ヤブ漕げば花咲き乱る湯沢台 2017.10.8(日) 



多くの登山コースがある九重連山にあって、まだいくつかの未踏コースがある。
その中で・・以前より山友webなどで知ってはいたが縁がなかった「湯沢台」を歩いてみよう。雨が池から北の吉部方向へ連なる台地で「坊がつる賛歌」の歌詞にもでてくるらしい。
調べてみるとかなりの急登、アップダウン、そして藪漕ぎコースのようだ。

マユミの実(さく果)~この日のナンバーワン美人? 
a0166196_14183057.jpg


 上湯沢台(1332.5m)  ~ くじゅう連山北の台地
  湯沢台(1084.8m)下湯沢台(1185m)

(見晴らしが丘にあった概念図)
a0166196_14185295.jpg


吉部安川の林道起点に駐車する。
準備をして出発! 予報では明日の振替休日(体育の日)まで晴天続きのはずが・・曇り空。
a0166196_14191594.jpg

道路脇に群生するツリフネソウを愛でながら進むとモノレール起点へ着く。
その先コンクリ坂から取り付く。
a0166196_14194190.jpg

モノレール沿いの急登を頑張る!数日前の雨でズルズル・・
a0166196_1420181.jpg

一旦林道に出てさらにモノレールに沿って上を目指す。
モノレール終点からフラットな台地へ上がる。
a0166196_14213763.jpg

左の森へ入って湯沢台三角点を目指す。ママは待機。
途中からテープやトレースも見られて7分で到着。3等三角点あり。
a0166196_1422348.jpg

錆びて放置された?パワーショベル横を進む。
a0166196_14222474.jpg

アケボノソウやセンブリが群生する林道から山へ入り、かすかなトレースを見つけながら南へ向かって進む。
a0166196_1459187.jpg

大岩のあるピークへ着いた。標識はないが・・GPSではここが下湯沢台だろう。
a0166196_14224983.jpg

さらに南へと少しづつ標高を上げていく。
軽装の親子連れ(父娘)が「ここから坊がつるまでいけますか?」と追い越していった。
咲き残りのオタカラコウ(メタカラコウ?)群を過ぎてひと登りで上湯沢台へ到着。
カヤトの中に4等三角点がある。眺望はない。
a0166196_14231974.jpg

さらに南進すると・・激下り?手前で先の親子が立ち往生していた。元に戻った方が良いのではと話すとUターンしていった。(吉部~坊がつる登山道から間違って湯沢台へ上がったらしい・・)
カヤトを捕まえて激下りしてきたところが北くぼ。
a0166196_1424177.jpg

藪漕いで「北くぼ」を抜ける。
北の台分岐を過ぎてひと登りしたところがニセ上湯沢台。
a0166196_14244683.jpg

その先にトリカブトの大群落が! 
a0166196_1425435.jpg

a0166196_14253445.jpg

中くぼあたりの大藪漕ぎで少し迷う・・
a0166196_1426183.jpg

南くぼでさらに藪漕ぎは続く・・
a0166196_14262382.jpg

藪を抜けて・・南くぼから西方を見る。
a0166196_14264715.jpg

見晴らしが丘手前でブッシュに突入。
a0166196_142901.jpg

何とか漕ぎまくって?見晴らしが丘ピークに上がる。
ここからは今まで見たことがない視点の絶景が・・・
雨が池方向
a0166196_1427721.jpg

平治~北大船~大船方向
a0166196_14292711.jpg

坊がつる~三俣山
a0166196_1429476.jpg

見晴らしが丘を下って分岐を左へ向かう。(右は雨が池)
ヒノキ林の急坂をジグザグに下る。
a0166196_14303399.jpg

見慣れた吉部~坊がつる登山道へ下りて来た。
いつもここを通る度にチェックしていたところ。宿題が済んだ・・
a0166196_14313100.jpg

16時を過ぎて・・吉部登山口へ無事下山。
a0166196_14313284.jpg

今は使われていない林道を近道したりして・・吉部登山口から40分ほど里を歩いて安川の駐車場所へ戻る。


藪漕ぎ場やわずかなトレースやテープをたどったがGPSに助けられて周回出来た。(上湯沢台から見晴らしが丘へはテープは多かった)
季節の貴重な花々や初めての場所からの眺望も楽しめた。
九重連山も秋を急ぎはじめたように感じた。
下山路で会った女性から大船山の紅葉が始まっていることを聞いた。
来週辺りが良さそうだ。


 登山口(林道入口)標高≒940m
 沿面距離≒10Km
 累積標高(+)≒710m
 所要時間=7時間20分(休憩・道草時間含む)

林道入口スタート9:30→9:41モノレール起点取付き→9:53林道出合→10:20モノレール終点→10:33湯沢台→10:52林道分岐→11:20下湯沢台→12:16上湯沢台→(北くぼ)→(昼食)→13:19にせ湯沢台→(中くぼ・南くぼ)→14:18見晴らしが丘→14:49吉部坊がつる登山道→16:06吉部登山口→16:47スタート場所(車)へ戻る
(GPSマップ)
a0166196_15282688.jpg


