神の慮(おもんばか)り

福岡市で栄養補助食品「ワタナベオイスター」のセミナーに出席した。岡山市の漢方相談薬局の先生(女性)が講演。多くの知識を得ることとあわせてどうしたら人のためになることができるか・・・という話をされた。その中にニューヨークの病室で患者が書き残した「神の慮り」のことを聞いて心を揺さぶられた。
 
   神の慮り

大きなことを成し遂げるために、力を与えて欲しいと神にもとめたのに、
 謙虚さを学ぶようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと健康を求めたのに、
 より良きことができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
 賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の称賛を得ようとして成功を求めたのに、
 得意にならないようにと失敗を授かった。

人生を楽しもうとたくさんのものを求めたのに、
 むしろ人生を味わうようにとシンプルな生活を与えられた。

求めたものは何一つとして与えられなかったが、願いはすべて聞き届けられた。
 私はあらゆる人のなかで、もっとも豊かに祝福されていたのだ。



帰りに寄ったスーパーの魚売り場でビニール袋に入れられた〈しろうお〉のひしめく命に見入る。
a0166196_10284390.jpg

 
by jinashi | 2010-02-15 10:24 | 生きる力 | Comments(0)