文殊の小岳~ライオン岩をつなぐ 2017.11.16(木)


晩秋の国東半島文殊耶馬~紅葉の見ごろは月末あたりか?
(右に千灯岳、左は熊ケ岳)
a0166196_152260.jpg



去年の12月に「うさぎ&かめの山楽校」の皆さんと文殊山から小岳へ向かって尾根を歩いたが途中でリタイアした。

11月9日付大分合同新聞夕刊の「大分のかくれた名山たち」にその「小岳」が掲載されていた。
a0166196_1505568.jpg


今日は少し寒くなってきたが天気も良さそうなので再度チャレンジしてみよう!

 小岳(おだけ・378m) 
   ~文殊仙寺の北にある「大分のかくれた名山」 

岩戸寺ガイデ橋(石橋)から見る小岳。手前は山口池の土手。
「おだけ」という山名は以前、山口池近くの男性から聞いている。
a0166196_1524748.jpg


山口池上の三十仏入口から文殊仙寺に向かう。左手に素掘りトンネルを見て右鋭角にコンクリートの東参道へ入る。
前方に登山口の作業道入口を確認して手前に駐車する。

スタートは9時26分。荒れた作業道へ入る。ここの標高≒270m。
a0166196_153161.jpg


すぐの分岐を右へ進み赤テープから山へ入る。
a0166196_1534086.jpg


雑木林を登っていくと露岩が見えてくる。
a0166196_154678.jpg


露岩の上から振り返って小門山(おどむれやま)を望む。
a0166196_1542594.jpg


さらに上へ登り、肩の露岩へ上がると去年12月に歩いてきたコースが一望できる。
こちらは下山時にたどってみよう・・
a0166196_15275914.jpg


ひと登りで山頂尾根へ上がる。すぐに西峰?山頂。
a0166196_1551848.jpg


大岩がごろごろしている。新聞で「古代祭祀跡のよう」とかかれていたところ・・
a0166196_1561340.jpg


東へ向かう。途中で左下の樹木の間から山口池が見える。
a0166196_1563919.jpg


少し下って登り返すと小岳の山頂部に到着。登山口から30分ほど。
a0166196_1571029.jpg


赤テープ3本が山頂をしめしているのだろう。
「S.Yさんカマボコ板」を探したが見つからなかった。
a0166196_15145512.jpg


山頂部をうろついてみるが・・今日はガーミンGPSと位置がおかしい。
下山は文殊山方向への尾根へ向かう。
肩の露岩近くからテープに沿って下って行く。
a0166196_1516722.jpg


大きな岩峰の基部をトラバース気味に進む。
通過した後その岩峰を振り返って見る。
a0166196_15165162.jpg


さらに小さな岩峰をやり過ごす。
a0166196_15174325.jpg


樹木を抜けると・・あっ!これはライオン岩だ・・ 
a0166196_15183497.jpg


前回はここまで来たのだ。
反対側(文殊山寄り)から・・
a0166196_15185822.jpg


ライオン岩尾根に上がって文殊耶馬の絶景を楽しむ。
先の大岩峰とそのむこうに小岳。小岳左の海に小さく姫島も・・
a0166196_15192594.jpg


a0166196_15204275.jpg


ここからは前回歩いた尾根を進む・・
a0166196_15211033.jpg


ロングトレイルK2(オプション)コースに出会う。
a0166196_152139100.jpg


風神岩分岐にある国東塔(不揃い)を過ぎる。
a0166196_15223520.jpg


ジグザグに下ると文殊仙寺の納骨堂へ下りる、
a0166196_152371.jpg


東参道を下って車へ戻る。
a0166196_15233819.jpg


課題となっていたルートだったが・・1年越しの宿題を終えることができた。
11月末には見事な紅葉の岩尾根歩きが楽しめることだろう。


登山口スタート9:26→9:32最初の露岩→9:39肩の露岩→9:46西峰→9:56小岳山頂→10:14肩露岩分岐→10:30ライオン岩→10:48ロングトレイルK2出合→10:57文殊仙寺納骨堂→11:01車へ戻る


杵築市山香町のR10立石峠にあるドライブインで昼食をとる。
半世紀?の間、いつも前を通っているのに初めて入った。
かつ丼定食(650円)を頂いた。 他のメニューもみなリーズナブルなお値段です。
a0166196_1525729.jpg


中でおばさん3人がてきぱきと動いている。
13時を少し過ぎていたが、1人または2人連れのお客が次々と入ってきて回転が良い。
a0166196_1525318.jpg


全国チェーンの外食店が日本中のロードサイドに林立する今、「ドライブイン」という言葉はもう死語かもしれない。
そんな中でこの店は大健闘?している。全国チェーン外食店がデジタルな味ならこちらは昔からのアナログの味なのだろう。
この先こんな店が生き残れるのかもしれないと思った。



 お知らせです!

国東市では10~11月にかけて芸術祭作品を巡る様々なイベント「くにさきアートフェスタ2017」を開催している。

今年で3年目となるが・・その最後を締めくくるコンサートが25日(土)に成仏岩陰遺跡作品『Hundred Life Houses』前で行われる。
入場無料です。手作りピザのお接待もあるようです。

お近くの方はぜひご来場ください!
a0166196_15273100.jpg





.
Commented by kabuto1952 at 2017-11-20 16:40
こんにちは。昨年文殊山に登った時に。風神岩方向への下山道があった様な気がします。その道筋に小岳があるんでしょうかね。面白そうなルートですね。大分県の観光案内を見ていると。国東の海岸線から、佐伯、臼杵方面にかけて美味しそうな店が沢山ありますね。女房孝行で食道楽観光をしてみます(笑)。明日は、じなしさんの歩かれた奥豊後オルレコースを紅葉観賞で歩く予定です。
Commented by jinashi at 2017-11-21 19:00
いーさん~ 奥さまと食道楽観光、いいですね。
自分も遠征ではその土地のおいしい店やよさげな温泉を探したりしています。
山ブロガーの食は不思議とカツ丼がおおいのはなぜでしょう?
奥豊後の用作公園、いいですね!
アップされていませんが岡城も今が最高でしょう・・
by jinashi | 2017-11-17 15:34 | 国東半島・宇佐の山歩き | Comments(2)