2015年 11月 03日 ( 1 )

 限界集落×現代アート×ボサノヴァ

10月10日より始まった「くにさきアートフェスタ2015」もいよいよ11月1日(日)には最終日を迎えた。

昼のバスツアーのガイドを終えて、成仏プロジェクト前で行われるクロージングイベント「成仏岩陰ハンドレッドライフコンサート」へ出かけた。

成仏地区(清原一夫区長)は国東町山間部にあって40世帯ほどの超高齢化集落だ。
今回のフェスタでは地元桜会の皆さんによるあたたかいおもてなしをしていただいた。
特に修正鬼会の胡椒餅のお接待には訪れた皆さんにとても好評でした。
a0166196_11402327.jpg

とっぷり日も暮れていよいよ開演となる。
最初に桜会会長、麻生拓之さんによる歓迎のご挨拶。
a0166196_11421442.jpg

最初の曲はボサノヴァスタンダード「イパネマの娘」。歌は本場ブラジル仕込みのボサノヴァシンガー臼田道成さん。
a0166196_1142364.jpg

岩壁遺跡に点滅する宮島達男さん作品「hundred life houses」を背景に、バックバンドに長尾英二郎さん、木村英夫さん 、都留敬比公さんのメンバーも入り次々と曲が演奏される。
a0166196_11425854.jpg

沖縄民謡をジャズ風に歌う小川真美さんも入って・・最後にカンツォーネ「ボラーレ」には100名ほどの観客全員の手拍子で盛り上がりました。
a0166196_11431699.jpg


焚火や照明、夕刻から降り出した雨のための天幕張りなど、桜会のみなさんには準備や片づけが大変だったことでしょう。(感謝)

昨年の国東半島芸術祭のあと、初めての地元住民によるアートフェスタでしたが・・・さらに多くの皆さんに来訪していただくための取組み方や情報発信などに工夫をしていかなければならないでしょう。
by jinashi | 2015-11-03 11:48 | 国東半島芸術祭 | Comments(0)