三俣山から坊がつるへ  2016.9.25(日)

お彼岸も過ぎて少し秋めいてきた。
今日は三俣山に登ってみよう。きっとリンドウが群れ咲いているだろう。

朝家を出て、杵築市大田あたりで1年前の今頃に田原山で初めて見たチャボツメレンゲを思い出した。ママに「もしかしたら、うすきさんがチャボさんに出会いに来てるかもしれないね」、と話しながら鋸山トンネルを出て田原山登山口駐車場を見ると…な、なんと!うすきさんがまさに今、1人出発しようとしているではないか!
年中花めぐりをされているうすきさんとは4月にも花牟礼山でばったり出会っているが、今回も何ともぴったしのタイミングで出会ったものです。お互いにびっくりフェースでした^^

 三俣山・4峰(1690m)~ 南峰(1743m)

ほぼ満車の長者原に着いて準備をしていると雨が降り出した。
(途中の山香町でも降られた・・)
天気予報で雨があるかもしれないと思っていたが、やや本降り状態となったのでしばし待機。

少し小雨になったようなので雨具をつけて出発。8時40分。ここの標高≒1030m。
a0166196_1925542.jpg

鉱山道路沿いにも秋の草花が・・・
ミゾソバ
a0166196_195248.jpg

ナギナタコウジュ
a0166196_1961123.jpg

坊原を登るころには青空も見えてきた。
a0166196_196487.jpg

このところ静かな噴煙の硫黄山。
a0166196_1972136.jpg

すがもり越までのゴーロを黙々と登る。
a0166196_198318.jpg

すがもり越で一休みしたら三俣西峰山腹に取りつく。
a0166196_1984631.jpg

振り返って見る硫黄山。後ろに雲を被った星生山。左の下は北千里浜。
a0166196_1910874.jpg

25分ほどで肩に上がりつく。
少し進むと群れ咲くリンドウが迎えてくれる。
a0166196_1911836.jpg

a0166196_19115598.jpg

a0166196_19124040.jpg

a0166196_1913954.jpg

白色リンドウも・・
a0166196_19134421.jpg

a0166196_1914235.jpg

リンドウと仲良しのアキノキリンソウ
a0166196_19153833.jpg

西峰を進む。
a0166196_19162141.jpg

本峰分岐から見る4峰のチョック?ストーン。
a0166196_19165737.jpg

4峰の風裏で昼食タイム。この4峰や本峰、そして前方の南峰も人影は見えない。今日は静かな三俣山だ。
ゴジラ岩?を見て南峰へ向かう。
a0166196_19174116.jpg

大鍋からガスがあがる北峰を見る。手前のドウダンも色づき始めた。
後半月もすれば多くの紅葉登山者で賑わうことだろう。
a0166196_19181957.jpg

荒れたノリウツギの登山路をひと登りで三俣山南峰へ。
a0166196_1919220.jpg

そのまま先のテラスへ。向こうは中岳天狗あたり。
a0166196_19193411.jpg

坊がつるへと直下降ルートへ入る。ここは初めてのコースだ。
最近ではくじゅう17サミッツ(くじゅう連山で標高1700m以上の9座すべてを1日で踏破すること)を目指す人たちがかなり歩いているようだ。
若者が1時間10分なら我々前期高齢者は1時間30分以上かかるだろう。
a0166196_19204484.jpg

すぐに恐ろしいほど?の急下りが始まる。
法華院山荘上の砂防ダムが右真下?に見えている。
a0166196_19212917.jpg

むこうに見える天狗ケ城。こちらから見ると天狗のお顔?だから名付けられたのだろうか?すこし祖母の天狗にも似ている?
a0166196_192288.jpg

岩場や朝の雨でぬかるんで滑りやすい登山路を立木や岩角をつかんで慎重に下る。
坊がつるが雲間に見える。
a0166196_19225549.jpg

次ぎ次ぎと難所が続き、汗が落ちてくる。
途中の狂い花に癒される。
a0166196_19233660.jpg

麓が近づいたあたりで元気の良い2人の若い女性が登ってきた。三俣へ登ったら~すがもり~長者原へ下りるそうだ。
「まだあるぞ」の看板は下山者へのメッセージなのだろう。
a0166196_19282712.jpg

「まだあるぞ」の通りその後もぬかるんだ急坂下りが続いて・・やっと前に坊がつるが現れた。
このあたりの標高は1230mほどなので500m以上を一気に下ってきたことになる。
南峰から1時間33分で下山することが出来た。(前期高齢者の標準タイムか?)
石のベンチでおやつを食べて一休み。
a0166196_1929936.jpg

法華院から来た福岡の女性2人と山話をしたら雨ケ池に向かう。

(実は・・)この日直下降コースを選んだのは雨ケ池を通るためだった。
雨ケ池が近づくと・・もう終わりのマツムシソウがチラホラ。
a0166196_19294093.jpg

