志高湖~神楽女湖~内成棚田周遊  2017.6.25(日)

(神楽女湖の花菖蒲)
a0166196_14471785.jpg


カラ梅雨から一転、土曜日は豪雨となった。
田植も本番となったので慈雨でもあったのだろうが・・バランスよく?降ってほしいと思うのは人間の我儘な想いだろう。

朝方まで降っていた雨があがった。
天気予報の雨雲を見るとしばらくは降りそうもない・・・
思いついて神楽女湖へ花菖蒲の鑑賞に出かけた。

たくさんの車が停められた志高湖の駐車場へ着く。
2015年8月にオルレを歩いて以来だ。

売店の前から出発。
志高湖へは小学校の修学旅行で来たことを思い出した。
(その後、別府や大分へ~ 昭和35年のこと・・)

湖畔に出ると母鳥と一緒に5羽の子白鳥が元気に泳いでいた。
向こうに頭を出しているのは小鹿山。  
海抜約600mの高原にある周囲約2km、湖面積約90,000m2、水深約2-5m、貯水量約250ktの湖。キャンプ場、管理釣り場、貸しボート等の施設が整備されており、湖には白鳥が遊び、鯉が放流されている。4月には桜、5月にはポピー、6月にはアジサイが咲き、秋には紅葉が楽しめます。(HP別府においでよ)
a0166196_14473935.jpg


今は紫陽花がきれいだ。
a0166196_1448050.jpg



a0166196_144837100.jpg


a0166196_14482019.jpg


湖畔の遊歩道を歩くと何組かキャンパーを見る。
a0166196_1449379.jpg


半周ほど過ぎたあたりから見る由布鶴見は雲の中。
a0166196_14492258.jpg


湖畔を離れて階段を登る。
a0166196_14494574.jpg


登りあがると丸い広場になっている。
a0166196_14502219.jpg


下りた辺りで人声が聞こえてきて・・神楽女湖への道路に出合う。
a0166196_14504879.jpg


花を愛でる多くの観光客で賑わう神楽女湖へ着く。
a0166196_1451947.jpg


ちょうど今が盛りの花菖蒲。
約80種、1万5000株(約30万本)の花しょうぶが植えられているそうです。自然環境に配慮してつくられた東屋が湖面及び湖畔にあり、湖面に渡された八つ橋とともに、ゆっくりと花しょうぶを鑑賞できます。(HP別府においでよ)

花菖蒲とアヤメとカキツバタの違いを知りたい方は → 
こちら
a0166196_14522021.jpg

a0166196_1452407.jpg


a0166196_14525817.jpg


a0166196_14532023.jpg


神楽女湖に逆さ小鹿山・・・
a0166196_1454062.jpg


車道に出て賑わう駐車場を横目に進み、途中の分岐を鋭角に左折する。
a0166196_14543110.jpg


この先は以前歩いた九州オルレ別府コース「奥別府展望所」へ出る。
a0166196_1455867.jpg


展望所先で地形図に照らして三角点を探す。ヤブ漕いで高いところへ上がるも不明。少し先の防火帯?のようなところを上がって発見!
4等三角点「志高」601.8m。
a0166196_1455438.jpg


オレンジ標識もあった。一座制覇! 
a0166196_1456665.jpg


先の車道を突っ切って(林道を?)進めば志高湖畔に出る。
a0166196_14572685.jpg


駐車場に戻る手前から左手の高台へ上がれるようだ。
a0166196_14574948.jpg


石碑のようなものをよく見ると「鳥獣供養塔」。
狩猟の 対象になった鳥獣の供養碑で国東半島にも多い。
a0166196_14581654.jpg


擬木階段を登ると万葉歌碑がある。
「をとめ等がはなりの髪をゆふの山雲なたなびき家のあたり見む」
後ろは(由布岳ではなく)雲に隠れた鶴見岳。
a0166196_14585545.jpg


歌碑の隣に大将軍山のオレンジ山名標識があった。本日2座目の登頂!
a0166196_1501223.jpg


先へ進んだところにあった「大将軍」祠。  牛馬の神様か?
a0166196_1503760.jpg


2時間ほどの2湖&2ピークウオーキングを楽しんだ。
駐車場に戻ると・・オルレを歩いてきたらしい団体さんも湖畔から上がって来た。


今日出会った花さんたち・・
ナツツバキ(シャラ)
a0166196_1513160.jpg


ウツボクサ(白)
a0166196_1515191.jpg


アザミとヒョウモンチョウ
a0166196_152962.jpg


アソノコギリソウ
a0166196_152303.jpg


オカトラノオ
a0166196_1525349.jpg


オオニワゼキショウ?
a0166196_1532185.jpg



沿面距離≒4.8Km
志高湖駐車場標高≒580m
累積標高(+)≒170m
所要時間≒2時間(休憩含む)

志高湖駐車場スタート12:29→13:01神楽女湖(花菖蒲観賞)→13:45志高4等三角点
→14:11代将軍山→14:28志高駐車場へ戻る
(GPSマップ)
a0166196_15442100.jpg




 内成地区の棚田へ 

志高湖から棚田で有名な内成地区へ向かう。
別府の森ゴルフCの真ん中を突き抜けると狭間町のキノコの里へ出る。標識を見て左へ入りやや狭い舗装路を道なりに進むと「梶原バス停」へ着く。
狭い道を上がって「月見石」へ進むと途中からさらに狭い道になり、通行の邪魔にならないように停める。
八面石幢の建つところから歩く。
a0166196_1553657.jpg


家の下にある水路から勢いよく水が出ている。
a0166196_1561481.jpg


狭い道を登っていくと広場のような展望所へ着く。駐車場とあるので・・軽四ならここまで来られるかも?
a0166196_1563945.jpg


a0166196_1571353.jpg


さらに上にある「月見石」を目指して上がっていく。
道端の石仏。
a0166196_1575388.jpg


峠のようなところに月見石はあった。
a0166196_1583748.jpg


日本棚田百選の景
a0166196_159822.jpg


a0166196_1592915.jpg



田植も大方終わって・・この先、夏の太陽の下ですくすくと成長して秋には黄金の実りを見せてくれるだろう。
石垣や水路に先人の苦労がしのばれ、曲線の棚田は日本の農村の美しさを見せてくれる。
大きな農機具が入らない棚田の米作りは様々な苦労が伴うことだろうが・・いつまでも残ってほしい大切な遺産であり景観だ。


 

.
Commented by お宮 at 2017-06-27 11:47 x
志高湖・神楽女湖は観光で何度も行ったことありますが
こんな近くに三角点の山があったなんて全然しりませんでした。当時は山歩きしていなかったですからね。
花菖蒲のころにも行きましたよ。

今週末は蒸し暑くなりそうですね。
Commented by jinashi at 2017-06-27 20:27
お宮さん こんばんは。。。
この数年、三角点探しが楽しくなってきました^^
ナビや地形図を見ながら標柱と三角点を発見した時はやったー!という感じになります。
今回のメインはもちろん花菖蒲でしたが・・山へ登れなくなったときにはこんな感じのウオーキングコースが良さそうです。
周辺を歩く「九州オルレ~別府コース」もお勧めです!
by jinashi | 2017-06-26 15:13 | 大分県の山歩き~由布・鶴見系 | Comments(2)