真玉海岸の夕日

7日(日)は別府ビーコンで新谷弘美先生の講演会「腸と自然免疫~酵素で若返る」に出席。ニューヨークの病院で半世紀近く多くの患者の腸を観てきた名医だ。食事と酵素によって腸が健康になり免疫力がつき若々しさを保てる・・・という話だ。帰りにいつも横目で通過する真玉海岸「夕日の家」に立ち寄る。日没までまだしばらくだが八面山の上で雲間からお日様が足をだしている。前の干潟が引き潮で見る間にうっすら姿を見せてきた。毎秋に干潟のうえにステージを組んでコンサートがあっているようだ。 
ここは日本夕日100選。
a0166196_917289.jpg

若い夫婦が営業する「夕日の家」には魚定食(900円)やタコス(380円)など軽食もあって高齢者のアマチュアカメラマンや若いカップルも多い。
a0166196_9235537.jpg

香々地の「豊後」はお休み。少し戻って開店したてのトンネル口の「五色矢」にはいる。大将の天ぷらがうまいと聞く。Tさんとは久々の飲み会となるが、Oさん、Tさんの女性2名は飲めないひとばかり。ママはハンドルキーパー。さっそく先生が講演で話された「腸相」を悪くするものをとってしまった。
by jinashi | 2010-02-08 09:33 | 国東半島あれこれ | Comments(0)