駐車場へ着く。先客は1台。
準備をして出発。注連縄が張られた夫婦杉から入る。
a0166196_11373761.jpg

残雪で滑らないよう気を付けながら石段を登る。
別府温泉の神様、火男火売神社へ着く。
a0166196_11381595.jpg

登山道入口の登山届け入れが新しくなっている。
a0166196_11383766.jpg

こちらも新しくなったプラスチックベンチ。
a0166196_1139446.jpg

天然の「ベンチの木」(南平台分岐)で一休み。
a0166196_11401224.jpg

標高差50mごとにあらわれる「べっぷ鶴見岳一気登山」標識を横目に、ジグザグの一気登山道は急登となってくる。
a0166196_11405350.jpg

直下の分岐あたりでロープウエイ山上駅から賑やかなマイクの声が聞こえてきたので・・山上駅へ向かう。
a0166196_11411953.jpg

新聞やTVニュースで見たことがある「大寒がまん大会」が行われていた。
観客?は100人ほどか・・
a0166196_11413351.jpg

氷に腰かけて「かき氷早食い競争」・・
a0166196_11422099.jpg

「ソーメン早食い競争」・・
a0166196_11424314.jpg

ハイライトは「氷柱しがみ付き競争」・・
a0166196_11432841.jpg

見ているだけで鳥肌がたってきそう(>_<)
それでもこの日の山上気温は7℃。過去の大会で一番暖かな日だったようだ。
パフォーマンスもあって・・とても楽しいイベントでした。
出合った知人から我らの登山ルックを見て「こげえ寒みいんに登ってくるちゃ・・気が知れん」・・ 司会をしていたEちゃんもお知り合いでした。
a0166196_11435324.jpg

山頂駅あたりから志高湖、高崎山方向。
a0166196_11441210.jpg

城島高原パーク(左下)と雨乞三山。
a0166196_11443632.jpg

1時間ほど見物を楽しんだら山頂へ向かう。
5分ほどで山頂に到着。隣国の男性が下界を見て大声で感動?していた・・
a0166196_11453493.jpg

下山は馬ノ背経由で・・
雪が深くかかとから下りていく。
a0166196_1146111.jpg

由布岳は8合目から霧(雲)の中。
右の鞍ケ戸はⅠ峰手前のアルミハシゴがあった肩のところが崩壊している。
a0166196_1146275.jpg

馬ノ背から先(鞍ケ戸~内山方向)は通行止めとなっている。
地獄谷赤池噴気口を見る。向こうはシャクナゲ尾根。
a0166196_11474923.jpg

南平台分岐あたりも雪が深い。
a0166196_11481670.jpg

踊石へ着く。
国に異変があったり、大雨が降る前には恐ろしいほどの音をたてて大いに踊るらしい。火男火売神社の奥の院の神石と言われる・・
昨年4月16日(熊本地震~別府は震度6弱)にも踊ったのだろうか?
a0166196_11491585.jpg

ベンチの木まで周回しておにぎりランチ。
a0166196_11493382.jpg

無事下山。
a0166196_11495842.jpg

氷結気味の雪道もあって・・この時季アイゼンは必携でした(-_-;)
僅かな雨に降られたが、思わぬイベントに出会って楽しむことができた。


登山口駐車場出発8:50→9:01火男火売神社→9:22林道→9:37ベンチの木分岐(休憩)→10:48ロープウエイ山上駅前広場(我慢大会見物)12:13→12:17山頂→12:55馬の背→13:08西の窪→13:29踊石→13:48分岐(昼食)→14:34駐車場へ戻る
   
沿面距離≒7.3Km
登山口標高≒710m  累積標高(+)≒910m
所要時間(見物・休憩含む)≒5時間50分  
(GPSマップ)
a0166196_11511539.jpg

a0166196_11512967.jpg



.
by jinashi | 2017-01-31 11:51 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(6)