 
 コースで出会った花々たち

ヤマラッキョウ
a0166196_1432215.jpg


a0166196_14323691.jpg

アケボノソウ
a0166196_14325494.jpg

センブリ
a0166196_14331025.jpg

ツクシミカエリソウ?
a0166196_14332935.jpg

トリカブト
a0166196_1434862.jpg

マユミの木
a0166196_14344051.jpg

ミヤマキリシマ狂い咲き
a0166196_1434593.jpg

ユキザサの実
a0166196_1435225.jpg

アキチョウジ
a0166196_14362294.jpg

サラシナショウマ
a0166196_14363978.jpg

ギンリョウソウモドキ
a0166196_1437261.jpg


紅葉・・
a0166196_14372795.jpg

a0166196_14375326.jpg





.
Commented by tozan6411 at 2017-10-09 15:35
jinashiさん、こんにちは。
色んなルートをご存知ですね。
私なら途中で迷子になりそうなコース。
色んな花にも出逢えて良い山歩きとなりましたね。
一日早いですが確か明日10月10日はお誕生日でしたね。
おめでとうございます。
jinashi様にとって、ご家族様のとっても良い一年になりますように!
Commented by へんろみち大将 at 2017-10-09 18:52 x
吉部林道から平治岳や法華院温泉などは
よく利用されるコースですが、ココは知ってはいても
なかなか登る機会は無い丘(山?)ですね。

あのモノレールはなにか栽培でもしていたのでしょうかね。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2017-10-09 22:22 x
じなしさん、こんばんは。
このお山、とっても気になっていたんですよ。
前からあそこのピンクのテープ、これを行けば湯沢台と。
「石楠花谷の三俣山
 花を散らしつ 藪分けて
 湯沢に下る 山男
 メランコリーを知るや君」
Commented by jinashi at 2017-10-10 11:01
とざんさん~  ありがとうございます。
微妙にうれしい誕生日^^ですが、それなりの年回りになってきましたので、先輩山屋さんを見習いながら、健康に気を付けてマイペース登山に心がけたいと思います。
たまにこんなマイナーコースも良いですよ・・
Commented by jinashi at 2017-10-10 11:07
へんろみち大将さん~ かつて山男大将さん、位置的にはお分かりいただいているようですね。
人が歩いたあと?獣道?という程度のトレースでしたので・・あまり歩く人はいないようです。雨が池から上湯沢台まではそれなりに入る人もいるようです・・大藪漕ぎ好きにはたまらないコースです^^  モノレールの横にはトロッコ軌道跡もありましたが、やはり農業関係でしょうか?
来年秋の列福10年・・よろしくお願いします
Commented by jinashi at 2017-10-10 11:12
信ちゃん~ 坊がつる賛歌の意味は「憂鬱になったら三俣からシャクナゲ花を蹴飛ばして湯沢台から吉部におりてみろや・・」でしょうか?
そうなんです~冒険好きにはたまらないコースです。
花あり、ヤブあり・・ナビでの三角点探しも楽しいです。
メランコリーも吹っ飛びそう(^^)
Commented by のんびり夫婦 at 2017-10-11 18:20 x
こんばんは。
鳴子川の西側の尾根のようですね。
ガイド本やMAPにも載っていないコース。 流石に九重山系を知り尽くされ、マニアックな所に足が向かれたのでしょうか。
私達は九重山系をまだ全峰登っていないので、完了したら狙ってみたいです。 あと4座なので近いうちに。
結構な長距離のようですが、お花も沢山でママさんも喜ばれたことでしょう。
Commented by jinashi at 2017-10-11 20:29
のんびりさん~ 夢中で歩いたところもありましたが、下山してみると楽しいコースでした。時期が良かったのか・・思わぬピチピチ花々と出会いました。
残りのくじゅう4座はどこでしょう? 
お元気な方は17サミッツ9座巡りを頑張られているようです。じなし友人のHさんは70歳で挑戦しました^^   のんびりさんなら行けそうです!
Commented by cnogmai8255 at 2017-10-12 11:16
jinashiさん、こんにちは。
湯沢台は私もかなり前に登りました。人のブログを見てしかも暮雨の滝から直登しました。テープを探しながらズルズルの道を滑りながら登り足がパンパンになった事を覚えています。私は雨ケ池に出ましたがこれまた藪漕ぎで大変でした。もう2度と登らないと思いました。マイナールートは大変ですよね!!
Commented by jinashi at 2017-10-13 10:12
さすがさんぽさん! どこも良くご存知ですね。
暮雨の滝からのコースは知りませんでした。
坊がつる→吉部のどこから湯沢台に取りつくのか?気を付けて戻ったのですがわかりませんでした。
何回も歩きたいとこではないですね^^
大船色づき始めたのですね! でもこの先天気がねえ・・・
Commented by tikuzenootomo at 2017-10-13 14:50
こんにちは^^お疲れ様です~

そういえば坊がつる~雨が池に見晴らしケ丘の案内を見た気がします。吉部につながってるとは知りませんでした!
急登、藪漕ぎ必須ですね!
でもマイナールートに惹かれました^^
いつかチャレンジしてみます。
Commented by jinashi at 2017-10-13 18:09
おおともさん~ 坊がつる~雨が池のどこにつながるのかは未確認です。そこを知っているのですね。
こんど通るときに見つけたら見晴らしが丘まで歩いてみようと思っています。
オタクコースですが・・一度は歩いてみてください。
マップ&GPS必携です^^
by jinashi | 2017-10-09 14:55 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(12)