もしかして、と近づくと・・おっ!咲いていたぞ!
すごいヤマラッキョウの群落だ。 6年前の2010年9月以来だ。
今がちょうど見ごろだろう。
a0166196_19305953.jpg

a0166196_19323172.jpg

a0166196_19332685.jpg

a0166196_19335860.jpg

満足して長者原へと下山する。
途中で見つけたツルリンドウ。
a0166196_19342982.jpg

実をつけたのも・・
a0166196_1935412.jpg

ツリフネソウ
a0166196_1936871.jpg

アキチョウジ
a0166196_19363719.jpg

タデハラに下山。向こうは崩平山。
a0166196_19371149.jpg

振り返って見る指山にうっすらと秋の気配も・・・
a0166196_931965.jpg

前日はおどろき歴史遺産ウオーキングで12kmほどを歩いた。
そして今日は(久々に8時間越の)九重山ロングトレッキングを楽しんだ。
少し熱めの馬子草(まごそ)温泉に浸かって2日分の疲れを癒した。


長者原登山口8:41→9:51鉱山道路出合→10:27すがもり越→11:56三俣山4峰(昼食)12:23→12:44三俣山南峰→14:17坊がつる(休憩)→15:16雨ガ池→15:57指山自然歩道分岐→16:47長者原へ下山。(所要時間≒8時間)
 登山口標高≒1030m  延面距離≒11.8Km  累積標高差(+)≒1000m
 

(GPSマップ)
a0166196_19374183.jpg

a0166196_1938949.jpg

Commented by のんびり夫婦 at 2016-09-26 20:42 x
こんばんは。
ジッとするわけないと思っていました。
長者原~スガモリへは行くことが出来るようになったのですね。 三㑨~坊ガツルへも。
まだ通れないと思っていました。
リンドウの咲き乱れる中を歩くのは気持ち良さそうです。 ママさんのにこやかな様子が楽しい山行だったと言われているようです。
涼しくなったので長距離が歩けるようになり、益々行動範囲が広がりますね。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-09-26 20:57 x
おっ、ヤマラッキョが咲いていますねぇ~~
匂いはきついけど、お花は大好きです^^
今日、鋸山へ行く予定でしたが出る時に雨だったので、急きょ取りやめ。明日仕切り直しで出かけます。
チャボさんを見に行ってきますね(^^♪
Commented by kyuujitunituki at 2016-09-26 21:04
jinashiさん、こんばんは。
初秋の九重、良い山行となりましたね。
25日は、そちら方面は雨になるだろうと思い、
肥前の国へ行っていました(笑
やはり、花の数と眺望は九重が一番ですね。
しばらく、九重へは行っていませんので
10月は、九重行脚となる予定です。
25日は、暑くなかったんですね。こちらで羨ましく
拝見させて頂きました。
私は、全身汗まみれで暗闇の山道をヘロヘロになりながら
歩いていましたよ。
今回は、カメラの調子も悪かったのでアップするか不明です。
早く涼しくなってもらいたいと願っています。
Commented by tinnan1515 at 2016-09-27 05:51
じなしさん、おはようございます。
先日は早朝よりビックなサプライズにほっかほっかでした。
リンドウ、ヤマラッキョウは丁度見頃で素晴らしかったですね。
三俣山南峰の激下りご苦労様でした。
Commented by jinashi at 2016-09-27 09:05
のんびり夫婦さん~ はい、のんびり夫婦さんと一緒で日曜日には用事を作らないようにしています^^
1か月ぶりのくじゅうでしたが・・じっとしていると風が寒く感じました。
下山後に見上げる指山山頂部はうっすら装い始めた感じでした。
今年の紅葉はどうでしょうか?
10月23日はよろしくお願いします。
Commented by jinashi at 2016-09-27 09:12
信ちゃん~  6年ぶりで・・ぴったしカンカンのヤマラッキョウでした^^
今年は雨が池のノハナショウブやサワギキョウがイマイチと聞いていたのでラッキーでした。
この返信中に鋸の無名岩あたりに取りついている頃でしょうか? チャボさんも連日のお得意様面々を見て喜んでいることでしょう^^
比叡山は国東六郷満山寺院の本山です。じなしも一度は大比叡・蓬莱山に登らなくては・・

Commented by jinashi at 2016-09-27 09:20
休日さん~肥前国で暗闇のお山歩き?お疲れ様でした。どこでしょう?
汗まみれもそろそろ終わって・・歩くのに良い季節になってきますね。
7月に登った北海道旭岳あたりは紅葉景色に変わったようです。
あっという間に九州まで下りてくるでしょう。1年が早いですね。

Commented by jinashi at 2016-09-27 09:27
うすきさん~ 直感でチャボツメレンゲ=うすきさん!とひらめきました^^
アップで見るとかわいい花ですね。ことしはうすきさんので満足しておきます。
信ちゃんも今頃ご対面しているかもしれません^^
三俣の南直下降は厳しいものでした。そこを・・うすきさん4月15日17サミッツでは反対の登りを2時間を切っての健脚ぶりにはびっくりです。

by jinashi | 2016-09-26 22:37 | 大分県の山歩き~くじゅう山系 | Comments(8)