叔父の葬儀と千々和ミゲルの墓 2017.9.1(金)


80歳を過ぎた頃まで、長崎から国東までクラウンを運転して、ドライブがてらに来てくれた叔父が94歳で亡くなった。
大分道~長崎道を走って31日夕刻の通夜に何とか間に合った。

翌日の葬儀に参列した帰路に、去年の夏の
「長崎キリシタン研修旅行」で計画していた(が時間がなく行けなかった)天正遣欧少年使節の千々和ミゲル(1569~1633年?)の墓といわれる場所へ立ち寄った。

天正十年(1582)、遣欧少年使節団としてヨーロッパ諸国へ派遣された4名。
右上=伊東マンショ(主席正使) 大友宗麟の名代。宗麟の血縁。日向国主伊東義祐の孫。後年、司祭に叙階される。1612年長崎で死去。
右下=千々石ミゲル(正使) 大村純忠の名代。純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。後に棄教。
左上=中浦ジュリアン(副使) 後年、司祭に叙階。1633年、長崎で穴づりによって殉教。2007年に福者に列せられる。
左下=原マルティノ(副使)後年、司祭に叙階。1629年、追放先のマカオで死去。
中央はメスキータ神父。
a0166196_12461920.jpg



長崎市内からナビで県33を走り、多良見町山川内で標識を見つけた。
(マップ)

a0166196_1248163.jpg


伊木力ダム手前で「駐車場→」を見て右折。
道路脇に車を停めて車列の横を先へと歩いて行く。
a0166196_12484462.jpg


長崎本線赤レンガトンネル手前を左(の坂道)へ入る。
上部にミゲルの墓と言われる石碑があるようだが・・
8月20日より発掘調査が行われていて、「立ち入りはご遠慮ください」の看板があった。
係員(らしい)の方に聞くと現場の上からなら・・と見学させてくれた。
a0166196_12492477.jpg


a0166196_1250542.jpg


a0166196_12502521.jpg


仮置きされた(石碑を守っていた)堂屋根。
a0166196_1251486.jpg


発掘の様子が掲示されていた。
a0166196_12512057.jpg


a0166196_12514336.jpg


a0166196_1252031.jpg



発掘する前の(墓と思われる)石碑。  高さは1.8m、幅1.2m。
表に「妙法(法華経のこと?)」
「寛永九壬申年十二月(没年月?)」
「本住院常安霊(ミゲルの戒名?)十四日」 
「自性院妙信霊(ミゲルの妻の戒名?)十二日」 
裏に「千々石玄蕃允(ミゲルの四男)」
(画像はネットより借用)
a0166196_12532255.jpg


ミゲルは棄教したあと、従兄弟の初代大村藩主大村喜前の家臣として伊木力に六百石の領地をあたえられてキリシタン一掃に努めたが、喜前に疎まれて追放される。長崎に逃れたといわれ、それ以降の足取りは不明となっている。


横の坂道を上がって見ると、地元の関係者(らしき)方から声をかけられた。
「ペトロカスイ岐部神父のふるさと国東半島から来た」というと「以前、見学に行ってきた」と言われた。
すぐ横に長崎本線が通っている。諫早~長崎間は2つのルートがあり、こちらは旧線(長与経由)と言われ、便数は少ないようだ。
向こうに26聖人が舟で渡った大村湾。墓標を立てたときにはよく見えたはずだ。
a0166196_12543977.jpg




翌2日の西日本新聞朝刊に
「千々石ミゲルの木棺?発見」と紹介されていた。

 なんと・・見学に行ったその日に発見されたのだ!


.

Commented by へんろみち大将 at 2017-09-04 18:12 x
しっかり拝読させていただきました。
これを是とするなら、大分も自信を持ってもっと発信すべきと思います。
Commented by jinashi at 2017-09-04 18:28
大将さん~ 去年の宿題なので、行ってきました。
来年はペトロ列福10周年。大将さんの出番が増えそうです・・
豊後、国東流の「是」を作っていきましょう。
Commented by マイルド at 2017-09-04 20:00 x
そうでしたか、お疲れ様でした。
でも、北アルプスまで車で往復できる体力ですから
今回の距離は問題なしですね (^_^)

爪の垢でも頂きたいのですが・・・ちょっと無理ですね。



Commented by jinashi at 2017-09-04 20:50
マイルドさん~  可愛がってくれた叔父さんでしたので、あっという間に長崎出島に着きました^^
そんな垢でよろしかったら・・叔父さんの好きだった西の関で煎じて差し上げましょうか?(不味いでしょうね^^)
Commented by お宮 at 2017-09-04 22:44 x
お疲れ様でした。

JR長崎本線(大草経由)「山川内跨道橋」は煉瓦アーチ橋として残されています。
トンネルの中にいる時に電車が通過しても静かなものですよ!

ちょうどこの日に発見されたのですか。地元に住んでいても全然知りませんでした(汗)。
Commented by jinashi at 2017-09-05 09:46
お宮さん~  大村湾の南側は初めて訪れました。湖畔リゾート風の雰囲気の良いところでした。
叔父叔母がいる長崎とはしばらく縁が切れそうにないです。
レンガトンネルはレンガアーチ橋で歴史遺産だったんですね。
Commented by tozan6411 at 2017-09-05 19:01
jinashiさん、こんばんは。
叔父様との寂しい別れでしたね。

今朝の新聞には、ミゲルの歯と思われるものが発掘されたと記事がありましたよ。歴史に疎い私ですが気になりますね。
Commented by jinashi at 2017-09-05 21:08
とざんさん、今晩は。だいぶ涼しくなりましたね^^
ミゲルの歯も出たのですか?・・・
個人的にはこれまでの「墓と言われている石碑」のままほうがロマンがあるように思います。
世界遺産認定を目前に長崎県はフル稼働に入ったようですね。
Commented by へんろみち大将 at 2017-11-13 19:40 x
埋葬者は中年女性と判明したようですね。
どうするのでしょうか。
Commented by jinashi at 2017-11-14 12:45
大将さん~ ミゲルの奥さんのものだと言っているようですね。
聖具ロザリオ(のガラス)も出てきたようですが・・・棄教してキリシタン一掃に努めたのに再び入信したのでしょうか?
いろいろとご指導・・ありがとうございます。
Commented by へんろみち大将 at 2017-11-14 19:42 x
11月19日(日)13:30から
野津町中央公民館で大石氏の講演があります。
ご連絡まで。
Commented by jinashi at 2017-11-14 20:57
大将さん~
チラッと新聞で見ました。 
「否定の人」や「さらさらの人」もいますが・・懐のふかい人のお話は聞いてみたいです
by jinashi | 2017-09-04 12:59 | ペトロ岐部とキリシタン史 | Comments(12)