国東半島もう一つの牛岳へ 2017.12.15(金)

今日は穏やかないい天気だ。
昼からふらっと抜け出して宿題の牛岳へ登る。

向かう途中で・・国見町赤根畑からマユミ越しに見えるのは狩場山か?
マユミは「檀(まゆみ)」。材は印鑑や櫛、将棋の駒などに使われるようだ。
a0166196_1247729.jpg


 牛岳(474m) ~大分のかくれた名山たち(国東の里山)

牛岳は以前に地元紙の「大分のかくれた名山たち」(木曜日夕刊に随時掲載)に出ていた山で、ロングトレイルK2を歩くときに文殊清滝観音近くでいつもチェックしていた。
大分県の里山を制覇中のゆみちゃんに聞いたら情報と共に2015年8月20日付けの「牛岳」記事をメールで送ってくれた。

国東半島には牛岳が2つ、いや3つある?ようだ。この牛岳のほか、両子山と大嶽山に挟まれた牛嶽(4等三角点・570.7m)と先日登った文殊の小岳も牛岳という説もある。ロングトレイルK2には「牛嶽の景」という展望所があり、そこは小岳を望んでいる。(宇佐の仙岩山ちかくにも未踏の牛岳がある)
山名は山容からか?・・それとも六郷満山天台仏教の十二支守り本尊から名付けられたのかもしれない。

新聞のコースは成仏京乱から文殊仙寺へ向かう途中で左へロングトレイルコースの舗装路を進み、清滝観音近くから山へ取りつくコースになっている・・
地理院マップを見ると犬鼻峠から成仏へ下りる途中から沢伝いに破線が続いているのを見てそこから登ってみることにした。
スタートは13時31分。ここの標高≒260m。
a0166196_12481320.jpg

倒木や流木、ゴロ石などでかなり荒れている。
a0166196_12483743.jpg

荒れた沢谷を離れて右の尾根に上がる。ひと登りで尾根のピーク。
a0166196_12485727.jpg

尾根伝いに進むとロングトレイルK2コースの舗装路へ出た。
a0166196_12492042.jpg

清滝観音まで舗装路を緩やかに登る。左上の樹間に見えるのが牛岳だろう?
清滝観音まで400mほどのところにある(昔の)仏の里トレッキングコースの標識から山へ入る。(犬鼻峠まで1Km)
a0166196_13192713.jpg

取付きは荒れていたがしばらく進むと何となく山道らしくなってきた。
a0166196_1250647.jpg

前方の尾根鞍部に上がる。赤テープも見られ、新聞に出ていたコースに合流したようだ。
a0166196_12503934.jpg

ここが峠。右は犬鼻峠方向。(今は通行不能?途中から文殊山頂への破線あり)
a0166196_12512196.jpg

急登の先に山頂部が見えている。
a0166196_12522460.jpg

立木に掴まってひと登りで山頂へ上がる。14時18分。
a0166196_12524947.jpg

2本テープが山頂なのだろう。周囲は切れ落ちている。
a0166196_12531431.jpg

両子山が見える。
a0166196_12533628.jpg

その右は伊美山あたりか?
a0166196_12535715.jpg

往路を戻れば30分ほどで下山。14時56分。
沿面距離≒2.2Km
所要時間≒1時間30分
a0166196_12543938.jpg

小さな冒険登山でした。
これはエビネランの花後?
a0166196_1255050.jpg


(GPSマップ~拡大します)
a0166196_1428359.jpg



 近くの成仏城址を訪ねる

両子山の鉢巻道路(県道405)を通るときに以前から気になっていた。
カーブミラーから入る。
a0166196_12563053.jpg

植林帯をひと登りで尾根にあがる。
a0166196_12565646.jpg

最初の掘切?(画像ではわかりにくい・・)
a0166196_12572746.jpg

虎口(出入口)か?
a0166196_12575127.jpg

猪の寝床?
a0166196_12581346.jpg

2番目の堀切は深さ3mほど。石垣らしき石も見える。
a0166196_12583764.jpg

その先は広い台地状となった本丸か?
a0166196_1259513.jpg

成仏城址。中世?国東武士の気配も・・
a0166196_12593189.jpg

さらに先へ行ってみる。
段々畑のようになった所をバンビちゃんが2頭走り去った。
a0166196_1302437.jpg


20分ほどの山城探訪でした。
歴史的背景は不明のようだ。


.
by jinashi | 2017-12-16 13:02 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(0)